19 世紀とは? わかりやすく解説

19世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/02 16:27 UTC 版)

19世紀(じゅうきゅうせいき)は、西暦1801年から西暦1900年までの100年間を指す世紀


  1. ^ ただし、この時点ではA型、B型、C型の3つであるとされた。
  1. ^ ウィンチェスター, サイモン著、野中邦子訳『世界を変えた地図 - ウィリアム・スミスと地質学の誕生 -英語版早川書房、2004年7月、ISBN 978-4-15-208579-5、65-66頁。
  2. ^ (英語) Validated Living Supercentenarians”. Gerontology Research Group. 2018年4月22日閲覧。



19世紀(1800年–1907年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/01 04:47 UTC 版)

トリニティ・カレッジ (オックスフォード大学)」の記事における「19世紀(1800年1907年)」の解説

オックスフォード学究的生活を送る生徒の不足はトリニティ限ったものではなく、不安が大きく広まった結果大学は19世紀初めにオックスフォード大学試験規則」(英: the Oxford University Examination Statute)を導入し学位取得条件として以前より格段に厳し試験課すようになった19世紀前半トリニティは、教育改革行おうという勢いに対し概して好意的に反応した。「コレクション」は1809年規格化・正式化され当時学生だったジョン・ヘンリー・ニューマン1817年までに、「一層の厳格化」でトリニティが「最も厳しカレッジになる」として喜んでいる。しかしながらトリニティ卒業者最後に第一級優等学位英語版)を取って卒業したのは10年前のことだった。ジョン・ウィルソン(英: John Wilson1850年就任)の学寮任期までには、トリニティ・オックスフォード大学双方で、信仰の道に教え導くことではなくしっかりとした学習必要とされるようになっていた。 1850年設立され王立委員会大学実情について調査しウィルソンはこれにならってトリニティ調査行おうとしたほか、日々のチュートリアル奨学金制度 (Exhibition (scholarship))構築可能にしたり、学部生にとっての図書館利便性向上するため、聴講生授業料値上げ申し出た。この尽力ウィルソンは、王立委員会思い描いた、他カレッジ生徒に対してより開かれた所にするという施策助けることになった1870年までに8つ奨学金制度からは信仰義務除かれ1882年には大聖堂司祭以外のフェローへの神品機密任意性となった加えてトリニティ創建以来両立性考えられてきた結婚認められるようになった。また1816年には希望者全員任意の奨学金貸与するようになり、1825年からはスカラーだけでなく元スカラーにもフェロー就任認めた(但し宗教的拘束条項保持された)。1843年には、他のカレッジ出身生徒にもトリニティフェロー就任認められるようになった

※この「19世紀(1800年–1907年)」の解説は、「トリニティ・カレッジ (オックスフォード大学)」の解説の一部です。
「19世紀(1800年–1907年)」を含む「トリニティ・カレッジ (オックスフォード大学)」の記事については、「トリニティ・カレッジ (オックスフォード大学)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「19 世紀」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「19世紀」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「19 世紀」に関係したコラム

  • 株式の投資基準とされる売上高伸び率とは

    株式の投資基準とされる売上高伸び率とは、企業の予想売上高が最新の売上高の何パーセント増加しているかを表したものです。予想売上高が伸びればその分、株価も上昇するのが一般的とされています。売上高伸び率は、...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

19 世紀のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



19 世紀のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの19世紀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのトリニティ・カレッジ (オックスフォード大学) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS