異とは?

け【異】

形動ナリ

普通と違っているさま。異常なさま。

衣手(ころもで)葦毛(あしげ)の馬のいなく声心あれかも常ゆ—に鳴く」〈三三二八

まさっているさま。格別であるさま。→異(け)な

十月ばかりの紅葉四方(よも)の山辺よりも—にいみじくおもしろく」〈更級


い【異】

[音](呉)(漢) [訓]こと

学習漢字6年

他と違っている。別の。ことなる。「異国異種異状・異常・異色異性異存異同異動異例異論異民族差異小異相異変異

式・正統でない。「異学異教異端

普通でない。あやしい。あやしむ。「異形(いぎょう)・異様怪異奇異驚異妖異霊異

変わった出来事。「災異天変地異

名のり]より


こと【異】

【一】[名]

別のもの。他のもの。

「下の十巻を、明日にならば、—をぞ見給ひ合はするとて」〈二三

名詞の上に付いて複合語作り別の、他の、などの意を表す。「異どころ(異所)」「異ひと(異人)」

【二】形動ナリ

それぞれ別々なさま。まちまちなさま。→異な

もろこしとこの国とは、言(こと)—なるものなれど」〈土佐

普通と違っているさま。格別なさま。→殊(こと)に

「この皇子(みこ)生まれ給ひて後は、いと心—に思ほしおきてたれば」〈源・桐壺


い【異】

[名・形動

他と違っていること。また、他と異なった意見。「異を唱える

普通とは違っていること。不思議なこと。また、そのさま。「異なことを言う」「縁は異なもの


異、変

【英】Allo-
読み方:い、へん

異なること、変わることを意味する接頭語

作者たからしげる

収載図書落ちてきた時間
出版社パロル舎
刊行年月2003.5
シリーズ名貘の図書館シリーズ


作者智恵

収載図書
出版社新風舎
刊行年月2006.3
シリーズ名新風舎文庫


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/02 10:03 UTC 版)

(い)は、漢姓の一つ。




「異」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2019/05/11 01:19 UTC 版)

発音

名詞

  1. () 異なる意見考え
  2. () (仏教) 変化状態変異すること。四相しそうの一要素また、五位七十五法ごいしちじゅうごほう不相応行法しんふそうおうぎょうほうのひとつ(ウィキペディア五位」も参照)。
  3. (こと) のもの。差異有る物。同一ではないもの。
  4. (こと) 外の名詞の上に付いて、外の、の、特殊な、変わっているなどの意味表す

形容動詞

  1. () 平常一般ではないさま。特殊だったり奇妙だったりするさま。
  2. () 基準となるものに比べて程度はなはだしいさま。
  3. () 特にすぐれているさま。
  4. () けなげであること。殊勝であるさま。
  5. () 温和なさま。柔弱
  6. (こと) 同一でないさま。別個であるさま。
  7. (こと) 並外れているさま。非凡であるさま。
  8. () であるさま。平常異なっているさま。

熟語



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「異」の関連用語

異のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



異のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2021 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの異 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS