謀略とは?

ぼう‐りゃく【謀略】

人をあざむくようなはかりごと。「謀略をめぐらす」「敵の謀略に乗る


謀略

作者菊池寛

収載図書菊池寛全集 第3巻 短篇集 2
出版社高松市菊池寛記念館
刊行年月1994.1


謀略

作者小野

収載図書幻の時間五十一夜物語
出版社文芸社
刊行年月2006.6


陰謀

(謀略 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/21 04:57 UTC 版)

陰謀(いんぼう、英:plotあるいはconspiracy)とは、人に知られないように練る計画のこと[1]


  1. ^ 広辞苑「ひそかにたくらむはかりごと」
  2. ^ 大辞林「ひそかに計画する、よくないくわだて」
  3. ^ 東谷暁『日本経済新聞は信用できるか』p.111
  4. ^ 岳真也『日本史「悪役」たちの言い分: 視点を変えればワルも善玉』 p.201
  5. ^ このような現象を指して「歴史は勝者が作る」などと言う。つまり、過去に関する記述・表現は、勝ち残って実権を握り記述をコントロールできるようになった側が、自分に都合よいものにしてゆく、ということである。
  6. ^ 例えば、ビル・クリントンが大統領であった時、モニカ・ルインスキーとの間に性的な関係(いわゆる「不適切な関係」)があったとのスキャンダルが発覚し窮地に陥った時、ヒラリー・クリントンは「これは、夫が大統領選への出馬を発表した時以来、ずっと悪巧みをめぐらせてきた"巨大な右派勢力による陰謀"だ」とテレビ番組で発言したという。(『アメリカの混迷: 原書から読み解く「情報戦」の攻防』p.135)
    このヒラリー・クリントンの発言に対抗するかのように、2005年には"The Vast Left Conspiracy"(巨大な左派勢力の陰謀)というタイトルの本が出版された。
  7. ^ a b c d e 大橋武夫『兵法 孫子:戦わずして勝つ』p.233
  8. ^ a b 大橋武夫 p.235
  9. ^ a b 大橋武夫 p.234
  10. ^ 田中堅一郎「荒廃する職場の犠牲者 -職場の迫害、職場いじめに関する心理学的研究の展望 -」日本大学大学院総合社会情報研究科紀要 No.7, 1-12(2006), p.3
  11. ^ 田中堅一郎 p.3
  12. ^ テレビでは様々な洗脳手法が用いられているので、それを見てしまうことで、我々は本当は欲しくもないものを買わされたり、幸福でもない生き方をさせられていることは、脳機能学者の苫米地英人によっても指摘されている。 (苫米地英人『テレビは見てはいけない』 PHP新書、2009、ISBN 4569699936





謀略と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「謀略」の関連用語

謀略のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



謀略のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの陰謀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS