只とは? わかりやすく解説

し【×只】

読み方:し

人名用漢字] [音]シ(呉)(漢) [訓]ただ

[一]〈シ〉それだけ。「只管打坐(しかんたざ)」

[二]〈ただ〉「只今只者只中

難読只管(ひたすら)


ただ【唯/×只/但】

読み方:ただ

《「直(ただ)」と同語源》

【一】[副]

そのことだけをするさま。それよりほかにない限定するさま。ひたすらもっぱら。「—時間ばかりかかる」「—無事だけを祈る」

数量程度などがごく少ないさま。わずかに。たった。「正解は—の三人だった」「—一度しか休まない

(「ただ」+動詞連用形+「に」+動詞形でそのことだけが行われるさま。ひたすら。「—泣き泣く

【二】[接]前述の事柄に対して条件つけたりその一部保留したりするときに用いる。ただし。「出かけていい。—、昼までには帰るように」


ただ【徒/×只】

読み方:ただ

《「直(ただ)」と同語源》

【一】[名]

取り立てて値打ち意味がないこと。普通。「—の人」「—のからだではない」

何事もなくそのままであること。無事。「見つかったら—では済まない

(只)代金いらないことまた、報酬のないこと。無料。「—でくれる」「—で働く」

【二】形動ナリ

ありきたりまた、ありのまま

「—なる絹綾など取り具し給ふ」〈源・宿木

何事もないさま。

朝露のおくる思ひ比ぶれば—に帰らむ宵はまされり」〈和泉式部日記

[補説] 【一】3は「只」の字を「ロ」と「ハ」とに分け俗に「ろは」という。


読み方:ろは

  1. 無代収受又ハ法外利得。〔第四類 言語動作
  2. 代金要せぬことを云ふ。只の字をロとハに分け、ただと云ふことに通はして云ひたり。
  3. 無代無料の意。金銭要せず只なりとの意。只の字を分解すれば、ロハとなるを以ていふ。
  4. 只のことをいふ。只の字は片仮名のロとハから成つて居るから。
  5. 只の字を上下に分けてロハといふ。無代の意味である。〔隠語
  6. 只。
  7. 只のことをいふ。只の字は片カナのロとハと書所から
  8. 只、無料のこと。「只」を分析したもの。
  9. 只。甲府 不良青少年仲間
  10. 無代無料をいう。タダ(只)の字上下に離して片仮名したもの
  11. 只。〔香具師不良
  12. 無料只の字の分解。〔俗〕
  13. 只のこと。只という字を分析すれば「ロハ」となるから

分類 不良青少年仲間俗語、俗/一般東京香具師不良

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

無料

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/30 10:01 UTC 版)

無料(むりょう)とは、そのサービスの提供について、受益者に代価を求めないことである。「送料は無料になります」「ただいまドリンクの無料サービス中です」「ファミリーレストランの無料クーポン券をもらった」のように使われる。


  1. ^ “ろは”, 新明解国語辞典 (第4版小型 ed.), 三省堂, (1989年12月10日), p. 1389, ISBN 4-385-13142-2 .
  2. ^ 宮本憲一(1989):環境経済学.岩波書店、368p.ISBN 4000003267


「無料」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 01:47 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. ただ無料ロハ

副詞

  1. ただ)その他のことに関わらず

熟語

成句


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「只」の例文・使い方・用例・文例



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

只のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



只のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの無料 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS