叩頭とは?

こう とう [0]

スル
頭で地を叩く意から
頭を地面すりつけお辞儀すること。叩首或は合掌し、或は-し/象 潤一

叩頭

読み方:コウトウ(koutou)

頭を地面すりつけお辞儀すること


叩頭

読み方:おじぎ

  1. 代議士のことをいふ。選挙時に有権者ペコペコと叩頭して廻るから。

叩頭

読み方:おじぎ

  1. 相場失敗して債権者泣きつくこと。〔相場語〕

分類 相場

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

叩頭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/13 21:57 UTC 版)

叩頭(こうとう)は、東アジアの伝統儀式、礼儀作法のひとつで、中国語では「磕頭」ともいう。この動作をする人は、両膝を地面につけ、両手を地面に置いて、さらに頭を地面につける。これによって、高度な忠誠と尊敬の念を表すことになる。こうした儀式は、本来は人間が神仏に対して行うものであるが、子が父母に対して、先祖に対しても行うほか、目上の者に対して重大な過ちを犯したことを謝罪する場合にも行われる。叩頭は、頓首礼(頭を地に押し付ける礼)、稽首礼(額付きの礼)の動作のひとつであり、日本における土下座の礼儀も、叩頭の動作を含むものである。


  1. ^ 藤村健一「上海における仏教の観光寺院の空間構造・性格・拝観」、『E-journal GEO』第11巻第1号、日本地理学会、2016年、 199-218頁。 NAID 130005420987
  2. ^ 黄泽存 (2002). 新时期对外宣传论稿. 五洲传播出版社. ISBN 7508501470. 
  3. ^ van Braam Houckgeest, Andreas Everardus. (1798). An authentic account of the embassy of the Dutch East-India company, to the court of the emperor of China, in the years 1794 and 1795, Vol. I (English edition). pp. 285 in original (p. 335 of pp. 339 in digitized format).
  4. ^ Hsu, Immunel C.-Y. (1999), The Rise of Modern China, New York, Oxford University Press, p. 115-118
  5. ^ (Chinese). Annals of Joseon Dynasty. "龍胡入報, 出傳汗言曰: “前日之事, 欲言則長矣。 今能勇決而來, 深用喜幸。” 上答曰: “天恩罔極。” 龍胡等引入, 設席於壇下北面, 請上就席, 使淸人臚唱。 上行三拜九叩頭禮。" 
  6. ^ 重点領域研究「沖縄の歴史情報研究 (History Study of Okinawa)』(日本語)。「– 「通航一覧・琉球国部 正編 巻之二十三 琉球国部二十三、唐国往来」"」
  7. ^ 2歳過ぎ、まだこんなことしますか?”. ベビカム (2010年1月21日). 2017年11月23日閲覧。
  8. ^ 角丸歩「大学生における自傷行為の臨床心理学的考察」、『臨床教育心理学研究』第30巻第1号、関西学院大学、2004年3月25日、 89-105頁。 NAID 110002558472
  9. ^ デジタル大辞泉『米搗虫』 - コトバンク
  10. ^ デジタル大辞泉『叩頭虫』 - コトバンク
  11. ^ goo 辞書 ぬかずき‐むし〔ぬかづき‐〕【叩=頭虫/▽額突虫】デジタル大辞泉


「叩頭」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「叩頭」の関連用語

叩頭のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



叩頭のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの叩頭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS