物言いとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 言葉遣い > 物言いの意味・解説 

もの‐いい〔‐いひ〕【物言い】

物を言うこと。また、物の言い方言葉遣い。「ていねいな物言いをする」「物言いに気をつける

言い合い口論

追出されて来ましたというから、—でもしてきた事と思ったのだ」〈左千夫・春の潮

異議口に出すこと。特に相撲で、行司勝負判定に、審判委員控え力士異議申し入れること。「物言いがつく」

うわさ。とりざた

「人の—さがなさよ」〈源・帚木

話がうまいことまた、その人

「隈(くま)なき—も、定めかねて」〈源・帚木


物言い

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

物言い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/02 02:06 UTC 版)

物言い(ものいい)とは、大相撲において、行司が下した判定(軍配)に対し、審判委員や控え力士が異議を唱えること。またそれから転じて、異議を申し立てること全般を「物言いをつける」ともいう。




  1. ^ 審判規則審判委員第3条
  2. ^ 審判規則行司第16条
  3. ^ 高永・原田、456頁
  4. ^ 審判規則行司第4条
  5. ^ 審判規則控え力士第5条
  6. ^ 審判規則審判委員第5条
  7. ^ 審判規則控え力士第6条
  8. ^ 田中亮『全部わかる大相撲』(2019年11月20日発行、成美堂出版)p.79
  9. ^ a b c d e 大相撲ビデオ判定導入の真相 47年前何があった? 日刊スポーツ 2016年10月27日12時48分
  10. ^ 他のスポーツより、40年も早く「ビデオ判定」を導入した大相撲
  11. ^ サッカーのVARだけじゃない。各スポーツのビデオ判定事情
  12. ^ 昭和前半までは、協議に加わることができないことは現在と変わりはないものの、かつては物言いをつけた力士は土俵下からかなり自分の見解を主張していた
    『大相撲ジャーナル』2017年6月号68頁
  13. ^ 霧島 対 水戸泉 〜うっちゃり4連戦〜 - YouTube
  14. ^ え!?控え力士が物言い…序二段取組で珍事(相撲)― スポーツ 大相撲 2008年 秋場所”. Sponichi Annex (2008年9月22日). 2014年5月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年5月22日閲覧。
  15. ^ 勝ち名乗り後に物言い=大相撲春場所11日目”. 時事通信社 (2013年3月20日). 2013年4月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月21日閲覧。
  16. ^ 鶴竜、珍事に苦笑い=大相撲夏場所12日目”. 時事通信社 (2014年5月22日). 2014年5月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年5月22日閲覧。
  17. ^ 読売新聞2014年5月25日付、31面
  18. ^ 稀勢の里、命拾いの1敗死守 物言いで相手の負け(日刊スポーツ)


「物言い」の続きの解説一覧



物言いと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「物言い」の関連用語

物言いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



物言いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの物言い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS