ロシア対外情報庁とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 組織・団体 > 政治組織 > 政府 > ロシアの官公庁 > ロシア対外情報庁の意味・解説 

ロシア対外情報庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 10:00 UTC 版)

ロシア対外情報庁[1](ロシアたいがいじょうほうちょう、ロシア語: Служба внешней разведки(略称:СВР)、英語: Service of the External Reconnaissance of Russian Federationラテン文字転写Sluzhba vneshney razvedki Rossiyskoy Federatsii、略称:SVR)は、ロシア連邦情報機関ソ連時代のKGBで対外諜報を担当していた第一総局の後継機関である。本部はモスクワ南部のヤセネヴォに位置する。CIS加盟諸国とは相互に諜報活動を行わない協定を締結しているため、CIS加盟諸国における諜報活動には、連邦保安庁 (FSB) が従事している。


  1. ^ 直訳では対外偵察局である。
  2. ^ 武器は情報、プーチン流外交/駒木明義 [リンク切れ]朝日新聞』朝刊2017年8月21日


「ロシア対外情報庁」の続きの解説一覧

ロシア対外情報庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 15:21 UTC 版)

エフゲニー・プリマコフ」の記事における「ロシア対外情報庁」の解説

1991年8月ソ連8月クーデター事件後にソビエト連邦国家保安委員会第一副議長中央諜報庁(第一総局長官務めKGB議長ワジム・バカーチンによるKGB解体ロシア連邦保安庁FSB)とロシア対外情報庁、ロシア連邦国境庁などに分離してからはロシア対外情報庁の初代長官としてロシア対外情報活動指揮者となる。

※この「ロシア対外情報庁」の解説は、「エフゲニー・プリマコフ」の解説の一部です。
「ロシア対外情報庁」を含む「エフゲニー・プリマコフ」の記事については、「エフゲニー・プリマコフ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ロシア対外情報庁」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ロシア対外情報庁のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ロシア対外情報庁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのロシア対外情報庁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのエフゲニー・プリマコフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS