道理とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 道理 > 道理の意味・解説 

どう‐り〔ダウ‐〕【道理】

[名・形動

物事正しすじみちまた、人として行うべき正し道。ことわり。「道理をわきまえる」「道理に外れた行為」

すじが通っていること。正論であること。また、そのさま。「言われてみれば道理な話」


どう‐り ダウ‥ 【道理】

〔名〕

物事のそうあるべきこと。当然のすじみち正し論理

続日本紀養老二年(718四月癸酉太政官処分凡主主帳者。〈略〉前労徒廃。後苦実多。於商量。甚違道理

日葡辞書(1603‐04)「D&ocaron;rini(ダウリニ)ハヅルル、または、モルル」〔戦国策‐秦策・昭襄王

② (形動) すじが通っていること。当然であること。もっともであること。

東大寺文書天喜元年1053七月美濃国茜部荘住人等解「謹案事情東大寺御所諸国散所庄園収公荒廃尤道理也」

*虎明本狂言目近籠骨室町末‐近世初)「申々、あれがぬかれたが道理で御ざる」

訴訟で、自分の側を正しいとする主張

東京大学所蔵東大寺文書嘉応元年(1169)八月日・伊賀国黒田荘官等解「御庄官等先日連判、不申江八郎成道、以強縁我道、蒙裁定之条」

それぞれの分野での正しあり方筋道。ある事柄に関して正当性があること。その事柄を表わす語の下に添えて、「…道理」の形で用いられることが多い。

東寺百合文書‐京・承保四年(1077)四月五日祭主大中臣輔経下文案「使宜承知本寺御使相共、尋公験道理、可言上

(5) 特に、文書明証があること。「文書道理」と熟することが多い。

東大寺文書寛弘八年1011一二月・法務大僧正雅慶房帖案「任文書道理

(6) 人間として守らなければならない道。

日蓮遺文開目抄(1272)「賢王世には道理かつべし。愚王の世に非道先をすべし」〔荀子‐脩身〕

[語誌]現代では、物事正し筋道論理必然性等を広く指すが、古くは、④のように種々の物事についての個別的筋道正当性論拠などの意でも用いられ、特に政治法律関わる分野用例が多い。


どうり 【道理】

単に理とも。正しい筋、正し法則、をいう。仏教ではこれに四種教える。観待道理(真と俗のように相待的に考えられる道理)、作用道理(因果関係における作用の道理)、証成道理(証拠となるべき道理)、法爾道理(自然の道理)など。

道理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/22 08:04 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「道理」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「道理」を含むページの一覧/「道理」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「道理」が役に立つかも知れません。


道理

出典:『Wiktionary』 (2019/12/25 20:18 UTC 版)

名詞

 (どうり)

  1. ある原因に対して納得のできる結果自然生ずること。又は、そのような因果関係
  2. 人として正しく生きるための指針道徳
  3. 納得ができる理由、わけ。筋が通っていること。正しさ。
  4. 当然であること。容易納得できること。なるほど思えること。

発音

ど↗ーり↘

派生語

成句




道理と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「道理」の関連用語

道理のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



道理のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの道理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの道理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS