bridgeとは? わかりやすく解説

bridge

別表記:ブリッジ

「bridge」とは・「bridge」の意味

「bridge」は、英語で「」を意味する言葉である。また、音楽の分野では、サビサビの間に挿入される部分指し曲の構成雰囲気変化させる役割を果たす例えば、ポップスロックなどの楽曲でよく聴かれる、歌詞メロディ一度だけ現れる部分が「bridge」である。

「bridge」の発音・読み方

「bridge」の発音は、ブリッジ(/brɪ/)と読む。英語圏では、リ音が強く発音されることが特徴である。

「bridge」の語源・由来

「bridge」は、古英語の「brycgian」(橋をかける)に由来する

「bridge」を含む英熟語・英語表現

「ブリッジする」とは

ブリッジする」とは、英語で「to bridge」と表現され二つのものをつなぐ、または仲介する役割を果たすことを意味するビジネスコミュニケーション場面で用いられることが多い。

「bridge」を含む様々な用語の解説

「BRIDGE(WEB適性検査)」とは

「BRIDGE」は、webテスト活用した適性検査一種である。企業採用選考人材育成のために用いられ個々能力適性測定することができる。

「BRIDGE(クラウドファンディング)」とは

「BRIDGE」は、クラウドファンディングプラットフォームの一つであり、プロジェクト資金調達支援目的としている。個人企業アイデアプロジェクト発表し多く人々から資金集めることができる。

「bridge(バンド)」とは

「bridge」は、メンバー集まり結成されバンドの名称である。音楽活動行いながら、メンバー同士の絆や音楽性深めていくことを目指している。

「bridge」の使い方・例文

1. The Golden Gate Bridge is a famous landmark in San Francisco.(ゴールデンゲートブリッジは、サンフランシスコ有名なランドマークである。)
2. The bridge in the song adds a nice change of pace.(その曲のブリッジは、良いペースチェンジを加えている。)
3. The negotiations served as a bridge between the two countries.(交渉は、両国間の橋渡し役を果たした。)
4. The bridge collapsed due to the heavy rain.(豪雨のために崩れた。)
5. The company uses the BRIDGE test to evaluate potential employees.(その企業は、BRIDGEテスト使って潜在的な従業員評価している。)
6. She successfully raised funds for her project through the BRIDGE crowdfunding platform.(彼女は、BRIDGEクラウドファンディングプラットフォームを通じてプロジェクト資金調達成功した。)
7. The bridge connects the two islands.(そのは、二つの島をつないでいる。)
8. The bridge section in the symphony creates a dramatic effect.(交響曲ブリッジ部分は、劇的な効果生み出している。)
9. The ambassador acted as a bridge between the governments.(大使は、政府間の橋渡し役を果たした。)
10. The bridge was built to withstand earthquakes.(そのは、地震耐えるために建設された。)

ブリッジ【bridge】

読み方:ぶりっじ

橋梁陸橋・跨線(こせん)など。

船橋(せんきょう)。艦橋

列車車両車両との間の部分

架工歯(かこうし)

コントラクトブリッジ」「セブンブリッジ」の略。

レスリングで、仰向けのまま頭と足で支え、からだを弓なり反らせること。

コンピューターネットワークで、回線同士接続する機器無駄なデータ転送起きないよう、適切な転送先にのみ信号中継する

ジャズポピュラー音楽などで、フレーズ同士をつなぐ転換部。さびの部分指していうこともある。


Bridge


スペーサー

英訳・(英)同義/類義語:bridge, spacer arm

一般的に二つ物体分子間の距離を保たせる目的挿入する別の物体分子のこと。

サビ [bridge]

冒頭フレーズとは異な楽節のことで、A+B+A'のBの部分

ブリッジ[bridge]

楽曲中間部分冒頭テーマとは異なメロディーを持つ部分を指す。

ブリッジ

【英】:bridge

弦の一端ボディ固定し、弦振動ボディ伝え役割持ったパーツ

スチール弦アコースティックギターでは、ブリッジからボディ内部まで垂直に貫通した穴に弦のボールエンド側を差し込み、その穴にブリッジピン押し込むことで弦を固定する方式一般的

ナイロン弦アコースティックギターでは、ブリッジ上にほぼ水平に空けられた穴に弦を通し、ここに弦を巻き付けることによって固定する方式が多い。

いずれのタイプギターにおいても、ブリッジ上にはサドル置かれ、このサドル頂点が弦振動一方支点となる(もう一方支点ナット)。

ブリッジに使われる素材は、ローズウッドエボニー一般的


Bridge

名前 ブリッジ

(bridge から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/28 17:27 UTC 版)

(はし、: bridge)は、地面が下がった場所や何らかの障害(など)を越えて、「みち」(路、道) のたぐい(通路道路鉄道など)を通す構築物である[1]。工学上は橋梁 (きょうりょう) という[2]


注釈

  1. ^ このほか鉄筋コンクリートや鋼材、繊維強化プラスチックなどとの複合橋も架設されているが、それは複合橋で説明する。

出典

  1. ^ Merriam Webster, definition of bridge.
  2. ^ a b c ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典【橋】
  3. ^ 武部健一 2015, p. 9、武部「アーチは東漸したか」『第九回日本土木史研究発表会論文集』より孫引き。
  4. ^ a b 大野春雄監修『橋 HASHI なぜなぜ読本』山海堂 2000年5月20日 第1版第3刷発行
  5. ^ 武部健一 2015, p. 25.
  6. ^ a b c 浅井建爾 2001, p. 212.
  7. ^ 江戸時代 - 新宿区市年表”. 2021年10月5日閲覧。
  8. ^ a b c d e 浅井建爾 2001, p. 221.
  9. ^ a b 石井一郎 1987, p. 86.
  10. ^ 浅井建爾 2001, pp. 212, 221.
  11. ^ International Database and Gallery of Structures, Evan Walker Bridge
  12. ^ 国土交通省、道路メンテナンス年報
  13. ^ トラス橋が車の通過中に崩落、香川と徳島の県境で
  14. ^ 誰も管理しない橋、コンクリ落下で「発見」相次ぐ
  15. ^ a b c d e 藤原稔 2010, p. 3.
  16. ^ a b c d e f g h i 浅井建爾 2001, pp. 214–215.
  17. ^ Britannica, Bridgeの記事。Basic formsの節の中の「Beam」の節。「The beam bridge is the most common bridge form.」と説明してある。
  18. ^ a b c d 橋の博物館とくしま 橋の種類・構成”. 徳島県道路整備課機能再生・管理担当. 2018年2月10日閲覧。
  19. ^ 石井一郎 1987, p. 87.
  20. ^ 菅原昭二「十四歳の丸太馬搬」『穂別高齢者の語り聞き史(昭和編)大地を踏みしめて 上』穂別高齢者の語りを聞く会、2014年、p274頁。 
  21. ^ 水管橋 日本水道鋼管協会
  22. ^ [1]
  23. ^ a b c 石井一郎 1987, p. 91.
  24. ^ 鎌田慧『反骨 鈴木東民の生涯』(講談社, 1989年)
  25. ^ サンデー毎日』(2003年3月2日号)「消えゆく光景・釜石橋上市場」
  26. ^ a b c d 五十畑弘 2019, p. 191.
  27. ^ 五十畑弘 2019, p. 193.
  28. ^ 五十畑弘 2019, p. 188.
  29. ^ a b 五十畑弘 2019, p. 185.
  30. ^ 五十畑弘 2019, p. 189.
  31. ^ 五十畑弘 2019, p. 197.
  32. ^ 社会インフラの維持管理をめぐる状況 「荒廃するアメリカ」とその後の取組み”. 国土交通省. 2018年8月25日閲覧。
  33. ^ a b 五十畑弘 2019, p. 195.
  34. ^ 橋を取り巻く交通環境と進行する高齢化”. 国立研究開発法人 土木研究所. 2018年8月25日閲覧。
  35. ^ インフラ長寿命化基本計画”. インフラ老朽化対策の推進に関する関係省庁連絡会議 (2013年11月). 2018年8月25日閲覧。
  36. ^ 五十畑弘 2019, p. 196.
  37. ^ 老朽で「廃橋」全国137ヵ所/改修断念、地方多く/人口減、利用頻度見極め『日本経済新聞』朝刊2018年11月25日(6面)2018年11月29日閲覧。
  38. ^ a b 誰が設置したのか「勝手橋」…住民多数が利用でも、管理者不明のまま補修されず放置 読売新聞 2021年11月22日
  39. ^ イタリア・高架橋崩落 過去5年間に10件”. 日テレ24 (2018年8月16日). 2018年8月25日閲覧。
  40. ^ a b 磯兼雄一郎、井上孝司『標識と信号で広がる鉄の世界』秀和システム、2010年、119頁。 
  41. ^ 磯兼雄一郎、井上孝司『標識と信号で広がる鉄の世界』秀和システム、2010年、117頁。 
  42. ^ 重要文化財萬代橋 重要文化財の経緯”. 国土交通省北陸地方整備局新潟国道事務所. 2020年9月23日閲覧。
  43. ^ Guinness World Records, widest bridge.
  44. ^ Longest bridge”. ギネス・ワールド・レコーズ (2011年6月). 2020年2月20日閲覧。
  45. ^ Longest road bridge”. ギネス・ワールド・レコーズ (2000年7月). 2020年2月20日閲覧。
  46. ^ 舟山规划130公里通道连上海_科技频道_凤凰网”. 凤凰新媒体 (2013年7月30日). 2020年2月20日閲覧。
  47. ^ a b c d 浅井建爾 2001, p. 224.
  48. ^ 浅井建爾 2001, p. 216.
  49. ^ 広島空港大橋(ひろしまくうこうおおはし)”. 広島県土木建築局道路企画課 (2015年3月11日). 2018年3月12日閲覧。
  50. ^ 石井一郎 1987, p. 85.



BRIDGE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 13:59 UTC 版)

ゴリパラ見聞録」の記事における「BRIDGE」の解説

ゴリけん持ちネタ立派な前にするとHOUND DOGの『BRIDGE ~あのをわたるとき~』を前奏から歌いだす。ゴリパライベントではオープニングにこの曲をゴリけんが歌うことが定番となっているが、その際カラオケ音源BGMライブさながらパフォーマンス披露する

※この「BRIDGE」の解説は、「ゴリパラ見聞録」の解説の一部です。
「BRIDGE」を含む「ゴリパラ見聞録」の記事については、「ゴリパラ見聞録」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「bridge」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「bridge」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「bridge」に関係したコラム

  • 株式売買を行う日本国内の証券会社の一覧

    個人投資家が株式投資を行う場合、証券会社を通じて株式売買を行うのが一般的です。証券会社は、株式などの有価証券の売買をはじめ、店頭デリバティブ取引や有価証券の管理を主な業務としています。日本国内の証券会...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「bridge」の関連用語

bridgeのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



bridgeのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2024 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2024 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2024 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
楽器探そう!デジマート楽器探そう!デジマート
Copyright(c)2024 Rittor Music Inc., a company of Impress Group. All right reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの橋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのゴリパラ見聞録 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS