易経とは?

えききょう〔エキキヤウ〕【易経】

五経(ごきょう)の一。伏羲(ふっき)氏が初め八卦(はっけ)を作り孔子集大成したといわれる未詳天文地理人事物象陰陽変化原理によって説いた書で、元来占い用いられた。六十四卦(け)およびそれぞれの爻(こう)につけられた占い文章(経)と、易全体および各卦について哲学的解説した文章(伝もしくは十翼という)とから成る周代流行したところから周易ともいう。易。


えききょう エキキャウ 【易経】

中国五経一つ。陽を印、陰を印で示し、それを組み合わせ六十四卦によって自然と人生変化道理を説いた書。各卦を説明す暗示的卦辞に対して、さらに「十翼」と称せられる解説がつけられ、儒家的な宇宙観倫理観表わすようになった作者として、周の文王周公孔子が擬せられるが、卦辞周代巫女(みこ)のメモ十翼春秋から戦国にかけての諸家の作と考えられる漢代には、主に予言占いの書として用いられた。周易。易。


えききょう 【易経】

中国周代占いの書。周易五経筆頭に置かれる儒教経典一つ本文解説書(『十翼』という)をあわせて一二編。陰と陽を六つずつ組み合わせ六四卦によって自然と人生変化道理説く伏犠王が卦を画し、文王周公総説細説考え孔子が『十翼』を作ったといわれるが、根拠はない(中国には夏の易の連山、殷の易の帰蔵、周の易の周易との三易があったというが、今は周易より伝わっていない)。→ 易 陰陽 儒教

易経

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/18 01:44 UTC 版)

易経』(えききょう、正字体:易經、拼音: Yì Jīng)は、古代中国の書物。著者は伏羲とされている[1]


  1. ^ あくまで伝説である。
  2. ^ ノコギリソウの一種であるメドキ。
  3. ^ a b 野口定男 (1971,1.6). 中国古典文学大系 史記下. 中国古典文学大系. 平凡社 
  4. ^ 本田済『易』朝日新聞社、1997年。ISBN 978-4022590107
  5. ^ 『史記』孔子世家 - 中國哲學書電子化計劃
  6. ^ 原本周易本義巻末下 Chinese Text Project
  7. ^ 「易の話」 ISBN 4061596160




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「易経」の関連用語

易経のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



易経のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの易経 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS