作戦計画とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 計画 > 作戦計画の意味・解説 

さくせん‐けいかく〔‐ケイクワク〕【作戦計画】

読み方:さくせんけいかく

戦闘指揮官が、作戦目的達成するために定め計画


作戦計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/02 02:15 UTC 版)

ビルマの戦い」の記事における「作戦計画」の解説

インド北東部マニプル州中心都市インパールは、ビルマ・インド国境部の要地であり、イギリス軍反攻拠点だった。第15軍司令官牟田口廉也中将は、インパール攻略によって連合軍の反攻機先を制し、さらにインド国民軍によってインド国土の一角自由インド仮政府の旗を立てさせることでインド独立運動刺激できると主張した牟田口はさらにナガランド州ディマプルへの前進をも考えていた。これが成功すればハンプ越え援蔣ルート絶ち、スティルウェル指揮下の米中連合軍への補給絶つことができる。 牟田口の案は、第15軍の3個師団(第15、第31第33師団)に3週間分の食糧持たせてインパール急襲し占領するというものだった。そのためには川幅1,000メートルチンドウィン川渡河し、標高2,000メートル級のアラカン山脈踏破せねばならない。さらに困難な問題作戦長期化した場合前線部隊への補給だった。ビルマ方面軍当初牟田口の案を無謀判断したが、南方軍大本営最終的にこの案を支持した背景には、各方面敗北続き戦局打開したいという軍中央の思惑があったと言われる

※この「作戦計画」の解説は、「ビルマの戦い」の解説の一部です。
「作戦計画」を含む「ビルマの戦い」の記事については、「ビルマの戦い」の概要を参照ください。


作戦計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 14:42 UTC 版)

呉鎮守府第101特別陸戦隊」の記事における「作戦計画」の解説

当初の計画は、敵陣地に潜水艦近づき一人ひとりが夜間隠密に上陸航空機焼き払ったり、司令部進入して幹部殺害したりして、一挙に戦局逆転させるものであった。しかし、大戦末期になると米駆逐艦による哨戒網が厳しく潜水艦航路安全性極端に脅かされるようになったことから断念された。 1944年12月にはアメリカ西海岸上陸し破壊活動をおこなうという作戦立てられた。目的ロサンゼルス郊外ロッキードダグラス等の軍用機工場破壊活動で、人目付かないアルグエロ岬にゴムボート上陸し山中拠点構築した後、車を奪いロサンゼルスへ突入するという計画だった。また、同時に大統領暗殺作戦命令受けたという証言者もいる。作戦向けた本格的な訓練が行われ、1945年4月ごろには準備整い発動待っていたが、沖縄戦激化のために中止となった。 代わって1945年6月末に、マリアナ諸島B-29爆撃機破壊目的とした「剣号作戦」が計画された。一式陸攻30機にS特隊員乗せてサイパン島グアム島強行着陸し、B-29壊滅させる計画だった。7月には陸軍空挺部隊300名による共同攻撃と、機銃増設し銀河72機による直前地上攻撃計画加えられた。さらに8月広島長崎原子爆弾投下されると、陸軍諜報機関情報から原爆貯蔵庫があるとされたテニアン攻撃目標追加されて、大規模な作戦発展した山岡部隊は、青森県三沢基地移動作戦準備入ったが、同年7月におきた北海道空襲の際に三沢基地被害をうけ、作戦使用する一式陸攻大半破壊されてしまったため、作戦決行日は8月19-23日に延期された。そして、出撃直前になってポツダム宣言受諾により、作戦中止となった山岡部隊は、一度実戦投入されることなく解散した

※この「作戦計画」の解説は、「呉鎮守府第101特別陸戦隊」の解説の一部です。
「作戦計画」を含む「呉鎮守府第101特別陸戦隊」の記事については、「呉鎮守府第101特別陸戦隊」の概要を参照ください。


作戦計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 03:02 UTC 版)

日号作戦」の記事における「作戦計画」の解説

1945年6月日本海航路使用可能なうちにと、日本陸軍日本海軍の間で「日本海ニ於ケル輸送作戦実施ニ関スル陸海軍中央協定」が結ばれ石油強行輸送南号作戦倣った日号作戦」の実行決まった短期間できるだけ多く戦略物資輸送することが作戦目的で、当面対馬海峡方面護衛重点を置く定められた。北海道樺太方面作戦地域含まれている。参加兵力は、海軍海上護衛総司令部指揮下の第一護衛艦隊第七艦隊、第901海軍航空隊などに属す駆逐艦海防艦60隻、航空機200機ほか。陸軍が第10飛行師団・第12飛行師団の各一部各地防空部隊など航空機70機、高射砲200門以上などとなっている。うち黄海方面にある兵力は、華北航路放棄して7月上旬配備変更された。なお、護衛部隊用の燃料不足が深刻で、消費燃料最善活用努めることが作戦要領にも明記されていた。 輸送される戦略物資とは主に食糧関係の物資で、モロコシ高粱)や大豆などの雑穀のほか、食用家畜飼料用などの塩が輸送対象となった。米の輸送はほとんどなかった。 護衛方式は、それまで日本海では商船航路帯内を自由航行させ、対潜艦艇で適宜哨戒する間接護衛方式がほとんどだったのを変更し朝鮮半島北部行き航路について護送船団組んで直接護衛全面的に導入したそれ以外朝鮮半島南部などへの航路については、引き続き間接護衛原則としたが、一部護送船団編成された。 作戦の期間は陸海軍中央協定後述大海指第524号では明示されておらず、対馬海峡動脈輸送路」を可能な限り長期間保持するものとなっているが、海上護衛総司令部参謀だった大井篤によると約20日間の集中輸送を行う計画であったという。

※この「作戦計画」の解説は、「日号作戦」の解説の一部です。
「作戦計画」を含む「日号作戦」の記事については、「日号作戦」の概要を参照ください。


作戦計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 01:27 UTC 版)

リガ攻勢」の記事における「作戦計画」の解説

ドイツ軍の作戦計画の概要以下の通りである。 急襲的にドビナ川渡河してその後迅速に攻撃敢行し、ロシア軍をプレスコウ(プスコフ)に通じ鉄道及び大街道から遮断するこのため十分な兵力をもって東方援護させるとともにリガ西北方に通じ道路上予期されるロシア軍抵抗打破するため迅速な前進敢行させる。 北方前進する兵団は、リガ橋頭堡にある露軍師団包囲殲滅する決戦任務有する。 この目的達するためには、もちろん東北方から予期されるロシア軍増援部隊防止する必要があるリガ付近にあるロシア軍予備隊の戦場到着攻撃開始数時間内には予期しない陽動渡河攻撃右翼フリードリヒシュタット付近実施し東方隣接地区における露軍吸引する。 ウェンデン(リガ東方約80km)方面から露軍予備隊が来援するであろうが、その到着には鉄道をもって輸送する時間がかかるであろう

※この「作戦計画」の解説は、「リガ攻勢」の解説の一部です。
「作戦計画」を含む「リガ攻勢」の記事については、「リガ攻勢」の概要を参照ください。


作戦計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/17 23:34 UTC 版)

フェリックス作戦」の記事における「作戦計画」の解説

これらの問題にもかかわらずドイツ軍指導者ジブラルタル対す大規模作戦準備進めた作戦名はフェーリックスとされ、計画にはピレネー山脈通りスペインに入るための2個軍団を必要とした。一つはルートヴィヒ・キューブラー(英語版中将指揮下でスペイン通過しジブラルタル襲撃もう一つルドルフ・シュミット大将指揮でその側面を守るというものだったフェーリックス作戦全体指揮陸軍元帥ヴァルター・フォン・ライヒェナウ任された。この計画また、北アフリカスペイン領占領見込み含んでおり、スペイン領モロッコ英語版)、リオ・デ・オロそしてカナリア諸島の港はその後ドイツUボート基地として使われる予定だった。

※この「作戦計画」の解説は、「フェリックス作戦」の解説の一部です。
「作戦計画」を含む「フェリックス作戦」の記事については、「フェリックス作戦」の概要を参照ください。


作戦計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 02:51 UTC 版)

トンガ作戦」の記事における「作戦計画」の解説

強行着陸計画明確になると、すぐにイギリス第6空挺師団司令官リチャード・ネルソン・ゲール少将命令受領するため、ロンドン総司令部呼ばれた。続く1ヶ月あまりの期間でほとんどの作戦計画が立案準備された。 全部隊を一度空輸することはできないため、主力部隊小部隊に分けて空輸することとなった上陸作戦直前実行されるべき最初占拠作戦は、コード名として「トンガ作戦 Operation Tonga」が選ばれた。またトンガ作戦付随するD-デイ夜までに実行されるべき地域制圧作戦は「マラード作戦 Operation Mallard」(Mallard = マガモ)と名付けられた。トンガ作戦部隊周囲の安全を確保し、さらにマラード作戦部隊地域制圧したあとも、連合軍の上陸部隊のために、その地域制圧下に置くべきとされた。 着陸降下地点選定は、グライダー輸送容量と同じぐらい問題とされた。降下地点一つAZ-V付近は、ディーヴ川とディヴェット川があり、川の氾濫大きな湿地帯作り出していたため、危険だ考えられていた。

※この「作戦計画」の解説は、「トンガ作戦」の解説の一部です。
「作戦計画」を含む「トンガ作戦」の記事については、「トンガ作戦」の概要を参照ください。


作戦計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 15:36 UTC 版)

仁川上陸作戦」の記事における「作戦計画」の解説

マッカーサーは、6月29日漢江南岸最前線視察した乗機バターン号により羽田空港から飛び立ったマッカーサーソウル南部水原スウォン飛行場着陸しソウル近傍まで移動した際に仁川上陸作戦構想自得した。マッカーサー太平洋戦争において11回の水陸両用作戦指揮していたことから、アメリカ軍保持する優位な空軍力による制海権制空権下で北朝鮮軍背後迂回補給線遮断し南北から挟撃して一挙に攻勢転移するという作戦方針良い考えた6月30日トルーマン大統領アメリカ地上軍投入発表北朝鮮軍南下阻止するために、九州駐屯していた第24歩兵師団ディーン少将)が先遣された。 7月4日マッカーサー作戦方針基づいてアメリカ極東参謀長エドワード・アーモンド少将たちが計画したブルー・ハート計画」の準備命令が、関東地方駐屯していた第1騎兵師団対し下達された。この作戦7月22日ごろに仁川上陸実行する予定で、第1騎兵師団7月6日横浜乗船開始したアメリカ軍北朝鮮軍を「アメリカ軍の姿を見れば逃げ散る東洋土匪程度予想していた。しかし、赤軍紅軍帰り将校指揮されソ連製T-34戦車押し立ててくる北朝鮮軍対し有効な対戦車兵器持たない24歩兵師団大損害を受け、関西地方駐屯していた第25歩兵師団キーン少将)も増派したが北朝鮮軍押しとどめることは出来なかった。戦況の悪化から、7月10日マッカーサーブルー・ハート計画断念第1騎兵師団第8軍増援として釜山北方浦項ポハン)に向かい7月18日朝鮮半島上陸して防御戦闘加わったマッカーサーブルー・ハート計画廃止したのちも、陸海空軍から集めた上陸作戦専門家統合戦略計画作戦班を編成して作戦立案続行させ、7月23日に「クロマイト計画」として発案された。これは北朝鮮軍阻止している第8軍連携して9月中旬に第1海兵旅団(第5海兵連隊基幹)と第2歩兵師団朝鮮半島の三か所いずれかに上陸させる計画であった。三案はそれぞれ仁川インチョン)への上陸を「100-B計画」、仁川南方150キロメートル群山クンサン)への上陸を「100-C計画」、朝鮮半島東岸注文津(チュムンジン)への上陸を「100-D計画」とされた。 ところが8月5日から開始され北朝鮮軍大攻勢8月攻勢)によって第8軍戦力不足が深刻化し上陸作戦予定兵力の第1海兵旅団第2歩兵師団第8軍増援のために釜山派遣することになった。しかし上陸作戦延期を行うことはそれ以上できなかった。 釜山橋頭堡防御戦が長期化すると第8軍疲弊によって戦線突破される危険性増大する仁川大量機雷敷設される上陸作戦出来なくなる。 米の収穫期である10月までに半島南部肥沃な耕作地奪回しなければ北朝鮮軍多大な農作物入手してしまう。 などの軍事的必要から仁川上陸作戦決心された。 8月12日マッカーサークロマイト100-B計画、すなわち仁川上陸作戦計画発動下令した。上陸予定日1ヵ月後の9月15日であり、上陸部隊アメリカ本土編成中の第1海兵師団および日本駐留の第7歩兵師団、さらに韓国軍一部とされ、攻撃目標仁川ソウル地区明示された。8月15日にはクロマイト計画の立案たずさわった統合戦略計画作戦班の要員により第10軍団司令部編成され8月26日正式に軍団長アーモンド少将指揮権発動下令された。これはアーモンド少将アメリカ極東兼国連軍参謀長の職を兼ねたまま第10軍団指揮する異例の人事であったアメリカ海兵隊急速な動員求められた。アメリカ東海岸の第2海兵師団欧州などから集めた正規兵を第1海兵師団転属し、予備役10,000名以上が召集された。1か月満たない期間で部隊の編成が行われ、それでも足らず地中海にいた部隊からも転用され、第7海兵連隊第3大隊となる海兵大隊は、8月16日クレタ島出帆し9月9日釜山到着する予定だった。 第7歩兵師団多数人員朝鮮半島前線部隊引き抜かれたことで9,000人の定員不足があったが、釜山徴募され韓国人による韓国軍兵士8,000人が横浜上陸しアメリカ軍編入することで寄せ集めながらも人数揃え訓練行った

※この「作戦計画」の解説は、「仁川上陸作戦」の解説の一部です。
「作戦計画」を含む「仁川上陸作戦」の記事については、「仁川上陸作戦」の概要を参照ください。


作戦計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/12 22:34 UTC 版)

松輸送」の記事における「作戦計画」の解説

1944年3月3日軍令部総長嶋田繁太郎大将は、及川古志郎海上護衛総司令部司令長官および古賀峯一連合艦隊司令長官対し1号から4号までの船団護衛発令した大海指第346号)。3月22日付の大海指第357号と5月6日付の大海指第376号により、5号から8号船団追加されている。「松輸送」という作戦名松竹梅にちなん命名されたもので、同時期の西部ニューギニア方面への増援部隊輸送作戦については「竹輸送」の作戦名充てられている。加えて同盟国ドイツからの封鎖突破船秘匿名称「柳船」)の成功にあやかった命名にもなっていた。 この種の純然たる作戦輸送従来連合艦隊管轄であったが、松輸送については通商保護専門とする新設海上護衛総司令部管轄することになった3月7日海上護衛総司令部大海指第346号を踏まえて松輸送2種航路運航する命令発したマリアナ諸島およびカロリン諸島東部への増援について東京湾からトラック島に至る太平洋航路カロリン諸島西部へ増援について門司から台湾経由パラオに至る航路利用するものとし、前者東松船団後者西松船団と呼ぶことになった。そして、東松船団護衛横須賀鎮守府西松船団護衛第一海上護衛隊担当とされた。 海上護衛総司令部は第901航空隊一部横須賀鎮守府指揮下に入れるなど護衛戦力再配置実施したほか、連合艦隊からも多数戦力応援として加わることになった連合艦隊は、海上護衛総司令部への護衛協力には消極であったが、松輸送決戦準備作戦輸送ということ積極的に取り組んだ3月中に連合艦隊から海上護衛総司令部指揮下に移され艦艇は、軽巡洋艦1隻・駆逐艦10隻・海防艦3隻・その他3隻にのぼった東松船団運航に関しては、日本では異例大規模な護送船団編成が行われることになった運航効率より護衛兵力の集中重視した大船団主義の採用海上護衛総司令部以前から検討されていたが、連合艦隊護衛戦力融通同年2月ヒ40船団壊滅戦訓により、実現至ったのである大規模船団運用するには海上護衛総司令部手持ち高級指揮官人材不足したため、4月1日少将級の人材ストックする特設護衛船団司令部制度創設されたほか、連合艦隊も第11水雷戦隊司令部旗艦軽巡龍田ごと提供した主要な輸送対象部隊は、陸軍第14師団パラオ守備)と第43師団サイパン守備)の各主力第35師団第一次輸送部隊パラオ守備)、ロ号演習秘匿名関東軍朝鮮軍の諸部隊から抽出された第1派遣隊-第8派遣隊戦車第9連隊などであった。第29師団輸送船沈没時に師団長同行しておらず混乱生じた教訓から、非常時備えて各部隊指揮官空路使わず海路同行するものと定められた。多量弾薬食糧セメントなどの築城資材同時に運ばれた。海軍も、沿岸砲高射砲装備した陸戦隊飛行場陣地建設用の海軍設営隊基地航空隊地上要員などを輸送した。なお、帰路では日本本土へ避難する民間人多く便乗している。 上記陸軍部隊派遣関し東條英機陸軍大臣参謀総長情勢見て輸送船一隻ごとに慎重な判断をし、不可能と見れば直ち中止する言明していた。これは、参謀本部主導陸軍部隊追加派遣対し陸軍省側は手遅れ危険だ反対していたため、双方配慮した方針だった。

※この「作戦計画」の解説は、「松輸送」の解説の一部です。
「作戦計画」を含む「松輸送」の記事については、「松輸送」の概要を参照ください。


作戦計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/07 08:17 UTC 版)

コブラ作戦」の記事における「作戦計画」の解説

詳細は「コブラ作戦の戦闘序列」を参照 コブラ作戦発案者については未だ議論がある。モントゴメリーの公式伝記著者によればコブラ作戦原案6月13日立てられた。計画策定には、ドイツ軍高司令部と将軍たちとの間の通信解読し日々提供されるウルトラ英語版情報大い活用された。その時点のモントゴメリー計画は、ブラッドレー第1軍サン=ロークタンス占領させ、そこから南へ二手分かれ一つはコーモン=レヴォンテからヴィールおよびモルテンへ、もう一つは、サン=ローからヴィルデュ・レ・ポエル(英語版)およびアヴランシュ向けて進撃するものであったコタンタン半島ではラ・アイユ=デュピュイ英語版)からヴァローニュ(英語版)にかけて圧力をかけ続けたが、シェルブール占領最優先ではなかった。しかし6月27日コリンズ第7軍団シェルブール占領すると、モントゴメリー日程計画白紙戻り、コーモン=レヴォンテからの攻撃中止となった。 チャーンウッド作戦終了しサン=ローへの第1軍攻勢中止になった後、7月10日モントゴメリーブラッドレーおよびデンプシー会い第21軍集団英語版)の今後行動について議論した会議の中で、ブラッドレー西部戦区進撃が遅いことを認めた。しかし、ブラッドレーは、7月18日開始予定第1軍による突破作戦コードネームコブラ作戦計画策定であったブラッドレー計画モントゴメリー説明し賛同得て会議での指示により、今後数日間全体戦略ドイツ軍注意第1軍からイギリス・カナダ軍戦区引き離すことにあることが明確となった。デンプシーは、「攻撃継続ドイツ軍、特に装甲部隊を我々に引きつけるブラッドレーがやりやすくなるように。」と命令した。この目的のため、グッドウッド作戦計画されアイゼンハワーは両作戦対し戦略爆撃機による支援爆撃を行うことを確約した7月12日ブラッドレー配下指揮官に、3段からなるコブラ計画説明した作戦中核コリンズ第7軍団担った第1段階では、マントン・エディ少将の第9歩兵師団英語版)とリーランド・ホッブズ(英語版少将の第30歩兵師団英語版)が突破攻撃行いドイツ軍戦線穴を開け、クラレンス・ヒュブナー(英語版少将第1歩師団とエドワード・ブルックス(英語版少将の第2機甲師団英語版)が抵抗が止むまで侵攻する間、その側面を守る。クタンスに向って南へ進撃するワトソン第3機甲師団の展開を視野入れ第1歩師団マリニー占領する。第2機甲師団第7軍団東側にいた第2機甲師団の「コリンズ展開部隊(Collins' exploitation force)」の一部と「西側にいた第3機甲師団のB戦闘団英語版)(CCB)の増援受けた第1歩師団」- が、第30歩兵師団戦区越えて・・・アメリカ軍左翼全体守備する。もし第7軍団作戦成功すれば西部ドイツ軍戦線維持することができず、ボカージュ南西端へ比較容易に進撃が可能となり、ブルターニュ半島分断奪取できる。第1軍情報部門は、コブラ作戦開始後の最初数日間ドイツ軍反撃を行う可能性はなく、その後攻撃が行われたとしても、それは大隊規模超えない予測していた。 コブラ作戦は、従来アメリカ軍の「広い戦闘正面幅」の攻勢異なり、7,000ヤード (6,400 m)の戦闘正面での集中攻撃を、大規模な航空支援受けて実施するものであった戦闘爆撃機サン=ロー・ペリエ街道のすぐ南の幅250ヤード (230 m)にいるドイツ軍守備隊目標とし、カール・スパーツ重爆撃機隊がドイツ軍前線の2,500ヤード (2,300 m)後方爆撃する短時間激し準備爆撃による物理的な破壊衝撃ドイツ軍守備弱体化することが期待され師団砲兵加えて、9個重砲兵、5個中砲兵、7個軽砲大隊を含む、軍および軍団砲兵支援行った。1,000門を超える師団および軍団砲兵攻勢投入され砲弾第7軍団だけでほぼ140,000発、そのほか第8軍団に27,000発が割り当てられた。 両軍にとって攻撃作戦を困難かつ損害の多いものにしていたボカージュ障害除去するため、M4シャーマン戦車M5A1スチュワート戦車M10駆逐戦車に、生垣倒して道を作る「牙」を取り付けたライノ(犀)戦車英語版)」への改造が行われた。実際には、この装置一般に信じられているほどには有効ではなかったが、ドイツ軍戦車道路制約を受け続けたのに対しアメリカ軍車両はより自由な行動が可能となったとはいえコブラ作戦直前には、第1軍戦車の6割がこの装置付けていた。作戦上の機密を守るため、ブラッドレーは、コブラ作戦開始までライノ戦車使用禁止した合計M4中戦車1,269両、M5A1軽戦車694両、M10駆逐戦車288両が投入された。

※この「作戦計画」の解説は、「コブラ作戦」の解説の一部です。
「作戦計画」を含む「コブラ作戦」の記事については、「コブラ作戦」の概要を参照ください。


作戦計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/21 05:04 UTC 版)

タイダルウェーブ作戦」の記事における「作戦計画」の解説

1943年3月合衆国陸軍航空軍司令官ヘンリー・アーノルドは、プロイェシュティ油田爆撃作戦の計画立案をその幕僚のヤコブ・スマート (Jacob E. Smart) 大佐指示した策定された作戦計画は、超低空飛行により標的油田製油施設爆撃するというものであったまた、これに使用する爆撃機は超低空での運動性航続距離及び爆弾搭載量優れた B-24 が選定された。1943年5月ワシントンにおけるルーズベルトチャーチル会談イギリス空軍参加提案されたが、イギリス空軍機と混成では整備補給問題があるとして合衆国陸軍航空軍単独での実施となった当初作戦名は「ソープサッズ(石鹸の泡)作戦であったが、チャーチル発案変更することとなり、6月30日タイダルウェーブ津波作戦」と命名された。 作戦参加部隊には北アフリカの第9航空軍から第98及び第376爆撃航空群 (376th Bombardment Group) が選定され、さらにイギリス本土の第8航空軍から第44、第93 (93d Operations Group) 及び第389爆撃航空群が加えられた。これらイギリス本土からの3個爆撃航空群は6月下旬ベンガジへ到着した飛行経路往路は、ベンガジ近郊飛行場群を発進し北東方向リビアトクラから地中海北上してケルキラ島コルフ島)で北東進みギリシャアルバニア国境ピンドス山脈越えてユーゴスラビア南部からルーマニアへ侵入しワラキア平原出てピテシュティ付近から高度 30m の超低空飛行プロイェシュティとカンピーナ (Câmpina) (第389爆撃航空群が割り当てられ目標)へ向かい復路はほぼその逆をたどる経路設定された。 作戦参加部隊割り当てられ爆撃目標次のとおりだった。 第376爆撃航空群 ロマーナ・アメリカーナ (Româno-Americană) 精油所 第93爆撃航空群 コンコルディア・ヴェガ (Concordia Vega) 精油所及びユニリア・スペランツァ (Unirea Speranța)、スタンダード・ペトロール (Standard Petrol) 複合精油所 第98爆撃航空群 アストロ・ロマーナ (Astra Română)、オリオン (Orion) 複合精油所 第44爆撃航空群 コロンビア・アキラ (Columbia Aquila) 精油所及びクレディトル・ミニアー (Creditul Minier) 精油所 第389爆撃航空群 カンピーナのステアウア・ロマーナ (Steaua Româna) 精油所 第389爆撃航空以外の4個群は、プロイェシュティ北西方向から南東方向抜け経路目標対し爆撃を行う経路であった。 第9航空軍幕僚長兼第9爆撃兵団長のウザル・エント准将指揮官となり、作戦部隊の先頭を飛ぶ第376爆撃航空群の指揮官機搭乗することとなった

※この「作戦計画」の解説は、「タイダルウェーブ作戦」の解説の一部です。
「作戦計画」を含む「タイダルウェーブ作戦」の記事については、「タイダルウェーブ作戦」の概要を参照ください。


作戦計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 15:20 UTC 版)

アイスランド侵攻」の記事における「作戦計画」の解説

8時に帰宅食事仕事来週アイスランド征服計画すること。十中八九遅すぎる! 何羽かのアヒルの子群れ見た。 — アレクサンダー・カドーガン、1940年5月4日日記最後より ノルウェー戦況悪化しイギリス海軍本部は、もはやアイスランド基地無くしては済まないという結論達した5月6日イギリス首相ウィンストン・チャーチル戦時内閣状況説明したチャーチルは、アイスランドとの交渉これ以上続けるならば、ドイツがそれを知って先手打ってくると主張した。より確実かつ効果的な解決策は、事前通告なしに軍隊上陸させ、“既成事実”としてアイスランド政府突きつけることだった。内閣はそれに同意した。その侵攻場当たり的準備され作戦内容のほとんどは現地へ行く途上計画された。侵攻部隊には数粗末な地図しか与えられず、その中の一つ至って誰か記憶元に描かれていた。また、アイスランド語堪能な者は一人もいなかった。イギリス軍計画では、全部隊がレイキャヴィーク上陸することとなった。そこで、 あらゆる抵抗排除し現地ドイツ人監視下におく。 ドイツ軍の海からの反撃対応するため港を占拠し部隊一部隣接するクヴァルフィヨルズゥルに陸路で送る。 また、北欧侵攻大きな戦果上げたドイツ軍空挺部隊にも憂慮していたため、 部隊一部上陸地点の東、カルダザルネースとサンドスケイズに移動させる部隊一部陸路北方アークレイリ港と予想降下地点メルゲルズィ(Melgerði)へ送る。 とされた。海軍情報部(NID)は3つの有力な情報源からなんらかの抵抗があると予想していた。現地ドイツ人何人かは武器持っている考えられており、抵抗するか、さもなくばある種クーデター起こすことさえ考えられた。さらに、ドイツ軍侵攻部隊が既にアイスランドへの途上にあるか、あるいはイギリス軍上陸直ち出動するかも知れなかった。また、70名の武装した隊員構成されレイキャヴィーク警察抵抗予想された。偶然デンマーク巡視艇レイキャヴィークにいた場合デンマーク水兵守備隊支援するかも知れなかった。

※この「作戦計画」の解説は、「アイスランド侵攻」の解説の一部です。
「作戦計画」を含む「アイスランド侵攻」の記事については、「アイスランド侵攻」の概要を参照ください。


作戦計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 03:43 UTC 版)

モガディシュの戦闘」の記事における「作戦計画」の解説

作戦コードアイリーンナイトストーカーズ航空支援担当し、以下の機種投入されるMH-60 ブラックホーク OH-6 カイユース MH-6/AH-6 リトルバード - OH-6特殊部隊向けモデル侵入タスクフォースレンジャーは、ブラックホークから迅速に目標ビル降下し建物四隅占拠し目標周辺の安全を確保するデルタフォースは、リトルバードから建物内突入し生きたまま対象人物捕らえる。 離脱ハンヴィー車両部隊が、全員収容するナイトストーカーズが空から支援する作戦開始後数分間、4組チョーク積載班、ヘリコプターへの搭乗前提として編成され戦闘班の意)から成るレンジャー作戦対象ビル四隅展開し安全地帯確保する事に成功したものの、ソマリア人の住民民兵の手により、ハンヴィー構成され地上部隊安全地帯辿り着けないように、岩や火のついたタイヤ用いてモガディシュ通りバリケード作られていた。 モガディシュ街路の上70フィート(約21メートル)でホバリングするヘリコプターから米軍レンジャー、及び、デルタフォース降下民兵リーダーたちを捕らえるという任務順調に達成したが、長時間に渡る遅延の間に、数分後にはソマリア民兵によってMH-60 ブラックホーク1機が撃墜された。 ブラックホークによる急襲部隊車両から展開した地上部隊互い視認できないまま20分間ひたすらに戦線維持していたが、何とか接触する事に成功する。だが、この直後に2機目のブラックホーク(スーパー64)が撃墜された。この際デルタフォース2人狙撃員、ランディ・シュガート一等軍曹ゲーリー・ゴードン曹長が、近づきつつある民兵たちから負傷したブラックホークパイロット(マイケル・デュラント准尉)を守るために地上降下した民兵規模攻撃の危険を知りつつ、また、統合タスクフォース指令センターからヘリとどまった方がよいと助言されながらも、躊躇することなく地上降下したその決断力からベトナム戦争以来名誉勲章授与された。しかし、両兵士とも数で勝る民兵たちによって殺害されている。 地上部隊はやがて最初墜落地点到着した。約90人のレンジャーたちは激し銃撃によって包囲された。航空支援十分に受けられない状況下で、次の日の早朝米軍10山岳師団マレーシアパキスタン国連部隊救援に来るまで、レンジャーたちは夜通し戦い続けた他の国部隊による救援計画調整作戦困難さ考慮しながら行われたため、時間かかった兵士たちの話によると、戦闘が続くにつれてアイディード派の民兵たちは兵士遮蔽するために市民を彼らの前に押し出していた。しかしながらアメリカ軍兵士民兵を隠すような市民何度もためらわず射殺したため、市民による遮蔽減ったまた、少数米兵車両)を多数挟み銃撃し、その流れ弾による同士討ち多数目撃されている。 翌10月4日午前6時30分、米軍国連のパキスタン・スタジアムに引き上げてきた。米兵18人が死亡74人が負傷(後に1人死亡)、国連軍2人死亡・9人が負傷していた。 この戦闘は、ソマリア国連活動の中でアメリカ軍直面したもっとも激し市街戦のうちの1つであったまた、この戦いの後死亡した米兵上記降下した2名とブラックホーク乗員)の遺体が裸にされ、住民引きずり回されるという悲惨な映像公開されアメリカニュース番組放映された(後に身体切断された状態で発見される)。これに衝撃受けたアメリカ国民の間で撤退論が高まったアメリカ世論を背景ビル・クリントン1994年ソマリアからの撤兵決定したが、この戦闘平和維持活動から撤退したことの理由1つとして挙げられている。また、クリントンはこの作戦痛手によって、その後地上軍派遣渋りミサイル航空機によるハイテク戦争へ方向推し進めていく。 この作戦初期目的達成されたため「作戦上は成功であったが、当初30程度終了する予定任務が夜をまたいで15時間にもおよび、多く犠牲出した

※この「作戦計画」の解説は、「モガディシュの戦闘」の解説の一部です。
「作戦計画」を含む「モガディシュの戦闘」の記事については、「モガディシュの戦闘」の概要を参照ください。


作戦計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 10:07 UTC 版)

在韓米軍」の記事における「作戦計画」の解説

在韓米軍には、その時に応じて起こりうる有事想定した作戦存在していた。これらの作戦は、立案後に締結される条約共同宣言など社会情勢変化により、現在では失効しているものもあると考えられている。ごく簡単にまとめると次のうになる。 作戦計画5026朝鮮民主主義人民共和国核開発問題になった1990年代立案された作戦核施設などをピンポイント爆撃する作戦計画5027朝鮮人民軍南下して全面戦争となった場合米韓連合軍積極的に攻勢にでて朝鮮半島統一成し遂げる。(それまで後退しつつ反撃機会を待つ作戦採用されていた。) 作戦計画5028欠番とされている。 作戦計画50291999年立案された作戦朝鮮民主主義人民共和国内部混乱陥った場合軍事介入を行う。 作戦計画50302003年立案された作戦軍事介入というより、クーデターなどを誘発させる諜報・工作作戦

※この「作戦計画」の解説は、「在韓米軍」の解説の一部です。
「作戦計画」を含む「在韓米軍」の記事については、「在韓米軍」の概要を参照ください。


作戦計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 01:49 UTC 版)

クルスクの戦い」の記事における「作戦計画」の解説

“ツィタデレ(城塞)”作戦発動1943年5月3日予定されたが、これには保留条項があり、結果的に行われず逆にヒトラーは、5月3日ミュンヘンに軍の高級幹部集めて会議開き前日ヴァルター・モーデル元帥から敵陣地の対戦車防御組織が非常に強化されているとの話を受けて、さらに装甲兵力(戦車)を増強することが必要だ考え6月10日まで作戦延期することを主張した。しかし、この会議参加した中央軍集団司令官ギュンター・フォン・クルーゲ元帥南方軍集団司令官エーリッヒ・フォン・マンシュタイン元帥は、延期すればソ連軍ドイツ軍以上に戦力増強して態勢整えるとして延期反対し、さらにマンシュタインは、ドイツ北アフリカ前線破綻しており、北アフリカ陥落して、その後西側連合軍ヨーロッパ上陸したら、作戦自体成立しなくなると主張したまた、ハインツ・グデーリアン上級大将は、作戦放棄論を主張しその中で投入される新型パンター戦車には多く初期欠陥があり、攻撃予定日までに改善できない発言しアルベルト・シュペーア軍需大臣もこれに同調した。しかし、ヒトラーは、北アフリカ戦線チュニスへの増援が可能であり、西側連合軍ヨーロッパ上陸も、6-8週間はかかるだろうと考えており、6月中は北アフリカのことは考える必要は無いと判断して自分意見変えなかった。その後、この会議では何も決まらず散会となったが、5月11日には6月中旬まで作戦延期決定された。その2日後の5月13日には、チュニスで、北アフリカドイツ・イタリア軍は降伏してしまい、ヨーロッパ南岸への連合軍の上陸作戦はより現実味を帯びることになった。しかし、延期されていた6月中旬になっても、作戦発動されず、7月1日ヒトラーは、東プロイセン総統大本営全軍司令官軍団長招集して、作戦開始7月5日最終的に決めたヒトラーもまた不利を察し、「クルスクのことを考えると、気分悪くなってくる」という内心吐露している。

※この「作戦計画」の解説は、「クルスクの戦い」の解説の一部です。
「作戦計画」を含む「クルスクの戦い」の記事については、「クルスクの戦い」の概要を参照ください。


作戦計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 15:50 UTC 版)

ブラウ作戦」の記事における「作戦計画」の解説

作戦計画は、2段になっており、第一段階で、ドン河湾曲部西岸ソ連軍撃破し渡河点を確保し第二段階では、攻勢軸を2つにわけ、ひとつはスターリングラード周辺ボルガ河西岸到達する事(のちのB軍集団)、もうひとつは、コーカサス地方はるかに南下しバクー油田占領する事(のちのA軍集団)が、目標とされた。 ドイツ軍将軍の間では、補給能力限界や4000m級の山岳連なるカフカス山脈超えてバクーまでの進撃困難さをあげ、この案には反対の者が多かったが、ヒトラーは、押し切った

※この「作戦計画」の解説は、「ブラウ作戦」の解説の一部です。
「作戦計画」を含む「ブラウ作戦」の記事については、「ブラウ作戦」の概要を参照ください。


作戦計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/04 09:26 UTC 版)

タガール作戦」の記事における「作戦計画」の解説

1973年10月6日エジプト・シリア両軍奇襲攻撃により第四次中東戦争勃発したイスラエル空軍は2時間後に反撃開始しスエズ運河渡河したエジプト軍ゴラン高原から侵攻したシリア軍空爆したが、濃密な防空網によって初日だけで30機が撃墜された。 エジプト軍は、S-75(NATOコードネーム:SA-2 ガイドライン)及びS-125NATOコードネーム:SA-3 ゴア地対空ミサイル陣地スエズ運河沿いに設置し中・低高度防空には2K12NATOコードネーム:SA-6 ゲインフル地対空ミサイルZSU-23-4自走高射機関砲9K32NATOコードネーム:SA-7 ストレラ携帯式地対空ミサイル用いて段階防空網構築していた。 10月6日夕方から夜にかけてイスラエル空軍は、翌7日朝にスエズ運河正面エジプト軍対す攻撃検討第一段階地対空ミサイル陣地防衛する対空火器及びエジプト国内空軍基地箇所攻撃対象とし、第二段階地対空ミサイル陣地攻撃する計画とした。

※この「作戦計画」の解説は、「タガール作戦」の解説の一部です。
「作戦計画」を含む「タガール作戦」の記事については、「タガール作戦」の概要を参照ください。


作戦計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/12 17:19 UTC 版)

キングII作戦」の記事における「作戦計画」の解説

9月26日段階南西太平洋方面軍(主に第7艦隊)向けに発令された作戦計画13-44について、冒頭主要部日本語翻訳する概ね次のうになる詳細は計15別紙記載されている。日程的にも第2段以降のものであり、主な記述第3段階となる。作戦の計画文書連合陸海軍Combined Allied Naval Forces,CANF)、南西太平洋軍Southwest Pacific Area,SWPA)の連名となっており、マスケティーアからの継続性見て取れる別紙作戦要領日程等示されているがA-day10月20日示している。この編制9月26日時点のものであり、細部では実際作戦時と異な部分もある。第3艦隊についてはレイテ沖海戦#戦闘序列連合軍)のを参照のこと。 第77任務部隊司令官 MUSKETEERKING II 連合陸海軍Combined Allied Naval Forces,CANF南西太平洋方面軍Southwest Pacific Area, SWPA)- 作戦計画 13-44 注意 あらゆる予防措置をとり、この計画敵中落ちる事を防止すること。もし艦船拿捕或いは亡失差し迫った際には、この計画は完全に破棄される軍機 A4-3(6)Serial: 00022軍機 連合国海軍部隊司令官、SWPA並びに 第7艦隊司令官中部フィリピン攻撃第77任務部隊軍司令部ホーランディア蘭領ニューギニア1944年9月26日1200時 作戦計画CANF, SWPA NO. 13-44 任務組織 軍隊区分別紙"A"に記載。77.1 指揮群77.1.1 艦隊旗艦部隊 グラナム(GRANUM海軍大佐揚陸指揮艦AGC)1、 駆逐艦(DD)277.1.2 巡洋艦部隊 コニー(CONEY)海軍大佐 軽巡洋艦CL)1 、駆逐艦(DD) 2司令官支援航空機中部フィリピン攻撃ホワイトヘッドWHITEHEAD海軍大佐 78. 北部攻撃部隊 バーベイ(BARBEY)海軍少将 揚陸指揮艦AGC)1 揚陸指揮艦(RAGC)2 攻撃兵員輸送艦APA17 兵員輸送艦AP)4 高速輸送艦APD)5 攻撃貨物輸送艦AKA)4 貨物輸送艦(AK)2 駆逐艦(DD)12 ドック型揚陸艦(LSD)5 歩兵揚陸艦LSI)3 中型揚陸艦LSM12 戦車揚陸艦LST95 一等機雷敷設艦CM)1 艦隊航洋曳船ATF)2 UDT 6 多用途、護衛並びに哨戒用艦艇支援両用作戦配属駆逐艦(DD)12 79. 南部攻撃部隊 ウィルキンソンWILKINSON海軍中将 揚陸指揮艦(AGC) 3 攻撃兵員輸送艦APA21 兵員輸送艦AP)5 避難用輸送艦APH)1 車両揚陸艦LSV)2 攻撃貨物輸送艦AKA)6 貨物輸送艦(AK)2 ドック型揚陸艦(LSD)5 中型揚陸艦LSM)6 戦車揚陸艦LST55 駆逐艦(DD)28 艦隊航洋曳船ATF)3 救難艦ARS)2 揚陸艇工作艦ARL)1 多用途、護衛並びに哨戒用艦艇 77.2 爆撃砲火支援オルデンドルフOLDENDORF海軍少将 77.2.1 砲火支援群(北) ウェイラー(WEYLER)少将旧式戦艦Old Battleship,OBB)3 駆逐艦(DD)3 77.2.2 砲火支援群(南) オルデンドルフOLDENDORF海軍少将旧式戦艦OBB)3 重巡洋艦CA)3 軽巡洋艦CL)3 駆逐艦(DD)13 小型水上機母艦AVP)1 77.3 近接援護群 バーケイ(BERKEY)海軍少将重巡洋艦CA:Royal Australian Navy,RAN)2 軽巡洋艦CL)2 駆逐艦(DD)7 77.4 護衛空母群 T.L.スプレイグ(T.L. SPRAGUE海軍少将護衛空母CVE18 駆逐艦(DD)9 護衛駆逐艦DE14 77.5 掃海測量ラウド海軍中佐77.5.1 敷設駆逐艦DM)2 掃海艇(AM)10 掃海駆逐艦DMS)7 機動掃海艇(YMS)24 高速輸送艦APD)1 77.5.2 第7艦隊より配属した測量調査船 海軍中佐 77.6 海岸処分群 - 少佐高速輸送艦APD11水中処分船(UDT12 77.7 役務グローバーGLOVER海軍少将各部隊配属注意 記載箇所で A. 中部フィリピン攻撃指揮官南西太平洋方面連合海軍指揮官読み替えること。B. 作戦計画1-44については作戦計画13-44と読み替えること。C. 通信計画1-44については作戦計画4-44読み替えること。全般状況 連合軍次の線: マリアナ-ウルシー-パラオ-モロタイ沿って占領しており、そして東部よりフィリピン向けた諸処進出調整している。空母並びに沿岸基地航空機による攻撃は、フィリピンの敵航空部隊著しく減勢させている。日本フィリピン配置した航空部隊消耗した状態に陥っており、それは我が方艦載機が持つ能力により、特定の地域制空権確立することが、東部フィリピン沿岸一帯のどの地点においても可能だからである。航空機潜水艦による攻撃甚大な損失敵船腹に与えており、それ故に敵のフィリピン各部隊への兵站支援大きな障害抱えている。敵軍 (敵情別紙Nを参照) 日本主力艦艇の正確な配置不明であるが、戦力見積もりとしては空母10隻、戦艦5隻が本土近海に、空母1隻、戦艦4隻がマレー水域在ると見られる。 主に護衛目的魚雷艇から成る小部隊は、フィリピン群島閉塞され水域主要な守備兵力を成している。 レイテ湾水域レイテ島東岸並びにフィリピン遮蔽された水域大半機雷敷設済みないしは敷設進みつつある。 フィリピン諸島蜂の巣状になっている広範囲網の目のように航空基地在り、敵は遠方基地から攻撃をかける際の中継地としてこれらを活用することが出来る。 52作戦可能な航空基地レイテタクロバンから半径360マイル以内存在する100マイル以内在る主要な基地群は、ネグロスに3箇所、パネー(PANAY)に2箇所セブに1箇所レガスピーに1箇所、そしてカガヤン・デル モンテ(CAGAYAN-DEL MONTE地区に3箇所である。 日本陸上海上航空兵力で中部フィリピン配置した部隊主力は、セブ-ロス ネグロス-パネー地区集中している。 敵陸軍レイテ島戦闘部隊12,000名を4000名の輜重兵と共に配置していると見積られている。これらの部隊は主にタクロバンおよびドラグ地区参集している。装備には戦車自走砲与えられており、固定砲台付近の浜を射界収め防戦支援可能なように配置されている。 現在のところ確実な情報ではないが、レイテ島東岸浜辺は、有刺鉄線障害物地雷により防御されていると思われるサマール島凡そ4000名の陸兵により保持され主としてカルバヨグCALBAYOG)-カトゥバロガンCATBALOGAN地区集結していると推定されている。 我が軍 (別紙"B":作戦要領見よ親米的フィリピンゲリラ部隊組織され武装し、軍として機能しており、レイテ島山岳地帯潜んでいる。 想定 敵は利用可能全ての手段用いてフィリピンの上陸地目標として反撃するであろう。 敵は、攻撃受けている島々への増援企図する可能性がある。その戦策は海岸づたいの両用作戦で、主に夜間小型船舶や艀を利用したものであろう。 敵は更なる抗戦無益だ判断した時には目標地域から基幹人員海上撤収企図するであろう。 敵は潜水艦による攻撃を図るであろうが、外海では限定され規模になると思われるまた、敵は小型潜水艦或いは潜航艇レイテ湾使用し、その推定接近経路セブ島起点としスリガオ海峡抜けるものとなろう重爆撃は敵戦力のうち強大なものを減殺するために用いることになる。 広範囲に渡る掃海作業が必要と考えられ浜辺には縦横地雷障害物設置されていると見られる多数機による散発的な空襲撹乱目的空襲主として夜間行われると見られる夜襲については魚雷艇並びに魚雷艇駆逐艇よるもの予想される敵航空機水上艦潜水艦第一目標輸送艦船と見られ空母第二目標思われる我が軍海岸の上陸、輸送揚陸支援船舶により行い以って第6軍構成要素として制圧占領、展開の支援南部フィリピンレイテ地区遂行することになる。 指揮群は中部フィリピン攻撃軍司令官により割り当てられ任務遂行する中部フィリピン攻撃軍司令官支援用の航空部隊は、その全支援航空機直接及び/或いは協力して作戦する。その際には航空作戦計画別紙"G"に準拠するが、文書上空警戒combat air patrol,CAP)または目標海域での対潜哨戒統制規定する場合は、それらに準拠する北部攻撃部隊合衆国陸軍第6軍司令部とその靡下の第10軍団第1騎兵師団、第24歩兵師団、第98レンジャー大隊)を護衛をつけた上で輸送すること。A-3 dayには第98レンジャー大隊指定兵力ホモンホン島の南の[スルアン(SULUAN)島]、北ダイナガット(DINAGAT)島[及びヒブソン(HIBUSON)島]に上陸させること。作戦上の統制爆撃砲火支援群より受けること。A-dayのH-Hourには第10軍団主力レイテ島北部タクロバン地区ホワイト・ビーチSAN RICARDO)、およびレッド・ビーチ(PALO)に上陸させること。A dayのW hourには第24歩兵師団の1個連隊RCT)をグリーン・ビーチ(パナオン海峡)に上陸させること。A-day先立って湾口制圧確立し中部フィリピン攻撃軍司令官職責から解かれるまで、そこを保持すること。意向調整のため、A-day先立って南部攻撃部隊が、艦砲射撃夜間撹乱攻撃水中処分部隊による海浜障害物除去要請した際は、その命令提供すること。砲火支援計画については付録 1 と別紙"E"に基づいて砲火支援群(北)および近接掩護群に次の指示与えること。まずこれら部隊砲火支援区域への進出A-day先立って行い、砲爆撃夜間撹乱攻撃近接砲火支援A-dayに行う。またA-day以後必要に応じて、またはこれらの部隊目標区域到着次第統制を行うべきであると認められる場合にも、上記沿って遂行すること。A-Day並びに爾後、我軍の水中処分部隊作戦統制指揮すること。上記4事項不要となった際には、砲火支援群(北)の任務を解くこと。近接支援群についても中部フィリピン攻撃軍司令官による作戦統制必要性なくなった際にはその任を解くこと。司令官支援航空機通して北部攻撃部隊中部フィリピン攻撃軍司令官支援航空機によって特令で指定され航空機統制する対潜、対魚雷艇対空防御態勢準備について、その担任区域付録 4および別紙"L"に示す。舟艇人員舟艇集結拠点移送しその際舟艇集結計画別紙"I"に従うこと。救難作戦統制運用実施については救難計画別紙"J"に従うこと。所在海上先任指揮官SOPA)が目標区域に居る場合には、空中警戒対潜哨戒準備統制については航空計画別紙"G"に従うこと。 南部攻撃部隊合衆国陸軍第6軍靡下の第24軍団(第7師団および第96師団)を輸送しその護衛にあたること。揚陸A-DayのJ-Hourに第24軍オレンジ-ブルー・ビーチ(SAN JOSE)およびバイオレット-イエロー・ビーチ(DULAG)に対して行うこと。砲火支援計画付録1と別紙"E"に従って爆撃砲火支援司令官に、A-Dayに先だち艦砲射撃および夜間撹乱射撃指示与えその際北部攻撃部隊要請我が隊の要請との調整にあたること。 海岸処分司令官には、A-Day先立って海浜障害物除去指令しその際北部攻撃部隊要請我が隊の要請との調整にあたること。砲火支援群へA-Day砲火支援区域接近しA-Day以後に砲爆撃夜間撹乱射撃近接砲火支援の指示与えること。A-Day爾後必要に応じて指示与え目標区域にてこれら部隊到着次第統制確実に行うこと。A-Dayには我が軍水中処分隊対し統制指揮を行うこと。爾後も同様とする。必要性なくなった際には砲火支援群(南)を指揮から解くこと。司令官支援航空機通して南部攻撃部隊中部フィリピン攻撃軍司令官支援航空機によって特令で指定され航空機統制する対潜、対魚雷艇対空防御態勢準備について、その担任区域付録 4および別紙"L"に示す。舟艇人員舟艇集結拠点移送しその際舟艇集結計画別紙"I"に従うこと。救難作戦統制運用実施については救難計画別紙"J"に従うこと。所在海上先任指揮官SOPA)が目標区域に居る場合には、空中警戒対潜哨戒準備統制については航空計画別紙"G"に従うこと。 爆撃砲火支援群はA-Day先立って爆撃夜間撹乱射撃行いその際南部攻撃部隊司令官発した指示に従うこと。[攻撃部隊目標到着するまで海浜処分部隊および掃海部隊]の掩護および統制を行うこと。北部攻撃部隊の上準備はA-3 Dayより行う。海浜処分部隊活動および掃海繋留ブイ進出掩護および統制をおこなうこと。海浜処分部隊遂行した成果と浜の情報直ちに、攻撃部隊司令官急送すること。司令官支援航空機通して中部フィリピン攻撃軍司令官支援航空機到着まで目標上空支援航空機統制すること。A-Day先だつ艦砲射撃段階では、空海救難救援部隊協力を図ること。その際付録4と別紙"G"の空海救難手順に従うこと。 砲火支援群(北)は近接援護群による増強受けてA-Day砲火支援区域接近すること。その際北部攻撃部隊司令官指示に従うこと。北部攻撃部隊司令官命令指示書に従って爆撃および夜間の撹乱射撃近接砲火支援遂行すること。北部攻撃部隊司令官指揮から解かれた際には、爆撃砲火支援司令官指揮により報告および作戦実施すること。 砲火支援群(南)は、A-Day砲火支援地区向けて接近を行うこと。その際南部攻撃部隊司令官指示に従うこと。南部攻撃部隊司令官命令指示書に従って爆撃および夜間の撹乱射撃近接砲火支援遂行すること。命令があった際には、軽水打撃部隊部隊第3艦隊35任務部隊含み第3艦隊指揮官については作戦計画14-44)を中部フィリピン攻撃軍司令官による作戦上の統制から解放する近接援護群は北部攻撃部隊司令官護衛目標地域への近接支援形態準備について報告する北部攻撃部隊司令官発令した指示書に従ってA-Day砲火支援地区向けて接近し爆撃および夜間撹乱射撃遂行すること。北部攻撃部隊司令官により発令行った時には中部フィリピン攻撃軍司令官報告すること。 護衛空母群は航空支援を行うが、その指示内容計画航空作戦の部、別紙"G"に拠る掃海測量群は音響係留、(訳者注:磁気感応機雷掃海レイテ湾地区にて行う。掃海計画付録 3から別紙"E"に拠る水路測量行い航法支援供するため指示通り組み入れること。掃海測量群の作戦統制所在海上先任指揮官Senior Officer Present Afloat,SOPA)に命じる。 海岸処分群はA-Day向けた準備段階では作戦統制爆撃砲火支援司令官より受け、海浜障害物除去にあたりその際南部攻撃部隊司令官準備した指示書拠って行動すること。南部攻撃部隊到着次第軍司令官報告する義務を負う。 役務群は別紙"K"に拠り兵站支援提供すること。 本作計画受領した時点より実施される。 本計画実施のため所定位置移動すること。移動計画別紙Cに拠る接近経路進出計画付録 2から別紙Cに拠る夜間避退伝達については避退計画付録 4および別紙Eに拠ること。 中部フィリピン攻撃軍司令官A Day当日またはその後空海救助作戦調整にあたること。その際には付録 4および別紙Gに拠るものとする。 各司令官命じた移動について不可欠な情報であるので、それについての発信全ての任務部隊任務群および航空部隊司令官に対して行い不測味方部隊との交戦未然防止留意すること。 本作戦はマヌス(MANUS)、フィッシュハーフェン(FINSCHAFFEN)、並びにホーランディアより開始される中部フィリピン攻撃軍の支援航空機上空警戒CAP)および対潜哨戒実施および統制を受けるが、これは機が目標区域所在する場合適用する中部フィリピン攻撃軍司令官不在の際には上空警戒および対潜哨戒所在海上先任指揮官指揮の下、司令官支援航空機統制目標区域にて受ける。 小型水上機母艦AVP)は爆撃砲火支援司令官にA-3 dayより報告行い戦艦巡洋艦搭載搭載機VO(Spotting Squadron)-VCS(Cruiser Scouting Squadrons,共に部隊符丁)の使用認められる爆撃砲火支援司令官から任を解かれた際には、これら搭載機中部フィリピン攻撃軍司令官作戦統制の下に復帰する対潜哨戒は各攻撃部隊がその態勢確立しレイテ湾口を範囲として、以って我が艦隊海域防護する責務を負う。少なくとも各哨戒範囲にて1隻は哨戒継続しレーダーによる夜間哨戒一様に行って航空機同様に水上艦船備え日中敵航空機を特に警戒すること。この哨戒航空指揮艦加えて実施する何れか攻撃部隊不在の際には、哨戒徹底残留攻撃部隊によりなされる攻撃部隊司令官中部フィリピン攻撃軍司令官に対して詳細計画提出し合衆国陸軍第6軍司令官および南西太平洋方面最高司令官可及的速やかに写し送付すること。 潜水艦の安全航路救命拠点作戦地域爆撃制限区域付録 5および別紙Lに拠る潜水艦作戦については別紙Hに拠る魚雷艇作戦付録 5と別紙Eに拠る救難準備については救難計画別紙Jに拠る太平洋軍Pacific Ocean Areas Forces)と南西太平洋軍との担任区域付録 6および別紙Gによる。 関係する航空部隊と自航空部隊との一般的な需品使用調整については別紙Gに拠る地理上の参照点とその符丁付録 1と別紙Lに拠るA-Day目標期日について、タクロバン-ドラグ(TACLOBAN-DULAG)地区での大規模な揚陸1944年10月20日としている。計画においては全ての揚陸一斉に行うこととした。目標時刻であるH-Hour、J-Hour、並びにW-Hourは1000時とする。 兵站基地展開、衛生計画については別紙Kに拠ること。 通信については、通信計画別紙Nに拠る帯域ゼブラ時刻全ての発信日時に対して用いること。現地時間東経150度の西、南緯7度の北であり、地帯アイテムより-9時間の差である。発信本文記載する現地時間には時刻帯域の指定追記すること。 指揮系統別紙O記載通り中部フィリピン攻撃軍司令官揚陸作戦総指揮をとり、指揮上陸部隊が浜を確保するまで継続する。浜に所在する部隊指揮は、その後上陸部隊指揮官移行する指揮移譲下記のように完遂するものとする:各海浜において上陸部隊が浜を確保したならば、現地上陸部隊指揮官指揮の責を引継ぎ現地攻撃司令官通知し、また当該攻撃部隊司令官報告する義務を負う。 各攻撃部隊は全上陸部隊海岸確保し海岸での指揮移譲したならば、攻撃部隊司令官および軍団司令官中部フィリピン攻撃軍司令官報告行い軍団司令官報告継続する責を負う。 全上陸部隊海岸確保した際には、第6軍司令官中部フィリピン攻撃軍司令官に、自らが指揮をとる準備成したこと、海岸部隊指揮第6軍司令官移行したことの報告を行うこと。指揮移行行った正確な時間無電にて総司令部(G.H.Q.)に発信され、全司令官留意することにある。 各任務部隊並びに任務司令官は本計画任務組織掲載しているが、本計画書は速達によるので受領確認すること。 ウィルキンソン海軍中将はマウント・オリンパスに座乗し、中部フィリピン攻撃軍の次席指揮官とする。 中部フィリピン攻撃指揮官は他に宣言があるまではホーランディア所在する。 T.C.キンケイド海軍中将連合海軍部隊司令官第7艦隊司令官並びに中部フィリピン攻撃軍司令官 別紙 軍隊区分 作戦要領 移動計画攻撃行動予定 進出計画 巡航指示書所在海上専任指揮官SOPA指示書類.投錨地図 攻撃計画砲火支援計画 戦闘計画 掃海計画 撤収計画 魚雷艇作戦指示荒天対処計画 航空計画航空支援計画 航空通信計画 航空作戦(図) 空海救助手順 戦闘機指揮官計画 基地航空機及び空母艦載機間の調整 偵察計画(図) 潜水艦作戦 舟艇集結計画 救難計画 兵站計画 航海関連別紙地理上の参照点符丁 航路給油海域海上作戦海域 時間および道程諸表 作戦地域海峡港湾進出および各担任区域 潜水艦安全航路救命拠点作戦区域爆撃制限地域 水路情報 気象情報 敵情判断別紙 通信計画 指揮系統

※この「作戦計画」の解説は、「キングII作戦」の解説の一部です。
「作戦計画」を含む「キングII作戦」の記事については、「キングII作戦」の概要を参照ください。


作戦計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 01:52 UTC 版)

北極狐作戦」の記事における「作戦計画」の解説

作戦構想としては、攻勢軸は2つあり、ひとつは、XXXVI軍団によるカンダラクシャ目指すものもうひとつは、フィンランドIII軍団による、ルウキケミ攻略目指すものルウキケミはいずれムルマンスク鉄道モスクワ方面への分岐があるベルモルスクより北にあり、予想されるロシア本土側からのソ連軍反撃制止できる。XXXVI軍団は、カンダラクシャ攻略後、北上して、ペツァモからムルマンスク進撃する山岳軍団協同して、冬の到来する10月以前ムルマンスク攻略するというものであったケミヤルヴィ-カンダラクシャ間は幹線道路一本あるだけで、それ以外のところはラップ人の使う小径以外の道路はなく車両輸送には問題があった。フィンランド軍部隊極地戦や森林戦熟練しており適した装備有していたが、XXXVI軍団ドイツ軍はいずれも普通の歩兵部隊でそうではなかった。

※この「作戦計画」の解説は、「北極狐作戦」の解説の一部です。
「作戦計画」を含む「北極狐作戦」の記事については、「北極狐作戦」の概要を参照ください。


作戦計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/09 09:50 UTC 版)

大陳島撤退作戦」の記事における「作戦計画」の解説

上下大陳島、漁山島、披山島からの撤退作戦金剛計画中国語版英語版)と命名された。大陳島からの撤退アメリカ第7艦隊支援するが漁山、披山島からの撤退中華民国軍独力で行うことになった支援に当った第七艦隊編成以下の通り空母6隻エセックス ヨークタウン ワスプ キアサージ ミッドウェー2月6日到着プリンストン 重巡洋艦三隻:旗艦ヘレナピッツバーグトレド 駆逐艦25隻(フレッチャーなど) ロケット揚陸艦2隻 掃海艦4隻 攻撃輸送艦3隻 攻撃貨物輸送艦2隻 高速輸送艦2隻 戦車揚陸艦7隻 他5隻

※この「作戦計画」の解説は、「大陳島撤退作戦」の解説の一部です。
「作戦計画」を含む「大陳島撤退作戦」の記事については、「大陳島撤退作戦」の概要を参照ください。


作戦計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/06 17:04 UTC 版)

白金狐作戦」の記事における「作戦計画」の解説

1940年のフィンランド・ソ連国境からムルマンスクまでは、約90kmである。ドイツ軍の作戦構想は、国境より二個山岳兵師団ムルマンスク向かい10月の冬の到来前に北極狐作戦カンダラクシャ攻略後、北上してくるXXXVI軍団協同で、ムルマンスク攻略する、というものであった。 ディートルは、ペツァモからムルマンスクの間は、東西道路は十分でなく軍事行動適さないし、冬季補給出来ないので、カンダラクシャ攻略できなければ、たとえムルマンスク攻略できたとしても部隊生存おぼつかないから、ペツァモ地区では守勢維持し、主攻勢は、ケミヤルヴィ→サッラ→カンダラクシャの線で行うべきだと、5月国防軍最高司令部(OKW)に意見書出したが、これは通らなかった。

※この「作戦計画」の解説は、「白金狐作戦」の解説の一部です。
「作戦計画」を含む「白金狐作戦」の記事については、「白金狐作戦」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「作戦計画」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「作戦計画」の例文・使い方・用例・文例

  • 作戦計画
  • 作戦計画をする
  • 作戦計画によって勝つ
  • 大将は作戦計画が巧み
  • 予定の作戦計画
  • 軍隊の作戦計画
Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



作戦計画と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「作戦計画」の関連用語

作戦計画のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



作戦計画のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのビルマの戦い (改訂履歴)、呉鎮守府第101特別陸戦隊 (改訂履歴)、日号作戦 (改訂履歴)、リガ攻勢 (改訂履歴)、フェリックス作戦 (改訂履歴)、トンガ作戦 (改訂履歴)、仁川上陸作戦 (改訂履歴)、松輸送 (改訂履歴)、コブラ作戦 (改訂履歴)、タイダルウェーブ作戦 (改訂履歴)、アイスランド侵攻 (改訂履歴)、モガディシュの戦闘 (改訂履歴)、在韓米軍 (改訂履歴)、クルスクの戦い (改訂履歴)、ブラウ作戦 (改訂履歴)、タガール作戦 (改訂履歴)、キングII作戦 (改訂履歴)、北極狐作戦 (改訂履歴)、大陳島撤退作戦 (改訂履歴)、白金狐作戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS