忍者とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 忍者の意味・解説 

にん じゃ [1] 【忍者】

忍術を使って密偵謀略後方攪乱暗殺などを行う者。戦国時代、各家に抱えられて活躍。特に甲賀伊賀の忍者組織が有名。忍びの者


忍者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/15 03:06 UTC 版)

忍者(にんじゃ)は、室町時代から江戸時代日本で、大名領主に仕え、また独立して諜報活動破壊活動浸透戦術謀術、暗殺などを仕事としていたとされる。 その名は日本国内にとどまらず、世界的にもよく知られている。




注釈

  1. ^ 琵琶湖#形成を参照。

出典

  1. ^ 藤木久志 『雑兵たちの戦場』 朝日新聞社。[要文献特定詳細情報]
  2. ^ 新井孝重 『黒田悪党たちの中世史』 日本放送出版協会、2005年7月。[要ページ番号]
  3. ^ 白土三平とカムイ伝の世界”. カムイ伝から見える世界. 2009年5月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月4日閲覧。
  4. ^ 黒井宏光 『忍者完全攻略本』 スタジオタッククリエイティブ、2011年1月、20頁。
  5. ^ 藤木久志 『雑兵たちの戦場』 朝日新聞社。[要文献特定詳細情報]
  6. ^ 折口信夫 『ごろつきの話』 中央公論社。[要文献特定詳細情報]
  7. ^ a b c d 藤田 2012, p. 不明.
  8. ^ 磯田道史 『歴史の愉しみ方:忍者・合戦・幕末史に学ぶ』 中央公論新社〈中公新書〉、2012年10月。[要ページ番号]
  9. ^ 乍恐以訴状言上仕候[要文献特定詳細情報]
  10. ^ 山北篤 『概説忍者忍術』 新紀元社、2004年12月。[要ページ番号]
  11. ^ a b c d e f クバーソフ・フョードル. “第6回「外国人の目から見た忍者」”. 三重大学 人文学部・人文社会科学研究科. 三重大学. 2018年12月4日閲覧。
  12. ^ a b c d e f 中村博一 (2011年3月). “忍者表象のグローカリゼーション : ナリウッドにおけるソッコト忍者” (PDF). 言語と文化 (文教大学) (23): 256-271. http://id.nii.ac.jp/1351/00000909/. 
  13. ^ 井上稔浩. “第5回 「Ninjaになった日本の『忍者』」”. 三重大学 人文学部・人文社会科学研究科. 三重大学. 2018年12月4日閲覧。





忍者と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「忍者」の関連用語

忍者のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



忍者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの忍者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS