異性とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 分子化学 > 異性 > 異性の意味・解説 

い‐せい【異性】

男女雌雄の性が異なること。特に、男性から女性を、女性から男性をさしていう。「異性との交際」⇔同性

性質が違うこと。また、その性質

異性体の関係にあること。


異性体

同義/類義語:異性
英訳・(英)同義/類義語:isomerism, isomer

不斉炭素原子存在原因で生じる立体異性一種で、偏光振動面をそれぞれ向き変化させるため、右旋性左旋性を示すといい、D型、L型ということもある。もしくはそのような性質のこと。
「生物学用語辞典」の他の用語
状態をあらわす:  欠失  温度感受性突然変異  異形  異性体  色盲  血液型  血液型不適合

異性

作者真冬

収載図書愛と死短篇童話純文学
出版社書房
刊行年月1998.8


異性

読み方:いせい

  1. 男からは女。女からは男を指して異性といふ。異性愛、異性慾等有らゆる男女関係に冠せられる語で、明治末年頃から流行した言葉
  2. 男からは女、女からは男をさしていう。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

性別

(異性 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/11 09:51 UTC 版)

性別(せいべつ、:sex (セックス) and gender (ジェンダー))とは、男性女性の別[1]オスメスの別[1]




  1. ^ a b 広辞苑 第五版 p.1479「性別」
  2. ^ 思春期の発現・大山建司
  3. ^ Flores, Andrew (2016年6月). “How Many Adults Identify as Transgender in the United States”. Williams Institute UCLA School of Law. 2020年10月19日閲覧。
  4. ^ Victoria Maizes, Integrative Women's Health (2015, 0190214805), "Many transgender people experience gender dysphoria—distress that results from the discordance of biological sex and experienced gender (American Psychiatric Association, 2013). Treatment for gender dysphoria, considered to be highly effective, includes physical, medical, and/or surgical treatments [...] some [transgender people] may not choose to transition at all."
  5. ^ “性同一性障害 精神疾患対象外 WHO”. 毎日新聞. (2018年6月20日). https://mainichi.jp/articles/20180620/ddm/012/040/041000c 2020年10月19日閲覧。 
  6. ^ 家永登 (2017). “性別未確定で出生した子の性別決定 : 「性別の段階性」および「性別の相対性」の視点から”. 専修法学論集 131. 


「性別」の続きの解説一覧

異性

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 07:50 UTC 版)

名詞

(いせい)

  1. 男女および雌雄など異なる物。すなわち、対す女に対する男。



異性と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「異性」の関連用語

異性のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



異性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2021 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの性別 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの異性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS