智恵とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 智恵の意味・解説 

般若

(智恵 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/10 23:05 UTC 版)

仏教用語般若(はんにゃ)とは、サンスクリット語: प्रज्ञा, prajñāプラジュニャー)、パーリ語: पञ्ञा, paññāパンニャー)に由来し、全ての事物や道理を明らかに見抜く深い智慧のこと[1]


注釈

  1. ^ 実相般若そのものは般若ではないが、般若を起こす根源であるため般若と呼ばれる[1]

出典

  1. ^ a b c d e f g h i 総合仏教大辞典編集委員会(編) 『総合仏教大辞典』 下巻、法蔵館、1988年1月、1174頁。 
  2. ^ a b Thepyanmongkol, Phra (2012) (英語). A Study Guide for Right Practice of the Three Trainings. Wat Luang Phor Sodh. pp. 255-258. ISBN 978-974-401-378-1. https://books.google.com/books?id=6XFW45RDK6wC&newbks=1&newbks_redir=0&printsec=frontcover#v=onepage&q&f=false 
  3. ^ Bhikkhu, Buddhadasa (2017-05-16) (英語). Under the Bodhi Tree: Buddha's Original Vision of Dependent Co-arising. Simon and Schuster. pp. 22. ISBN 978-1-61429-219-7. https://books.google.com/books?id=EaHRDgAAQBAJ&newbks=1&newbks_redir=0&printsec=frontcover#v=onepage&q&f=false 
  4. ^ a b www.wisdomlib.org (2019年9月21日). “(4) Fourth Pāramī: The Perfection of Wisdom (paññā-pāramī)”. www.wisdomlib.org. 2020年1月23日閲覧。
  5. ^ a b Buddhaghosa (1991) (英語), The Path of Purification: Visuddhimagga, Buddhist Publication Society, translated by Ñāṇamoli Bhikkhu, pp. 434-435, ISBN 978-955-24-0023-0, オリジナルの2020-01-18時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200118150922/https://www.accesstoinsight.org/lib/authors/nanamoli/PathofPurification2011.pdf 2020年1月25日閲覧。 
  6. ^ Dhammadharo, Ajahn Lee (2012年). “Basic Themes: Four Treatises on Buddhist Practice”. USA: Metta Forest Monastery, translated by Thanissaro Bhikkhu. pp. 89. 2019年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月26日閲覧。
  7. ^ Buddhaghosa (1991) (英語). The Path of Purification: Visuddhimagga. Buddhist Publication Society, translated by Ñāṇamoli Bhikkhu. pp. 433. ISBN 978-955-24-0023-0. https://books.google.com/books?id=B_UWm9xLDVQC&dq=The+Path+of+Purification&source=gbs_navlinks_s 


「般若」の続きの解説一覧

智恵(ちえ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 04:20 UTC 版)

ふたりエッチ」の記事における「智恵(ちえ)」の解説

一条ピアノ教え子初登場時23歳キャバ嬢苗字不明。岡浜の知り合い友人南田

※この「智恵(ちえ)」の解説は、「ふたりエッチ」の解説の一部です。
「智恵(ちえ)」を含む「ふたりエッチ」の記事については、「ふたりエッチ」の概要を参照ください。


智恵(ちけい)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/05 09:34 UTC 版)

怪・力・乱・神 クワン」の記事における「智恵(ちけい)」の解説

薬売りとして旅をしながら商売をしていたのだが。クワン出会ってからクワン利用して商売を始める

※この「智恵(ちけい)」の解説は、「怪・力・乱・神 クワン」の解説の一部です。
「智恵(ちけい)」を含む「怪・力・乱・神 クワン」の記事については、「怪・力・乱・神 クワン」の概要を参照ください。


智恵(ともえ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/15 19:57 UTC 版)

リベロ革命!!」の記事における「智恵(ともえ)」の解説

青海高校女子バレー部レギュラーで、ポジションレフト背番号は2。苗字不明。いつも美雪2人イコからかっている。

※この「智恵(ともえ)」の解説は、「リベロ革命!!」の解説の一部です。
「智恵(ともえ)」を含む「リベロ革命!!」の記事については、「リベロ革命!!」の概要を参照ください。


智恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 17:15 UTC 版)

バトルスピリッツ 赫盟のガレット」の記事における「智恵」の解説

3種のカード集めたガレットは、最後の試練として異界見聞録書かれ言葉に応じてカード達が指し示した所である南極に向かうが、南極待ち構えていたヴィザルガはバトルフィールド出現させ、ガレットバトルを行う。 ヴィザルガはバトル最中、「未来現れるモーブ人類魔族戦乱巻き込み嘆き変わる」という予言を記す異界見聞録著した異界王について語る。時空を超えて古代異界グラン・ロロ渡った後に異界王と呼ばれることとなる男は本能のままルールもなく同然に生きていた知恵なき異界人達に言葉・数学・哲学階級法律といった『知恵』を授け異界人達は文明目覚めた。しかしその後異界人達の間には、その知性互い優劣ゆえの恐怖心から差別偏見などによる争い生まれるようになってしまう。知性をもった彼らに暴力生まれ暴力武力育んだことを異界王は悔い、『バトルスピリッツ決める』というルール作った異界王が未来を見て異界見聞録予言として残したように、高い知力を誇るモーブヴァルト武力を持って世界変えようとしているのは昔のグラン・ロロで起きた悲劇となんら変わりはない。ゆえにヴィザルガはガレットに、繰り返される憎しみ争い終えるべくかつての知恵なき世界』を創ることを目指せ諭す。 だが、過ち正せ智慧の力を信じガレットはその提案拒否。「人も魔族モーブも、差別偏見乗り越え手を取り合い共に同じ景色を見る未来」という無限遠点ある夢を持つガレットは、智慧を持って自分信じる道を進むことで人々心を変えていく“革命”を起こすこと決意し3種のカード結集し三位一体となったことで生まれた竜騎士皇帝グラン・ドラゴニック・アーサー」でヴィザルガに勝利する肉体持たないヴィザルガの正体異界王の魂であることを理解したガレットは、膨大な知恵を持つヴィザルガに手を貸してほしいと頼み結集した3種のカードの力で異界グラン・ロロ旅立つ異界見聞録予言覆す決意を固めたガレット行く末見守ることにしたヴィザルガは「理想叶えたいのならば、このグラン・ロロでコアの光主である自分何者なのかをまず知るべき」とアドバイスしガレット見果てぬ夢に向けて歩み始めた

※この「智恵」の解説は、「バトルスピリッツ 赫盟のガレット」の解説の一部です。
「智恵」を含む「バトルスピリッツ 赫盟のガレット」の記事については、「バトルスピリッツ 赫盟のガレット」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「智恵」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

智恵

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 09:43 UTC 版)

別表記

名詞

(ちえ)

  1. 道理判断処理する能力

発音(?)

ち↗え↘

「智恵」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



智恵と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「智恵」の関連用語

智恵のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



智恵のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの般若 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのふたりエッチ (改訂履歴)、怪・力・乱・神 クワン (改訂履歴)、リベロ革命!! (改訂履歴)、バトルスピリッツ 赫盟のガレット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの智恵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS