物言いとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 言葉遣い > 物言いの意味・解説 

もの‐いい〔‐いひ〕【物言い】

読み方:ものいい

物を言うこと。また、物の言い方言葉遣い。「ていねいな—をする」「—に気をつける

言い合い口論

追出されて来ましたというから、—でもしてきた事と思ったのだ」〈左千夫・春の潮

異議口に出すこと。特に相撲で行司勝負判定に、審判委員控え力士異議申し入れること。「—がつく」

うわさ。とりざた

「人の—さがなさよ」〈源・帚木

話がうまいこと。また、その人

「隈(くま)なき—も、定めかねて」〈源・帚木


物言い

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

物言い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 04:10 UTC 版)

物言い(ものいい)とは、大相撲において、行司が下した判定(軍配)に対し、審判委員や控え力士が異議を唱えること。またそれから転じて、異議を申し立てること全般を「物言いをつける」ともいう。


  1. ^ 審判規則審判委員第3条
  2. ^ 審判規則行司第16条
  3. ^ 高永・原田、456頁
  4. ^ 審判規則行司第4条
  5. ^ 審判規則控え力士第5条
  6. ^ 審判規則審判委員第5条
  7. ^ 審判規則控え力士第6条
  8. ^ 田中亮『全部わかる大相撲』(2019年11月20日発行、成美堂出版)p.79
  9. ^ a b c d e 大相撲ビデオ判定導入の真相 47年前何があった? 日刊スポーツ 2016年10月27日12時48分
  10. ^ 他のスポーツより、40年も早く「ビデオ判定」を導入した大相撲
  11. ^ サッカーのVARだけじゃない。各スポーツのビデオ判定事情
  12. ^ 昭和前半までは、協議に加わることができないことは現在と変わりはないものの、かつては物言いをつけた力士は土俵下からかなり自分の見解を主張していた
    『大相撲ジャーナル』2017年6月号68頁
  13. ^ 霧島 対 水戸泉 〜うっちゃり4連戦〜 - YouTube
  14. ^ え!?控え力士が物言い…序二段取組で珍事(相撲)― スポーツ 大相撲 2008年 秋場所”. Sponichi Annex (2008年9月22日). 2014年5月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年5月22日閲覧。
  15. ^ 勝ち名乗り後に物言い=大相撲春場所11日目”. 時事通信社 (2013年3月20日). 2013年4月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年3月21日閲覧。
  16. ^ 鶴竜、珍事に苦笑い=大相撲夏場所12日目”. 時事通信社 (2014年5月22日). 2014年5月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年5月22日閲覧。
  17. ^ 読売新聞2014年5月25日付、31面
  18. ^ 稀勢の里、命拾いの1敗死守 物言いで相手の負け(日刊スポーツ)


「物言い」の続きの解説一覧

物言い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 20:22 UTC 版)

勝負審判」の記事における「物言い」の解説

勝負審判は、勝負判定正しくし、公平に決定する責任があるから、行司軍配異議感じた場合は、直ち速かに、「異議あり」の意思表示(物言い)をして、 協議入らねばならない控え力士から物言いがあった場合は、勝負審判はそれを取り上げ協議しなければならない判定については審判5人による多数決で、見えていない場合は「見えていない」と表明して評決参加しないともできる行司意見述べられる評決には参加できない審判委員一門利益代表ではないが、一門力士絡んだ判定の場合には意見強く押し通せる審判声が通る場合もある。行司は「反則勝ち」「同体」の軍配をあげることができないため、実際に反則あったり同体であったりしても物言いがなければそのままとなる。 協議際に審判長ビデオ室に控え親方意見参考にし、土俵上の審判伝える。正面位置に座る審判審判長となり、物言いの協議に際し最終的に判定裁決する審判長十両土俵入りまでは審判委員一人務めそれ以降は審判部もしくは審判部副部長務める。

※この「物言い」の解説は、「勝負審判」の解説の一部です。
「物言い」を含む「勝負審判」の記事については、「勝負審判」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「物言い」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「物言い」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



物言いと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

物言いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



物言いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの物言い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの勝負審判 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS