師団とは? わかりやすく解説

し‐だん【師団】


【師団】(しだん)

Division.
主として陸軍における戦闘部隊単位のひとつ
大半国家採用する編成あるため陸軍兵力の概数指し示す国際単位としても用いられる
また、近現代陸上戦において戦略的に扱われる部隊最小単位でもある

つまり、ある師団の司令部連絡取れなくなった場合、その師団は全滅したものと仮定される
隷下の部隊健在であっても、その部隊上層部から継続的に指令を受ける事はない
死守撤退命じられるか、近隣の師団に組み込まれ後は続報あるまで忘れ去られる

指揮官師団長)はいわゆる将軍閣下」で、階級的には少将中将程度が妥当とされる
陸上自衛隊では陸軍中将相当する階級である「陸将を以て師団長充てる
1個師団の人員多くとも15,000人未満。人的資源不足する国家では6,000~9,000程度編成される

「師団」に必要とされる兵力

「師団」の編制を採る部隊には、原則として想定されうる一般的な軍事作戦一つを、外部からの支援なく実行できること」を要求される
即ち、陸上戦闘不可欠な全種類部隊を、作戦必要な規模指揮下に置かなければならない
現代の場合、その条件を満たすために不可欠とされる兵科概ね以下の通り


師団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/12 00:51 UTC 版)

師団(しだん、: Division)は、軍隊部隊編制単位の一つ。旅団より大きく、軍団より小さい。師団は、主たる作戦単位であるとともに、地域的または期間的に独立して、一正面の作戦を遂行する能力を保有する最小の戦略単位とされることが多い。多くの陸軍では、いくつかの旅団・団または連隊を含み、いくつかの師団が集まって軍団・軍等を構成する。


注釈

  1. ^ 第19師団第20師団は朝鮮軍に隷属した
  2. ^ 天皇は大元帥として日本陸軍の唯一最高の統帥権を有していた
  3. ^ なお、参謀本部は軍隊では無く官衙(役所)であり、担当は作戦のみで、常設の4軍を除く軍(総軍・方面軍・軍)は作戦軍であり、戦闘序列(指揮系統)を規定するものである
  4. ^ 部隊組織である軍隊のみでなく、管区毎にある連隊区司令部要塞司令部等の官衙、衛戍病院(陸軍病院)等の諸機関も、師団長が統率した
  5. ^ 1952年5月14日の衆議院内閣委員会における大橋武夫国務相の答弁
  6. ^ 1961年4月25日の衆議院内閣委員会における西村直己防衛庁長官の答弁
  7. ^ 2万5千名の欠員を抱えていたため、師団の平均充足率は70パーセントであった。そのため、中隊レベルの充足率は45パーセント程度であったという。
  8. ^ 師団番号を冠した部隊名で構成されており、武器(大)隊・補給隊・衛生隊・輸送隊が存在していた。武器(大)隊は当時隷下に2個中隊を擁しており、車両整備を担当する1中隊と火器や通信機材・師団管内の施設部隊の機材整備等を担任する第2中隊が存在しており、このうち1中隊は後の整備大隊改編時に2中隊の火器小隊・誘導武器整備班と統合し火器車両整備中隊及び工作回収小隊に改編となっている。また、第2中隊隷下の施設野整備小隊は施設大隊の整備小隊と統合し施設整備隊へ改編、通信機材小隊は通信大隊の整備小隊と統合し通信電子整備隊に改編されている
  9. ^ ただし、師団長直轄となる前に付隊隷下の「化学防護隊」に改編し、後に独立し「○○化学防護隊」と改編されている。そのときの名残で現在旅団化されている部隊のうち付隊隷下に中隊旗を授与された「化学防護隊」として編制されている部隊も存在する。
  10. ^ これまでに第1師団(31普連・2011年4月)、第4師団(19普連・2013年4月)、第6師団(38普連・2006年3月)、第10師団(49普連・2014年3月)が各方面混成団隷下に移動、その他の施設・特科・後方支援連隊等のうち即自を基幹としていた中隊・小隊は廃止
  11. ^ 令和3年度末に第1戦車大隊が廃止、第1偵察戦闘大隊が新編。
  12. ^ 2021年度末に第3普通科連隊が即応機動連隊へ改編
  13. ^ a b 重火力(戦車・火砲)の北方温存の方針により、改編予定なし。
  14. ^ 平成30年度末に廃止(詳細は西部方面特科連隊及び第4特科連隊を参照)
  15. ^ a b 平成29年度末廃止(詳細は西部方面戦車隊及び第4戦車大隊第8戦車大隊を参照)
  16. ^ a b 2018年度末に第22普通科連隊が即応機動連隊へ改編
  17. ^ a b 令和元年度末に廃止(詳細は東北方面特科連隊第6特科連隊第9特科連隊参照)
  18. ^ 平成30年度廃止(詳細は第22即応機動連隊第6戦車大隊を参照)
  19. ^ 第73戦車連隊は平成25年度末にフル化改編(即自訓練は北部方面混成団に移管)
  20. ^ 2018年3月編成完結(詳細は第42即応機動連隊
  21. ^ 第24普通科連隊は西部方面混成団に移動
  22. ^ 平成29年度末廃止。西部方面特科連隊第8特科連隊参照
  23. ^ 第6師団・第8師団のみ設置
  24. ^ 但し飛行隊及び偵察隊は部隊規模の特性上2佐が指定
  25. ^ 1957年における編制

出典

  1. ^ a b c d e f 高井三郎著 『現代軍事用語』 アリアドネ企画 2006年9月10日第1刷発行 ISBN 4384040954
  2. ^ 戦史叢書『陸軍軍戦備』、287 - 288頁。
  3. ^ 奈良原裕也「21世紀陸上自衛隊の新体制 任務・装備・戦力を徹底分析 機動師団編(第8師団、第6師団、第2師団)」『軍事研究』2018年9月号、ジャパン・ミリタリー・レビュー、2018年8月10日、 53-65頁。
  4. ^ フランス陸軍を例に採ると、旅団の人員規模は小は6500名 (第27山岳歩兵旅団)、大は10200名 (第11落下傘旅団(現役軍人8700名および予備役軍人1500名))とされる。
  5. ^ a b c d e f g 田村尚也「大きく変わりつつある戦略任務 師団改編と旅団化」『軍事研究』2004年9月号、ジャパン・ミリタリー・レビュー、 144-122頁。
  6. ^ 文谷和重「防衛費倍増の前にすべきは組織の整理」軍事研究2022年9月号220頁。
  7. ^ MCあくしずVol.40、80頁、2016年3月21日。



師団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 05:47 UTC 版)

赤軍」の記事における「師団」の解説

狙撃3個連隊基幹とし砲兵連隊後方補給部隊を持つ。西欧軍隊に比べ師団の兵員数少なく80009000程度である。

※この「師団」の解説は、「赤軍」の解説の一部です。
「師団」を含む「赤軍」の記事については、「赤軍」の概要を参照ください。


師団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/14 08:21 UTC 版)

ベネズエラ陸軍」の記事における「師団」の解説

第1歩師団 司令部マラカイボスリア州ファルコン州ララ州ポルトゥゲーサ州ヤラクイ州管轄第2歩兵師団 司令部サンクリストバルSan Cristóbal)。タチラ州メリダ州バリナス州トルヒーリョ州管轄第3歩兵師団 司令部カラカス首都地区ミランダ州アンソアテギ州モナガス州スクレ州管轄。第301兵営大隊302自動車化騎兵群「ヘネラルブリガダ・フアン・パブロ・アジャラ」("GRAL. BGDA. Juan Pablo Ayala") 第304防空砲兵群「ヘネラルヘフェ・ホセ・フェリクス・リバス」("GRAL. Jefe Jose Felix Ribas") 第305戦闘工兵大隊「ヘネラルヘフェ・フランシスコ・デ・パウラ・アベンダード」("GRAL. Jefe Francisco de Paula Avendano") 第73猟兵旅団「ヘネラル・ヘフェ・ホセ・アントニオ・パエス」("GRAL. Jefe Jose Antonio Paez") 第31歩兵旅団34通信大隊「ヘネラルヘフェ・ホセ・タベロ・モナガス」("GRAL. Jefe Jose Tadeo Monagas") 第35憲兵連隊「リベルタドル・ホセ・デ・サンマルティン」("LIB. Jose de San Martin") 第4機甲師団 司令部マラカイアラグア州カラボボ州グアリコ州管轄。第41機甲旅団42歩兵旅団43機甲旅団 第4機甲大隊「ブラボス・デ・アプレ」("Bravos de Apure") 第41騎兵砲兵群「バルトロメ・サロン」("Bartolomé Salom") 第41大隊「カラボボ」("Carabobo") 第1騎兵群「プラサ」("Plaza") 第5ジャングル歩兵師団 司令部シウダ・ボリバルボリバル州アマソナス州デルタアマクロ州アプレ州管轄第3防空砲兵群「ヘネラルデビシオン・アセンシオン・ファレーラス」("Gral. De División Ascensión Farreras") 第5歩兵大隊ラファエル・ウルダネタ」("Rafael Urdaneta") 第6工兵大隊「カヒガル」("Cajigal") 第106徴集兵大隊「コロネル・ホセ・マヌエル・ナバーロ」("Cnel. José Manuel Navarro") 第501兵営大隊「ヘネラル・アントニオ・ガストン・カタネオ・キリン」("Gral. Antonio Gastón Cattaneo Quirin") 第505工兵大隊「テニエンテコロネル・フアン・マヌエル・カヒガル」("Tcnel. Juan Manuel Cajigal") 第506徴集兵大隊「ヘネラルブリガダ・バレンティン・ガルシア」("Gral De Bgda. Valentín García") 第507特殊作戦大隊「コロネル・ドミンゴ・モンテス」("Cnel Domingo Montes") 第508山岳任務支援大隊「ヘネラルブリガダ・フアン・モンテス」(" Gral De Bgda. Juan Montes") 第51歩兵旅団52歩兵旅団53徴集兵訓練センター「ヘネラルヘフェ・フアン・バウティスタ・アリスメンディ」("Gral. En Jefe Juan Bautista Arismendi") 第6空中機動自動車化騎兵師団 司令部サンフェルナンドSan Fernando)。アプレ州バリナス州管轄その他の部隊42落下傘歩兵旅団第4201司令部中隊 第4203落下傘通信中隊 第4205緊急展開隊 第421落下傘歩兵大隊421落下傘歩兵大隊424落下傘支援大隊 予備軍団 - 3個連隊有する 陸軍兵司令部連隊

※この「師団」の解説は、「ベネズエラ陸軍」の解説の一部です。
「師団」を含む「ベネズエラ陸軍」の記事については、「ベネズエラ陸軍」の概要を参照ください。


師団


師団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 20:37 UTC 版)

イギリス陸軍」の記事における「師団」の解説

現在、6個師団を配備させている。 名称司令部主な隷下部隊第1装甲師団 1st Armoured Division ヘルフォルト, ドイツ 2個装旅団、1個機械化旅団第2歩兵師団 2nd Infantry Division Craigiehall, エディンバラ 3個旅団第3歩兵師団 3rd Infantry Division Bulford, ソールズベリー 2個機械化旅団、1個軽旅団、1個歩兵旅団第4歩兵師団 4th Infantry Division オールダーショット 4個旅団。 第5歩兵師団 5th Infantry Division シュルーズベリー 3個旅団、1個空中強襲旅団。 第6歩兵師団 6th Infantry Division ヨーク 展開師団司令部

※この「師団」の解説は、「イギリス陸軍」の解説の一部です。
「師団」を含む「イギリス陸軍」の記事については、「イギリス陸軍」の概要を参照ください。


師団(ディーン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 22:03 UTC 版)

緋弾のアリア」の記事における「師団(ディーン)」の解説

メーヤ・ロマーノ 長い金髪の髪に純白のローブに身を包んだ女性で、十字架似た大剣を背負っている。日本人イタリア人ハーフ18歳バチカン祓魔師(エクソシスタ)としての叙階を受けており、ローマ武偵高では『殲魔科(カノッサ)』の5年在籍している。二つ名は「祝光の聖女」であるが魔性の者達からは「祝光の魔女」と呼ばれている。 普段は大人しい口調で喋るが、怒るとかなりの毒舌になる。カツェやヒルダといった魔性存在害悪見なしており、それらを殲滅し、絶滅させることを目的としている。 後にローマ武偵高で教師として教鞭をとっており、キンジ編入しクラス担任教師にもなっている。 エル・ワトソン 声 - 大西沙織 東京武偵高校3年専門科目は『衛生科』(以前所属していた武偵高で強襲科』と『探偵科』の課程修了している)。 シャーロック・ホームズ相棒であるJ・Hワトソン曾孫にあたるアリア婚約者実際には彼女の祖母勝手に決めた)。しかし、性別女性であり、性別偽って活動する『転装生(チェンジ)』として生活している。 祖父母の代からの取り決めによりアリア婚約者となっていたが、ワトソン家には女性エル一人しか生まれなかったため、性別偽って生き続けている。 秘密結社【リバティー・メイソン】の諜報員で、一時期イ・ウー】に出入りしていたこともある。極東戦役において優勢な眷属に付くことでアリア守り、そして優秀な武偵になりうる彼女を引き入れることでワトソン家の組織での地位保つこと目論東京武偵高校転校してくる。キンジアリアから遠ざけよう様々な手打ったが、なかなか婚姻受け入れないアリア業を煮やし彼女を拉致する追跡してきたキンジ建設中東京スカイツリーの上対峙する敗れ去り同時に女性であることも見抜かれてしまう。しかし和解し、彼とアリアへの協力約束、リバティー・メイソンの【師団】帰属の他、バスカービル衛生武偵として契約した。なおこの戦いでキンジ優しくされたことで、彼に好意持ち自分女性らしくするための「リハビリ」なる行為に度々付き合わせている。 「西欧忍者ヴェーン)」・「全身武器プレンティ)」の二つ名を持っており、医師であるワトソンならではの薬品用いた戦術擬死といった騙し討ちも使う。手先が器用スカイツリーでのキンジとの戦い時には何回もキンジ武器銃弾かすめ取っていた。 子爵爵位を持っている他に金持ち愛車ポルシェ911カレラ・カブリオレ。 携帯武器SIG SAUER P226ククリナイフ。他状況応じ多数玉藻(たまも) 尖った耳に尻尾生やした少女の姿をした妖怪背中賽銭箱ランドセルのように背負っている年齢808歳。代々人間色金間柄見張り濫用悪用防いできた一族であり、色金について豊富な知識を持っている。前回の『宣戦会議』では眷属属していたためパトラ祖母日本語教えている。 その豊富な知識経験から、アリアの緋弾に施されていた殻金を元に戻したり、鬼である覇美たちが日本に入ってこれないように鬼払い結界張ったりしており戦闘面ではなく補佐として行動していた。 カイザー 長身白人男性年齢20歳ほど。リバティー・メイソンの殲魔士であり、エル先輩ワトソンのことを気にしておりキンジ脱出糸口としいて口走ったワトソン本当の性別聞いたあとは、あからさまにワトソン避けるようになっているそのため、男であるワトソン好意を持っていたと思われている。 ローレッタ ブロンドの長髪の女性バチカンシスター年齢20代半ば視覚障害を持っている。祓魔司教であり、メーヤよりも上役メーヤ同様に豊満なバストを持っており、メーヤローレッタ再会抱擁で胸の形がすごいことになってしまったこととシスター同士ということもあり、背徳感感じてしまいキンジには目の毒と言われている。 眷属の船で追い詰められた際には、船から身投げて自殺しようしたものキンジ助けられている。 その後眷属情報流していた罪でシチリア修道院出向されている

※この「師団(ディーン)」の解説は、「緋弾のアリア」の解説の一部です。
「師団(ディーン)」を含む「緋弾のアリア」の記事については、「緋弾のアリア」の概要を参照ください。


師団(バトラ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 03:47 UTC 版)

魔界の主役は我々だ!」の記事における「師団(バトラ)」の解説

悪魔学校バビルス生徒による団体活動人間界学校における所謂クラブ活動相当する本来なら「ルーキーハント」と呼ばれる新入生勧誘よりも前の勧誘行為厳禁だが、以下の師団は(一応)極秘新入生勧誘行っている我々師団 グルッペン団長務め非公認の師団。マスコット邪悪な饅頭で、師団室は第三倉庫使用禁止張り紙貼られている)。 「魔界支配企む革命集団」を自称するが、学内では草むしりなどの雑務生徒悩み相談解決してくれる組織認識されている。 アスレチック師団 ラッダァ顧問務める師団。学内庭園には超本格的な特設フィールドがある。 「魔界アスレチック」は超危険なトラップ数々潜り抜けながらタイムを競う過酷な競技。翼を使わずに己の手足だけで突破するため、怪我人絶えないらしい。 日常師団 日常面白おかしく!をモットー悪魔学校にサプライズお届けするエンターテインメント集団である! 団員ペイント、シニガミュの他にも2人描かれている。

※この「師団(バトラ)」の解説は、「魔界の主役は我々だ!」の解説の一部です。
「師団(バトラ)」を含む「魔界の主役は我々だ!」の記事については、「魔界の主役は我々だ!」の概要を参照ください。


師団(バトラ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 12:37 UTC 版)

魔入りました!入間くん」の記事における「師団(バトラ)」の解説

バビルスにおける生徒による団体活動人間界学校におけるクラブ活動相当するルールはあるが形骸化しており力づく新入生勧誘が行われ公的に「ルーキーハント」と呼ばれている。活動基準があり「3年生1名以上もしくはダレス(4)団員3名以上の在籍」が基本条件。この条件満たせない場合複数団長からの推薦状が必要。 解散選挙タイマン) 師団と生徒会が解散を巡り全校投票を行う。生徒会落選した場合当選師団に乗っ取られるが師団が落選した場合即時解散処分となる。生徒会拒否権はない。 生徒会せいとかい) バビルスの秩序守護担当会長であるアメリのもと一枚岩強固な組織作りが行われている。

※この「師団(バトラ)」の解説は、「魔入りました!入間くん」の解説の一部です。
「師団(バトラ)」を含む「魔入りました!入間くん」の記事については、「魔入りました!入間くん」の概要を参照ください。


師団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/04 08:33 UTC 版)

空軍野戦師団」の記事における「師団」の解説

第1空軍野戦師団 第2空軍野戦師団 第3空軍野戦師団 第4空軍野戦師団 第5空軍野戦師団 第6空軍野戦師団 第7空軍野戦師団 第8空軍野戦師団 第9空軍野戦師団10空軍野戦師団 第11空軍野戦師団 第12空軍野戦師団13空軍野戦師団14空軍野戦師団15空軍野戦師団16空軍野戦師団17空軍野戦師団18空軍野戦師団19空軍野戦師団(のちの第19空軍突撃師団) 第20空軍野戦師団(のちの第20空軍突撃師団) 第21空軍野戦師団前のマインドル師団) 第22空軍野戦師団 - 編成されず。予定されていた部隊他の師団に配属された。

※この「師団」の解説は、「空軍野戦師団」の解説の一部です。
「師団」を含む「空軍野戦師団」の記事については、「空軍野戦師団」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「師団」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

師団

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 11:31 UTC 版)

名詞

しだん

  1. 軍隊編制上の単位一つ旅団の上または軍団の下。

関連語

翻訳


「師団」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「師団」の関連用語

師団のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



師団のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの師団 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの赤軍 (改訂履歴)、ベネズエラ陸軍 (改訂履歴)、コロンビア陸軍 (改訂履歴)、イギリス陸軍 (改訂履歴)、緋弾のアリア (改訂履歴)、魔界の主役は我々だ! (改訂履歴)、魔入りました!入間くん (改訂履歴)、空軍野戦師団 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの師団 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS