何のとは?

なん‐の【何の】

代名詞「なに」に格助詞「の」の付いた「なにの」の音変化

[感]軽く否定したり受け流したりするときに用いる語。「何の、これしき」「何の、大丈夫だ

連語

いかなるどういう。「いったい何の意味があるのか」「何の因果か」

(あとに打消しの語を伴って

㋐まったく。「何の苦もなくやってのける」「何の役にも立たない」

それほどの。「何の気なしに話す」「何のことはない」

強く反発否定する気持ち反語的に表す。どうして。「酒なくして何の人生ぞ」

「―戸外へ出すものか」〈鏡花琵琶伝

(「…のなんの」の形で)

同類事柄いろいろと付け加える意を表す。「主婦炊事の何の忙しい」

㋑上に付く語を強調する意を表す。「痛いの何のって、涙が出たよ」


なに‐の【何の】

連語代名詞「なに」+格助詞「の」》

何々の。なんとかいう。

「―前司にこそは、などぞ必ずいらふる」〈・二五〉

どんな。いかなる

「―面目にてか、また都にも帰らむ」〈源・若紫

打消し反語の意で)何ほどの。どれだけの。

「―咎(とが)か侍らむ」〈源・夢浮橋

「―かたき人にもあらず」〈和泉式部日記

副詞的に用いて

㋐どうして。なんで。

荒磯はあされど―かひなくて潮に濡るるあまの袖かな」〈更級

なんという

「されば―よきことと思ひて」〈伊勢・六五〉


ど‐の【何の】

連体はっきりと限定できないもの、明らかでないものをさす。「何の子と何の子が仲良しなのかわからない」「何の問題から手をつけようか」




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「何の」の関連用語

何ののお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



何ののページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2020 Weblio RSS