詩作とは?

し‐さく【詩作】

[名](スル)詩を作ること。古くは、特に漢詩作ること。「感興赴くままに詩作する」


し‐さく【詩作】

〔名〕

① (━する) 詩、古くは、漢詩作ること。また、その作った詩。

宇津保(970‐999頃)祭の使「公(おほやけ)のしさくきこしめさすとて」

俳諧大坂独吟集(1675)下「より詩作しっぽりとして ながながの旅道の記をおもひ侘〈重安〉」

古典と現代文学(1955)〈山本健吉隠者文学禅院哲学的雰囲気のなかで詩作した五山詩僧たち」

詩人

咄本百物語(1659)下「詩作(シサク)の連句のびすぎてどんなり」


し‐つくり【詩作】

〔名〕 漢詩和歌などの詩文作ること。また、その人

有明の別(12C後)二「しつくりはまづかたちのをかしげなるがよきなりと宣はすれば」




固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「詩作」の関連用語

詩作のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



詩作のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS