謀略とは? わかりやすく解説

ぼう‐りゃく【謀略】

読み方:ぼうりゃく

人をあざむくようなはかりごと。「―をめぐらす」「敵の―に乗る


謀略

作者菊池寛

収載図書菊池寛全集 第3巻 短篇集 2
出版社高松市菊池寛記念館
刊行年月1994.1


謀略

作者小野

収載図書幻の時間五十一夜物語
出版社文芸社
刊行年月2006.6


陰謀

(謀略 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/12 17:20 UTC 版)

陰謀(いんぼう、英:plotあるいはconspiracy)とは、人に知られないように練る計画のこと[1]


注釈

  1. ^ このような現象を指して「歴史は勝者が作る」などと言う。つまり、過去に関する記述・表現は、勝ち残って実権を握り記述をコントロールできるようになった側が、自分に都合よいものにしてゆく、ということである。
  2. ^ 例えば、ビル・クリントンが大統領であった時、モニカ・ルインスキーとの間に性的な関係(いわゆる「不適切な関係」)があったとのスキャンダルが発覚し窮地に陥った時、ヒラリー・クリントンは「これは、夫が大統領選への出馬を発表した時以来、ずっと悪巧みをめぐらせてきた"巨大な右派勢力による陰謀"だ」とテレビ番組で発言したという。(『アメリカの混迷: 原書から読み解く「情報戦」の攻防』p.135)
    このヒラリー・クリントンの発言に対抗するかのように、2005年には"The Vast Left Conspiracy"(巨大な左派勢力の陰謀)というタイトルの本が出版された。
  3. ^ テレビでは様々な洗脳手法が用いられているので、それを見てしまうことで、我々は本当は欲しくもないものを買わされたり、幸福でもない生き方をさせられていることは、脳機能学者の苫米地英人によっても指摘されている。(苫米地英人『テレビは見てはいけない』 PHP新書、2009、ISBN 4569699936

出典

  1. ^ 広辞苑「ひそかにたくらむはかりごと」
  2. ^ 大辞林「ひそかに計画する、よくないくわだて」
  3. ^ 東谷暁『日本経済新聞は信用できるか』p.111
  4. ^ 岳真也『日本史「悪役」たちの言い分: 視点を変えればワルも善玉』 p.201
  5. ^ a b c d e 大橋武夫『兵法 孫子:戦わずして勝つ』p.233
  6. ^ a b 大橋武夫 p.235
  7. ^ a b c 大橋武夫 p.234
  8. ^ 田中堅一郎「荒廃する職場の犠牲者 -職場の迫害、職場いじめに関する心理学的研究の展望 -」日本大学大学院総合社会情報研究科紀要 No.7, 1-12(2006), p.3
  9. ^ 田中堅一郎 p.3



謀略

出典:『Wiktionary』 (2021/09/07 10:00 UTC 版)

この単語漢字
ぼう
常用漢字
りゃく
第五学年
音読み 音読み

発音

名詞

(ぼうりゃく)

  1. 人を陥れるようなはかりごと

「謀略」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



謀略と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「謀略」の関連用語

謀略のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



謀略のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの陰謀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの謀略 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS