礼とは? わかりやすく解説

いや〔ゐや〕【礼】

読み方:いや

敬うこと。尊敬すること。礼儀。うや。

賢弟の—を納むる、何の望みかこれに過ぐべき」〈読・雨月菊花の約


うや【礼】

読み方:うや

うやうやしくすること。礼儀。いや。

出で入り無し」〈景行紀〉


らい【礼】

読み方:らい

⇒れい


らい【礼】

読み方:らい

礼記(らいき)」のこと。また、礼記」「周礼」「儀礼」の総称


れい【礼〔禮〕】

読み方:れい

[音]レイ(漢) ライ(呉) [訓]いや うや

学習漢字3年

[一]レイ

社会生活上守るべき行動形式規範となる作法また、儀式制度など。「礼楽礼儀礼節礼服礼法儀礼虚礼婚礼祭礼・失礼・縟礼(じょくれい)・葬礼朝礼典礼非礼無礼

敬って拝すること。おじぎ。「礼拝敬礼巡礼答礼拝礼目礼黙礼立礼

感謝の意表明。おれい。「礼金礼状謝礼返礼

[二]ライ

敬って拝すること。「礼賛礼拝敬礼(きょうらい)・頂礼

に関する中国書物の名。「礼記儀礼三礼

名のりあき・あきら・あや・かた・なり・のり・ひろ・ひろし・まさ・まさし・みち・ゆき・よし


れい【礼】

読み方:れい

社会秩序保ち人間関係円滑に維持するために守るべき、社会生活上の規範礼儀作法制度など。「—にかなったやり方」「—を失する」「—を尽くす」

敬意を表すために頭を下げること。おじぎ。「先生に—をする」

謝意を表すこと。また、その言葉また、謝礼のために贈る金品。「本を借りた—を言う」「世話になった人に—をする」

儀式。「即位の—」

アクセント124イ、3はレ


読み方:レイrei

儒教基本をなす理念


れい 【礼】

呉音ライ社会秩序を保つための生活規範儒教では最も重要な道徳的観念として『礼記』などに説く敬意を表する動作をもいう。→ 礼拝

読み方:れい

  1. 茶店通り符牒にして、四といふ数量を表す。通り符牒参照せよ(※巻末通り符牒参照)。〔符牒
  2. 四。〔商〕

分類 符牒

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/02/01 05:34 UTC 版)

(れい、旧字体:禮、拼音: )とは、さまざまな行事のなかで規定されている動作や言行、服装や道具などの総称。春秋戦国時代儒家によって観念的な意味が付与され、人間関係を円滑にすすめ社会秩序(儒家にとっては身分制階級秩序)を維持するための道徳的な規範をも意味するようになった。


  1. ^ 渡邉 2018, p. 21.
  2. ^ 渡邉 2018, p. 23.
  3. ^ 論語』「顔淵」
  4. ^ a b c 中島 2012, pp. 118–122.
  5. ^ a b c 中島 2012, pp. 123–130.
  6. ^ 孟子』「告子上」
  7. ^ 加地伸行 『孔子』 角川ソフィア文庫 2016年 ISBN 978-4-04-400045-5 pp.198 - 199.
  8. ^ 『孟子』「滕文公下」



出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/24 23:41 UTC 版)

大水滸シリーズの登場人物」の記事における「礼」の解説

岳飛伝高山部族出身の女。他の部族の民と同様に高い身体能力持ちブーメランのような飛刀武器にする。実力自信持っており、男と偽って戦闘参加試みたこともあった。一族傭兵として雇うために訪れた秦容を襲うも失敗長の命で秦容仕え、のちに秦容の妻となる。2人の間には、秦輝が生まれている。

※この「礼」の解説は、「大水滸シリーズの登場人物」の解説の一部です。
「礼」を含む「大水滸シリーズの登場人物」の記事については、「大水滸シリーズの登場人物」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 15:52 UTC 版)

正名 (思想)」の記事における「礼」の解説

「礼」も参照 儒教における「礼」とは、平たく言えば規定」「規範」「マナー」のことで、具体的には、冠婚葬祭・「死」の言い方服忌服飾建築青銅器(礼器(中国語版))などの細かい規定をさす。それらの規定においては、「君臣」「父子」「貴賤」「親疎」「長幼」などの区別論点になる。その他にも、郷村饗宴(郷飲酒礼(中国語版))における「主人賓客」の区別なども論点になる。儒教では、それらの細かい規定こそが、結果的に社会全体秩序調和もたらすのだと考えられていた。 以上のような「礼」という営為こそがすなわち「名分を正す」である、とされることもある。

※この「礼」の解説は、「正名 (思想)」の解説の一部です。
「礼」を含む「正名 (思想)」の記事については、「正名 (思想)」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/27 01:31 UTC 版)

十二国」の記事における「礼」の解説

叩頭礼 伏礼の中でも最敬礼。膝をつき手をつき、額を地に付けて叩頭する。王に対して礼典最敬礼する定められている。 他国賓客に対しては伏礼である。 跪礼 跪拝の事。跪いて拝む。麒麟の、自らの王以外に対する最も上の礼。太子公主平時の自らの親に対しても行う。禁軍左将軍や小宰が冢宰に対して平時に行う礼でもある。 拱手 身分の高い人々の礼。軽く握った左手を包むように右手添え重ねた手を上げるようにして一礼する。手を袖で隠すため、本来は長い袖の服を着ている時しか出来ない

※この「礼」の解説は、「十二国」の解説の一部です。
「礼」を含む「十二国」の記事については、「十二国」の概要を参照ください。


礼(れい)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 02:29 UTC 版)

五常」の記事における「礼(れい)」の解説

「仁」を具体的な行動として表したもの。もともとは宗教儀礼でのタブー伝統的な習慣制度意味していた。のちに上下関係で守るべきことを意味するようになった儒者なかでも性悪説立場立った荀子は特に「礼」を重視した

※この「礼(れい)」の解説は、「五常」の解説の一部です。
「礼(れい)」を含む「五常」の記事については、「五常」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 00:22 UTC 版)

儒教」の記事における「礼」の解説

仁を具体的な行動として、表したもの。もともとは宗教儀礼でのタブー伝統的な習慣制度意味していた。のちに、人間の上下関係で守るべきことを意味するようになった

※この「礼」の解説は、「儒教」の解説の一部です。
「礼」を含む「儒教」の記事については、「儒教」の概要を参照ください。


礼(れい)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 05:44 UTC 版)

セントールの悩み」の記事における「礼(れい)」の解説

生徒会副会長。姓は不明人馬少女姫乃流鏑馬大会のときに出場していた。進級した際、真奈美生徒会長になるように強く進めていた。

※この「礼(れい)」の解説は、「セントールの悩み」の解説の一部です。
「礼(れい)」を含む「セントールの悩み」の記事については、「セントールの悩み」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/01 16:00 UTC 版)

経学昌明時代」の記事における「礼」の解説

皮錫瑞経学歴史』には、「の「高堂生」の傳が最も根拠のあるものだとされ、『士礼』のみ存在し、「孔子」の生きた時代には経書としては存在せず焚書及んで多くが散亡した」とある。

※この「礼」の解説は、「経学昌明時代」の解説の一部です。
「礼」を含む「経学昌明時代」の記事については、「経学昌明時代」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「礼」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/09/19 10:48 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. レイ相手に対して感謝気持ちや、それを表す言葉
  2. レイ相手に対して感謝の気持ち表わす贈り物
  3. レイ社会常識としての作法や行規範礼儀
  4. レイ頭を下げるあいさつ。おじぎ。
  5. レイ宮中儀式

熟語


出典:『Wiktionary』 (2021/07/22 14:48 UTC 版)

発音(?)

熟語





※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「礼」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



礼と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「礼」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



礼のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2024 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2024 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの礼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの大水滸シリーズの登場人物 (改訂履歴)、正名 (思想) (改訂履歴)、十二国 (改訂履歴)、五常 (改訂履歴)、儒教 (改訂履歴)、セントールの悩み (改訂履歴)、経学昌明時代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS