宋明理学とは? わかりやすく解説

宋明理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/02/27 13:37 UTC 版)

宋明理学(そうみんりがく)は、中国の宋代から明代にかけて流行した思想を指す言葉で、朱子学陽明学のこと[1]。宋以後の思想史の中で最も重要な位置を占める[1]。宋代・明代の儒学を代表するテーマが「」であることからその名がつき、単に「理学」とも呼ばれる。

その新しい思想傾向を強調して「新儒教」とも称され[2]、英語ではNeo-Confucianismと訳される(現代の新儒家(現代新儒学)とは別物である)。また、宋明理学のうち、北宋南宋の学術は特に宋学と呼ばれる[3]

概要

その起源は中唐韓愈柳宗元らに求められる。それまでの経典解釈学的な儒学(漢唐訓詁学)は批判され、人間の道徳性や天と人を貫くことわり(理)を追求することこそ学問であるとされた。このことは文学史上の古文復興運動と連動しており、文章は修辞などによる華麗さを追求するものではなく、を表現するための道具であるとされた。

宋代にはさまざまな流派が興ったが、やがて程顥程頤二程子)を祖とする道学が主流となった。天理人欲、理一分殊、性即理などを述べた。

道学の流れを汲み、他の流派の言説をも取り入れつつ、後世に大きな影響力のある学問体系を構築したのは南宋朱熹である。朱熹の学派は道学の主流となり、このため程朱学派の名がある。朱熹は存在論としてを述べ、理気二元論を主張している。彼らの学問は性即理を主張したので性理学と呼ばれる。

一方、朱熹と同時代の陸九淵明代中葉の王守仁(王陽明)のグループは心即理を主張したので、心学と呼ばれる。心学は明代中期に隆盛した。

理気論は宋代は理気二元論、明代は気一元論へと変化していった。

主要学派

朱熹以前

朱熹以後

参考文献

  • 島田虔次 著「思想史3」、島田虔次ら 編 『アジア歴史研究入門』 3巻、同朋舎出版、1983年、249-286頁。ISBN 4810403688 
  • 西順蔵 著「宋学」、日原利国 編 『中国思想辞典』研文出版、1984年、261-262頁。ISBN 487636043X 

脚注

  1. ^ a b 島田 1983, p. 255.
  2. ^ 西 1983, p. 262.
  3. ^ 島田 1983, p. 262.

宋明理学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 16:00 UTC 版)

東アジアの宗教」の記事における「宋明理学」の解説

詳細は「宋明理学」を参照 宋明理学は、意図的に道教儒教、および中国仏教習合させて誕生した宋王朝時代系統化され確立されたと認識されているが、その根源唐王朝学者たちまでさかのぼる。宋明理学は、仏教宗教的概念道教陰陽論易経組み合わせたものであり、それらを古典的儒教フレームワーク中に位置づけている。 宋明理学が、仏教と道教の「最良」の要素包摂したにもかかわらず護教家たちはそれでも両信仰非難した。しかしその中国への影響は、3つの信仰区別曖昧にし、それは現在においても残っている。宋明理学の信仰5世紀上公式に是認され東アジア全域深く影響及ぼした

※この「宋明理学」の解説は、「東アジアの宗教」の解説の一部です。
「宋明理学」を含む「東アジアの宗教」の記事については、「東アジアの宗教」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「宋明理学」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宋明理学」の関連用語

宋明理学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



宋明理学のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宋明理学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの東アジアの宗教 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS