検閲とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 政治活動 > 検閲 > 検閲の意味・解説 

けん‐えつ【検閲】

読み方:けんえつ

[名](スル)

調べあらためること。

二十句の佳什を得るために千句以上を―せざるべからず」〈子規墨汁一滴

公権力書籍・新聞・雑誌映画・放送信書などの表現内容強制的に調べること。日本国憲法では禁止されている。

精神分析の用語。無意識の層の中にある非道徳的危険な願望を、超自我抑圧変形すること。


検閲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/07 04:48 UTC 版)

旧東ドイツ
アルジェリア
韓国
中国
日本




「検閲」の続きの解説一覧

検閲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 04:44 UTC 版)

心理戦」の記事における「検閲」の解説

検閲とは、政府情報機関などによって、新聞などの出版物放送映像郵便などにおける表現内容に対し強制的に関与することである。これは敵の諜報活動防止する防諜の意味もあるが、心理戦においては敵の宣伝宣伝対象から隔離して防止する機能もある。国民防衛意識低下反乱利敵行為阻止などが目的で防衛的手段として行われる

※この「検閲」の解説は、「心理戦」の解説の一部です。
「検閲」を含む「心理戦」の記事については、「心理戦」の概要を参照ください。


検閲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 03:52 UTC 版)

サタデー・ナイト・ライブ」の記事における「検閲」の解説

1992年11月21日ウェインズ・ワールドコントで、チェルシー・クリントンビル・クリントン大統領の娘で、当時12歳)を性的な内容でからかうシーンがあった。このシーン再放送からはカットされている。 1998年3月放送されRobert Smigelアニメ再放送カットされている(ローン・マイケルズが「愉快な物ではない」としてカット要求した)。この時内容は「メディア営利企業傘下に入り支配される問題」を痛烈に批判した物であり、NBCGE / ウェスティングハウス社の傘下にある事が影響している。

※この「検閲」の解説は、「サタデー・ナイト・ライブ」の解説の一部です。
「検閲」を含む「サタデー・ナイト・ライブ」の記事については、「サタデー・ナイト・ライブ」の概要を参照ください。


検閲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 05:40 UTC 版)

シリア内戦」の記事における「検閲」の解説

2011年2月5日インターネットサービス制限受けたといわれているが、FacebookYouTubeについては3日後に復帰した報告されている。制限緩和活動家追跡につながるとの指摘があった。

※この「検閲」の解説は、「シリア内戦」の解説の一部です。
「検閲」を含む「シリア内戦」の記事については、「シリア内戦」の概要を参照ください。


検閲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/27 06:17 UTC 版)

皇帝官房第三部」の記事における「検閲」の解説

第三部及び憲兵隊は、出版新聞発行演劇に対して自由主義思想抑圧観点から厳格な検閲を適用していった。検閲によって3つの定期刊行物発禁となったほか、その他の出版物編集段階改変余儀なくされた。これにより当時プーシキンレールモントフゴーゴリツルゲーネフらの登場によって勃興しようとしていたロシア文学抑圧対象となり、作家たちは第三部によって監視事前検閲を受け、内容当局にとってふさわしくない見なされれば、最悪の場合流刑(例、ドストエフスキーの場合もあり得た。 検閲に当たっては共和主義から穏健な立憲君主制に対しても、「危険な西欧流の自由主義思想みなされ攻撃された。ニコライ1世抑圧的な態度専制維持という観点から徹底したものであり、皇帝第三部報告隅々まで読み細かな事項に至るまで自ら指示を与えた

※この「検閲」の解説は、「皇帝官房第三部」の解説の一部です。
「検閲」を含む「皇帝官房第三部」の記事については、「皇帝官房第三部」の概要を参照ください。


検閲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/22 01:29 UTC 版)

Vimeo」の記事における「検閲」の解説

Vimeo中華人民共和国タイ王国ベトナムトルコからは、政治的理由などでアクセスできなくなったことがある

※この「検閲」の解説は、「Vimeo」の解説の一部です。
「検閲」を含む「Vimeo」の記事については、「Vimeo」の概要を参照ください。


検閲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/25 05:05 UTC 版)

ファック・ザ・ポリス」の記事における「検閲」の解説

1989年オーストラリアラジオ局トリプルJ最長6ヶ月間ファック・ザ・ポリス流していたが、南オーストラリアの上院議員の圧力によりオーストラリア放送協会経営陣放送の禁止決定した。それに反発したスタッフストライキ行いN.W.A.の「エクスプレス・ユアセルフ」を24時間連続放送した2005年にそのトラックのスクラッチサウンドがTripleJニューステーマ用にサンプリングされた。

※この「検閲」の解説は、「ファック・ザ・ポリス」の解説の一部です。
「検閲」を含む「ファック・ザ・ポリス」の記事については、「ファック・ザ・ポリス」の概要を参照ください。


検閲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/08 14:15 UTC 版)

ExpressVPN」の記事における「検閲」の解説

2017年7月ExpressVPN公開書簡にてAppleが全VPNアプリ中国App Storeから削除したことを発表し、『ニューヨーク・タイムズ』などのマスメディアにて報道された 。Apple米国上院議員からの質問に対し中国政府要請により、中国App Storeから674個のVPNアプリ削除した述べた

※この「検閲」の解説は、「ExpressVPN」の解説の一部です。
「検閲」を含む「ExpressVPN」の記事については、「ExpressVPN」の概要を参照ください。


検閲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/18 05:21 UTC 版)

デラウェア川を渡るワシントン」の記事における「検閲」の解説

20世紀では少なくとも3度、また最近では2002年に、アメリカ小学校管理者が、ワシントン懐中時計ポケットズボンの股あてにあまりに近く描かれていて、おそらくは男性器に似ているために気に入らず、この象徴的な絵を複製品置き換えて教科書変えよう議論された。例え1999年ジョージア州では、マスコギー郡の教師助手達が2,300部の写し手書きで時計描き入れた。また同じくジョージア州コブ郡ではこの気に障る絵のあるページ完全に切り取った

※この「検閲」の解説は、「デラウェア川を渡るワシントン」の解説の一部です。
「検閲」を含む「デラウェア川を渡るワシントン」の記事については、「デラウェア川を渡るワシントン」の概要を参照ください。


検閲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 15:10 UTC 版)

芸術と手術」の記事における「検閲」の解説

ドイツ1924年9月5日、この映画公開許可したが、成人指定条件だった。理由は、この映画用いられている犯罪トリック実際の犯罪使われることを危惧したからだった。 1996年映画再評価されリバイバルされたが、年齢制限そのままだった。

※この「検閲」の解説は、「芸術と手術」の解説の一部です。
「検閲」を含む「芸術と手術」の記事については、「芸術と手術」の概要を参照ください。


検閲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/28 18:41 UTC 版)

犬の心臓」の記事における「検閲」の解説

この原稿モスクワのガゼトヌィ通り作家集まり読まれた場に出席していた国家政治保安部代表者は、作品を「モスクワ最も優れた文学会読まれたこの作品は全ロシア詩人連合の会合で読まれるような無益で無害なものよりはるかに危険である」とした。『犬の心臓』の初版にはロンドンソ連全権大使クリスチアン・ラコフスキー(ロシア語版)やその他の政府役員恋愛スキャンダルについて当時知識人の間で話題になっていたことについての明らかな仄めかしがあった。ブルガーコフは『犬の心臓』を自らの文芸作品集『ネドラの中で発表したかったのだが、作品文芸出版総局ロシア語版)に作品送ることさえ止められた。作品気に入ったニコライ・アンガルスキー(ロシア語版)はレフ・カーメネフにそれを手渡すことはできたが、カーメネフは「この現状への鋭い風刺決し出版されるべきではない」と述べた。『犬の心臓』の原稿1926年ブルガーコフアパート家宅捜索際に押収され3年後マキシム・ゴーリキー嘆願書提出され初め著者の元に戻った作品1930年代にはすでにサミズダート世間広まっていた。

※この「検閲」の解説は、「犬の心臓」の解説の一部です。
「検閲」を含む「犬の心臓」の記事については、「犬の心臓」の概要を参照ください。


検閲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/01 15:15 UTC 版)

朝鮮民主主義人民共和国におけるLGBTの権利」の記事における「検閲」の解説

政府による検閲は、出版をはじめとする全てのマスメディアに対して行なわれている。公の場において同性愛に触れることは認められず、同性愛市民異性との婚姻圧力を受けているとされるボイス・オブ・アメリカ韓国語サービスでは、同性愛国家において忌諱される話題であると指摘している。

※この「検閲」の解説は、「朝鮮民主主義人民共和国におけるLGBTの権利」の解説の一部です。
「検閲」を含む「朝鮮民主主義人民共和国におけるLGBTの権利」の記事については、「朝鮮民主主義人民共和国におけるLGBTの権利」の概要を参照ください。


検閲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 02:12 UTC 版)

TikTok」の記事における「検閲」の解説

中国本土版(抖音)は中国政府不適切考え動画投稿できない国際版TikTok)も同様に中国政府不適切考え動画拒否しているのかどうか議論疑惑存在する2019年9月チベット独立天安門事件法輪功に関する投稿についてはアプリのモデレータが常に検閲していることを、ガーディアン報じた2019年11月アフガニスタンアメリカ人少女がまつげをカーリングする動画途中に、中国共産党によるウイグル人弾圧批判したため、アカウント削除された。その後米国TikTok安全問題責任者は「人為的ミスだった」と釈明謝罪しアカウント復活した

※この「検閲」の解説は、「TikTok」の解説の一部です。
「検閲」を含む「TikTok」の記事については、「TikTok」の概要を参照ください。


検閲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 23:42 UTC 版)

カストリ雑誌」の記事における「検閲」の解説

出版自由化と言っても実態GHQによりプレスコードに従い検閲が行われていた。カストリ雑誌に対して行われた検閲の記録米国メリーランド大学プランゲ文庫保管されている。

※この「検閲」の解説は、「カストリ雑誌」の解説の一部です。
「検閲」を含む「カストリ雑誌」の記事については、「カストリ雑誌」の概要を参照ください。


検閲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 16:05 UTC 版)

HTTPS」の記事における「検閲」の解説

HTTPS通信暗号化されているため、通信内容読み取った改竄したりすることはできないそのため、基本的に通信内容検閲することはできないHTTPSによる検閲対策対抗する措置として、中華人民共和国では、暗号化技術利用許可制になっているまた、ウィキペディア不適切な記述を含むページがあり、ロシアがこれを検閲しようとしたが、ウィキペディアHTTPS用いているため問題ページ単体を検閲できず、ロシアウィキペディア全体ブロックしロシア国内からウィキペディア閲覧できなくなったこともあった。2019年韓国では有害サイトへのアクセスのブロック開始しHTTPSTLS)において暗号化せずに送受信するSNIからドメイン名読み取ってブロック対象判定していると報じられている。

※この「検閲」の解説は、「HTTPS」の解説の一部です。
「検閲」を含む「HTTPS」の記事については、「HTTPS」の概要を参照ください。


検閲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 02:20 UTC 版)

新浪微博」の記事における「検閲」の解説

新浪微博中国のネット検閲協力してサービスに関する投稿厳しく管理している。 一部URL短縮サービスGooglegoo.glを含む)を使用するリンクを含む投稿、またはブラックリストのキーワードを含む投稿認められていない政治的にデリケートなトピックに関する投稿は、手動チェックした後に削除される

※この「検閲」の解説は、「新浪微博」の解説の一部です。
「検閲」を含む「新浪微博」の記事については、「新浪微博」の概要を参照ください。


検閲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 21:59 UTC 版)

Women on Web」の記事における「検閲」の解説

women on webサイトはいくつかの国検閲されているが、メインウェブサイト利用できない場合でも中絶のためのオンライン相談アクセスする方法がある。women on webは、オンライン検閲を回避しサービスへのアクセス拡大するために、いくつかの現地語サイト維持している。以下参照。 in South Korea: https://abortion.kr/ in Saudi Arabia: https://ijhad.org/ in Turkey: https://haplarlakurtaj.org/ in Spain: https://comoabortar.org/ in Poland, https://aborcja-polska.org/ in Indonesia, https://aborsionline.org/ in Malaysia, https://pengguguran.org/ 団体メールを送信することもでき、ヘルプデスク相談フォームメール送信できる

※この「検閲」の解説は、「Women on Web」の解説の一部です。
「検閲」を含む「Women on Web」の記事については、「Women on Web」の概要を参照ください。


検閲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 14:15 UTC 版)

ピエール・シュール・オート軍用無線局」の記事における「検閲」の解説

ウィキペディアの検閲#フランス」も参照 2013年4月フランス治安情報機関である国内情報中央局Direction centrale du renseignement intérieur、略称DCRI)はこの無線局標題とするフランス語版ウィキペディアの項目を削除させようとし、この無線局一躍注目の的となった削除要請受けたウィキメディア財団は、その項目のどこの記述諜報機関にとって問題であるのか尋ねたが、DCRIは回答拒否し、項目全体削除要求繰り返したウィキメディア財団が項目の削除拒否すると、DCRIは今度フランス国内在住のフランス語版ウィキペディア管理ボランティア一名(レミ・マティス(英語版)、2007年10月18日からフランス語版ウィキペディア管理者)に接触し、項目を削除するよう圧力をかけ、そのボランティア服従した。ウィキメディア・フランス地区会の声明によると、 2013年4月4日、DCRIはその事務所ウィキペディアボランティア呼び出したページ削除できるツールへの接続有する利用者ひとりであるそのボランティアは、要求応じない場合拘留起訴されることを教えこまれ、DCRIの事務所において項目の削除強要された。彼はDCRIに対してウィキペディアどのように運営されているかを説明はしたものの、圧力のもとでは、項目を削除する以外の選択肢がなかった。彼は他のシステム・オペレーターに対して削除復帰をしようとすれば法的な責任発生する警告した。このボランティア件の目とは全く接点がなく、DCRIの事務所に入るまで、その項目を一度も編集したことがないはおろか存在自体知らなかったのである。彼が選ばれたのは、彼がフランスにおいてウィキペディアウィキメディアプロジェクト促進活動定期的に行なっており、容易に身元割れ呼び出すことが可能だからであった。 — ウィキメディア・フランス地区会 その後、削除された項目は他のウィキペディア寄稿者によって復帰された。フランス内務省フランス通信社取材に対して、この件に関するコメント差し控えたい回答している。この騒動結果当該項目フランス語版ウィキペディア2013年4月の最も閲覧されたページとなり、更には各言語版次々と翻訳されていったフランス新聞20ミニュッツ』はこの一件指してストライサンド効果好例であると指摘した

※この「検閲」の解説は、「ピエール・シュール・オート軍用無線局」の解説の一部です。
「検閲」を含む「ピエール・シュール・オート軍用無線局」の記事については、「ピエール・シュール・オート軍用無線局」の概要を参照ください。


検閲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 05:55 UTC 版)

Scratch (プログラミング言語)」の記事における「検閲」の解説

2020年8月中国政府ScratchWebサイトへのアクセスブロックしたことがわかった当時中国では300ユーザー利用していた。

※この「検閲」の解説は、「Scratch (プログラミング言語)」の解説の一部です。
「検閲」を含む「Scratch (プログラミング言語)」の記事については、「Scratch (プログラミング言語)」の概要を参照ください。


検閲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 03:52 UTC 版)

子供たちのことを考えろ」の記事における「検閲」の解説

Scotte Beattie2009年の本『Community, Space and Online Censorship』で、「誰も子供たちのことを考えないのか?」という問いは、しばしば年少者不適切な内容見てしまう懸念から検閲の必要性主張する者たちによって投げかけられてきたと書いている。Beattleは、若者たちネットを介して性犯罪被害にあうかもしれないという考えが、インターネット規制強化する根拠にされてきたが、この様に子供幼児扱いすることは、「純粋さという概念への執着一形態としての無垢さという概念想起させる主張している。 2011年コリイ・ドクトロウは『Make英語版):』誌に寄せた記事で、「誰か子供たちのことを考えてくれないのか」という言い回しは、「情報社会終末先駆ける4人の悪騎士(英語: Four Horsemen of the Infocalypse)」(違法コピーテロリスト組織犯罪児童ポルノ)が若者脅かすという言説論拠として、非論理的な人々によって使われてきたとしている。ドクトロウによれば、この言い回し根本的な問題についての議論妨げ論理的な分析保留にさせるために使われてきたという。ドクトロウは、社会コンピュータ利用法的にどう取り扱うべきか模索していた時期に、この言い回し頻繁に使われるのを観察した

※この「検閲」の解説は、「子供たちのことを考えろ」の解説の一部です。
「検閲」を含む「子供たちのことを考えろ」の記事については、「子供たちのことを考えろ」の概要を参照ください。


検閲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 07:17 UTC 版)

プリンス・オブ・エジプト」の記事における「検閲」の解説

モーセを含むイスラム教の預言者視覚的に描いてはいけないという理由でモルディブマレーシアエジプトという国教の国で上映禁止になったインドネシアでも上映禁止になったが、後にビデオCD発売された。 モルディブ・イスラム最高評議会は「神のすべての預言者使徒イスラム教尊敬されているので、肖像権はない」と述べている。この判決を受け、1999年1月、検閲委員会はこの映画上映禁止にした。同月マレーシア映画検閲委員会は、「同国大多数イスラム教徒気分害さないように」と、この映画上映禁止にした。同委員会秘書は、検閲機関がこの映画を「宗教的道徳的理由で無神経である」と判断した述べた

※この「検閲」の解説は、「プリンス・オブ・エジプト」の解説の一部です。
「検閲」を含む「プリンス・オブ・エジプト」の記事については、「プリンス・オブ・エジプト」の概要を参照ください。


検閲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 00:26 UTC 版)

闇市」の記事における「検閲」の解説

連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)はプレスコードなどを発して闇市現状報道禁止・検閲を実行し闇市に関する事柄についても対象に加え言論統制した。 「プレスコード」および「日本における検閲を参照

※この「検閲」の解説は、「闇市」の解説の一部です。
「検閲」を含む「闇市」の記事については、「闇市」の概要を参照ください。


検閲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 13:37 UTC 版)

2014年ウクライナ騒乱」の記事における「検閲」の解説

ウクライナテレビ・ラジオ放送委員会3月11日全てのケーブル事業者に対してRossiya1、Channel OneNTVRossiya 24などのロシアテレビ番組を流すのを止めるよう命じた

※この「検閲」の解説は、「2014年ウクライナ騒乱」の解説の一部です。
「検閲」を含む「2014年ウクライナ騒乱」の記事については、「2014年ウクライナ騒乱」の概要を参照ください。


検閲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 14:53 UTC 版)

第91回アカデミー賞」の記事における「検閲」の解説

芒果TVラミ・マレック受賞スピーチ修正した

※この「検閲」の解説は、「第91回アカデミー賞」の解説の一部です。
「検閲」を含む「第91回アカデミー賞」の記事については、「第91回アカデミー賞」の概要を参照ください。


検閲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 09:27 UTC 版)

時代劇」の記事における「検閲」の解説

敗戦まで日本映画では流血博打接吻などの場面は当局によって禁止された時代劇例外ではなくチャンバラでいくら人が斬られても、また切腹の場面で流血があると検閲でカットされた阪東妻三郎相手斬る際に刃を当てたもう一回引く「二段引き」という殺陣使ったが、これも「骨まで斬った感じが出るから」とカットされたことがある全般にリアルな殺陣」はすべて検閲でカットされたのであるまた、剣戟で人を斬る際の効果音を初め使ったのは1935年昭和10年)の『大菩薩峠』で、稲垣浩監督アイディアで、カチンコの音を逆回転した効果音使われた。しかしこの効果音も「検閲保留扱いされている

※この「検閲」の解説は、「時代劇」の解説の一部です。
「検閲」を含む「時代劇」の記事については、「時代劇」の概要を参照ください。


検閲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/22 22:16 UTC 版)

Flipboard」の記事における「検閲」の解説

2011年5月15日Flipboard中国グレート・ファイアウォールによるブロック受けたマッキューTwitterで「中国正式にFlipboardブロックした」と述べた中国版最初にリリースしたインターナショナルエディションだった。2012年2月よりユーザー中国からアプリケーション使用している場合自主検閲を開始した中国向けのコンテンツガイドからTwitterFacebook除外され既存購読自動的に除去されるようになった

※この「検閲」の解説は、「Flipboard」の解説の一部です。
「検閲」を含む「Flipboard」の記事については、「Flipboard」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「検閲」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「検閲」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



検閲と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「検閲」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



検閲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの検閲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの心理戦 (改訂履歴)、サタデー・ナイト・ライブ (改訂履歴)、シリア内戦 (改訂履歴)、皇帝官房第三部 (改訂履歴)、Vimeo (改訂履歴)、ファック・ザ・ポリス (改訂履歴)、ExpressVPN (改訂履歴)、デラウェア川を渡るワシントン (改訂履歴)、芸術と手術 (改訂履歴)、犬の心臓 (改訂履歴)、朝鮮民主主義人民共和国におけるLGBTの権利 (改訂履歴)、TikTok (改訂履歴)、カストリ雑誌 (改訂履歴)、HTTPS (改訂履歴)、新浪微博 (改訂履歴)、Women on Web (改訂履歴)、ピエール・シュール・オート軍用無線局 (改訂履歴)、Scratch (プログラミング言語) (改訂履歴)、子供たちのことを考えろ (改訂履歴)、プリンス・オブ・エジプト (改訂履歴)、闇市 (改訂履歴)、2014年ウクライナ騒乱 (改訂履歴)、第91回アカデミー賞 (改訂履歴)、時代劇 (改訂履歴)、Flipboard (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS