さながらとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > JMnedict > さながらの意味・解説 

さ‐ながら【宛ら】

副詞「さ」+接続助詞「ながら」から》

【一】[副]

非常によく似ているさま。まるで。そっくり。「宛ら滝のような」「地獄絵宛らのすさまじさ」

そのまま。もとのまま。

「池などは—あれど」〈一六三〉

すべて。全部

「あやしの民屋—やぶれくづる」〈平家一二

【二】[接]そうは言うもののかと言ってやはり。

食逃げ大尽にあふ事多し。—それとて乞ひがたく」〈浮・胸算用・二〉


真柄

読み方
真柄さながら

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「さながら」の関連用語

さながらのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



さながらのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS