修業とは? わかりやすく解説

しゅう‐ぎょう〔シウゲフ〕【修業】

読み方:しゅうぎょう

[名](スル)学術技芸などを学んで身につけること。また、その分野規定される課程または年限済ますこと。しゅぎょう。「高校課程を—する」「—証書


しゅ‐ぎょう〔‐ゲフ〕【修業】

読み方:しゅぎょう

[名](スル)学問技芸習い身につけること。しゅうぎょう。「—中の身」「師のもとで—する」「花嫁—」→修行[補説]


修業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/02 05:56 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「修業」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「修業」を含むページの一覧/「修業」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「修業」が役に立つかも知れません。(Template:Wiktionary redirect

関連項目



修業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/23 15:38 UTC 版)

田中葵園」の記事における「修業」の解説

天明2年1782年6月8日佐渡国相川下京町佐渡奉行所銀山定役田中美矩の子として生まれ14日先例により安五郎名付けられた。寛政5年1793年5月西川恒山入門し浅見十郎副充に東軍流柔術阿川之助義広甲州流軍学広田文七興勝に無眼真隠流剣術永井右衛門増井(増木)七左衛門長旧に田付流砲術学んだ享和2年1802年1月奉行所出仕し、元之進を襲名した文化2年1805年)師恒山死去すると、その遺志継いで七軒屋に社友と広業堂を建て、文学武芸研鑽した。 文化7年1810年3月海防警備のため出役した。4月亀田鵬斎来島して講義聴き、弗措堂の斎号を賜った文化8年1811年3月眼病罹り諏訪温泉療養した後、京都江戸へ旅行した斎の影響で矢島主計私学励風館の建設計画したことに対抗し文化8年1811年8月文化10年1813年)の2度奉行金沢千秋官立学問所設立願い出文化12年1815年10月広業堂と町会所素読所を合併する形で奉行所内に素読所を設置した文化9年1812年3月6日父が死去して家督継ぎ、従太郎称した文化10年1813年3月京都旅行した文政2年1819年6月江戸赴任し7月林述斎入門し佐藤一斎の塾にも通い文政3年1820年8月日光東照宮参詣して帰郷した

※この「修業」の解説は、「田中葵園」の解説の一部です。
「修業」を含む「田中葵園」の記事については、「田中葵園」の概要を参照ください。


修業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/26 02:02 UTC 版)

小泉成一」の記事における「修業」の解説

明治2年1869年8月16日備後福山藩小泉一郎長男として備後国深津郡福山生まれた本籍西町明治4年1871年旧知藩事阿部正桓上京命じられると、9月一家神戸港から海路上京し東京駒込西片町9番地文京区西片一丁目丸山屋敷内移り住んだ。 1882年明治15年10月2日彰技堂に入学して本多錦吉郎洋画英学学び1883年明治16年4月5日から1885年明治18年12月まで東京英語学校1886年明治19年3月1日から12月まで東京仏語学校にも通った1886年明治19年11月1日彰技堂図画科を卒業し12月1日不同舎に入学して小山正太郎学んだ1888年明治21年5月15日から高等師範学校雇西毅三郎写真術学び7月3日から1889年明治22年7月まで京都・奈良古代建築名所写生した

※この「修業」の解説は、「小泉成一」の解説の一部です。
「修業」を含む「小泉成一」の記事については、「小泉成一」の概要を参照ください。


修業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 05:50 UTC 版)

アジア農村指導者養成専門学校」の記事における「修業」の解説

修業期間1年で、1992年の例では5月2日入学式12月12日卒業式行った入学者は、学院敷地内宿舎寝泊まりして研修を受ける研修内容は、講義農場実習個人プロジェクトなどが有り早朝夕方に定例的作業もある。学院内の共通語は英語が使われている。環境健康被害歴史学習のために足尾銅山水俣病などへの校外研修行われる1996年以降は、他国学生一緒にサーバントリーダーシップ持続可能な農業コミュニティ構築について学ぶ強い意志を持つ日本人学生募集している。 2021年は、新型コロナウイルス感染症 (2019年)影響で入学予定していた外国人研修生25名が入国できず、修業できたのは日本人3人ギニア人1名の計4人となった

※この「修業」の解説は、「アジア農村指導者養成専門学校」の解説の一部です。
「修業」を含む「アジア農村指導者養成専門学校」の記事については、「アジア農村指導者養成専門学校」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「修業」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

修業

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 05:58 UTC 版)

名詞

 しゅうぎょうしゅぎょう

  1. 学問技芸習って身に付けること。

発音(?)

しゅ↗ーぎょー
しゅ↗ぎょー

動詞

活用

サ行変格活用
修業-する

「修業」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

修業のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



修業のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの修業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの田中葵園 (改訂履歴)、小泉成一 (改訂履歴)、アジア農村指導者養成専門学校 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの修業 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS