堀田 正俊とは? わかりやすく解説

ほった‐まさとし【堀田正俊】

読み方:ほったまさとし

[1634〜1684]江戸前期政治家下総(しもうさ)古河(こが)藩主将軍徳川綱吉擁立に功をあげて大老となったが、殿中若年寄稲葉正休(まさやす)に刺殺された。


堀田正俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 05:52 UTC 版)

堀田 正俊(ほった まさとし)は、江戸時代前期から中期の大名江戸幕府老中大老上野安中藩主。後に下総古河藩の初代藩主。正俊系堀田家初代。


注釈

  1. ^ 即死ではなく、医師に手当をされた後、重体のまま自邸に運ばれ息を引き取っている。

出典

  1. ^ 佐倉市の文化財-史跡(2)「墓・碑 など」”. 佐倉市. 2020年3月15日閲覧。
  2. ^ 海音寺潮五郎「大老堀田正俊」『改造』1936年1月号; 小川和也『儒学殺人事件』2014年


「堀田正俊」の続きの解説一覧

堀田正俊(ほった まさとし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 00:33 UTC 版)

浪人若さま新見左近」の記事における「堀田正俊(ほった まさとし)」の解説

酒井代わり大老の座に就く。一時は左近の命を狙おうと画策したものの綱吉将軍になったことで小言言うものの双方の関係は前に比べて穏やかなものになった自分綱吉将軍に就けたという自負持ち、段々力を付けていく柳沢に対して良い感情抱いていない。また生類憐みの令に関して批判的な立場を取るそれ以外にも遠慮のない物言い綱吉の癇に障り柳沢企みにより城中殺害されることになる。

※この「堀田正俊(ほった まさとし)」の解説は、「浪人若さま新見左近」の解説の一部です。
「堀田正俊(ほった まさとし)」を含む「浪人若さま新見左近」の記事については、「浪人若さま新見左近」の概要を参照ください。


堀田正俊(ほった まさとし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 18:29 UTC 版)

大殺陣」の記事における「堀田正俊(ほった まさとし)」の解説

若年寄酒井敵対関係にあったために謀反罪を着せられ幽閉されるが、北条尽力により、粛清免れて復職する。

※この「堀田正俊(ほった まさとし)」の解説は、「大殺陣」の解説の一部です。
「堀田正俊(ほった まさとし)」を含む「大殺陣」の記事については、「大殺陣」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「堀田 正俊」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



堀田 正俊と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

堀田 正俊のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



堀田 正俊のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
江戸net江戸net
Copyright (C) 2022 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの堀田正俊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの浪人若さま新見左近 (改訂履歴)、大殺陣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS