切磋琢磨とは?

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 四字熟語 > 出典別 > 詩経 > 切磋琢磨の意味・解説 

切磋琢磨

読み方:せっさたくま

切磋琢磨とは、切磋琢磨の意味

切磋琢磨とは、学問道徳に励む、仲間同士励まし合って向上するという意味のこと。切瑳琢磨という漢字表記もある。切磋学問道徳を磨くこととい語源があり、琢磨表面を平らにする研磨技法語源となっている。つまり、磨いて向上するという意味の四字熟語なのだ。切磋琢磨の英語表現どういう意味で使用するかにもよるが、friendly competition などが挙げられる。

切磋琢磨は元々は玉や石を打ち磨くという意味で、学問で徳を修めることを指す事が多かったが、現在では仲間同士努力競争しあって向上するという意味で用いられることが一般的である。

切磋琢磨の類語

切磋琢磨の類語としては砥礪切磋がある。砥礪切磋学問道徳努力する切磋琢磨と似た能力高めるために努力するという意味がある。しのぎを削るも類語と言えるが、互いに上するという切磋琢磨に対ししのぎを削るは争い意味合いが強い使い方だ。

切磋琢磨の語の例文、使い方

切磋琢磨を使った例文には「結果を出すことが出来なかったのは切磋琢磨に努めることが出来なかったからだ」、ビジネスシーンでは「同じ部署ライバルとしてこれからも切磋琢磨して会社盛り上げよう」などといったものがある互いに高め合うという意味で切磋琢磨を使用する場合は、ポジティブ使い方が多い。学問道徳に励むの努力をするという意味での切磋琢磨ではネガティブ使い方も可能だ。

せっ さたくま [1][1] 【切磋磨】

( 名 ) スル
〔「詩経衛風、淇奥」より。「琢磨」は玉や石を細工しみがく意〕
切磋」に同じ。 「たがいに-して学問に励む」
「切磋琢磨」に似た言葉


切磋琢磨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/21 11:13 UTC 版)

切磋琢磨(せっさたくま)とは、2007年(平成19年)に出版された経済学に関する書籍のタイトルである。 タイトルの元となった切磋琢磨とは、もともと材料を加工する作業の事を表す表現であったが、転じて様々な努力を通して、互いに高めあうことを表す四字熟語となった。




「切磋琢磨」の続きの解説一覧

切磋琢磨

出典:『Wiktionary』 (2018/03/31 14:45 UTC 版)

成句

磋琢せっさたくま

  1. 学問などによって自分を磨いて、完成させること。また、同じ志を持つ人が互いに学問などを磨き合うこと。

出典




切磋琢磨と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「切磋琢磨」の関連用語

切磋琢磨のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



切磋琢磨のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの切磋琢磨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの切磋琢磨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS