憲兵とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 軍事 > 兵隊 > 憲兵の意味・解説 

【憲兵】(けんぺい)

Millitary Police(MP).
軍隊内部警察準じる職務担当する兵種
または、軍事機密取扱許可与えられた特殊な司法警察機関

混乱期の特殊な情勢除けば、基本的に軍隊一部門として運営される。
警察権行使する関係上、憲兵である事を容易に識別できる徽章腕章などを着用する事が多い。

軍隊一部として運用される理由大別して二つある。
まず一つに、被疑者武装している可能性論ずるにも値しないほど高いため。
もう一つに、ほとんどの犯罪捜査軍事機密開示値するほど重要な案件はないためである。
総括すれば、軍人でない捜査官軍人犯罪容疑者接触させるのはあらゆる意味で好ましくない

憲兵の職務

憲兵が存在する最大意義は、軍隊内部での犯罪対す捜査逮捕裁判処罰である。
軍事機動を行う際の交通整理捕虜待遇管理監視なども担当する。
実際に憲兵が行職務は主に以下の通り

自衛隊警務官

自衛隊では憲兵に相当する職種を「警務科」と称する
ここに配属される隊員は「警務官」「警務官補」として「特別司法警察職員」に指定される。

警務官
刑事訴訟法定められた捜査官としての諸権限が行使できる「司法警察員」。
任官には三曹上の階級要する。。
警務官
階級士長以下で、警務官資格を持たない警務科隊員
捜査官としての権限制限された「司法巡査」であり、警務官指揮下で職務遂行する

警務科は、陸自海自空自それぞれ組織する縦割り体制であり、連携人員の不足から、他国軍の憲兵組織比して捜査能力で劣る傾向見られるという。
この欠点解消するため、これら警務組織統合する計画検討されている。

なお、自衛隊には軍法会議規定がない。
このため確保した被疑者取り扱い検察および一般裁判所へ引き継がれる。

関連脱柵

国家憲兵/警察軍/軍警察

国境警備領海臨検大規模テロリズム対策などを担当する司法警察機関
職務遂行のために明白に軍隊的な武力行使を行うが、法制上は司法警察分類される組織を指す。
歴史的経緯などから、こうした組織は憲兵の権限拡張した結果として設置されている事が多い。

日本語では「国家憲兵」と訳する事も多いが、陸海空軍の統制下にはなく、通常の憲兵とは性格異なる。

国家憲兵制度一例フランスやイタリア・オランダ・トルコなどの欧州諸国見られる


憲兵

読み方:ケンペイ(kenpei)

憲兵条例により設置された軍事警察官


憲兵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/04 06:59 UTC 版)

憲兵(けんぺい)とは、戦闘支援兵科の一種であり、主に軍隊内部の秩序維持と交通整理を任務とする。英語ではMilitary police(MP)と記され、軍警察(ぐんけいさつ)、軍事警察とも呼ばれる[1][2]。一般警察としての役割も兼ねている憲兵組織は国家憲兵と呼ばれる。




「憲兵」の続きの解説一覧



憲兵と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「憲兵」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
96% |||||

9
96% |||||

10
96% |||||

憲兵のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



憲兵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの憲兵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS