弁明とは?

べん めい [0] 【弁明】

( 名 ) スル
自分言行などを説明し、相手理解を求めること。弁解釈明。 「自分のとった態度について-する」
説明加えて事理明らかにすること。 「その画工技巧を-したり/即興詩人 鷗外


弁明

作者炳注

収載図書韓国短篇小説
出版社岩波書店
刊行年月1988.9


弁明

作者恩田陸

収載図書短篇ベストコレクション現代小説 2008
出版社徳間書店
刊行年月2008.6
シリーズ名徳間文庫


ソクラテスの弁明

(弁明 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/01 19:02 UTC 版)

ソクラテスの弁明』(ソクラテスのべんめい、古希: Ἀπολογία Σωκράτους: Apologia Socratis: Apology of Socrates)は、プラトンが著した初期対話篇。単に、『弁明』(古希: Ἀπολογία: Apologia: Apology)とも。


注釈

  1. ^ ただし、イソクラテスによれば、彼らとの交際に対する非難は実際の裁判では言及されておらず、6年後に発表された弁論家ポリュクラテスの作文『ソクラテスに対する告発』ではじめて持ち出されたものだったとされる[1]
  2. ^ ソクラテスが直接デルポイの神託所に赴いてそれを聞いたのではなく、彼の友人であり熱烈な信奉者でもあったカイレポンから聞かされた伝聞である。
  3. ^ ソクラテスはペロポネソス戦争に関連する3つの戦い、ポティダイアの戦いアンフィポリスの戦い、デリオンの戦いに従軍・奮闘したことが知られている。

出典

  1. ^ 『ソクラテスの思い出』岩波文庫 佐々木理 p6[要文献特定詳細情報]
  2. ^ ソクラテスの思い出クセノポン 1巻1章[要文献特定詳細情報]
  3. ^ エウテュプロン
  4. ^ 『ソクラテスの思い出』岩波文庫 pp.5-7
  5. ^ 『ソクラテスの弁明・クリトン』 久保勉岩波文庫
  6. ^ 参考: 『ソクラテスの弁明・クリトン』 久保勉訳 岩波文庫
  7. ^ 岩波書店 全集1 p101、岩波文庫pp109-110
  8. ^ 岩波文庫pp110-111
  9. ^ 『ソクラテスの弁明・クリトン』久保勉訳 岩波文庫 p126


「ソクラテスの弁明」の続きの解説一覧

弁明

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 17:48 UTC 版)

名詞

べんめい

  1. 自分のしたことを説明して事理明らかにすること。

関連語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
弁明-する

翻訳




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「弁明」の関連用語

弁明のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



弁明のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのソクラテスの弁明 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの弁明 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS