パーソナルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > パーソナル > パーソナルの意味・解説 

パーソナル【personal】

読み方:ぱーそなる

形動

一個人に関するさま。個人的私的。「―な問題

他の語の上に付いて個人用の、小型で手軽な、などの意を表す。「―テレビ」「―版」

「パーソナル」に似た言葉

パーソナル

作者藤堂志津子

収載図書プワゾン
出版社講談社
刊行年月1992.9

収載図書プワゾン
出版社講談社
刊行年月1995.11
シリーズ名講談社文庫

収載図書プワゾン
出版社幻冬舎
刊行年月2006.8
シリーズ名幻冬舎文庫


パーソン

(パーソナル から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 08:41 UTC 版)

元の綴りは様々であるが、Persson の場合はスウェーデン語の姓ペーションの英語読みにあたる。




「パーソン」の続きの解説一覧

パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/24 09:04 UTC 版)

プロジェクト管理ソフトウェア」の記事における「パーソナル」の解説

個人プロジェクト管理アプリケーションは、通常ライフスタイルホームプロジェクト管理するために自宅使用されるアプリケーションである。個人プロジェクト管理ソフトウェア通常、より単純なインターフェースを必要としますが、シングルユーザーシステムとはかなり重複している。

※この「パーソナル」の解説は、「プロジェクト管理ソフトウェア」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「プロジェクト管理ソフトウェア」の記事については、「プロジェクト管理ソフトウェア」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 15:10 UTC 版)

スルタン・ソスナリエフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯1児2人の孫を有したアブハジア英雄1994年)。ソ連功労軍事飛行士戦闘赤旗勲章受章先代: ? アブハジア国防相 2005年 - 2007年 次代: メラブ・キシマリヤ 典拠管理 ISNI: 0000 0001 1802 9387 VIAF: 168973167 WorldCat Identities: viaf-168973167

※この「パーソナル」の解説は、「スルタン・ソスナリエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「スルタン・ソスナリエフ」の記事については、「スルタン・ソスナリエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/22 04:36 UTC 版)

ルーベン・カタニャン」の記事における「パーソナル」の解説

レーニン勲章、「名誉チェキスト胸章授与モスクワ大学教授

※この「パーソナル」の解説は、「ルーベン・カタニャン」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ルーベン・カタニャン」の記事については、「ルーベン・カタニャン」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/03 05:43 UTC 版)

ファズルリハク・ハレキヤル」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯2児有する長男は、ムジャーヒディーンとの関係の嫌疑短期間逮捕された。次男は、1980年代末西ドイツに留学。 アフガニスタン民主共和国英雄1987年)。 先代: スルタン・アリー・ケシュトマンド アフガニスタン首相 1990年 - 1992年 次代: アフマド・シャー・アフマドザイ この項目は、政治家に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:政治学/PJ政治)。

※この「パーソナル」の解説は、「ファズルリハク・ハレキヤル」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ファズルリハク・ハレキヤル」の記事については、「ファズルリハク・ハレキヤル」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/03 04:19 UTC 版)

バトゥイル・オヴェゾフ」の記事における「パーソナル」の解説

工学科博士教授トルクメン・ソビエト社会主義共和国功労科学・技術活動家トルクメン・ソビエト社会主義共和国科学アカデミー準会員コンピュータ科学システム国際アカデミー会員

※この「パーソナル」の解説は、「バトゥイル・オヴェゾフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「バトゥイル・オヴェゾフ」の記事については、「バトゥイル・オヴェゾフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/21 05:11 UTC 版)

ピョートル・イワシュチン」の記事における「パーソナル」の解説

レーニン勲章3個、赤旗勲章5個、赤星勲章3個、二等クトゥーゾフ勲章2個、一等ボグダン・フメリニツキー勲章一等祖国戦争勲章三等祖国に対する貢献に対する勲章労働赤旗勲章受章

※この「パーソナル」の解説は、「ピョートル・イワシュチン」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ピョートル・イワシュチン」の記事については、「ピョートル・イワシュチン」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/21 15:14 UTC 版)

ユーリー・ドロズドフ」の記事における「パーソナル」の解説

十月革命勲章赤旗勲章労働赤旗勲章一等祖国戦争勲章赤星勲章、「名誉国家保安職員胸章、「諜報における奉仕に対する胸章受章

※この「パーソナル」の解説は、「ユーリー・ドロズドフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ユーリー・ドロズドフ」の記事については、「ユーリー・ドロズドフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/24 01:21 UTC 版)

マクシム・バキエフ」の記事における「パーソナル」の解説

サッカー趣味で、イギリスフットボールリーグ(EFL)に加盟するブラックプールFC株主でもある2007年8月からキルギス共和国格闘技連盟総裁であり、彼の指導の下、キルギスは、北京オリンピック銀メダル銅メダル獲得した

※この「パーソナル」の解説は、「マクシム・バキエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「マクシム・バキエフ」の記事については、「マクシム・バキエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/25 01:50 UTC 版)

ダニヤル・ウセノフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯2児ムラート、ウルマート)を有する。 「ジーンズ・クラブ」会員

※この「パーソナル」の解説は、「ダニヤル・ウセノフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ダニヤル・ウセノフ」の記事については、「ダニヤル・ウセノフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/28 18:06 UTC 版)

ワシーリー・グラゴレフ」の記事における「パーソナル」の解説

ソ連邦英雄レーニン勲章2個、赤旗勲章2個、一等スヴォーロフ勲章2個、一等クトゥーゾフ勲章受章

※この「パーソナル」の解説は、「ワシーリー・グラゴレフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ワシーリー・グラゴレフ」の記事については、「ワシーリー・グラゴレフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/28 16:46 UTC 版)

ムィルザカン・スバノフ」の記事における「パーソナル」の解説

ソ連から「ソ連軍における祖国へ奉仕に対する勲章赤星勲章アフガニスタンから三等「星」勲章、「アフガニスタンからのソビエト軍撤退15周年メダルロシアから「友好勲章授与された。 妻帯2児有する先代: 初代 国防相 1993年 - 1999年 次代: エセン・トポエフ

※この「パーソナル」の解説は、「ムィルザカン・スバノフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ムィルザカン・スバノフ」の記事については、「ムィルザカン・スバノフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/28 16:48 UTC 版)

セルゲイ・トロフィメンコ」の記事における「パーソナル」の解説

ソ連邦英雄1944年9月13日)。レーニン勲章4個、赤旗勲章3個、一等スヴォーロフ勲章2個、一等クトゥーゾフ勲章一等ボグダン・フメリニツキー勲章受章

※この「パーソナル」の解説は、「セルゲイ・トロフィメンコ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「セルゲイ・トロフィメンコ」の記事については、「セルゲイ・トロフィメンコ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/26 13:44 UTC 版)

ニコライ・パトルシェフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯2児有する法学科博士である。ロシア連邦英雄称号である「武勲に対する勲章メダル7個を有するユニバーシティ・カレッジ・ロンドンロシア政治専門家であるベン・ノブルは「パトルチェフこそがロシアタカ派中のタカ派であり、西側長年にわたってロシア追いやってきたと考える人物である」「2022年のウクライナ侵攻における主戦論者であり、プーチン強硬策推進した一人である」と分析するまた、ロシア政策決定コミュニティ内において、プーチン意思決定に対して大きな影響力を持つ分析されている。 ロシアフォーブズ情報 によれば2009年度パトルシェフ所得前年度の4倍の1,350ルーブル日本円で4,320万円)に達した比較として安全保障会議副書と書記補の年収200から400ルーブルに過ぎない)。加えて239.9平方メートルアパート有している。また妻は4,541平方メートル土地所有している。

※この「パーソナル」の解説は、「ニコライ・パトルシェフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ニコライ・パトルシェフ」の記事については、「ニコライ・パトルシェフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/28 17:54 UTC 版)

ジャヌィベク・ウメタリエフ」の記事における「パーソナル」の解説

ソ連から「ソ連軍における祖国へ奉仕に対する勲章キルギスから「エルディク」メダルキルギス共和国名誉賞状を授与された。スラヴティッチ市(ウクライナ名誉市民

※この「パーソナル」の解説は、「ジャヌィベク・ウメタリエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ジャヌィベク・ウメタリエフ」の記事については、「ジャヌィベク・ウメタリエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/28 17:52 UTC 版)

エセン・トポエフ」の記事における「パーソナル」の解説

三等ソ連軍における祖国へ奉仕に対する勲章、7個のメダル受章。G.K.ジューコフ賞を受賞ロシア安全保障国防・法秩序アカデミー正会員教授先代: ムィルザカン・スバノフ 国防相 1999年 - 2005年 次代: イスマイル・イサコフ

※この「パーソナル」の解説は、「エセン・トポエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「エセン・トポエフ」の記事については、「エセン・トポエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/28 17:59 UTC 版)

アンドレイ・スミルノフ」の記事における「パーソナル」の解説

レーニン勲章2個、赤旗勲章2個、一等祖国戦争勲章死後)、「労農赤軍20周年メダル受章

※この「パーソナル」の解説は、「アンドレイ・スミルノフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アンドレイ・スミルノフ」の記事については、「アンドレイ・スミルノフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/28 18:03 UTC 版)

アバイ・タスブラートフ」の記事における「パーソナル」の解説

三等ソ連軍における祖国へ奉仕に対する勲章、「武勲に対するメダル二等ダンク勲章一等ピョートル大帝勲章等受章歴史科学博士ロシア連邦軍科学アカデミー準会員将校混成競技スポーツ・マスターカザフスタン共和国功労スポーツ活動家。カザフスタン共和国格闘技共和国連盟総裁妻帯2児有する

※この「パーソナル」の解説は、「アバイ・タスブラートフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アバイ・タスブラートフ」の記事については、「アバイ・タスブラートフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/28 17:56 UTC 版)

イワン・ダシチェフ」の記事における「パーソナル」の解説

レーニン勲章赤旗勲章4個を受章。 この項目は、戦争関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:戦争/PJ軍事史)。

※この「パーソナル」の解説は、「イワン・ダシチェフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「イワン・ダシチェフ」の記事については、「イワン・ダシチェフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/28 17:58 UTC 版)

アレクサンドル・コルマコフ」の記事における「パーソナル」の解説

モスクワ州カリーニングラード出身妻帯1児有する二等及び三等「軍における祖国へ奉仕に対する勲章、「武勲に対するメダルその他のメダル6個を受賞

※この「パーソナル」の解説は、「アレクサンドル・コルマコフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アレクサンドル・コルマコフ」の記事については、「アレクサンドル・コルマコフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/28 17:55 UTC 版)

アリク・マムィルクロフ」の記事における「パーソナル」の解説

一等「クジュルモン・クィズマート・オトゴンドゥグ・ウチュン」メダル受章

※この「パーソナル」の解説は、「アリク・マムィルクロフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アリク・マムィルクロフ」の記事については、「アリク・マムィルクロフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/28 18:07 UTC 版)

ミハイル・ソロキン」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯、1男1女を有する息子ユーリーは、ウスリースク高等軍事自動車学校後方輸送軍事アカデミー卒業し予備役大佐、現在モスクワ市役所働いているレーニン勲章3個、赤旗勲章2個、アレクサンドル・ネフスキー勲章一等祖国戦争勲章赤星勲章2個、三等ソ連軍における祖国へ奉仕に対する勲章、名誉記章勲章受章ジトーミル市名市民余暇釣り過ごす。

※この「パーソナル」の解説は、「ミハイル・ソロキン」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ミハイル・ソロキン」の記事については、「ミハイル・ソロキン」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/28 18:00 UTC 版)

アブドゥグル・チョトバエフ」の記事における「パーソナル」の解説

スヴェトラーナ予備役上級准尉。2男2女を有する息子ルスラントルコ士官学校卒業赤星勲章、「ダナケル」勲章、「友好勲章ソ連最高会議幹部会賞状ソ連メダル6個、アフガニスタンの「勤務における優秀さに対するメダル、「感謝するアフガン人民からの」メダル、「キルギスタン内務省70周年メダル、「マナス-1000メダル、名前入り武器授与された。その外ロシアの「祖国の盾」社会勲章受章ロシア大統領附属対外国防政策会議、ユーラシア・テレビ・アカデミー、国家テレビ放送協会、全露社会組織「ジェロヴァヤ・ロシア」の設立者1人。 シャブダン・バティル、シャルル・ド・ゴールアスカル・アカエフ政治的理想とする。無神論者趣味は、サッカーバスケットボール射撃釣り狩り

※この「パーソナル」の解説は、「アブドゥグル・チョトバエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アブドゥグル・チョトバエフ」の記事については、「アブドゥグル・チョトバエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/28 16:25 UTC 版)

アレクサンドル・チェレパノフ」の記事における「パーソナル」の解説

レーニン勲章赤旗勲章5個、二等クトゥーゾフ勲章受章

※この「パーソナル」の解説は、「アレクサンドル・チェレパノフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アレクサンドル・チェレパノフ」の記事については、「アレクサンドル・チェレパノフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/14 22:04 UTC 版)

アレクサンドル・ロジムツェフ」の記事における「パーソナル」の解説

ソ連邦英雄2度)。レーニン勲章3個、十月革命勲章赤旗勲章4個、一等スヴォーロフ勲章一等ボグダン・フメリニツキー勲章二等スヴォーロフ勲章2個、二等クトゥーゾフ勲章赤星勲章2個を受章典拠管理 GND: 119478668 ISNI: 0000 0000 5649 9972 LCCN: n81128496 NTA: 266781322 SUDOC: 156892189 VIAF: 79426881 WorldCat Identities: lccn-n81128496

※この「パーソナル」の解説は、「アレクサンドル・ロジムツェフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アレクサンドル・ロジムツェフ」の記事については、「アレクサンドル・ロジムツェフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/28 18:10 UTC 版)

アレクサンドル・パニュシキン」の記事における「パーソナル」の解説

レーニン勲章2個、赤旗勲章2個、赤星勲章、名誉チェキスト胸章受章

※この「パーソナル」の解説は、「アレクサンドル・パニュシキン」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アレクサンドル・パニュシキン」の記事については、「アレクサンドル・パニュシキン」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/05 07:41 UTC 版)

イスハーク・アフメーロフ」の記事における「パーソナル」の解説

赤旗勲章2個、名誉記章勲章、「名誉チェキスト胸章受章ロシア語タタール語のほか、トルコ語、英語、フランス語自由に話した

※この「パーソナル」の解説は、「イスハーク・アフメーロフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「イスハーク・アフメーロフ」の記事については、「イスハーク・アフメーロフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/05 13:46 UTC 版)

グラム・ハイダル・ラスリ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯、7児を有した。妻は、農業相アダラト・ハーンの娘。 この項目は、政治家に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:政治学/PJ政治)。

※この「パーソナル」の解説は、「グラム・ハイダル・ラスリ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「グラム・ハイダル・ラスリ」の記事については、「グラム・ハイダル・ラスリ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/09 03:01 UTC 版)

ニコライ・ヴォロノフ」の記事における「パーソナル」の解説

レーニン勲章6個、十月革命勲章赤旗勲章4個、一等スヴォーロフ勲章3個、赤星勲章、名誉武器受章

※この「パーソナル」の解説は、「ニコライ・ヴォロノフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ニコライ・ヴォロノフ」の記事については、「ニコライ・ヴォロノフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/09 03:04 UTC 版)

ウラジーミル・コルパクチ」の記事における「パーソナル」の解説

ソ連邦英雄1945年)。レーニン勲章3個、赤旗勲章3個、一等スヴォーロフ勲章3個、一等クトゥーゾフ勲章2個、赤星勲章受章

※この「パーソナル」の解説は、「ウラジーミル・コルパクチ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ウラジーミル・コルパクチ」の記事については、「ウラジーミル・コルパクチ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/02 02:03 UTC 版)

アンドレイ・ヨルダン」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯、1女を有する。 「ダンクメダル受章。 表 話 編 歴 キルギス共和国首相ナシルディン・イサノフ1991.1-1991.11 アンドレイ・ヨルダン代行)1991.11-1992.2 トゥルシンベク・チンギシェフ1992.2-1993.12 アパス・ジュマグロフ1993.12-1998.3 クバヌイチベク・ジュマリエフ1998.3-1998.12 ボリス・シラーエフ代行)1998.12 ジュマベク・イブライモフ1998.12-1999.4 ボリス・シラーエフ代行)1999.4 アマンゲリドゥイ・ムラリエフ1999.4-2000.12 クルマンベク・バキエフ2000.12-2002.5 ニコライ・タナーエフ2002.5-2005.3 イシェンバイ・カドイルベコフ代行)2005.3 クルマンベク・バキエフ2005.3-2005.9 フェリックス・クロフ2005.9-2006.12 アジム・イサベコフ2007.1-2007.3 アルマズベク・アタンバエフ2007.3-2007.11 イスカンデルベク・アイダラリエフ代行)2007.11-2007.12 イーゴリ・チュディノフ2007.12-2009.10 ダニヤル・ウセノフ2009.10-2010.4 アルマズベク・アタンバエフ2010.12-2011.12 オムルベク・ババノフ2011.12-2012.9 アーリ・カラシェフ(代行)2012.9 ジャントロ・サティバルディエフ2012.9-2014.3 ジョオマルト・オトルバエフ2014.3-2015.4 テミール・サリエフ2015.4-2016.4 ソーロンバイ・ジェーンベコフ2016.4-2017.8 ムハメトカリー・アブルガジエフ(代行)2017.8 サパル・イサコフ2017.8-2018.4 ムハメトカリー・アブルガジエフ2018.4-

※この「パーソナル」の解説は、「アンドレイ・ヨルダン」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アンドレイ・ヨルダン」の記事については、「アンドレイ・ヨルダン」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/27 07:38 UTC 版)

グリゴリー・スィロエシュキン」の記事における「パーソナル」の解説

レーニン勲章赤旗勲章OGPU参事会からの名前入り武器金時計受賞

※この「パーソナル」の解説は、「グリゴリー・スィロエシュキン」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「グリゴリー・スィロエシュキン」の記事については、「グリゴリー・スィロエシュキン」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/01 04:22 UTC 版)

シェラリ・ハイルッロエフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯2児有する息子トヒルは、2006年1月から第7独立空中襲撃旅団長。娘も将校

※この「パーソナル」の解説は、「シェラリ・ハイルッロエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「シェラリ・ハイルッロエフ」の記事については、「シェラリ・ハイルッロエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/02 16:11 UTC 版)

アントーン・ロパーチン」の記事における「パーソナル」の解説

ソ連邦英雄1945年)。レーニン勲章3個、赤旗勲章3個、一等クトゥーゾフ勲章2個、赤星勲章受章

※この「パーソナル」の解説は、「アントーン・ロパーチン」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アントーン・ロパーチン」の記事については、「アントーン・ロパーチン」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/29 01:05 UTC 版)

クルバンムハメド・カスィモフ」の記事における「パーソナル」の解説

トルクメンバシ勲章、ガルクィヌィシュ勲章三等アルトィン・アスィル(金の世紀勲章、エデルメンリク・メダル、「祖国愛に対するメダル受章一説によればサパルムラト・ニヤゾフ縁戚ともいう。 先代: セルダル・チャルィヤロフ 内務相 1993年 - 1998年 次代: アンナベルディ・カカバエフ 先代: ? 国防相 1998年 - 1999年 次代: グルバンドゥルディ・ベゲンジョフ

※この「パーソナル」の解説は、「クルバンムハメド・カスィモフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「クルバンムハメド・カスィモフ」の記事については、「クルバンムハメド・カスィモフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/05/08 19:48 UTC 版)

ウラジーミル・ブルガコフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯、1男1女を有する息子将校上級中尉大尉中佐には、期限前に昇進した軍事科学準博士

※この「パーソナル」の解説は、「ウラジーミル・ブルガコフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ウラジーミル・ブルガコフ」の記事については、「ウラジーミル・ブルガコフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/27 19:36 UTC 版)

ジャブライル・ヤマダエフ」の記事における「パーソナル」の解説

死後の2003年3月22日ロシア連邦英雄称号授与された。グデルメスの通りには、彼の名前が付けられた。

※この「パーソナル」の解説は、「ジャブライル・ヤマダエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ジャブライル・ヤマダエフ」の記事については、「ジャブライル・ヤマダエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/27 19:35 UTC 版)

ルスラン・ヤマダエフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯、3男2女を有するロシア連邦大統領附属ロシア国務アカデミー卒業ロシア連邦英雄2004年8月2日)。「武勲に対するメダル受章1996年チェチェン・イチケリア共和国独立派)の最高勲章「民族英雄」を受章

※この「パーソナル」の解説は、「ルスラン・ヤマダエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ルスラン・ヤマダエフ」の記事については、「ルスラン・ヤマダエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/30 10:15 UTC 版)

ウラジーミル・マツケヴィッチ」の記事における「パーソナル」の解説

メダル9個を受賞先代: ウラジーミル・エゴロフ ベラルーシ国家保安委員会議長 1995年 - 2000年 次代: レオニード・エリン

※この「パーソナル」の解説は、「ウラジーミル・マツケヴィッチ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ウラジーミル・マツケヴィッチ」の記事については、「ウラジーミル・マツケヴィッチ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/30 07:16 UTC 版)

アスランベク・ブラツェフ」の記事における「パーソナル」の解説

「スヴォーロフ・メダル」、「軍務における優秀さに対するメダルロシア連邦大統領感状授与された。

※この「パーソナル」の解説は、「アスランベク・ブラツェフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アスランベク・ブラツェフ」の記事については、「アスランベク・ブラツェフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/30 08:57 UTC 版)

レオニード・デルカッチ」の記事における「パーソナル」の解説

息子アンドレイ・デルカッチビジネスマンで、「労働ウクライナ」党の指導者1人である。

※この「パーソナル」の解説は、「レオニード・デルカッチ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「レオニード・デルカッチ」の記事については、「レオニード・デルカッチ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/30 10:16 UTC 版)

レオニード・エリン」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯1児有する赤星勲章メダル7個、三等アフガンの星勲章、「アフガニスタンからのソビエト軍撤収10周年記念メダル受章情報技術分野科学博士先代: ウラジーミル・マツケヴィッチ ベラルーシ国家保安委員会議長 2000年 - 2004年 次代: ステパン・スホレンコ

※この「パーソナル」の解説は、「レオニード・エリン」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「レオニード・エリン」の記事については、「レオニード・エリン」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/30 14:07 UTC 版)

ナシルディン・イサノフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯、1男1女を有する経済科学準博士キルギスタン工学アカデミー会員労働赤旗勲章、「名誉記章勲章受章。 表 話 編 歴 キルギス共和国首相ナシルディン・イサノフ1991.1-1991.11 アンドレイ・ヨルダン代行)1991.11-1992.2 トゥルシンベク・チンギシェフ1992.2-1993.12 アパス・ジュマグロフ1993.12-1998.3 クバヌイチベク・ジュマリエフ1998.3-1998.12 ボリス・シラーエフ代行)1998.12 ジュマベク・イブライモフ1998.12-1999.4 ボリス・シラーエフ代行)1999.4 アマンゲリドゥイ・ムラリエフ1999.4-2000.12 クルマンベク・バキエフ2000.12-2002.5 ニコライ・タナーエフ2002.5-2005.3 イシェンバイ・カドイルベコフ代行)2005.3 クルマンベク・バキエフ2005.3-2005.9 フェリックス・クロフ2005.9-2006.12 アジム・イサベコフ2007.1-2007.3 アルマズベク・アタンバエフ2007.3-2007.11 イスカンデルベク・アイダラリエフ代行)2007.11-2007.12 イーゴリ・チュディノフ2007.12-2009.10 ダニヤル・ウセノフ2009.10-2010.4 アルマズベク・アタンバエフ2010.12-2011.12 オムルベク・ババノフ2011.12-2012.9 アーリ・カラシェフ(代行)2012.9 ジャントロ・サティバルディエフ2012.9-2014.3 ジョオマルト・オトルバエフ2014.3-2015.4 テミール・サリエフ2015.4-2016.4 ソーロンバイ・ジェーンベコフ2016.4-2017.8 ムハメトカリー・アブルガジエフ(代行)2017.8 サパル・イサコフ2017.8-2018.4 ムハメトカリー・アブルガジエフ2018.4-

※この「パーソナル」の解説は、「ナシルディン・イサノフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ナシルディン・イサノフ」の記事については、「ナシルディン・イサノフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/31 03:44 UTC 版)

ヌルタイ・アブィカエフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯、2男1女、3人の孫を有する経済科学博士カザフスタンの"Қазақстан Республикасының Тұңғыш Президенті Нұрсұлтан Назарбаев"勲章、「パラサート」勲章ロシアの「友好勲章、「名誉」勲章メダル6個を受賞趣味は、バレーボールゴルフスキー音楽国家ゴルフ連盟総裁。カザフスタン・アマチュアゴルフ第1回選手権銀賞。"European Challenge Tour"シリーズの"Kazakhstan Open"トーナメント勝者先代: アルヌール・ムサエフru:Мусаев, Альнур Альжапарович 国家保安委員会議長 1998年 - 1999年 次代: アルヌール・ムサエフru:Мусаев, Альнур Альжапарович 先代: アディリ・シャヤメトフ 国家保安委員会議長 2010年 - 2015年 次代: ウラジーミル・ジュマカノフru:Жумаканов, Владимир Зейноллович

※この「パーソナル」の解説は、「ヌルタイ・アブィカエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ヌルタイ・アブィカエフ」の記事については、「ヌルタイ・アブィカエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/31 05:39 UTC 版)

ガジズ・アルダムジャロフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯2児と4人の孫を有する。 「名誉記章勲章受章

※この「パーソナル」の解説は、「ガジズ・アルダムジャロフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ガジズ・アルダムジャロフ」の記事については、「ガジズ・アルダムジャロフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/30 15:08 UTC 版)

ザウトベク・トゥリスベコフ」の記事における「パーソナル」の解説

経済科学準博士先代: カイルベク・スレイメノフ 内務相 2003年 - 2005年 次代: バウルツァン・ムハメドツァノフ この項目は、政治家に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:政治学/PJ政治)。

※この「パーソナル」の解説は、「ザウトベク・トゥリスベコフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ザウトベク・トゥリスベコフ」の記事については、「ザウトベク・トゥリスベコフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/21 08:33 UTC 版)

フョードル・カリン」の記事における「パーソナル」の解説

チェーカーGPU名誉職員記章2個受賞。 妻のシーマロシア語: Сима Александровнаも、同じくOGPUNKVD外国課で働いており、同じく1937年逮捕されラーゲリ8年言い渡された。1955年名誉回復

※この「パーソナル」の解説は、「フョードル・カリン」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「フョードル・カリン」の記事については、「フョードル・カリン」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/30 14:35 UTC 版)

アマンゲリディ・シャブダルバエフ」の記事における「パーソナル」の解説

アルマトイ州カスケレンスキー地区アバイ出身ヌルスルタン・ナザルバエフ大統領とは同郷で、同じシャプイラシュタ族大ジュズ出身妻帯、4児を有する二等ダンク」(Даңқ)勲章有する先代: ヌルタイ・ドゥトバエフ 国家保安委員会議長 2006年 - 2009年 次代: アディリ・シャヤメトフ この項目は、政治家に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:政治学/PJ政治)。

※この「パーソナル」の解説は、「アマンゲリディ・シャブダルバエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アマンゲリディ・シャブダルバエフ」の記事については、「アマンゲリディ・シャブダルバエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/30 13:53 UTC 版)

クバヌイチベク・ジュマリエフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯、3児を有する工学科博士教授国家科学アカデミー国際情報化アカデミー国際高等学校科学アカデミー会員。英語を話す。 キルギス・レーニン・コムソモール賞を受賞

※この「パーソナル」の解説は、「クバヌイチベク・ジュマリエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「クバヌイチベク・ジュマリエフ」の記事については、「クバヌイチベク・ジュマリエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/30 13:56 UTC 版)

アマンゲリドゥイ・ムラリエフ」の記事における「パーソナル」の解説

チュイ州カリーニン地区(現パンフィロフ地区)クム・アルイク出身。 カラバルト食料産業専門学校1967年)、フルンゼ政治大学1976年)、ソ連閣僚会議附属人民経済アカデミー1989年)を卒業キルギス共和国工学アカデミー会員国際工学アカデミーメンバー妻帯、1男1女を有するキルギスタン共和国サッカー連盟総裁キルギスタン統一党政治会議調整官。キルギス共和国功労産業労働者理想政治家は、フランクリン・ルーズベルト。 表 話 編 歴 キルギス共和国首相ナシルディン・イサノフ1991.1-1991.11 アンドレイ・ヨルダン代行)1991.11-1992.2 トゥルシンベク・チンギシェフ1992.2-1993.12 アパス・ジュマグロフ1993.12-1998.3 クバヌイチベク・ジュマリエフ1998.3-1998.12 ボリス・シラーエフ代行)1998.12 ジュマベク・イブライモフ1998.12-1999.4 ボリス・シラーエフ代行)1999.4 アマンゲリドゥイ・ムラリエフ1999.4-2000.12 クルマンベク・バキエフ2000.12-2002.5 ニコライ・タナーエフ2002.5-2005.3 イシェンバイ・カドイルベコフ代行)2005.3 クルマンベク・バキエフ2005.3-2005.9 フェリックス・クロフ2005.9-2006.12 アジム・イサベコフ2007.1-2007.3 アルマズベク・アタンバエフ2007.3-2007.11 イスカンデルベク・アイダラリエフ代行)2007.11-2007.12 イーゴリ・チュディノフ2007.12-2009.10 ダニヤル・ウセノフ2009.10-2010.4 アルマズベク・アタンバエフ2010.12-2011.12 オムルベク・ババノフ2011.12-2012.9 アーリ・カラシェフ(代行)2012.9 ジャントロ・サティバルディエフ2012.9-2014.3 ジョオマルト・オトルバエフ2014.3-2015.4 テミール・サリエフ2015.4-2016.4 ソーロンバイ・ジェーンベコフ2016.4-2017.8 ムハメトカリー・アブルガジエフ(代行)2017.8 サパル・イサコフ2017.8-2018.4 ムハメトカリー・アブルガジエフ2018.4-

※この「パーソナル」の解説は、「アマンゲリドゥイ・ムラリエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アマンゲリドゥイ・ムラリエフ」の記事については、「アマンゲリドゥイ・ムラリエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/30 14:59 UTC 版)

アフメトジャン・イェシモフ」の記事における「パーソナル」の解説

経済科学博士。カザフスタン・アマチュア・ゴルフ第1回チャンピオン

※この「パーソナル」の解説は、「アフメトジャン・イェシモフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アフメトジャン・イェシモフ」の記事については、「アフメトジャン・イェシモフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/30 13:55 UTC 版)

アルマンベト・マツブライモフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯、3女を有する

※この「パーソナル」の解説は、「アルマンベト・マツブライモフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アルマンベト・マツブライモフ」の記事については、「アルマンベト・マツブライモフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/30 13:52 UTC 版)

アジム・イサベコフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯、4児を有する趣味乗馬。 表 話 編 歴 キルギス共和国首相ナシルディン・イサノフ1991.1-1991.11 アンドレイ・ヨルダン代行)1991.11-1992.2 トゥルシンベク・チンギシェフ1992.2-1993.12 アパス・ジュマグロフ1993.12-1998.3 クバヌイチベク・ジュマリエフ1998.3-1998.12 ボリス・シラーエフ代行)1998.12 ジュマベク・イブライモフ1998.12-1999.4 ボリス・シラーエフ代行)1999.4 アマンゲリドゥイ・ムラリエフ1999.4-2000.12 クルマンベク・バキエフ2000.12-2002.5 ニコライ・タナーエフ2002.5-2005.3 イシェンバイ・カドイルベコフ代行)2005.3 クルマンベク・バキエフ2005.3-2005.9 フェリックス・クロフ2005.9-2006.12 アジム・イサベコフ2007.1-2007.3 アルマズベク・アタンバエフ2007.3-2007.11 イスカンデルベク・アイダラリエフ代行)2007.11-2007.12 イーゴリ・チュディノフ2007.12-2009.10 ダニヤル・ウセノフ2009.10-2010.4 アルマズベク・アタンバエフ2010.12-2011.12 オムルベク・ババノフ2011.12-2012.9 アーリ・カラシェフ(代行)2012.9 ジャントロ・サティバルディエフ2012.9-2014.3 ジョオマルト・オトルバエフ2014.3-2015.4 テミール・サリエフ2015.4-2016.4 ソーロンバイ・ジェーンベコフ2016.4-2017.8 ムハメトカリー・アブルガジエフ(代行)2017.8 サパル・イサコフ2017.8-2018.4 ムハメトカリー・アブルガジエフ2018.4-

※この「パーソナル」の解説は、「アジム・イサベコフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アジム・イサベコフ」の記事については、「アジム・イサベコフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/30 14:00 UTC 版)

イスカンデルベク・アイダラリエフ」の記事における「パーソナル」の解説

マナス1000周年メダルソ連人民経済成果展示会銅賞受賞ロシア連邦安全保障公共秩序アカデミーの「ピョートル大帝社会勲章受章妻帯、1男(マルセル)2女(インディラ、チュイナラ)を有する。 表 話 編 歴 キルギス共和国首相ナシルディン・イサノフ1991.1-1991.11 アンドレイ・ヨルダン代行)1991.11-1992.2 トゥルシンベク・チンギシェフ1992.2-1993.12 アパス・ジュマグロフ1993.12-1998.3 クバヌイチベク・ジュマリエフ1998.3-1998.12 ボリス・シラーエフ代行)1998.12 ジュマベク・イブライモフ1998.12-1999.4 ボリス・シラーエフ代行)1999.4 アマンゲリドゥイ・ムラリエフ1999.4-2000.12 クルマンベク・バキエフ2000.12-2002.5 ニコライ・タナーエフ2002.5-2005.3 イシェンバイ・カドイルベコフ代行)2005.3 クルマンベク・バキエフ2005.3-2005.9 フェリックス・クロフ2005.9-2006.12 アジム・イサベコフ2007.1-2007.3 アルマズベク・アタンバエフ2007.3-2007.11 イスカンデルベク・アイダラリエフ代行)2007.11-2007.12 イーゴリ・チュディノフ2007.12-2009.10 ダニヤル・ウセノフ2009.10-2010.4 アルマズベク・アタンバエフ2010.12-2011.12 オムルベク・ババノフ2011.12-2012.9 アーリ・カラシェフ(代行)2012.9 ジャントロ・サティバルディエフ2012.9-2014.3 ジョオマルト・オトルバエフ2014.3-2015.4 テミール・サリエフ2015.4-2016.4 ソーロンバイ・ジェーンベコフ2016.4-2017.8 ムハメトカリー・アブルガジエフ(代行)2017.8 サパル・イサコフ2017.8-2018.4 ムハメトカリー・アブルガジエフ2018.4-

※この「パーソナル」の解説は、「イスカンデルベク・アイダラリエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「イスカンデルベク・アイダラリエフ」の記事については、「イスカンデルベク・アイダラリエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/30 15:07 UTC 版)

アディリベク・ジャクスィベコフ」の記事における「パーソナル」の解説

経済科学準博士カザフスタン共和国サッカー連盟総裁カザフスタン共和国国家賞を受賞。 「カザフスタン共和国初代大統領ヌルスルタン・ナザルバエフ勲章三等「バルィス」勲章三等ヤロスラフ・ムードルィ賢公勲章ウクライナ)を受章

※この「パーソナル」の解説は、「アディリベク・ジャクスィベコフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アディリベク・ジャクスィベコフ」の記事については、「アディリベク・ジャクスィベコフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/30 14:42 UTC 版)

ラハト・アリエフ」の記事における「パーソナル」の解説

最初の妻大統領の娘のダリガ・ナザルバエフで、2男1女を有したが、2007年6月6日離婚2008年に駐ウィーン大使館書記官のエリナラ・ショラゾヴァと再婚外科医法学者医学科博士2000年9月からカザフスタン・サッカー連盟総裁オーストリアの「大銀名誉記章」を受賞

※この「パーソナル」の解説は、「ラハト・アリエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ラハト・アリエフ」の記事については、「ラハト・アリエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/31 03:38 UTC 版)

ボラット・ヌルガリエフ」の記事における「パーソナル」の解説

Yu.V.アンドロポフ名称ソ連KGB赤旗大学卒業

※この「パーソナル」の解説は、「ボラット・ヌルガリエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ボラット・ヌルガリエフ」の記事については、「ボラット・ヌルガリエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/31 04:27 UTC 版)

ニコライ・ドゥドロフ」の記事における「パーソナル」の解説

レーニン勲章2個、労働赤旗勲章赤星勲章受章公職先代セルゲイ・クルグロフ ソビエト連邦内務大臣第4代:1956年1月31日 - 1960年5月1日 次代ニコライ・シチョーロコフ1960年1966年廃止

※この「パーソナル」の解説は、「ニコライ・ドゥドロフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ニコライ・ドゥドロフ」の記事については、「ニコライ・ドゥドロフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/30 15:16 UTC 版)

ブラート・ジャナサエフ」の記事における「パーソナル」の解説

武勲に対するメダル二等ダンク勲章受章カザフスタン内務省功労職員妻帯、1男1女を有する

※この「パーソナル」の解説は、「ブラート・ジャナサエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ブラート・ジャナサエフ」の記事については、「ブラート・ジャナサエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/30 13:57 UTC 版)

マラート・スルタノフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯、3女を有する

※この「パーソナル」の解説は、「マラート・スルタノフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「マラート・スルタノフ」の記事については、「マラート・スルタノフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/30 13:57 UTC 版)

メデトベク・ケリムクロフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯2児有するキルギス共和国功労建築士三等マナス勲章キルギス共和国最高会議名誉賞状を授与された。

※この「パーソナル」の解説は、「メデトベク・ケリムクロフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「メデトベク・ケリムクロフ」の記事については、「メデトベク・ケリムクロフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/30 21:15 UTC 版)

カブール・ベルディエフ」の記事における「パーソナル」の解説

二等「ション・シャラフ」勲章受章先代: ルスラン・ミルザエフ 国防相 2008年 - 次代: - この項目は、政治家に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:政治学/PJ政治)。

※この「パーソナル」の解説は、「カブール・ベルディエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「カブール・ベルディエフ」の記事については、「カブール・ベルディエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/30 21:53 UTC 版)

ワズゲン・マヌキャン」の記事における「パーソナル」の解説

レニナカン(現ギュムリ出身1969年エレバン国立大学卒業1985年物理・数学科学準博士

※この「パーソナル」の解説は、「ワズゲン・マヌキャン」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ワズゲン・マヌキャン」の記事については、「ワズゲン・マヌキャン」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/30 21:46 UTC 版)

ザキルジョン・アルマトフ」の記事における「パーソナル」の解説

「ブユク・ヒズマトラリ・ウチュン」勲章受章先代: - 内務相 1991年 - 2005年 次代: バホディル・マトリュボフ この項目は、ウズベキスタン関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(Portal:アジア / プロジェクト:アジア)。 この項目は、政治家に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:政治学/PJ政治)。

※この「パーソナル」の解説は、「ザキルジョン・アルマトフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ザキルジョン・アルマトフ」の記事については、「ザキルジョン・アルマトフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/30 20:20 UTC 版)

ベクスルタン・サルセコフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯2児有する法学科準博士教授

※この「パーソナル」の解説は、「ベクスルタン・サルセコフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ベクスルタン・サルセコフ」の記事については、「ベクスルタン・サルセコフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/31 05:39 UTC 版)

ボラート・イスカコフ」の記事における「パーソナル」の解説

二等ダンク勲章メダル14個を受章先代: カイルベク・スレイメノフ 内務相 2000年 - 2002年 次代: カイルベク・スレイメノフ

※この「パーソナル」の解説は、「ボラート・イスカコフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ボラート・イスカコフ」の記事については、「ボラート・イスカコフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/30 22:37 UTC 版)

ムラトベク・イマナリエフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯、1男1女を有する東洋史専門とし、中国語通訳資格を有する歴史科学準博士中国語と英語を話す。アメリカ中央アジア大学ビシュケク市)教授三等マナス勲章キルギス共和国名誉賞状を受章

※この「パーソナル」の解説は、「ムラトベク・イマナリエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ムラトベク・イマナリエフ」の記事については、「ムラトベク・イマナリエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/30 22:37 UTC 版)

アリクベク・ジェクシェンクロフ」の記事における「パーソナル」の解説

政治科準博士息子のベクナザルは、中国に留学し、西安大学国際法学部、中華人民共和国外交部外交学院卒業した2009年から北京外国語大学博士課程先代: ローザ・オトゥンバエヴァ 外務相 2005年 - 2007年 次代: エドナン・カラバエフ

※この「パーソナル」の解説は、「アリクベク・ジェクシェンクロフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アリクベク・ジェクシェンクロフ」の記事については、「アリクベク・ジェクシェンクロフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/31 13:53 UTC 版)

アレクサンドル・コロトコフ」の記事における「パーソナル」の解説

レーニン勲章赤旗勲章6個、一等祖国勲章、「名誉国家保安職員称号受章ドイツ語完全にマスターしていた。

※この「パーソナル」の解説は、「アレクサンドル・コロトコフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アレクサンドル・コロトコフ」の記事については、「アレクサンドル・コロトコフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/03 18:20 UTC 版)

エドナン・カラバエフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯2児有する息子チムールは、軍人大佐)で、2007年から軍事検事次長歴史科学準博士国際情報化アカデミー会員。 「名誉記章勲章受章先代: ローザ・オトゥンバエヴァ 外務相 1992年 - 1994年 次代: ローザ・オトゥンバエヴァ 先代: アリクベク・ジェクシェンクロフ 外務相 2007年 - 2009年 次代: ルスラン・カザクバエフ

※この「パーソナル」の解説は、「エドナン・カラバエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「エドナン・カラバエフ」の記事については、「エドナン・カラバエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/03 16:55 UTC 版)

マラート・タジン」の記事における「パーソナル」の解説

アクチュビンスクアクトベ)市出身小ジュズ出身。父のムハンベトカズイ・タジン(1933年 - 1991年)は、教授歴史科学準博士、党グリエフ委員会イデオロギー担当書記アルマ・アタ高等学校助教授カザフ体育大学ソ連共産党講座主任共和国団体知識副総裁だった。 妻帯、1女を有する軍務経験はない。英語を自由に話す。1996年からカザフスタン・マネージメント・経済・予測研究所/国立高国家統制学校監督官会議議長社会政治雑誌意思」、「カザフスタンスペクトル」、「サヤサト」の編集員。2002年5月から社会学者協会総裁2008年4月からテュルク語諸国社会学者連盟副総裁1991年までソ連共産党員。1993年1995年政治連盟会議カザフスタン人民統一副議長(親大統領派、1999年解散)、1995年1999年カザフスタン民主党中央委員会委員(親大統領派、1999年解散)。 1981年経済学専攻アルマ・アタ人民経済大学卒業哲学科準博士1985年)、社会科学博士1990年)、教授1993年)。カザフスタン共和国社会科学アカデミー会員1995年)、ロシア社会科学アカデミー会員1997年)、カザフスタン共和国政治科アカデミー会員1997年)。 1998年6月ナザルバエフ大統領長女ダリガロシア国務アカデミー博士論文審査の際の審査官1人。 「クルメト」勲章受章カザフスタン共和国名誉国家保安機関職員

※この「パーソナル」の解説は、「マラート・タジン」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「マラート・タジン」の記事については、「マラート・タジン」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/03 17:06 UTC 版)

ヌルラン・バルギンバエフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯、1男1女を有するカザフスタン国立技術大学名誉教授二等「バルィス」勲章受章公職先代アケジャン・カジェゲリディン カザフスタン共和国首相第3代:1997 - 1999 次代カシムジョマルト・トカエフ

※この「パーソナル」の解説は、「ヌルラン・バルギンバエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ヌルラン・バルギンバエフ」の記事については、「ヌルラン・バルギンバエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/03 17:03 UTC 版)

ブラート・バエケノフ」の記事における「パーソナル」の解説

教授カザフスタン共和国警備団体協会総裁先代: 初代 国家保安委員会議長 1992年7月 - 1993年12月 次代: サート・トクパクバエフ 先代: ウラジーミル・シュモフru:Шумов, Владимир Георгиевич 内務相 1994年10月 - 1995年11月 次代: カイルベク・スレイメノフ

※この「パーソナル」の解説は、「ブラート・バエケノフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ブラート・バエケノフ」の記事については、「ブラート・バエケノフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/12 03:35 UTC 版)

ボリス・シラーエフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯2児有する長男オレグは、2004年溺死)。 「ダンクメダル受章。 表 話 編 歴 キルギス共和国首相ナシルディン・イサノフ1991.1-1991.11 アンドレイ・ヨルダン代行)1991.11-1992.2 トゥルシンベク・チンギシェフ1992.2-1993.12 アパス・ジュマグロフ1993.12-1998.3 クバヌイチベク・ジュマリエフ1998.3-1998.12 ボリス・シラーエフ代行)1998.12 ジュマベク・イブライモフ1998.12-1999.4 ボリス・シラーエフ代行)1999.4 アマンゲリドゥイ・ムラリエフ1999.4-2000.12 クルマンベク・バキエフ2000.12-2002.5 ニコライ・タナーエフ2002.5-2005.3 イシェンバイ・カドイルベコフ代行)2005.3 クルマンベク・バキエフ2005.3-2005.9 フェリックス・クロフ2005.9-2006.12 アジム・イサベコフ2007.1-2007.3 アルマズベク・アタンバエフ2007.3-2007.11 イスカンデルベク・アイダラリエフ代行)2007.11-2007.12 イーゴリ・チュディノフ2007.12-2009.10 ダニヤル・ウセノフ2009.10-2010.4 アルマズベク・アタンバエフ2010.12-2011.12 オムルベク・ババノフ2011.12-2012.9 アーリ・カラシェフ(代行)2012.9 ジャントロ・サティバルディエフ2012.9-2014.3 ジョオマルト・オトルバエフ2014.3-2015.4 テミール・サリエフ2015.4-2016.4 ソーロンバイ・ジェーンベコフ2016.4-2017.8 ムハメトカリー・アブルガジエフ(代行)2017.8 サパル・イサコフ2017.8-2018.4 ムハメトカリー・アブルガジエフ2018.4-

※この「パーソナル」の解説は、「ボリス・シラーエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ボリス・シラーエフ」の記事については、「ボリス・シラーエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/12 19:09 UTC 版)

コンスタンチン・トーツキー」の記事における「パーソナル」の解説

赤旗勲章四等祖国へ貢献に対する勲章、「武勲に対するメダル、「ソ連国境警備における優秀さに対するメダル受賞妻帯、2女を有する。父のワシーリー1909年1981年)は砲兵将校で、冬戦争従軍した重傷負い第二次世界大戦には参加できなかった。1956年まで中央アジア勤務し少佐退役した兄のスタニスラフ海軍将校。弟のアレクサンドル大佐で、「ロスヴォオルジェーニエ」社で働いていた。 ウィキメディア・コモンズには、コンスタンチン・トーツキー関連するカテゴリあります

※この「パーソナル」の解説は、「コンスタンチン・トーツキー」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「コンスタンチン・トーツキー」の記事については、「コンスタンチン・トーツキー」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/12 18:58 UTC 版)

ウラジーミル・プロニチェフ」の記事における「パーソナル」の解説

ウクライナザポリージャ州メリトポリ出身。 「ソ連国境警備における優秀さに対するメダル赤星勲章三等ソ連軍における祖国へ奉仕に対する勲章赤旗勲章四等祖国に対する貢献に対する勲章受章ロシア連邦英雄、「ロシア連邦功労国家保安職員」の名誉称号有する国営社会団体「全露体育スポーツ協会ディナモ」」総裁

※この「パーソナル」の解説は、「ウラジーミル・プロニチェフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ウラジーミル・プロニチェフ」の記事については、「ウラジーミル・プロニチェフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/12 19:57 UTC 版)

ムフタル・アルティンバエフ」の記事における「パーソナル」の解説

カザフスタン人民英雄(ハルィク・カハルマヌィ。2006年5月6日)。「オタン」勲章受章ソ連から三等ソ連軍における祖国へ奉仕に対する勲章受章ロシア連邦からは「友好勲章2004年)を受章妻帯1児有する軍事飛行技師歴史科学準博士先代: サート・トクパクバエフ 国防相 2001年 - 2007年 次代: ダニヤル・アフメトフ 先代: ブラート・ダルベコフru:Дарбеков, Булат Керимжанович 参謀長委員会議長 2007年 - 2010年 次代: サケン・ジャスジャコフ 先代: ダニヤル・アフメトフ 国防相代行 2009年 次代: アディリベク・ジャクスィベコフ

※この「パーソナル」の解説は、「ムフタル・アルティンバエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ムフタル・アルティンバエフ」の記事については、「ムフタル・アルティンバエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/12 17:44 UTC 版)

ヴィクトル・エリン」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯2児有するロシア連邦英雄1993年)。赤星勲章特別に危険な犯罪の捜査取調に対してメダル受章した

※この「パーソナル」の解説は、「ヴィクトル・エリン」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ヴィクトル・エリン」の記事については、「ヴィクトル・エリン」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/12 17:41 UTC 版)

ウラジーミル・ボルドゥイレフ」の記事における「パーソナル」の解説

ヴォルゴグラード州ウリュピンスキー地区クラスノヤルスキー農場出身妻帯1児有する。 「武勲に対する勲章13個のメダル受賞上級中尉中佐大佐には、期限前に昇進した

※この「パーソナル」の解説は、「ウラジーミル・ボルドゥイレフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ウラジーミル・ボルドゥイレフ」の記事については、「ウラジーミル・ボルドゥイレフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/31 13:55 UTC 版)

ヴィターリー・パヴロフ」の記事における「パーソナル」の解説

レーニン勲章十月革命勲章赤旗勲章労働赤旗勲章一等祖国戦争勲章赤星勲章、「名誉国家保安職員胸章受章。 英語、フランス語ドイツ語ポーランド語話した

※この「パーソナル」の解説は、「ヴィターリー・パヴロフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ヴィターリー・パヴロフ」の記事については、「ヴィターリー・パヴロフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/24 14:29 UTC 版)

ドミトリー・グーセフ」の記事における「パーソナル」の解説

ソ連邦英雄レーニン勲章4個、赤旗勲章3個、一等スヴォーロフ勲章一等クトゥーゾフ勲章赤星勲章受章

※この「パーソナル」の解説は、「ドミトリー・グーセフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ドミトリー・グーセフ」の記事については、「ドミトリー・グーセフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/12 18:00 UTC 版)

アレクセイ・マスロフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯2児有する三等ソ連軍における祖国へ奉仕に対する勲章メダル10個を受章

※この「パーソナル」の解説は、「アレクセイ・マスロフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アレクセイ・マスロフ」の記事については、「アレクセイ・マスロフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/14 21:25 UTC 版)

イワン・シャヴロフ」の記事における「パーソナル」の解説

レーニン勲章赤旗勲章4個、二等スヴォーロフ勲章二等クトゥーゾフ勲章2個、赤星勲章2個、三等ソ連軍における祖国へ奉仕に対する勲章受章教授

※この「パーソナル」の解説は、「イワン・シャヴロフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「イワン・シャヴロフ」の記事については、「イワン・シャヴロフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/12 17:12 UTC 版)

ウラジーミル・バキン」の記事における「パーソナル」の解説

アムール州イワノフスキー地区チェレンホヴォ出身妻帯、1男1女を有する。 「武勲に対する」、「ソ連軍における祖国へ奉仕に対する勲章メダル15個を受賞

※この「パーソナル」の解説は、「ウラジーミル・バキン」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ウラジーミル・バキン」の記事については、「ウラジーミル・バキン」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/26 03:33 UTC 版)

サケン・ジャスジャコフ」の記事における「パーソナル」の解説

ソ連から赤星勲章1982年)、三等ソ連軍における祖国へ奉仕に対する勲章1989年)を受章カザフスタンからは二等ダンク勲章2001年)を受章妻帯2児有する

※この「パーソナル」の解説は、「サケン・ジャスジャコフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「サケン・ジャスジャコフ」の記事については、「サケン・ジャスジャコフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/03 15:02 UTC 版)

コンスタンチン・コロチェーエフ」の記事における「パーソナル」の解説

ソ連邦英雄1945年4月6日)。

※この「パーソナル」の解説は、「コンスタンチン・コロチェーエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「コンスタンチン・コロチェーエフ」の記事については、「コンスタンチン・コロチェーエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/12 19:04 UTC 版)

イーゴリ・プザノフ」の記事における「パーソナル」の解説

チュメニ軍人一家生まれる。妻帯1児有する。 4個の勲章多くのメダル有するロシア連邦功労軍事専門官。

※この「パーソナル」の解説は、「イーゴリ・プザノフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「イーゴリ・プザノフ」の記事については、「イーゴリ・プザノフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/09 02:55 UTC 版)

パーヴェル・バトフ」の記事における「パーソナル」の解説

ソ連邦英雄称号2度授与1943年1945年)。レーニン勲章6個、十月革命勲章赤旗勲章3個、一等スヴォーロフ勲章3個、一等クトゥーゾフ勲章一等ボグダン・フメリニツキー勲章三等ソ連軍における祖国へ奉仕に対する勲章、名誉記章勲章、名誉武器受賞

※この「パーソナル」の解説は、「パーヴェル・バトフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「パーヴェル・バトフ」の記事については、「パーヴェル・バトフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/09 04:03 UTC 版)

ミハイル・マリーニン」の記事における「パーソナル」の解説

ソ連邦英雄1945年5月29日)。レーニン勲章4個、赤旗勲章3個、一等スヴォーロフ勲章2個、一等クトゥーゾフ勲章2個、二等スヴォーロフ勲章赤星勲章受章

※この「パーソナル」の解説は、「ミハイル・マリーニン」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ミハイル・マリーニン」の記事については、「ミハイル・マリーニン」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/06 23:12 UTC 版)

ヴラディミル・ストイチェフ」の記事における「パーソナル」の解説

ブルガリア人民共和国英雄1978年1982年)、社会主義労働英雄1964年)。

※この「パーソナル」の解説は、「ヴラディミル・ストイチェフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ヴラディミル・ストイチェフ」の記事については、「ヴラディミル・ストイチェフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/31 14:33 UTC 版)

フョードル・ラドゥイギン」の記事における「パーソナル」の解説

ベルゴロド州コロチャンスキー地区出身妻帯、1男1女、孫1人孫娘1人有する。 4個の勲章11個のメダル有する先代: エフゲニー・チモーヒン ロシア連邦軍参謀本部情報総局1992年 - 1997年 次代: ワレンチン・コラベリニコフ

※この「パーソナル」の解説は、「フョードル・ラドゥイギン」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「フョードル・ラドゥイギン」の記事については、「フョードル・ラドゥイギン」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/26 17:37 UTC 版)

アブラム・スルツキー」の記事における「パーソナル」の解説

赤旗勲章2個、「チェーカーGPU名誉職員記章3個、名前入り武器授与された。

※この「パーソナル」の解説は、「アブラム・スルツキー」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アブラム・スルツキー」の記事については、「アブラム・スルツキー」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/26 17:16 UTC 版)

ヨシフ・ウンシュリフト」の記事における「パーソナル」の解説

第9回第10回第12回、第14第17回全連邦共産党大会代表。1924年から監査委員会委員1925年から全連邦共産党ボリシェヴィキ党)中央委員会委員候補。全ロシアソ連中央執行委員会委員赤旗勲章受章

※この「パーソナル」の解説は、「ヨシフ・ウンシュリフト」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ヨシフ・ウンシュリフト」の記事については、「ヨシフ・ウンシュリフト」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/03 05:22 UTC 版)

タルバク・ナザロフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯、1男1女、1人孫娘有する息子準博士孫娘のニギナ・ナザロヴァはミス・ドゥシャンベ-2008優勝者経済科学博士教授タジキスタン科学アカデミー会員幹部会議員。タジキスタン共和国慈善財団総裁2008年~2009年)。タジク財務大学名教授。 名誉記章勲章、「処女地休耕地開拓50周年メダル受章、アブアル・イブン・シノ国家受賞者2018年秋叙勲旭日大綬章受章

※この「パーソナル」の解説は、「タルバク・ナザロフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「タルバク・ナザロフ」の記事については、「タルバク・ナザロフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/02 04:00 UTC 版)

ロブ・コラード」の記事における「パーソナル」の解説

ロブ家族2006年10月チャンネル4の「Wife Swap」のエピソード出演した際、彼はITVBTCC報道で、ヒーローは故コリン・マクレーであり、彼の野望世界ツーリングカー選手権優勝することだと語っている。また彼はレーシングドライバーリッキー・コラードの父。

※この「パーソナル」の解説は、「ロブ・コラード」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ロブ・コラード」の記事については、「ロブ・コラード」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/01 02:53 UTC 版)

ディオール・フィッシャー」の記事における「パーソナル」の解説

2009年には、テルアビブクラブ外でガラス瓶攻撃され負傷した。しかし、完治した

※この「パーソナル」の解説は、「ディオール・フィッシャー」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ディオール・フィッシャー」の記事については、「ディオール・フィッシャー」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/31 07:43 UTC 版)

ピョートル・クバトキン」の記事における「パーソナル」の解説

レーニン勲章赤旗勲章一等クトゥーゾフ勲章二等クトゥーゾフ勲章労働赤旗勲章赤星勲章2個、「NKVD功労職員胸章受賞

※この「パーソナル」の解説は、「ピョートル・クバトキン」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ピョートル・クバトキン」の記事については、「ピョートル・クバトキン」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/31 07:13 UTC 版)

アルトゥール・アルトゥゾフ」の記事における「パーソナル」の解説

赤旗勲章、「名誉チェキスト記章2個を受賞

※この「パーソナル」の解説は、「アルトゥール・アルトゥゾフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アルトゥール・アルトゥゾフ」の記事については、「アルトゥール・アルトゥゾフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/31 07:12 UTC 版)

ヴィクトル・アバクーモフ」の記事における「パーソナル」の解説

赤旗勲章1等及び2等スヴォーロフ勲章1等クトゥーゾフ勲章赤星勲章モスクワ防衛記章スターリングラード防衛記章カフカース防衛記章受章フォックストロットサッカー趣味で、レストランの「アラグヴィ」からシャシリク取り寄せるのが常だった

※この「パーソナル」の解説は、「ヴィクトル・アバクーモフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ヴィクトル・アバクーモフ」の記事については、「ヴィクトル・アバクーモフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/31 08:25 UTC 版)

モハマッド・ムサ・シャフィク」の記事における「パーソナル」の解説

詩人作家でもあり、ダリー語パシュトゥー語著作有するムスリム同胞団共感しており、原理主義者保守主義者として知られた先代: アブドゥズ・ザーヘル アフガニスタン首相 1972年 - 1973年 次代: ムハンマド・ダーウード 典拠管理 GND: 112930227X VIAF: 5510149198300474940001 WorldCat IdentitiesVIAF経由): 5510149198300474940001 この項目は、政治家に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:政治学/PJ政治)。

※この「パーソナル」の解説は、「モハマッド・ムサ・シャフィク」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「モハマッド・ムサ・シャフィク」の記事については、「モハマッド・ムサ・シャフィク」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/01 22:56 UTC 版)

ニツァン・ホロヴィッツ」の記事における「パーソナル」の解説

テルアビブ伴侶男性とともに暮らしている。

※この「パーソナル」の解説は、「ニツァン・ホロヴィッツ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ニツァン・ホロヴィッツ」の記事については、「ニツァン・ホロヴィッツ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/31 14:25 UTC 版)

セミョーン・ゲンディン」の記事における「パーソナル」の解説

レーニン勲章赤旗勲章2個、「チェーカー・ゲーペーウー名誉職員記章2個、「労農赤軍20周年メダル受賞。 弟のコンスタンチンも、チェキストであり、秘密政治課で働いていた。1939年逮捕され釈放されたが、前線行方不明となる。

※この「パーソナル」の解説は、「セミョーン・ゲンディン」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「セミョーン・ゲンディン」の記事については、「セミョーン・ゲンディン」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/05 20:18 UTC 版)

アナトリー・クリコフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯、2男1女を有する地域間社会組織祖国戦士中央会議長経済科学博士社会科学アカデミー会員三等祖国に対する貢献に対する勲章受章先代: ヴィクトル・エリン ロシア内務大臣 1995年 - 1998年 次代: セルゲイ・ステパーシン

※この「パーソナル」の解説は、「アナトリー・クリコフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アナトリー・クリコフ」の記事については、「アナトリー・クリコフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/31 01:37 UTC 版)

ペトル・ルチンスキー」の記事における「パーソナル」の解説

フランスレジオン・ド・ヌール勲章1998年)、ギリシア救世主勲章1999年)、ギリシャ正教総主教霊廟大勲章2000年)、ルーマニアの"Steaua României în grad de Colan"勲章2000年)を受章。 妻は元教員アントニナ2006年死去)、2人の息子セルゲイキリル)がいる。 表 話 編 歴 モルドバ共和国大統領第2代1997年 - 2001年モルダヴィア民主共和国大統領イオン・インキュレット(ルーマニア語版、英語版)1917.12.15-1918.4.9 モルドバ共和国大統領ミルチャ・スネグル1990.9.3-1997.1.15 / ペトル・ルチンスキー1997.1.15-2001.4.7 / ウラジーミル・ヴォローニン2001.4.7-2009.9.11 / ミハイ・ギンプ(*)2009.9.11-2010.12.28 / ヴラド・フィラト(*)2010.12.28-2010.12.30 / マリアン・ルプ(*)2010.12.30-2012.3.23 / ニコラエ・ティモフティ2012.3.23-2016.12.23 / イゴル・ドドン2016.12.23-2020.12.24 / マイア・サンドゥ2020.12.24-現在 (*)は代行典拠管理 FAST: 1680544 GND: 133261557 ISNI: 0000 0001 0976 8102 LCCN: n2007050645 NKC: jo2012703015 NLP: A28665338 NTA: 182548368 PLWABN: 9810684851205606 VIAF: 58532074 WorldCat Identities: lccn-n2007050645

※この「パーソナル」の解説は、「ペトル・ルチンスキー」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ペトル・ルチンスキー」の記事については、「ペトル・ルチンスキー」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/07 06:41 UTC 版)

スリム・ヤマダエフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯、4児を有するロシア連邦英雄2005年)。

※この「パーソナル」の解説は、「スリム・ヤマダエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「スリム・ヤマダエフ」の記事については、「スリム・ヤマダエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 06:56 UTC 版)

アリハン・バイメノフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯、1女と2人の孫を有する工学科準博士カザフスタン共和国工学アカデミー学術顧問

※この「パーソナル」の解説は、「アリハン・バイメノフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アリハン・バイメノフ」の記事については、「アリハン・バイメノフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/14 00:09 UTC 版)

ムラト・ジャジコフ」の記事における「パーソナル」の解説

哲学科博士で、40以上の国際青年運動北カフカーズ諸民族伝統文化に関する論文著者ウィキメディア・コモンズには、ムラト・ジャジコフ関連するカテゴリあります公職先代:アフメド・マルサゴフ(代行イングーシ共和国大統領第2代2002 - 2008 次代ユヌス=ベク・エフクロフ この項目は、政治家に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:政治学/PJ政治)。 典拠管理 GND: 134185986 ISNI: 0000 0000 5181 4873 LCCN: nr2006005597 VIAF: 60291993 WorldCat Identities: lccn-nr2006005597

※この「パーソナル」の解説は、「ムラト・ジャジコフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ムラト・ジャジコフ」の記事については、「ムラト・ジャジコフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/14 00:19 UTC 版)

ノーマン・チェレビジハン」の記事における「パーソナル」の解説

政治家としての経歴だけでなく、タヴリダ・ムスリム宗務局のムフティー務め詩人作家として知られる。 チェレビジハン作の詩「Ant Etkenmen(私は誓った)」は、クリミア人民共和国国歌ウクライナ語版)として制定されたものだが、同国滅亡後クリミア・タタール人民族歌として今日まで広く歌われている。 また彼はオスマン帝国滞在中クリミア・タタール人学生と共にイスマイル・ガスプリンスキーと2回ほど会していたことが明らとなっており、今もクリミアの歴史における重要なポイントの一つとして語られている。 2016年設立され軍事組織一つである「ノマン・チェレビジハン大隊ウクライナ語版)」は、彼のに因んで命名されている。クリミア・タタール人活動家たちは彼に敬意を表する形でクリミア半島封鎖ロシア語版)にこの大隊指名している。 2017年4月7日シンフェロポリにおいてチェレビジハンが働いていたとされる歴史的な建築物記念式典厳粛に開催されており、2018年2月22日にはイーチニャ鉄道駅であるイーチニャ駅(ウクライナ語版)にて彼の名を冠した記念碑ウクライナ語版)が建てられている

※この「パーソナル」の解説は、「ノーマン・チェレビジハン」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ノーマン・チェレビジハン」の記事については、「ノーマン・チェレビジハン」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/07 04:11 UTC 版)

トゥルダクン・ウスバリエフ」の記事における「パーソナル」の解説

ナルイン州コチコルカ出身1941年キルギス教員大学1945年全連邦共産党ボリシェヴィキ党)附属高等学校1965年、V.I.レーニン名称モスクワ教育大学通信教育)を卒業レーニン勲章3個、十月革命勲章労働赤旗勲章友好勲章一等マナス勲章受章先代: イスハク・ラズザコフ キルギス共産党第一書記 1961年 - 1985年 次代: アブサマト・マサリエフ

※この「パーソナル」の解説は、「トゥルダクン・ウスバリエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「トゥルダクン・ウスバリエフ」の記事については、「トゥルダクン・ウスバリエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 22:25 UTC 版)

マーク・ウェルシュ」の記事における「パーソナル」の解説

既婚ベティ夫人)。ベティ夫人との間に複数人子供もうけている。

※この「パーソナル」の解説は、「マーク・ウェルシュ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「マーク・ウェルシュ」の記事については、「マーク・ウェルシュ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/14 00:02 UTC 版)

ルスラン・ジャクスィルィコフ」の記事における「パーソナル」の解説

ソ連カザフスタンからメダル14個を受章妻帯2児有する若い頃カザフスタン柔道チーム入っていた。

※この「パーソナル」の解説は、「ルスラン・ジャクスィルィコフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ルスラン・ジャクスィルィコフ」の記事については、「ルスラン・ジャクスィルィコフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/20 04:09 UTC 版)

ウラジスラフ・アルジンバ」の記事における「パーソナル」の解説

スフミ近隣のエシェラ出身歴史学専攻スフミ教育大学卒業科学分野での功績により、ウラジーミル・ヴェルナツキー賞を受賞アブハジア英雄勲章一等「名誉と栄光勲章南オセチア名誉勲章受章妻帯、1女を有する

※この「パーソナル」の解説は、「ウラジスラフ・アルジンバ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ウラジスラフ・アルジンバ」の記事については、「ウラジスラフ・アルジンバ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 23:50 UTC 版)

京成パンダ」の記事における「パーソナル」の解説

パンダ星王子として生まれ何一つ不自由のない暮らし送っていたが、父である国王から怠惰な生活態度咎められパンダ星から追い出され地球での修業命じられる地球では環境保護活動などを通じて資源大切にする精神学んでいる。また、地球での生活費は京成カード支払っている。ペット飼っている。上野動物園飼育係をしたり俳優をしたりいろいろな職業経験しているようだ。

※この「パーソナル」の解説は、「京成パンダ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「京成パンダ」の記事については、「京成パンダ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/31 13:06 UTC 版)

ピョートル・フェドトフ」の記事における「パーソナル」の解説

レーニン勲章2個、赤旗勲章4個、一等クトゥーゾフ勲章赤星勲章、「名誉記章勲章、「名誉チェキスト」、「NKVD功労職員胸章受賞

※この「パーソナル」の解説は、「ピョートル・フェドトフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ピョートル・フェドトフ」の記事については、「ピョートル・フェドトフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/17 07:57 UTC 版)

ザザ・ゴガヴァ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯2児有する1994年トビリシ国立工業大学トビリシ工科大学運輸技術学部を卒業ロシア語流暢に話す。

※この「パーソナル」の解説は、「ザザ・ゴガヴァ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ザザ・ゴガヴァ」の記事については、「ザザ・ゴガヴァ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/06 07:25 UTC 版)

ゾーヤ・コスモデミヤンスカヤ」の記事における「パーソナル」の解説

弟のアレクサンドル1925年 - 1945年4月13日)は、上級中尉として親衛部隊勤務し東プロイセンのザームラント半島(サンビヤ半島英語版))戦死し死後ソ連邦英雄称号授与される

※この「パーソナル」の解説は、「ゾーヤ・コスモデミヤンスカヤ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ゾーヤ・コスモデミヤンスカヤ」の記事については、「ゾーヤ・コスモデミヤンスカヤ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/09 05:18 UTC 版)

ムハンマド・ナイーム」の記事における「パーソナル」の解説

妻ザハラは、ザーヒル・シャー国王の妹。1男1女を有した英語とフランス語話した

※この「パーソナル」の解説は、「ムハンマド・ナイーム」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ムハンマド・ナイーム」の記事については、「ムハンマド・ナイーム」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/22 10:26 UTC 版)

オリガ・ヤムシチコワ」の記事における「パーソナル」の解説

労働赤旗勲章二等祖国戦争勲章赤星勲章3個を受賞。 2女を有した

※この「パーソナル」の解説は、「オリガ・ヤムシチコワ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「オリガ・ヤムシチコワ」の記事については、「オリガ・ヤムシチコワ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/31 06:34 UTC 版)

ニコラス・ブレイディ」の記事における「パーソナル」の解説

彼と妻のキャサリン間には4人の子供がいる。 公職先代ジェイムズ・ベイカー アメリカ合衆国財務長官1988年9月15日 - 1993年1月17日 次代ロイド・ベンツェン 表 話 編 歴 歴アメリカ合衆国財務長官A. ハミルトン O. ウォルコット S. デクスター A. ギャラティン G. キャンベル A. ダラス W. クロウフォード R. ラッシュ S. インガム L. マクレーン W. デュアン R. トーニー L. ウッドベリー T. ユーイング W. フォワード J. スペンサー G. ビブ R. ウォーカー W. メレディス T. コーウィン J. ガスリー H. コブ P. トーマス J. ディクス S. チェイス W. フェッセンデン H. マカロック G. バウトウェル W. リチャードソン B. ブリストウ L. モリル J. シャーマン W. ウィンダム C. フォルジャー W. グレシャム H. マカロック D. マニング C. フェアチャイルド W. ウィンダム C. フォスター J. カーライル L. ゲイジ L. ショウ G. コーテルユー F. マクヴェーグ W. マカドゥー C. グラス D. ヒューストン A. メロン O. ミルズ W. ウッディン H. モーゲンソウ F. ヴィンソン J. スナイダー G. ハンフリー R. アンダーソン C.D. ディロン H. ファウラー J. バー D. ケネディ J. コナリー G. シュルツ W. サイモン M. ブルーメンソール W. ミラー D. リーガン J. ベイカー N. ブレイディ L. ベンツェン R. ルービン L. サマーズ P. オニール J. スノー H. ポールソン T. ガイトナー J. ルー S. ムニューシン イエレン指名) この項目は、アメリカ合衆国の政治家関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:人物伝/P:政治学/P:アメリカ合衆国/PJアメリカ合衆国の政治家)。

※この「パーソナル」の解説は、「ニコラス・ブレイディ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ニコラス・ブレイディ」の記事については、「ニコラス・ブレイディ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/02 22:33 UTC 版)

ディンムハメッド・クナーエフ」の記事における「パーソナル」の解説

100以上の科学論文有するカザフ・ソビエト社会主義共和国科学アカデミー会員社会主義労働英雄称号3度受賞著書に、「私の時代」(1992年)、「スターリンからゴルバチョフまで」(1994年)がある。

※この「パーソナル」の解説は、「ディンムハメッド・クナーエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ディンムハメッド・クナーエフ」の記事については、「ディンムハメッド・クナーエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 05:43 UTC 版)

ミルチャ・スネグル」の記事における「パーソナル」の解説

名誉記章勲章1966年)、「労働献身に対するメダル1976年)、"Ordinul Republicii"勲章2000年)、芸術アカデミーの"AD Honores"賞状1995年)、欧州功労団の名誉賞と金メダル1995年)を受賞キシナウ農業大学名誉博士号1996年)、アンカラ大学博士号1996年)、モルドバ国際自由大学ルーマニア語版)の博士号授与された。 2人の子供(一男一女)がおり、長女同国政治家一人で外交官として活動するナタリア・ゲルマンである。なお、彼女はかつて同国暫定首相務めた経験を持つ。

※この「パーソナル」の解説は、「ミルチャ・スネグル」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ミルチャ・スネグル」の記事については、「ミルチャ・スネグル」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/05 08:23 UTC 版)

ボロトベク・シェルニヤゾフ」の記事における「パーソナル」の解説

「アチャケイ」社社長。「フェルガナ」紙の情報によれば2004年度キルギスで最も裕福な100人内の1人入った。 弟のサディク・シェル・ニヤズは、「技術政府」の文化相。

※この「パーソナル」の解説は、「ボロトベク・シェルニヤゾフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ボロトベク・シェルニヤゾフ」の記事については、「ボロトベク・シェルニヤゾフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/24 21:56 UTC 版)

ヤーコフ・アグラーノフ」の記事における「パーソナル」の解説

赤旗勲章2個、「チェーカーGPU名誉職員記章2個を受賞

※この「パーソナル」の解説は、「ヤーコフ・アグラーノフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ヤーコフ・アグラーノフ」の記事については、「ヤーコフ・アグラーノフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 04:14 UTC 版)

ルスラン・カザクバエフ」の記事における「パーソナル」の解説

イスハーク・ラズザコフ名称キルギス国立工科大学とキルギス・クウェート大学名誉教授ロシア語トルコ語ドイツ語を話す。 公職先代:カドゥルベク・サラバエフ(英語版キルギス外務大臣2010 - 2012 次代:エルラン・アブディルダエフ(英語版先代:チンギス・アイダルベコフ(英語版キルギス外務大臣2020 - 2022 次代:ジェーンベク・クルバエフ(代行

※この「パーソナル」の解説は、「ルスラン・カザクバエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ルスラン・カザクバエフ」の記事については、「ルスラン・カザクバエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/31 13:15 UTC 版)

セルゲイ・サフチェンコ」の記事における「パーソナル」の解説

レーニン勲章2個、赤旗勲章4個、二等クトゥーゾフ勲章二等ボグダン・フメリニツキー勲章赤星勲章、「NKVD功労職員胸章受賞

※この「パーソナル」の解説は、「セルゲイ・サフチェンコ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「セルゲイ・サフチェンコ」の記事については、「セルゲイ・サフチェンコ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/08 14:51 UTC 版)

ニコライ・コヴァレフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯再婚)、1男1女を有する

※この「パーソナル」の解説は、「ニコライ・コヴァレフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ニコライ・コヴァレフ」の記事については、「ニコライ・コヴァレフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/09 00:35 UTC 版)

OG・アヌノビー」の記事における「パーソナル」の解説

アヌノビーはイングランドロンドン生まれミズーリ州ジェファーソンシティ育った父親リンカーン大学教授をしている。

※この「パーソナル」の解説は、「OG・アヌノビー」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「OG・アヌノビー」の記事については、「OG・アヌノビー」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/05 05:45 UTC 版)

フセヴォロド・メルクーロフ」の記事における「パーソナル」の解説

チェーカーGPU名誉職員記章レーニン勲章トゥヴァ共和国勲章一等クトゥーゾフ勲章赤旗勲章受章先代: - ソビエト連邦国家保安大臣 初代1946年3月19日 - 1946年5月7日 次代: ヴィクトル・アバクーモフ 典拠管理 GND: 1160515867 ISNI: 0000 0001 1639 820X VIAF: 50368052 WorldCat Identities: viaf-50368052

※この「パーソナル」の解説は、「フセヴォロド・メルクーロフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「フセヴォロド・メルクーロフ」の記事については、「フセヴォロド・メルクーロフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/30 18:57 UTC 版)

アンドレイ・グレチコ」の記事における「パーソナル」の解説

1961年から1976年ソ連共産党中央委員会委員1952年から委員候補)・1973年から1976年ソビエト連邦共産党政治局員・第2期から第9期ソビエト連邦最高会議代議員であった

※この「パーソナル」の解説は、「アンドレイ・グレチコ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アンドレイ・グレチコ」の記事については、「アンドレイ・グレチコ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/10 04:08 UTC 版)

イーゴリ・イワノフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯、1女を有する。英語とスペイン語を話す。外交官としては、特命全権大使等級に当たる

※この「パーソナル」の解説は、「イーゴリ・イワノフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「イーゴリ・イワノフ」の記事については、「イーゴリ・イワノフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/10 07:23 UTC 版)

ウラジーミル・ルシャイロ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯で3児を有する「勇気」勲章、「名誉」勲章、「個人的勇気に対する勲章並びにMVD功労職員記章受賞ウィキメディア・コモンズには、ウラジーミル・ルシャイロ関連するカテゴリあります先代: セルゲイ・ステパーシン ロシア連邦内大臣 第4代:1999年5月9日 - 2001年3月28日 次代: ボリス・グルイズロフ 先代: セルゲイ・イワノフ ロシア連邦安全保障会議書記 第10代2001年3月28日 - 2004年3月9日 次代: イーゴリ・イワノフ 先代: ユーリ・ヤロフ CIS執行書記 2004年6月12日 - 2007年10月5日 次代: セルゲイ・レベジェフ

※この「パーソナル」の解説は、「ウラジーミル・ルシャイロ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ウラジーミル・ルシャイロ」の記事については、「ウラジーミル・ルシャイロ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/09 15:35 UTC 版)

ミクティベク・アブディルダイェフ」の記事における「パーソナル」の解説

一等「クジュルモン・クィズマト・オトゴンドゥグ・ウチュン」メダル受章法学科準博士

※この「パーソナル」の解説は、「ミクティベク・アブディルダイェフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ミクティベク・アブディルダイェフ」の記事については、「ミクティベク・アブディルダイェフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 21:10 UTC 版)

ゲンナジー・トロシェフ」の記事における「パーソナル」の解説

結婚し2人の娘あり。釣りギター趣味国家財団社会承認保護者会議、独立組織市民社会」、法保護立法司法機関協力国市民委員会共同議長ダゲスタンチェチェンでの対テロ作戦に対してロシア連邦英雄称号受賞1999年)。三等ソ連軍における祖国へ奉仕に対する勲章人民友好勲章、「武勲に対する勲章、「ロシア国家強化に対するピョートル大帝勲章等受章。金名誉称号社会承認」、名誉称号経済の金の盾」称号有するその外国際財団から「地球上の善の増大に対する」ニコライ・チュドトヴォレツ勲章受章、A.V.スヴォーロフ賞、G.K.ジューコフ賞を受賞

※この「パーソナル」の解説は、「ゲンナジー・トロシェフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ゲンナジー・トロシェフ」の記事については、「ゲンナジー・トロシェフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 03:34 UTC 版)

ミンチメル・シャイミーエフ」の記事における「パーソナル」の解説

ロシア連邦技術科アカデミー会員全世界騎士団連盟国議会幹部会名誉議員国際情報化アカデミー名誉会員モスクワ国立国関係大学名誉教授労働赤旗勲章十月革命勲章人民友好勲章二等祖国に対する貢献に対する勲章、「ロシア国家オリンピック」賞「名誉と献身に対する勲章受章2005年モスクワ総主教アレクシイ2世は、シャイミーエフにラドネジの聖セルギイ勲章授与したまた、長年イスラム活動に対して2007年キング・ファイサル国際賞イスラーム奉仕部門受賞している。 1998年ケンブリッジ国際伝記センターは、シャイミーエフを「今年の人」に選んだ2001年ユネスコは、文化・歴史財産の保護への大きな貢献に対して、アヴィツェンナ銀メダル授与した2005年国際慈善財団世紀のパトロン」からルビー十字章、並びにロシア連邦ユネスコ間の協力への貢献に対してロシアユネスコ記念メダル受賞した

※この「パーソナル」の解説は、「ミンチメル・シャイミーエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ミンチメル・シャイミーエフ」の記事については、「ミンチメル・シャイミーエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 08:39 UTC 版)

ヴァーツラフ・クラウス」の記事における「パーソナル」の解説

家族には妻と2児がいる。スキーテニスバレーボール趣味ロシア語を話す。

※この「パーソナル」の解説は、「ヴァーツラフ・クラウス」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ヴァーツラフ・クラウス」の記事については、「ヴァーツラフ・クラウス」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/03/20 16:36 UTC 版)

ニコライ・ソロフツォフ」の記事における「パーソナル」の解説

東カザフスタン州ザイセン出身妻帯2児有する軍事科学博士教授。「名誉記章」、三等「軍における祖国へ奉仕に対する」、「武勲に対する勲章メダル10個を受章

※この「パーソナル」の解説は、「ニコライ・ソロフツォフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ニコライ・ソロフツォフ」の記事については、「ニコライ・ソロフツォフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 08:26 UTC 版)

ヘルッタ・クーシネン」の記事における「パーソナル」の解説

2007年総選挙国民連合党サウリ・ニーニスト抜かれるまで、総選挙得票数歴代1位記録を持っていた。 この項目は、フィンランド関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(プロジェクト:北ヨーロッパPortal:ヨーロッパ)。 この項目は、ヨーロッパ政治家に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:人物伝/P:政治学/P:ヨーロッパ/PJ 政治/PJ ヨーロッパ)。 典拠管理 FAST: 293998 GND: 119019108 ISNI: 0000 0001 0605 2985 LCCN: n91108905 VIAF: 52490160, 159028270 WorldCat Identities: lccn-n91108905

※この「パーソナル」の解説は、「ヘルッタ・クーシネン」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ヘルッタ・クーシネン」の記事については、「ヘルッタ・クーシネン」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 00:53 UTC 版)

ボリス・グロモフ」の記事における「パーソナル」の解説

1995年5月からインターナショナリスト(アフガン帰還兵意味する)・ベテラン組織連盟調整会議議長1997年12月から全ロシア局地戦軍事紛争ベテラン社会運動戦友総裁、「ロシア市民の名誉と尊厳のための」運動共同議長ソ連邦英雄三等ソ連軍における祖国へ奉仕に対する勲章赤星勲章赤旗勲章2個を受章妻帯、1女を有する

※この「パーソナル」の解説は、「ボリス・グロモフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ボリス・グロモフ」の記事については、「ボリス・グロモフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/23 00:53 UTC 版)

ユーリー・エハヌロフ」の記事における「パーソナル」の解説

ヤクート自治ソビエト社会主義共和国ヤクーチア)ウチュル地区ベリカチ出身ブリヤート人キエフ建設技術専門学校1967年)、キエフ人民経済大学1973年)、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国ゴスプラン経済科学研究所大学院1983年)を卒業。 名誉記章勲章ウクライナ・ソビエト社会主義共和国最高会議幹部会賞、ウクライナ閣僚会議名誉賞受賞先代: ユーリヤ・ティモシェンコ ウクライナの首相 2005年 - 2006年 次代: ヴィクトル・ヤヌコーヴィチ

※この「パーソナル」の解説は、「ユーリー・エハヌロフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ユーリー・エハヌロフ」の記事については、「ユーリー・エハヌロフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 07:11 UTC 版)

ドミトリー・マヌイリスキー」の記事における「パーソナル」の解説

ウクライナ・ソビエト社会主義共和国科学アカデミー会員レーニン勲章3個、赤星勲章受章

※この「パーソナル」の解説は、「ドミトリー・マヌイリスキー」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ドミトリー・マヌイリスキー」の記事については、「ドミトリー・マヌイリスキー」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 00:24 UTC 版)

ダニエル・オルテガ」の記事における「パーソナル」の解説

将官階級革命司令官名誉称号有する内戦中は眼鏡をかけていた。 1980年9月- サンディニスタ人民革命監督国家委員会委員1981年-1985年 国家再建政府指導者会議調整官。 1985年-1991年 サンディニスタ民族解放戦線国家指導執行委員会調整官。 1991年- サンディニスタ民族解放戦線書記長

※この「パーソナル」の解説は、「ダニエル・オルテガ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ダニエル・オルテガ」の記事については、「ダニエル・オルテガ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/17 01:25 UTC 版)

ムスタファ・ジェミーレフ」の記事における「パーソナル」の解説

1998年に、国際連合難民高等弁務官事務所 (UNHCR) からナンセン難民賞受賞妻帯、3児の父親である。

※この「パーソナル」の解説は、「ムスタファ・ジェミーレフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ムスタファ・ジェミーレフ」の記事については、「ムスタファ・ジェミーレフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 06:40 UTC 版)

ジョン・ネグロポンテ」の記事における「パーソナル」の解説

ロンドン生まれ両親ギリシア系で、父親海運会社経営していた。ニコラス・ネグロポンテは弟にあたるニューヨークなどで育ち1960年イェール大学人文学部卒業後ハーバード・ロー・スクールで学ぶ。大学同期生には、後のCIA長官となるポーター・J・ゴスがいる。フランス語ギリシャ語スペイン語ベトナム語解す

※この「パーソナル」の解説は、「ジョン・ネグロポンテ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ジョン・ネグロポンテ」の記事については、「ジョン・ネグロポンテ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/29 19:34 UTC 版)

オムルベク・スヴァナリエフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯1児有する。 「アル・ナムィス」党政会議副議長キルギス共和国ボクシング連盟総裁先代: オスモナリ・グロノフ 内務相代行 2006年 - 2007年 次代: ボロトベク・ノゴイバエフ

※この「パーソナル」の解説は、「オムルベク・スヴァナリエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「オムルベク・スヴァナリエフ」の記事については、「オムルベク・スヴァナリエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/30 21:09 UTC 版)

ブレント・バリー」の記事における「パーソナル」の解説

エリンErin)との間に2人の息子クィンQuin)とケイドCade)がいる。 趣味サーフィンギター好きなミュージシャンパール・ジャムPearl Jam),ローリング・ストーンズThe Rolling Stones)等。

※この「パーソナル」の解説は、「ブレント・バリー」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ブレント・バリー」の記事については、「ブレント・バリー」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/01 05:01 UTC 版)

ランギーン・ダードファル・スパンター」の記事における「パーソナル」の解説

2006年までドイツ国籍。 ダリー語パシュトゥー語、英語、ドイツ語トルコ語を話す。 先代: アブドゥッラー・アブドゥッラー アフガニスタン・イスラム共和国外務大臣 2006年 - 2010年 次代: ザルマイ・ラスール 典拠管理 GND: 113280955 ISNI: 0000 0000 7991 1747 LCCN: n94008343 VIAF: 37588573 WorldCat Identities: lccn-n94008343 この項目は、政治家に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:政治学/PJ政治)。

※この「パーソナル」の解説は、「ランギーン・ダードファル・スパンター」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ランギーン・ダードファル・スパンター」の記事については、「ランギーン・ダードファル・スパンター」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/03/20 19:57 UTC 版)

バウルツァン・ムハメドツァノフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯、2女を有する第1回カザフスタン・ゴルフ愛好会競技会銅賞。 「パラサート」勲章、「三等バルス勲章メダル2個、名誉賞状を受章先代: ザウトベク・トゥリスベコフ 内務相 2005年 - 2009年 次代: セリク・バイマガンベトフ

※この「パーソナル」の解説は、「バウルツァン・ムハメドツァノフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「バウルツァン・ムハメドツァノフ」の記事については、「バウルツァン・ムハメドツァノフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/05 20:28 UTC 版)

ウェルカム・トゥ・ザ・ブラック・パレード」の記事における「パーソナル」の解説

ジェラルド・ウェイボーカル マイキー・ウェイベース フランク・アイイアロエレキギター レイ・トロエレキギター ボブ・ブライヤー – ドラムス この項目は、楽曲関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:音楽/PJ 楽曲)。

※この「パーソナル」の解説は、「ウェルカム・トゥ・ザ・ブラック・パレード」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ウェルカム・トゥ・ザ・ブラック・パレード」の記事については、「ウェルカム・トゥ・ザ・ブラック・パレード」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/08 03:58 UTC 版)

オヴェズゲリドゥイ・アタエフ」の記事における「パーソナル」の解説

「ビタラプルイク」勲章、「ガイラート」メダル受賞している。

※この「パーソナル」の解説は、「オヴェズゲリドゥイ・アタエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「オヴェズゲリドゥイ・アタエフ」の記事については、「オヴェズゲリドゥイ・アタエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/11 19:59 UTC 版)

グリゴリー・シュテルン」の記事における「パーソナル」の解説

ソ連邦英雄1939年8月29日)。レーニン勲章2個、赤旗勲章3個、赤星勲章、「労農赤軍20周年メダル受章

※この「パーソナル」の解説は、「グリゴリー・シュテルン」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「グリゴリー・シュテルン」の記事については、「グリゴリー・シュテルン」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/12 16:49 UTC 版)

ヴラド・ブチュコフスキ」の記事における「パーソナル」の解説

スコピエ出身1986年スコピエ大学法学部卒業、1991年修士号1998年に「ローマ現代債務法」のテーマ博士号取得。 英語を話せる

※この「パーソナル」の解説は、「ヴラド・ブチュコフスキ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ヴラド・ブチュコフスキ」の記事については、「ヴラド・ブチュコフスキ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 07:39 UTC 版)

ポーター・J・ゴス」の記事における「パーソナル」の解説

スペイン語フランス語解する妻帯。4人の子供と11人の孫を有する

※この「パーソナル」の解説は、「ポーター・J・ゴス」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ポーター・J・ゴス」の記事については、「ポーター・J・ゴス」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 14:07 UTC 版)

カワイ・レナード」の記事における「パーソナル」の解説

従兄弟に、NFLサンディエゴ・チャージャーズワイドレシーバーのスティービー・ジョンソンがいる。 2008年1月18日、父のマーク自身の経営するカリフォルニア州コンプトン洗車場射殺され犯人判っていない。 食生活では、ファストフード好まず鶏肉野菜を主に採っており、水の種類にも気を使う語っている。 2018年ニューバランス複数年契約で合意した。

※この「パーソナル」の解説は、「カワイ・レナード」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「カワイ・レナード」の記事については、「カワイ・レナード」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 16:34 UTC 版)

アスラン・ブジャニヤ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯2児有する

※この「パーソナル」の解説は、「アスラン・ブジャニヤ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アスラン・ブジャニヤ」の記事については、「アスラン・ブジャニヤ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 21:39 UTC 版)

ヴァレリヤン・クイビシェフ」の記事における「パーソナル」の解説

彼は熱心な音楽家であり詩人であったクイビシェフ二度結婚したが、子供はいなかった。 エウゲニヤ・コーガン(ロシア語: Евгения Соломоновна Коган、1886年 - 1937年) - 1907年からロシア社会民主労働党員。1918年サマラ委員会書記1930年1936年、党モスクワ市委員会書記1937年逮捕され自白拒否したが、銃殺死後名誉回復。 パーナ・スチャシキナヤ(ロシア語: Пана Афанасьевна Стяжкиная、1890年 - 1962年) - 1908年からロシア社会民主労働党員。通商代表部党中央委員会事務局働きリヒャルト・ゾルゲ暗号手務めた

※この「パーソナル」の解説は、「ヴァレリヤン・クイビシェフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ヴァレリヤン・クイビシェフ」の記事については、「ヴァレリヤン・クイビシェフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 15:13 UTC 版)

ムヒッディーン・カビリ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯、5男1女を有する政治科準博士アラビア語ペルシャ語を話す。分析センターディアローグ」の設立者趣味は、サッカーテニス歴史書読書

※この「パーソナル」の解説は、「ムヒッディーン・カビリ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ムヒッディーン・カビリ」の記事については、「ムヒッディーン・カビリ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/11 01:42 UTC 版)

アレクサンドル・セルゲーエヴィチ・ヤコヴレフ」の記事における「パーソナル」の解説

ヤコヴレフは、その経歴のなかで数多く勲章栄典受賞したソ連最高会議代議員 (1946年-1989年) レーニン賞 (1972) スターリン賞/国家賞(1941年42年43年46年47年48年77年Gold Aviation medal of FAI レーニン勲章10個) 十月革命勲章 赤旗勲章(2個) スヴォーロフ勲章一等及び二等一等祖国戦争勲章(2個) 労働赤旗勲章 赤星勲章 フランス・レジオンドヌール勲章 Officer's Cross

※この「パーソナル」の解説は、「アレクサンドル・セルゲーエヴィチ・ヤコヴレフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アレクサンドル・セルゲーエヴィチ・ヤコヴレフ」の記事については、「アレクサンドル・セルゲーエヴィチ・ヤコヴレフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/11 02:01 UTC 版)

エフゲニー・ピトヴラノフ」の記事における「パーソナル」の解説

名誉国家保安職員

※この「パーソナル」の解説は、「エフゲニー・ピトヴラノフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「エフゲニー・ピトヴラノフ」の記事については、「エフゲニー・ピトヴラノフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/13 14:17 UTC 版)

バディ・ライス」の記事における「パーソナル」の解説

ライスクラシックカー収集レストア趣味である。妻のマーゴットとの時間大切にし、第1子ミナ2008年4月9日誕生した。現在はロレックス・スポーツカーシリーズ参戦する2010年グレン6時間で初の表彰台上った。そのレースでは左のシューズ脱げたままで完走した

※この「パーソナル」の解説は、「バディ・ライス」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「バディ・ライス」の記事については、「バディ・ライス」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/24 10:06 UTC 版)

パーヴェル・ルイバルコ」の記事における「パーソナル」の解説

ソ連邦英雄1943年1945年)。レーニン勲章2個、赤旗勲章3個、一等スヴォーロフ勲章3個、一等クトゥーゾフ勲章一等ボグダン・フメリニツキー勲章受章。 ルイバルコの名前はモスクワキエフ等の市の通りに付けられた。 典拠管理 GND: 1171350295 NKC: xx0057448 VIAF: 85671558 WorldCat Identities: viaf-85671558

※この「パーソナル」の解説は、「パーヴェル・ルイバルコ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「パーヴェル・ルイバルコ」の記事については、「パーヴェル・ルイバルコ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/18 15:19 UTC 版)

モルドムサ・コンガンチエフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯。娘は、ジョゴルク・ケネシュ代議員アラプバイ・トロノフ息子嫁いだ兄のカムバラルィ・コンガンチエフは、キルギス共和国検事総長。 「ビリム・ベルー・オトリチニギ」(キルギス共和国教育優秀者胸章受章先代: ボロトベク・ノゴイバエフ 内務相 2008年 - 2010年 次代: ボロトベク・シェルニヤゾフ 典拠管理 GND: 1251764525 LCCN: no2013102103 VIAF: 305283713 WorldCat Identities: lccn-no2013102103 ^ ОСМОНАЛИЕВА, Бактыгуль (2022年2月12日). “Скончался экс-глава МВД Молдомуса Конгантиев” (ロシア語). 24.kg. 2022年3月18日閲覧

※この「パーソナル」の解説は、「モルドムサ・コンガンチエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「モルドムサ・コンガンチエフ」の記事については、「モルドムサ・コンガンチエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/06 09:26 UTC 版)

フェイス・ダンシズ」の記事における「パーソナル」の解説

アルバム記載のクレジット準拠ザ・フー ロジャー・ダルトリー - リードボーカル ジョン・エントウィッスル - ベースバッキングボーカルリードボーカル(「クワイエット・ワン」) ケニー・ジョーンズ - ドラムス ピート・タウンゼント - ギターキーボードバッキングボーカルリードボーカル(「アイ・ライク・ナイトメアーズ」、「サムバディー・セイヴド・ミー」、「ハウ・キャン・ユー・ドゥ・イット・アローン(ライヴ)」) 参加ミュージシャン ジョン・ラビット・バンドリック - キーボード スタッフ ビル・シムジク - プロデューサーエンジニア アラン・ブラジェク - エンジニア ジミー・パターソン、テリ・リード - アシスタント・エンジニア テッド・ジェンセン - マスタリング ピーター・ブレイク - デザイン・コンセプト リチャード・エヴァンス - グラフィック ジャケット作画 ビル・ジャクリン、トム・フィリップス、コリン・セルフ、リチャード・ハミルトンピート・タウンゼント) マイケル・アンドリューズ、アレン・ジョーンズ、デイヴィッド・インショー、デイヴィッド・ホックニーロジャー・ダルトリークライヴ・バーカーR・B・キタイ、ハワード・ホジキン、パトリック・カウルフィールド(ジョン・エントウィッスルピーター・ブレイク、ジョー・ティルソン、パトリック・プロックター、デイヴィッド・ティンドル(ケニー・ジョーンズ

※この「パーソナル」の解説は、「フェイス・ダンシズ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「フェイス・ダンシズ」の記事については、「フェイス・ダンシズ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 16:49 UTC 版)

アブサマト・マサリエフ」の記事における「パーソナル」の解説

十月革命勲章労働赤旗勲章2度)等を受賞妻帯、2男2女、6人の孫を有する長男イスハークは、議会代議員で、2004年12月からキルギスタン共産党中央執行委員会第一副議長著書に、「人生ページ貧し我が祖国」(1993年)がある。 先代: トゥルダクン・ウスバリエフ キルギス共産党第一書記 1985年 - 1991年 次代: ジュムガルベク・アマンバエフ

※この「パーソナル」の解説は、「アブサマト・マサリエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アブサマト・マサリエフ」の記事については、「アブサマト・マサリエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/21 08:38 UTC 版)

許恵祐」の記事における「パーソナル」の解説

東華大学大陸研究所兼任副教授淡江大学大陸研究所兼任副教授文化大学大陸研究所兼任副教授文化大学大陸研究所兼任副教授ドイツ語を話す。

※この「パーソナル」の解説は、「許恵祐」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「許恵祐」の記事については、「許恵祐」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/12 03:26 UTC 版)

ニコライ・ミフネヴィッチ」の記事における「パーソナル」の解説

青年時代絵画熱中し芸術アカデミー銀メダル受賞した戦略家としても著名で、「戦略」(Стратегия)(1899年1901年)等の著作がある。

※この「パーソナル」の解説は、「ニコライ・ミフネヴィッチ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ニコライ・ミフネヴィッチ」の記事については、「ニコライ・ミフネヴィッチ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/12 05:36 UTC 版)

スキン・ダイアモンド」の記事における「パーソナル」の解説

へそに2ヵ所、右の鼻孔に1ヵ所ピアス開けている。片側剃毛した独特のヘアスタイル有名であるため、雑誌COSMOPOLITANの「Beauty Showdown」のコラム紹介された。ポルノ映画界デビューした当時は、髪をピンク色に染めていた。バイセクシュアルである。

※この「パーソナル」の解説は、「スキン・ダイアモンド」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「スキン・ダイアモンド」の記事については、「スキン・ダイアモンド」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/13 09:02 UTC 版)

テレンチー・シュトィコフ」の記事における「パーソナル」の解説

レーニン勲章3個、赤旗勲章一等スヴォーロフ勲章一等クトゥーゾフ勲章3個を受章典拠管理 ISNI: 0000 0000 2520 2881 LCCN: n85178681 VIAF: 53128139 WorldCat Identities: lccn-n85178681

※この「パーソナル」の解説は、「テレンチー・シュトィコフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「テレンチー・シュトィコフ」の記事については、「テレンチー・シュトィコフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/14 14:02 UTC 版)

ウラジーミル・ヴェルナツキー」の記事における「パーソナル」の解説

ヴェルナツキー息子ゲオルギー・ヴェルナツキー(George Vernadsky)はアメリカ合衆国亡命し中世ロシアの歴史中世ウクライナの歴史現代ロシア史などの本をいくつも出版した

※この「パーソナル」の解説は、「ウラジーミル・ヴェルナツキー」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ウラジーミル・ヴェルナツキー」の記事については、「ウラジーミル・ヴェルナツキー」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/18 05:20 UTC 版)

サート・トクパクバエフ」の記事における「パーソナル」の解説

三等「バルィス」勲章、「ダンク勲章ソ連メダル6個、ロシアの「武勲に対するメダル受章。 1男1女と2人の孫を有する中国語と英語を話す。 先代: ブラート・バエケノフ 国家保安委員会議長 1993年 - 1995年 次代: ジェニスベク・ジュマンベコフru:Джуманбеков, Дженисбек Мухамедкаримович 先代: バヒトジャン・エルタエフru:Ертаев, Бахытжан Ертаевич 国防相 1999年 - 2001年 次代: ムフタル・アルティンバエフ この項目は、政治家に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:政治学/PJ政治)。

※この「パーソナル」の解説は、「サート・トクパクバエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「サート・トクパクバエフ」の記事については、「サート・トクパクバエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/14 20:17 UTC 版)

ザハバ・ガル=オン」の記事における「パーソナル」の解説

ペタク・チクヴァ2人の子とともに暮らしている。

※この「パーソナル」の解説は、「ザハバ・ガル=オン」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ザハバ・ガル=オン」の記事については、「ザハバ・ガル=オン」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/11 03:55 UTC 版)

エフゲニー・ムロフ」の記事における「パーソナル」の解説

モスクワ州ズヴェニゴロド出身妻帯1児有する

※この「パーソナル」の解説は、「エフゲニー・ムロフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「エフゲニー・ムロフ」の記事については、「エフゲニー・ムロフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/16 04:52 UTC 版)

ジョナサン・グリーナート」の記事における「パーソナル」の解説

既婚ダーリーン夫人)。ダーリーン夫人との間に3人の子供をもうけており、このうち息子ジョンJon Greenert)は海軍犯罪捜査局NCIS)に現役の特別捜査官として勤務している。ジョンは、グリーナートが海軍作戦部長指名された際に空母ジョージ・ワシントン付の捜査官として艦上勤務に就いていた中、インタビューに応じている。 また、ピッツバーグ近郊出身者らしく、アメリカン・フットボールプロリーグNFL加盟するピッツバーグ・スティーラーズファンであるという。

※この「パーソナル」の解説は、「ジョナサン・グリーナート」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ジョナサン・グリーナート」の記事については、「ジョナサン・グリーナート」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/09 09:36 UTC 版)

ワシーリー・グラズノフ」の記事における「パーソナル」の解説

ソ連邦英雄2度)。レーニン勲章3個、赤旗勲章3個、二等スヴォーロフ勲章二等クトゥーゾフ勲章赤星勲章受章ペンザ州コルイシュレイ町には、彼の胸像建てられた。

※この「パーソナル」の解説は、「ワシーリー・グラズノフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ワシーリー・グラズノフ」の記事については、「ワシーリー・グラズノフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/22 04:42 UTC 版)

ウラジーミル・ゴヴォロフ」の記事における「パーソナル」の解説

ソ連邦英雄レーニン勲章2個、赤旗勲章2個、一等祖国戦争勲章二等祖国戦争勲章2個、二等ソ連軍における祖国へ奉仕に対する勲章2個、三等ソ連軍における祖国へ奉仕に対する勲章友好勲章外国勲章5個、メダル27個を受賞。 父のレオニードは、ソ連邦元帥ソ連邦英雄。弟のセルゲイは、退役大佐息子レオニードは、予備役大佐で、レーニン・コムソモール賞の受賞者

※この「パーソナル」の解説は、「ウラジーミル・ゴヴォロフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ウラジーミル・ゴヴォロフ」の記事については、「ウラジーミル・ゴヴォロフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/14 09:44 UTC 版)

ワリ・ハーン」の記事における「パーソナル」の解説

ザーヒル・シャー国王娘婿。 この項目は、政治家に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:政治学/PJ政治)。

※この「パーソナル」の解説は、「ワリ・ハーン」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ワリ・ハーン」の記事については、「ワリ・ハーン」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/24 09:01 UTC 版)

フェリックス・グロモフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯、1男1女をもうけた

※この「パーソナル」の解説は、「フェリックス・グロモフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「フェリックス・グロモフ」の記事については、「フェリックス・グロモフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/18 03:41 UTC 版)

ジュマベク・アサンクロフ」の記事における「パーソナル」の解説

F.E.ジェルジンスキー名称ソ連KGB赤旗学校卒業法学者赤旗勲章2個、労働赤旗勲章受章

※この「パーソナル」の解説は、「ジュマベク・アサンクロフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ジュマベク・アサンクロフ」の記事については、「ジュマベク・アサンクロフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/14 17:02 UTC 版)

ゾーヤ・ヴォスクレセンスカヤ」の記事における「パーソナル」の解説

レーニン勲章十月革命勲章労働赤旗勲章一等祖国戦争勲章赤星勲章2個、「NKVD功労職員称号授与された。 退役後は青少年向けの作家となり、1968年ソ連国家賞1980年にレーニン・コムソモール賞を受賞

※この「パーソナル」の解説は、「ゾーヤ・ヴォスクレセンスカヤ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ゾーヤ・ヴォスクレセンスカヤ」の記事については、「ゾーヤ・ヴォスクレセンスカヤ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/17 23:43 UTC 版)

コンスタンチン・プリコフスキー」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯息子アレクセイ連邦軍将校で、1995年チェチェン戦死四等祖国に対する貢献に対する勲章受章

※この「パーソナル」の解説は、「コンスタンチン・プリコフスキー」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「コンスタンチン・プリコフスキー」の記事については、「コンスタンチン・プリコフスキー」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/01 05:37 UTC 版)

アサドゥッラー・サルワリ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯、3児を有する。 この項目は、政治家に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:政治学/PJ政治)。

※この「パーソナル」の解説は、「アサドゥッラー・サルワリ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アサドゥッラー・サルワリ」の記事については、「アサドゥッラー・サルワリ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/18 04:04 UTC 版)

ソロモン・ミホエルス」の記事における「パーソナル」の解説

弟のミロン・ヴォーフシ(ロシア語: Мирон Семенович Вовси、1897年 - 1960年)は、医師で、クレムリン病院働き赤軍主任内科医ソ連医学アカデミー会員等務めた1953年1月医師団陰謀事件逮捕されたが、同年4月釈放された。娘の夫は作曲家ミェチスワフ・ヴァインベルクである。

※この「パーソナル」の解説は、「ソロモン・ミホエルス」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ソロモン・ミホエルス」の記事については、「ソロモン・ミホエルス」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/03 06:42 UTC 版)

ハムロホン・ザリフィ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯2児有する二等シャラフ勲章受章ソ連時代、「ソ連国境警備における優秀さに対するメダル三等武勲に対するメダル受章

※この「パーソナル」の解説は、「ハムロホン・ザリフィ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ハムロホン・ザリフィ」の記事については、「ハムロホン・ザリフィ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 10:17 UTC 版)

アレクサンドル・エゴロフ」の記事における「パーソナル」の解説

赤旗勲章2個、赤旗勲章付き名誉革命武器グルジア赤旗勲章アゼルバイジャン赤旗勲章受章先代: ボリス・シャポシニコフ 赤軍参謀総長 1931年 - 1937年 次代: ボリス・シャポシニコフ

※この「パーソナル」の解説は、「アレクサンドル・エゴロフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アレクサンドル・エゴロフ」の記事については、「アレクサンドル・エゴロフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/20 17:11 UTC 版)

ウラジーミル・チェルナヴィン」の記事における「パーソナル」の解説

モスクワ市在住1992年1月からロシア連邦海軍潜水艦水兵連盟総裁2002年から安全保障国防・法秩序アカデミー会員教授レーニン勲章2個、十月革命勲章赤旗勲章赤星勲章受章2003年ピョートル大帝賞を授与された。

※この「パーソナル」の解説は、「ウラジーミル・チェルナヴィン」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ウラジーミル・チェルナヴィン」の記事については、「ウラジーミル・チェルナヴィン」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/20 17:54 UTC 版)

ウラジーミル・ロボフ」の記事における「パーソナル」の解説

赤旗勲章二等クトゥーゾフ勲章赤星勲章二等及び三等「軍における祖国へ奉仕に対する勲章友好勲章受章歴史科学準博士軍事科学博士教授ロシア自然科学アカデミー会員妻帯、1男1女、3人の孫を有する余暇は、読書、クラシックと民族音楽音楽鑑賞観劇散歩過ごす。 先代: ミハイル・モイセーエフ ソ連軍参謀総長 1991年8月 - 12月 次代: (ソ連崩壊

※この「パーソナル」の解説は、「ウラジーミル・ロボフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ウラジーミル・ロボフ」の記事については、「ウラジーミル・ロボフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/20 20:35 UTC 版)

ダヴィド・ドラグンスキー」の記事における「パーソナル」の解説

ソ連邦英雄2度)。レーニン勲章十月革命勲章赤旗勲章4個、2等スヴォーロフ勲章赤星勲章2個を受賞

※この「パーソナル」の解説は、「ダヴィド・ドラグンスキー」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ダヴィド・ドラグンスキー」の記事については、「ダヴィド・ドラグンスキー」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/07 07:44 UTC 版)

アンドレイ・デルカッチ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯、3女を有する三等功績に対する勲章受章ウクライナ正教会から聖ウラジーミル勲章授与財団我が未来共同議長ビジネスにも積極的に係わっており、野党武器不法取引等で彼を批判しているが、具体的な証拠提示されていない

※この「パーソナル」の解説は、「アンドレイ・デルカッチ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アンドレイ・デルカッチ」の記事については、「アンドレイ・デルカッチ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/09 09:46 UTC 版)

セリクボルスィン・アブディリディン」の記事における「パーソナル」の解説

妻のラウラは、経済科学博士教授。娘のガウハルは、医師で、医学科準博士哲学博士息子スルィムは、技師で、経済科学博士3人の孫がいる。 労働赤旗勲章、「名誉記章勲章、「バルィス」勲章、「協力国際勲章、「党勲」勲章ソ連メダル6個、カザフスタンメダル3個を受章

※この「パーソナル」の解説は、「セリクボルスィン・アブディリディン」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「セリクボルスィン・アブディリディン」の記事については、「セリクボルスィン・アブディリディン」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/13 06:37 UTC 版)

サン・トロペ (ピンク・フロイドの曲)」の記事における「パーソナル」の解説

ロジャー・ウォーターズ - Guitar, Bass and Vocals, Lyric, Music デヴィッド・ギルモア - Guitar リック・ライト - Piano ニック・メイスン - Drums and Percussion 表 話 編 歴 ピンク・フロイド シド・バレット | デヴィッド・ギルモア | ニック・メイスン | ロジャー・ウォーターズ | リチャード・ライト スタジオ・アルバム夜明けの口笛吹き | 神秘 | ウマグマ | 原子心母 | おせっかい | 狂気 | 炎〜あなたがここにいてほしい | アニマルズ | ザ・ウォール | ファイナル・カット | 鬱 | 対 | 永遠 サウンドトラックモア | 雲の影 ライヴ・アルバムウマグマ | 光〜PERFECT LIVE! | P.U.L.S.E | ザ・ウォール・ライヴ:アールズ・コート1980-1981 コンピレーション・アルバムピンク・フロイドの道 | ナイス・ペア | 時空の舞踏 | ワークス〜ピンク・フロイドの遺産 | エコーズ〜啓示 | 〜閃光〜 ベスト・オブ・ピンク・フロイド | 百花繚乱 〜ベスト・オブ・ピンク・フロイド〜 ボックス・セットシャイン・オン | スタジオ・ワークス | 14アルバム・ボックス 映像作品ロンドン66-67 | 驚異 主な楽曲アーノルド・レーン | シー・エミリー・プレイ | 神秘 | 原子心母 | 吹けよ風、呼べよ嵐 | ピロウ・オブ・ウインズ | フィアレス | サン・トロペ | シーマスのブルース | エコーズ | マネー | クレイジー・ダイアモンド | アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール | グッバイ・ブルー・スカイ | コンフォタブリー・ナム | ザ・トライアル | 幻の映画ライヴ・アット・ポンペイ | ザ・ウォール 関連バンドニック・メイスンズ・ソーサーフル・オブ・シークレッツ 関連人物ノーマン・スミス | ロン・ギーシン | アラン・パーソンズ | ボブ・エズリン | クリス・トーマス | スノウィー・ホワイト | ケイト・ブッシュ | ヒプノシス レコード会社ハーヴェスト・レコード | EMI | コロムビア・レコード | ソニー・ミュージック 典拠管理 MBW: f0895571-4f48-3899-80f4-fbb6b1745278 この項目は、楽曲関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:音楽/PJ 楽曲)。

※この「パーソナル」の解説は、「サン・トロペ (ピンク・フロイドの曲)」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「サン・トロペ (ピンク・フロイドの曲)」の記事については、「サン・トロペ (ピンク・フロイドの曲)」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/17 13:27 UTC 版)

ウラジーミル・ノロフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯、3児を有する法学科準博士

※この「パーソナル」の解説は、「ウラジーミル・ノロフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ウラジーミル・ノロフ」の記事については、「ウラジーミル・ノロフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/16 03:09 UTC 版)

イヴァン・ヴィナロフ」の記事における「パーソナル」の解説

ブルガリア人民共和国社会主義労働英雄1964年)。

※この「パーソナル」の解説は、「イヴァン・ヴィナロフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「イヴァン・ヴィナロフ」の記事については、「イヴァン・ヴィナロフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/23 05:30 UTC 版)

ユーヌス・カーヌーニー」の記事における「パーソナル」の解説

ダリー語パシュトゥー語ウズベク語アラビア語を話す。

※この「パーソナル」の解説は、「ユーヌス・カーヌーニー」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ユーヌス・カーヌーニー」の記事については、「ユーヌス・カーヌーニー」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/25 14:20 UTC 版)

アリー・アフマド・ジャラーリー」の記事における「パーソナル」の解説

ダリー語パシュトゥー語、英語を話す。ワシントン大学政治学学士アフガン戦争に関する3冊の著作がある。

※この「パーソナル」の解説は、「アリー・アフマド・ジャラーリー」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アリー・アフマド・ジャラーリー」の記事については、「アリー・アフマド・ジャラーリー」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/22 15:51 UTC 版)

ヨゼフ・ブルシク」の記事における「パーソナル」の解説

ソ連邦英雄レーニン勲章赤星勲章受章典拠管理 FAST: 337205 GND: 1081268247 ISNI: 0000 0000 5527 8123 LCCN: n94028204 NKC: jn19981000393 NSK: 000047178 VIAF: 22552580 WorldCat Identities: lccn-n94028204

※この「パーソナル」の解説は、「ヨゼフ・ブルシク」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ヨゼフ・ブルシク」の記事については、「ヨゼフ・ブルシク」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 15:53 UTC 版)

ヴァレリー・ブィコフスキー」の記事における「パーソナル」の解説

ソ連邦英雄2度)。レーニン勲章3個、赤星勲章労働赤旗勲章受章ベトナム社会主義共和国労働英雄ブルガリア人民共和国社会主義労働英雄ドイツ民主共和国英雄カール・マルクス勲章東ドイツ)、一等グリュンワルド十字章(ポーランド)、二等インドネシア共和国勲章受章ソ連科学アカデミーのK.E.ツィオルコフスキー名称金メダル、デ・ラヴォ・メダル(FAI)、「傑出した優秀さに対する金メダルスウェーデン王航空クラブ名誉賞状を受賞カルーガルジェフロシア)、ブルガスヴァルナ(ブルガリア)、セラズ(ポーランド)の名誉市民

※この「パーソナル」の解説は、「ヴァレリー・ブィコフスキー」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ヴァレリー・ブィコフスキー」の記事については、「ヴァレリー・ブィコフスキー」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/25 15:53 UTC 版)

モハマッド・アスラム・ワタンジャル」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯、6児を有した先代: シャフナワーズ・タナイ 国防大臣 1990年 - 1992年 次代: アフマド・シャー・マスードアフガニスタン・イスラム国国防相) この項目は、政治家に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:政治学/PJ政治)。

※この「パーソナル」の解説は、「モハマッド・アスラム・ワタンジャル」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「モハマッド・アスラム・ワタンジャル」の記事については、「モハマッド・アスラム・ワタンジャル」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/26 03:08 UTC 版)

サディク・サファエフ」の記事における「パーソナル」の解説

2001年離婚

※この「パーソナル」の解説は、「サディク・サファエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「サディク・サファエフ」の記事については、「サディク・サファエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/03 07:50 UTC 版)

アブドゥル・ラティフ・ペドラム」の記事における「パーソナル」の解説

数冊詩集出版古代中世ファルシー文学専門文学者。 この項目は、政治家に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:政治学/PJ政治)。

※この「パーソナル」の解説は、「アブドゥル・ラティフ・ペドラム」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アブドゥル・ラティフ・ペドラム」の記事については、「アブドゥル・ラティフ・ペドラム」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/07 09:01 UTC 版)

ヌルルハク・オリュミ」の記事における「パーソナル」の解説

カンダハール州大土地所有者。妻ミール・ワエザは、若い頃ザーヒル・シャー国王理髪師務め、その褒美として、ウルーズガーン州土地与えられた。2女を有する。 6人兄弟、8人姉妹。弟のアブドゥルハク・オルーミーは、中将ナジーブッラー政権崩壊後も軍に勤めたが、1993年春、カブール殺害された

※この「パーソナル」の解説は、「ヌルルハク・オリュミ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ヌルルハク・オリュミ」の記事については、「ヌルルハク・オリュミ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/08 15:11 UTC 版)

アブドゥッラー・ヤフタリ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯、3男3女を有する。英語、フランス語日本語ロシア語を話す。 父のミルザ・モハンマド・ヤフタリーは、貴族で、大商人だった。1920年1922年1926年1928年、駐ソ大使務めウラジーミル・レーニンとも会見した叔母は、ハビーブッラー・ハーン国王王妃先代: ムハンマド・ハーシム・マイワンドワール アフガニスタン首相代行 1967年 次代: ヌール・アフマド・イウティマーディー この項目は、政治家に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:政治学/PJ政治)。

※この「パーソナル」の解説は、「アブドゥッラー・ヤフタリ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アブドゥッラー・ヤフタリ」の記事については、「アブドゥッラー・ヤフタリ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/08 14:53 UTC 版)

ムハンマド・ハーシム・ハーン」の記事における「パーソナル」の解説

独身

※この「パーソナル」の解説は、「ムハンマド・ハーシム・ハーン」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ムハンマド・ハーシム・ハーン」の記事については、「ムハンマド・ハーシム・ハーン」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/27 04:31 UTC 版)

アレクサンドル・アンクヴァブ」の記事における「パーソナル」の解説

スフミ出身ロストフ法律大学ソビエト連邦共産党中央委員会附属社会科学アカデミー卒業。 「アブハジア詩選集」を含むアブハジア人作家本の出版援助した。フアプ中学校建設協力

※この「パーソナル」の解説は、「アレクサンドル・アンクヴァブ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アレクサンドル・アンクヴァブ」の記事については、「アレクサンドル・アンクヴァブ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/30 14:25 UTC 版)

アレクサンドル・オルロフ」の記事における「パーソナル」の解説

レーニン勲章赤旗勲章受章。 妻はマリヤ・ロジュネツカヤ(ロシア語: Мария Владиславовна Рожнецкая、1903年 - 1971年)、娘はヴェロニカ1922年 - 1949年)。

※この「パーソナル」の解説は、「アレクサンドル・オルロフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アレクサンドル・オルロフ」の記事については、「アレクサンドル・オルロフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/03 08:01 UTC 版)

イマンガリ・タスマガンベトフ」の記事における「パーソナル」の解説

既婚者。1男2女と孫娘有する

※この「パーソナル」の解説は、「イマンガリ・タスマガンベトフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「イマンガリ・タスマガンベトフ」の記事については、「イマンガリ・タスマガンベトフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/05 07:48 UTC 版)

オジャンタ・ウマラ」の記事における「パーソナル」の解説

夫人であるナディン・エレディアとの間の3人の子どもがいる。 妻の弁によれば愛妻家」であるとのこと趣味チェス読書旅行の他、父親故郷アヤクーチョ州に伝わ民謡の鑑賞である。

※この「パーソナル」の解説は、「オジャンタ・ウマラ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「オジャンタ・ウマラ」の記事については、「オジャンタ・ウマラ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 02:25 UTC 版)

ボブ・マイヤーズ」の記事における「パーソナル」の解説

クリステンとの間に2人の娘がいる。

※この「パーソナル」の解説は、「ボブ・マイヤーズ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ボブ・マイヤーズ」の記事については、「ボブ・マイヤーズ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 18:46 UTC 版)

パヴェル・スドプラトフ」の記事における「パーソナル」の解説

レーニン勲章赤旗勲章3個、二等スヴォーロフ勲章祖国戦争勲章赤星勲章2個、「NKVD功労職員胸章受賞

※この「パーソナル」の解説は、「パヴェル・スドプラトフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「パヴェル・スドプラトフ」の記事については、「パヴェル・スドプラトフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 14:21 UTC 版)

アキル・アキロフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯、3児を有する一等イスマイル・ソモニ勲章、「名誉記章勲章、「労働優秀さに対するメダル受章。A.ルダキ賞を受賞タジキスタン功労労働者典拠管理 GND: 1151942480 VIAF: 6531151837995220520002 WorldCat IdentitiesVIAF経由): 6531151837995220520002

※この「パーソナル」の解説は、「アキル・アキロフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アキル・アキロフ」の記事については、「アキル・アキロフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/01 18:26 UTC 版)

アナトリー・キナフ」の記事における「パーソナル」の解説

モルダビアのエディネツ地区ブラトゥシャナ出身ウクライナ人妻帯再婚)。妻のマリア・ウラジミーロヴナ(1960年 -)は、ウクライナ産業企業家同盟報道官。3女を有するレニングラード第6専門職技術学校卒業1972年レニングラード造船大学入学し1978年造船技師専攻卒業した趣味は、音楽鑑賞クラシック音楽ビートルズピンク・フロイド等)、釣り水泳読書スタニスワフ・レムレイ・ブラッドベリアイザック・アシモフ等のSF小説)。 キナフは、滅多に笑うことはなく、「ボタン全部かけた男」、「ケースの中の男」等と呼ばれている。恐妻家であるとされ、ユシチェンコと共に揶揄対象となっている。

※この「パーソナル」の解説は、「アナトリー・キナフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アナトリー・キナフ」の記事については、「アナトリー・キナフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 01:14 UTC 版)

アナトーリー・セルジュコフ」の記事における「パーソナル」の解説

第8代ロシア連邦首相であったヴィクトル・ズプコフ第一副首相の娘と結婚している

※この「パーソナル」の解説は、「アナトーリー・セルジュコフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アナトーリー・セルジュコフ」の記事については、「アナトーリー・セルジュコフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/17 09:45 UTC 版)

アレクサンドル・フェクリソフ」の記事における「パーソナル」の解説

1996年ロシア連邦英雄称号授与された。その外労働赤旗勲章2個、赤星勲章2個、名誉記章勲章受章歴史科学準博士ロシア対外情報庁名誉職員1994年米英での仕事叙述した回想録海の向こう島国で」(ロシア語: За океаном и на острове)を出版

※この「パーソナル」の解説は、「アレクサンドル・フェクリソフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アレクサンドル・フェクリソフ」の記事については、「アレクサンドル・フェクリソフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 08:22 UTC 版)

バブラク・カールマル」の記事における「パーソナル」の解説

パシュトゥーン人ギルザイ部族連合モッラヘル部族出身。父はパクティヤー州知事で、少将。母はタジク人カールマル働き者)の名前は1957年受け入れた

※この「パーソナル」の解説は、「バブラク・カールマル」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「バブラク・カールマル」の記事については、「バブラク・カールマル」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/03/14 12:56 UTC 版)

マフマドナザル・サリホフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯、7児を有する兄のタゴイナザルは、関税機関働いていたが、親戚殺害した容疑逮捕された。 タジキスタン共和国功労法学者先代: フムディン・シャリポフ 内務相 2006年 - 2009年 次代: ?

※この「パーソナル」の解説は、「マフマドナザル・サリホフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「マフマドナザル・サリホフ」の記事については、「マフマドナザル・サリホフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 01:51 UTC 版)

スヴェトザル・マロヴィッチ」の記事における「パーソナル」の解説

モンテネグロコトル出身チトーグラード(現ポドゴリツァ)の大学法学部卒業妻帯2児有する典拠管理 DTBIO: 124611680 GND: 124611680 ISNI: 0000 0000 1903 6645 VIAF: 40316520 WorldCat Identities: viaf-40316520

※この「パーソナル」の解説は、「スヴェトザル・マロヴィッチ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「スヴェトザル・マロヴィッチ」の記事については、「スヴェトザル・マロヴィッチ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 07:57 UTC 版)

アパス・ジュマグロフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯1児有する地質・鉱物準博士労働赤旗勲章2個、名誉記章勲章キルギス科学・技術国家賞を受賞。 表 話 編 歴 キルギス共和国首相 ナシルディン・イサノフ1991.1-1991.11 アンドレイ・ヨルダン代行)1991.11-1992.2 トゥルシンベク・チンギシェフ1992.2-1993.12 アパス・ジュマグロフ1993.12-1998.3 クバヌイチベク・ジュマリエフ1998.3-1998.12 ボリス・シラーエフ代行)1998.12 ジュマベク・イブライモフ1998.12-1999.4 ボリス・シラーエフ代行)1999.4 アマンゲリドゥイ・ムラリエフ1999.4-2000.12 クルマンベク・バキエフ2000.12-2002.5 ニコライ・タナーエフ2002.5-2005.3 イシェンバイ・カドイルベコフ代行)2005.3 クルマンベク・バキエフ2005.3-2005.9 フェリックス・クロフ2005.9-2006.12 アジム・イサベコフ2007.1-2007.3 アルマズベク・アタンバエフ2007.3-2007.11 イスカンデルベク・アイダラリエフ代行)2007.11-2007.12 イーゴリ・チュディノフ2007.12-2009.10 ダニヤル・ウセノフ2009.10-2010.4 アルマズベク・アタンバエフ2010.12-2011.12 オムルベク・ババノフ2011.12-2012.9 アーリ・カラシェフ(代行)2012.9 ジャントロ・サティバルディエフ2012.9-2014.3 ジョオマルト・オトルバエフ2014.3-2015.4 テミール・サリエフ2015.4-2016.4 ソーロンバイ・ジェーンベコフ2016.4-2017.8 ムハンメトカルイ・アブルガジエフ(代行)2017.8 サパル・イサコフ2017.8-2018.4 ムハンメトカルイ・アブルガジエフ2018.4-2020.6 クバトベク・ボロノフ2020.6-2020.10 アルマズベク・バトゥルベコフ(代行)2020.10 サディル・ジャパロフ2020.10-2020.11 アルテム・ノビコフ(代行)2020.11-2021.2 ウルクベック・マリポフ2021.2-2021.10 アキルベク・ジャパロフ代行)2021.10- 典拠管理 FAST: 1645436 LCCN: no2006058861 VIAF: 73607762 WorldCat Identities: lccn-no2006058861

※この「パーソナル」の解説は、「アパス・ジュマグロフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「アパス・ジュマグロフ」の記事については、「アパス・ジュマグロフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/20 00:14 UTC 版)

カディル・グリャモフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯2児有する物理・数学科学博士教授ウズベキスタン科学アカデミー準会員イスラム科学アカデミー会員高エネルギー物理学核物理学に関する250以上の論文著作ビルニ名称ウズベキスタン国家賞を受賞。「独立記念メダル二等「ション・シャラフ」勲章受章先代: ? 国防相 2000年 - 2005年 次代: ルスラン・ミルザエフ この項目は、ヨーロッパ政治家に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:人物伝/P:政治学/P:ヨーロッパ/PJ 政治/PJ ヨーロッパ)。 この項目は、ウズベキスタン関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(Portal:アジア / プロジェクト:アジア)。

※この「パーソナル」の解説は、「カディル・グリャモフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「カディル・グリャモフ」の記事については、「カディル・グリャモフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/20 00:44 UTC 版)

ワシーリー・ヴォリスキー」の記事における「パーソナル」の解説

レーニン勲章2個、赤旗勲章2個、一等スヴォーロフ勲章二等スヴォーロフ勲章受章。 この項目は、軍事上人物関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(プロジェクト:軍事プロジェクト:軍事史Portal:軍事)。

※この「パーソナル」の解説は、「ワシーリー・ヴォリスキー」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ワシーリー・ヴォリスキー」の記事については、「ワシーリー・ヴォリスキー」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/20 00:52 UTC 版)

ヴィターリー・リー」の記事における「パーソナル」の解説

ロシア北朝鮮友好文化協力協会副会長1992年から朝鮮解放1950年1953年国際戦争に従軍した戦争労働ベテラン戦傷者年金生活者委員会議長

※この「パーソナル」の解説は、「ヴィターリー・リー」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ヴィターリー・リー」の記事については、「ヴィターリー・リー」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/20 00:29 UTC 版)

ニコライ・ロゴシュキン」の記事における「パーソナル」の解説

タンボフ州出身。 この項目は、ヨーロッパ政治家に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:人物伝/P:政治学/P:ヨーロッパ/PJ 政治/PJ ヨーロッパ)。 この項目は、軍事上人物関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(プロジェクト:軍事プロジェクト:軍事史Portal:軍事)。

※この「パーソナル」の解説は、「ニコライ・ロゴシュキン」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ニコライ・ロゴシュキン」の記事については、「ニコライ・ロゴシュキン」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/02 09:35 UTC 版)

カハル・マフカモフ」の記事における「パーソナル」の解説

レニナバード出身妻帯、2男1女を有するレニングラード鉱業大学卒業1953年)。 労働赤旗勲章4度受章タジキスタン功労技師

※この「パーソナル」の解説は、「カハル・マフカモフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「カハル・マフカモフ」の記事については、「カハル・マフカモフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 00:44 UTC 版)

ウラジーミル・エゴロフ」の記事における「パーソナル」の解説

赤旗勲章名誉勲章メダル15個を受章先代: ゲンナジー・ラヴィツキー ベラルーシ国家保安委員会議長 1994年 - 1995年 次代: ウラジーミル・マツケヴィッチ

※この「パーソナル」の解説は、「ウラジーミル・エゴロフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ウラジーミル・エゴロフ」の記事については、「ウラジーミル・エゴロフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/03 00:45 UTC 版)

サビル・カマロフ」の記事における「パーソナル」の解説

レーニン勲章3個、労働赤旗勲章2個、赤星勲章、名誉記章勲章3個受賞先代: ヌリトディン・ムヒトディノフ ウズベキスタン共産党第一書記 1957年 - 1959年 次代: シャラフ・ラシドフ 表 話 編 歴 ウズベキスタンの首相 ウズベク・ソビエト社会主義共和国人民委員会議議長ファイズッラ・ホジャエフ1925-1937 / アブドゥッラー・カリモフ1937 / スルタン・セギズバエフ1937-1938 / アブドゥジャバル・アブドゥラフマノフ1938-1946 ウズベク・ソビエト社会主義共和国閣僚会議議長アブドゥジャバル・アブドゥラフマノフ1946-1950 / アブドゥラザク・マフリャノフ1950-1951 / ヌリトディン・ムヒトディノフ1951-1953 / ウスマン・ユスポフ1953-1954 / ヌリトディン・ムヒトディノフ1954-1955 / サビル・カマロフ1955-1957 / マンスル・ミルザフメドフ1957-1959 / アリフ・アリモフ1959-1961 / ラフマンクル・クルバノフ1961-1971 / ナルマハンマディ・フダイベルディエフ1971-1984 / ガイラト・カディロフ1984-1989 / ミラフマト・ミルカシモフ1989-1990 / シュクルッラ・ミルサイドフ1990 ウズベキスタン共和国首相アブドゥルハシム・ムタロフ1992-1995 / ウトキル・スルタノフ1995-2003 / シャヴカト・ミルズィヤエフ2003-2016 / アブドゥッラー・アリポフ(英語版2016-現在 この項目は、ウズベキスタン関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(Portal:アジア / プロジェクト:アジア)。 典拠管理 SUDOC: 137928556 VIAF: 212135978 WorldCat Identities: viaf-212135978

※この「パーソナル」の解説は、「サビル・カマロフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「サビル・カマロフ」の記事については、「サビル・カマロフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/20 22:42 UTC 版)

キモン・ゲオルギエフ」の記事における「パーソナル」の解説

ブルガリア人民共和国社会主義労働英雄2度)。 公職先代:(ブルガリア王国ブルガリア人民共和国閣僚評議会議長初代1946 次代ゲオルギ・ディミトロフ 先代:ニコラ・ムシャノフ(英語版コンスタンティン・ムラヴィエフ ブルガリア王国閣僚評議会議長35代:1934 - 193543代:1944 - 1946 次代ペンチョ・ズラテフブルガリア人民共和国典拠管理 BNF: cb16501756n (データ) FAST: 1457349 GND: 131614274 ISNI: 0000 0001 1872 235X LCCN: n83058124 NKC: js2006349921 NLG: 152589 PLWABN: 9810629935005606 SUDOC: 124123163 VIAF: 302889215 WorldCat Identities: lccn-n83058124

※この「パーソナル」の解説は、「キモン・ゲオルギエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「キモン・ゲオルギエフ」の記事については、「キモン・ゲオルギエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/02 15:21 UTC 版)

ザマンベック・ヌルカディロフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯再婚)。初婚からは1男1女、再婚(妻マクパル・ジュヌソワ(カザフ語版)は歌手)からは1女を儲ける。 姉のパナルグル(1940年 -)は、燃料エネルギー複合体「ベールクト」総裁で、2004年、マジリス(議会)に出馬した落選

※この「パーソナル」の解説は、「ザマンベック・ヌルカディロフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ザマンベック・ヌルカディロフ」の記事については、「ザマンベック・ヌルカディロフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/03/15 00:30 UTC 版)

フムディン・シャリポフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯、9児を有する先代: ? 内務相 1996年 - 2006年 次代: マフマドナザル・サリホフ

※この「パーソナル」の解説は、「フムディン・シャリポフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「フムディン・シャリポフ」の記事については、「フムディン・シャリポフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 21:10 UTC 版)

ウトキル・スルタノフ」の記事における「パーソナル」の解説

タシュケント出身電気技師専攻トムスク工業大学卒業。 「メフナト・シュフラチ」(労働誉れ勲章ウズベキスタン共和国功労技師称号有する妻帯、1女、1人の孫を有する先代: アブドゥルハシム・ムタロフ ウズベキスタン首相 1995年 - 2003年 次代: シャヴカト・ミルズィヤエフ 表 話 編 歴 ウズベキスタンの首相 ウズベク・ソビエト社会主義共和国人民委員会議議長ファイズッラ・ホジャエフ1925-1937 / アブドゥッラー・カリモフ1937 / スルタン・セギズバエフ1937-1938 / アブドゥジャバル・アブドゥラフマノフ1938-1946 ウズベク・ソビエト社会主義共和国閣僚会議議長アブドゥジャバル・アブドゥラフマノフ1946-1950 / アブドゥラザク・マフリャノフ1950-1951 / ヌリトディン・ムヒトディノフ1951-1953 / ウスマン・ユスポフ1953-1954 / ヌリトディン・ムヒトディノフ1954-1955 / サビル・カマロフ1955-1957 / マンスル・ミルザフメドフ1957-1959 / アリフ・アリモフ1959-1961 / ラフマンクル・クルバノフ1961-1971 / ナルマハンマディ・フダイベルディエフ1971-1984 / ガイラト・カディロフ1984-1989 / ミラフマト・ミルカシモフ1989-1990 / シュクルッラ・ミルサイドフ1990 ウズベキスタン共和国首相アブドゥルハシム・ムタロフ1992-1995 / ウトキル・スルタノフ1995-2003 / シャヴカト・ミルズィヤエフ2003-2016 / アブドゥッラー・アリポフ(英語版2016-現在 この項目は、ウズベキスタン関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(Portal:アジア / プロジェクト:アジア)。 この項目は、ヨーロッパ政治家に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:人物伝/P:政治学/P:ヨーロッパ/PJ 政治/PJ ヨーロッパ)。

※この「パーソナル」の解説は、「ウトキル・スルタノフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ウトキル・スルタノフ」の記事については、「ウトキル・スルタノフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 21:11 UTC 版)

エリョール・ガニエフ」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯再婚自分の元秘書)、3児を有する一説によれば対外経済関係入省までソ連国家保安委員会KGB)、ウズベキスタン国家保安庁勤務していたという。中佐ウズベキスタン共和国バレーボール連盟総裁。 「シュフラト」(栄光勲章受章公職先代ウラジーミル・ノロフ ウズベキスタン外務大臣2010 - 2012 次代アブドゥルアズィーズ・カミロフ 先代サディク・サファエフ ウズベキスタン外務大臣2005 - 2006 次代ウラジーミル・ノロフ この項目は、ウズベキスタン関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(Portal:アジア / プロジェクト:アジア)。 この項目は、政治家に関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(P:政治学/PJ政治)。

※この「パーソナル」の解説は、「エリョール・ガニエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「エリョール・ガニエフ」の記事については、「エリョール・ガニエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/16 06:25 UTC 版)

ムフ・アリエフ」の記事における「パーソナル」の解説

ダゲスタン自治ソビエト社会主義共和国フンザフ地区タヌシ出身妻帯2児有する1962年ダゲスタン大学哲学部卒業哲学科準博士4等祖国に対する貢献勲章労働赤旗勲章、「名誉記章勲章授与

※この「パーソナル」の解説は、「ムフ・アリエフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ムフ・アリエフ」の記事については、「ムフ・アリエフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 06:44 UTC 版)

ジョージ・ブレイク」の記事における「パーソナル」の解説

レーニン勲章赤旗勲章一等祖国戦争勲章、「個人的勇気に対する勲章受章

※この「パーソナル」の解説は、「ジョージ・ブレイク」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ジョージ・ブレイク」の記事については、「ジョージ・ブレイク」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 17:42 UTC 版)

ムハンマド・ハニーフ・アトマル」の記事における「パーソナル」の解説

イギリス大学農業分野修士号ヨーク大学国際関係分野学士号取得情報技術分野証書有する。英語とウルドゥー語を話す。

※この「パーソナル」の解説は、「ムハンマド・ハニーフ・アトマル」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「ムハンマド・ハニーフ・アトマル」の記事については、「ムハンマド・ハニーフ・アトマル」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/14 05:21 UTC 版)

パンテレイモン・ポノマレンコ」の記事における「パーソナル」の解説

レーニン勲章3個、一等スヴォーロフ勲章一等祖国戦争勲章受章

※この「パーソナル」の解説は、「パンテレイモン・ポノマレンコ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「パンテレイモン・ポノマレンコ」の記事については、「パンテレイモン・ポノマレンコ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/05/11 06:00 UTC 版)

セリク・バイマガンベトフ」の記事における「パーソナル」の解説

法律科学準博士。 「クルメト」勲章受章先代: バウルツァン・ムハメドツァノフ 内務相 2009年 - 次代: -

※この「パーソナル」の解説は、「セリク・バイマガンベトフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「セリク・バイマガンベトフ」の記事については、「セリク・バイマガンベトフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/04/03 14:51 UTC 版)

バティル・ブサコフ」の記事における「パーソナル」の解説

トルクメンバシ勲章2003年1月)を受章先代: ? 国家保安2002年 - 2003年 次代: アンナゲリディ・グマノフ

※この「パーソナル」の解説は、「バティル・ブサコフ」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「バティル・ブサコフ」の記事については、「バティル・ブサコフ」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/01/25 12:04 UTC 版)

バシール・アフマド・ドゥッラーニー」の記事における「パーソナル」の解説

妻帯、2男1女を有するマスード友人

※この「パーソナル」の解説は、「バシール・アフマド・ドゥッラーニー」の解説の一部です。
「パーソナル」を含む「バシール・アフマド・ドゥッラーニー」の記事については、「バシール・アフマド・ドゥッラーニー」の概要を参照ください。


パーソナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2009/08/14 21:58 UTC 版)

ミハイル・アブラモフ」の記事における「パーソナル」の解説

ウラジオストク軍人家庭生まれる。1965年ウラジオストク47小学校卒業1973年ウラジオストク38中学校卒業妻帯1児有する。 「武勲に対する勲章と6個のメダル受賞ベトナムバーレーンアラブ首長国連邦