1663年とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 近世年表 > 1663年の意味・解説 

寛文3年 (みずのとう 癸卯)

寛文3年
年(年号)
1643年 (寛永20年) 田畑永代売買禁止令
1651年 (慶安4年) 慶安の御触書公布
1659年 (万治2年) 江戸城本丸造営竣工
●1663年 (寛文3年) 武家諸法度改定
寛文3年
1681年 (天和元年) 護国寺建立
1682年 (天和2年) 江戸大火八百屋お七火事


寛文3年
狩野 探幽 1602年1672年(慶長7年寛文12年) 61
徳川 和子 1607年1678年(慶長12年延宝6年) 56
保科 正之 1611年1672年(慶長16年寛文12年) 52
三井 高利 1622年1694年(元和8年元禄7年) 41
堀田 正俊 1634年1684年(寛永11年貞享元年) 29
渋川 春海 1639年1715年(寛永16年正徳5年) 24
徳川 家綱 1641年1680年(寛永18年延宝8年) 22才
林 鳳岡 1644年1732年(正保元年享保17年) 19才
松尾 芭蕉 1644年1694年(正保元年元禄7年) 19才
徳川 綱吉 1646年1709年(正保3年宝永6年) 17才
西川 如見 1648年1724年(慶安元年享保9年) 15才
新井 白石 1657年1725年(明暦3年享保10年) 6才
柳沢 吉保 1658年1714年(万治元年正徳4年) 5才
室 鳩巣 1658年1734年(万治元年享保19年) 5才
尾形 光琳 1658年1716年(万治元年享保元年) 5才
大石 内蔵助 1659年1703年(万治2年元禄16年) 4才
市川 団十郎 1660年1704年(万治3年宝永元年) 3才
尾形 乾山 1663年〜1743年(寛文3年〜寛保3年) 0才
玉川 庄右衛門 ????年〜1695年(??年〜元禄8年) ?才
菱川 師宣 ????年〜1694年(??年〜元禄7年) ?才

1663年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/26 18:09 UTC 版)

1663年(1663 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、月曜日から始まる平年




「1663年」の続きの解説一覧

1663年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 06:09 UTC 版)

詳細は「1663年」を参照 武家諸法度改正寛文令)により、キリスト教禁教明文化される。 レーゲンスブルク神聖ローマ帝国の「永続的帝国議会開催地となる( - 1806年)。 アントウェルペン王立芸術学院設立

※この「1663年」の解説は、「1660年代」の解説の一部です。» 「1660年代」の概要を見る


1663年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 04:35 UTC 版)

[値] 村松茂清が『算俎』を著し、円に内接する正 2n 角形 (2 ≤ n ≤ 15) の辺の長さから π ≒ 3.1415 92648 77769 88692 48 とし、小数点以下7まで正しい値を求めた。ファン・コーレンなどの計算には遠く及ばないものの、近似値として単に 3.16 という値を示すのみであった塵劫記』や、中国などを通じて入ってくる算書に頼り切ってきたそれ以前和算から一歩踏み出し日本初め数学的な方法円周率計算し発表した和算家村松である。和算において、円周率をはじめとするに関する研究は「円理」と呼ばれ一定の発展見せたが、例え外接多角形との「はさみうち」によって何目まで正しいかを論証する、といったような基本的な数学的発展さえわずかであったのが「和算の限界であった円周率#和算における円周率の取り扱い)。

※この「1663年」の解説は、「円周率の歴史」の解説の一部です。» 「円周率の歴史」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「1663年」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

1663年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1663年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
江戸net江戸net
Copyright (C) 2022 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1663年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの1660年代 (改訂履歴)、円周率の歴史 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS