作戦計画とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 計画 > 作戦計画の意味・解説 

さくせん‐けいかく〔‐ケイクワク〕【作戦計画】

読み方:さくせんけいかく

戦闘指揮官が、作戦目的を達成するために定め計画


作戦計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/02 02:15 UTC 版)

ビルマの戦い」の記事における「作戦計画」の解説

インド北東部マニプル州中心都市インパールは、ビルマ・インド国境部の要地であり、イギリス軍反攻拠点だった。第15軍司令官牟田口廉也中将は、インパール攻略によって連合軍の反攻機先を制し、さらにインド国民軍によってインド国土の一角自由インド仮政府の旗を立てさせることでインド独立運動刺激できると主張した牟田口はさらにナガランド州ディマプルへの前進をも考えていた。これが成功すればハンプ越え援蔣ルート絶ちスティルウェル指揮下の米中連合軍への補給絶つことができる。 牟田口の案は、第15軍の3個師団(第15、第31第33師団)に3週間分の食糧持たせてインパール急襲し占領するというものだったそのためには川幅1,000メートルチンドウィン川渡河し、標高2,000メートル級のアラカン山脈踏破せねばならない。さらに困難な問題は作戦長期化した場合前線部隊への補給だった。ビルマ方面軍当初牟田口の案を無謀判断したが、南方軍大本営最終的にこの案を支持した背景には各方面で敗北続き戦局打開したいという軍中央の思惑があったと言われる

※この「作戦計画」の解説は、「ビルマの戦い」の解説の一部です。
「作戦計画」を含む「ビルマの戦い」の記事については、「ビルマの戦い」の概要を参照ください。


作戦計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 03:43 UTC 版)

モガディシュの戦闘」の記事における「作戦計画」の解説

作戦コードアイリーンナイトストーカーズ航空支援担当し、以下の機種投入されるMH-60 ブラックホーク OH-6 カイユース MH-6/AH-6 リトルバード - OH-6特殊部隊向けモデル侵入タスクフォースレンジャーは、ブラックホークから迅速に目標ビル降下し建物四隅占拠し目標周辺の安全を確保するデルタフォースは、リトルバードから建物内突入し生きたまま対象人物捕らえる。 離脱ハンヴィー車両部隊が、全員収容するナイトストーカーズ空から支援する作戦開始後数分間4組チョーク積載班、ヘリコプターへの搭乗前提として編成され戦闘班の意)から成るレンジャー作戦対象のビル四隅に展開し安全地帯確保する事に成功したものの、ソマリア人の住民民兵の手により、ハンヴィー構成され地上部隊安全地帯辿り着けないように、岩や火のついたタイヤ用いてモガディシュの通りバリケード作られていた。 モガディシュ街路の上70フィート(約21メートル)でホバリングするヘリコプターから米軍レンジャー、及び、デルタフォース降下民兵リーダーたちを捕らえるという任務順調に達成したが、長時間に渡る遅延間に数分後にはソマリア民兵によってMH-60 ブラックホーク1機が撃墜された。 ブラックホークによる急襲部隊車両から展開した地上部隊互い視認できないまま20分ひたすらに戦線維持していたが、何とか接触する事に成功する。だが、この直後に2機目のブラックホーク(スーパー64)が撃墜された。この際デルタフォース2人狙撃員、ランディ・シュガート一等軍曹ゲーリー・ゴードン曹長が、近づきつつある民兵たちから負傷したブラックホークパイロット(マイケル・デュラント准尉)を守るために地上降下した民兵規模攻撃の危険を知りつつ、また、統合タスクフォース指令センターからヘリとどまった方がよい助言されながらも躊躇することなく地上降下したその決断力からベトナム戦争以来名誉勲章授与された。しかし、両兵士とも数で勝る民兵たちによって殺害されている。 地上部隊はやがて最初の墜落地点到着した。約90人のレンジャーたちは激し銃撃によって包囲された航空支援十分に受けられない状況下で、次の日早朝米軍10山岳師団マレーシアパキスタン国連部隊救援に来るまで、レンジャーたちは夜通し戦い続けた他の国連部隊による救援計画調整作戦困難さ考慮しながら行われたため、時間かかった兵士たちの話によると、戦闘が続くにつれてアイディード派の民兵たちは兵士遮蔽するために市民を彼らの前に押し出していた。しかしながらアメリカ軍兵士民兵を隠すような市民何度もためらわずに射殺したため、市民による遮蔽減ったまた、少数米兵車両)を多数挟み銃撃し、その流れ弾による同士討ち多数目撃されている。 翌10月4日午前6時30分米軍国連のパキスタン・スタジアムに引き上げてきた。米兵18人が死亡74人が負傷(後に1人死亡)、国連軍2人死亡・9人が負傷していた。 この戦闘は、ソマリア国連活動の中でアメリカ軍直面したもっとも激し市街戦のうちの1つであったまた、この戦いの後死亡した米兵上記の降下した2名とブラックホーク乗員)の遺体裸にされ、住民引きずり回されるという悲惨な映像公開されアメリカニュース番組放映された(後に身体切断された状態で発見される)。これに衝撃受けたアメリカ国民の間で撤退論が高まったアメリカ世論を背景ビル・クリントン1994年ソマリアからの撤兵決定したが、この戦闘平和維持活動から撤退したことの理由1つとして挙げられている。また、クリントンはこの作戦痛手によって、その後地上軍派遣渋りミサイル航空機によるハイテク戦争への方向を推し進めていく。 この作戦初期の目的達成されたため「作戦上成功であったが、当初30分程度終了する予定任務が夜をまたいで15時間にもおよび、多くの犠牲出した

※この「作戦計画」の解説は、「モガディシュの戦闘」の解説の一部です。
「作戦計画」を含む「モガディシュの戦闘」の記事については、「モガディシュの戦闘」の概要を参照ください。


作戦計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 01:49 UTC 版)

クルスクの戦い」の記事における「作戦計画」の解説

“ツィタデレ(城塞)”作戦発動1943年5月3日予定されたが、これには保留条項があり、結果的に行われず逆にヒトラーは、5月3日ミュンヘンに軍の高級幹部集めて会議開き前日ヴァルター・モーデル元帥から敵陣地の対戦車防御組織が非常に強化されているとの話を受けて、さらに装甲兵力(戦車)を増強することが必要だ考え6月10日まで作戦延期することを主張した。しかし、この会議参加した中央軍集団司令官ギュンター・フォン・クルーゲ元帥南方軍集団司令官エーリッヒ・フォン・マンシュタイン元帥は、延期すればソ連軍ドイツ軍以上に戦力増強して態勢を整えるとして延期反対し、さらにマンシュタインは、ドイツの北アフリカ前線破綻しており、北アフリカ陥落して、その後西側連合軍ヨーロッパ上陸したら、作戦自体成立しなくなると主張したまた、ハインツ・グデーリアン上級大将は、作戦放棄論を主張しその中で投入される新型パンター戦車には多くの初期欠陥があり、攻撃予定日までに改善できない発言しアルベルト・シュペーア軍需大臣もこれに同調した。しかし、ヒトラーは、北アフリカ戦線チュニスへの増援可能であり西側連合軍ヨーロッパ上陸も、6-8週間はかかるだろうと考えており、6月中は北アフリカのことは考える必要は無いと判断して自分の意見変えなかった。その後、この会議では何も決まら散会となったが、5月11日には6月中旬まで作戦延期決定された。その2後の5月13日には、チュニスで、北アフリカドイツ・イタリア軍は降伏してしまい、ヨーロッパ南岸への連合軍の上陸作戦はより現実味を帯びることになった。しかし、延期されていた6月中旬になっても、作戦発動されず、7月1日ヒトラーは、東プロイセン総統大本営全軍司令官軍団長招集して、作戦開始7月5日最終的に決めたヒトラーもまた不利を察し、「クルスクのことを考えると、気分悪くなってくる」という内心吐露している。

※この「作戦計画」の解説は、「クルスクの戦い」の解説の一部です。
「作戦計画」を含む「クルスクの戦い」の記事については、「クルスクの戦い」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「作戦計画」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「作戦計画」の例文・使い方・用例・文例

  • 作戦計画
  • 作戦計画をする
  • 作戦計画によって勝つ
  • 大将は作戦計画が巧みだ
  • 予定の作戦計画
  • 軍隊の作戦計画
Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



作戦計画と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

作戦計画のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



作戦計画のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのビルマの戦い (改訂履歴)、モガディシュの戦闘 (改訂履歴)、クルスクの戦い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS