一門_(相撲)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 一門_(相撲)の意味・解説 

一門 (相撲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/27 04:07 UTC 版)

大相撲では、相撲部屋の系統ごとに一門(いちもん)という人脈的派閥が存在する。




  1. ^ 『相撲』2012年3月号94頁
  2. ^ 阿武松、錣山親方ら9人、二所ノ関一門に加入 - SANSPO.COM 2018年9月2日
  3. ^ https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180927-00024545-otonans-soci&pos=1
  4. ^ “阿武松親方ら二所ノ関一門に加入 相撲協会が承認、立浪は出羽海へ”. 共同通信社. (2018年11月29日). https://www.47news.jp/news/3024643.html 2018年12月1日閲覧。 
  5. ^ 明治以後一門変遷図
  6. ^ 任期中に武蔵川に名跡変更。
  7. ^ a b c d e f g h i 任期中に死去。
  8. ^ 監事選挙は行われ高砂一門の若松(鯱の里)が落選。当選は出羽海一門から秀の山(笠置山)、時津風一門から伊勢ノ海(柏戸秀剛)、立浪・伊勢ヶ濱連合から白玉(大八洲)。
  9. ^ 任期中に陣幕に名跡変更
  10. ^ 監事選挙は行われ、友綱(魁輝)が落選。
  11. ^ a b c 任期中に辞任。
  12. ^ 任期中に解任。
  13. ^ このうち1名については、立浪一門の5代安治川(元幕内・光法宮城野部屋所属、安美錦(立浪一門・伊勢ヶ濱部屋所属)からの借株)がマスコミに対して事実を公表し、その責任を取って日本相撲協会を退職する意向を表明したものの、一門からの慰留を受けて後に撤回している。また、2010年4月20日には、立浪一門が貴乃花への投票者として7代立浪(元小結・旭豊)を特定し、7代立浪は事実を否定するものの、後に立浪一門を脱退し貴乃花グループ(現・貴乃花一門)へ移籍した。『週刊新潮』2010年5月27日号では二所ノ関一門の大関・琴光喜が貴乃花に投票したと報じられている。
  14. ^ 公益財団法人移行後は評議員会によって全ての理事が選任されるため、その候補を選ぶ形に変更された。
  15. ^ 横綱・日馬富士が引退 暴行問題で引責 午後会見 毎日新聞 2017年11月29日10時8分配信
  16. ^ 貴乃花親方理事解任…提出した意見書も読み上げられ判断 - スポーツ報知 2018年1月5日
  17. ^ 錣山親方ら3親方、時津風一門を離脱…理事選は無所属で投票 - スポーツ報知 2017年12月22日
  18. ^ “貴親方、落選覚悟で出馬 一門の全11票…阿武松親方に10、自身に1を提案”. デイリースポーツ. (2018年1月31日). https://www.daily.co.jp/general/2018/01/31/0010943781.shtml 2018年2月1日閲覧。 
  19. ^ “貴乃花親方ら11人立候補=相撲協会理事候補選、5期連続投票”. 時事通信. (2018年2月1日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2018020100393&g=spo 2018年2月1日閲覧。 
  20. ^ 貴乃花親方は落選=10人の理事候補決まる-相撲協会 - 時事ドットコム 2018年2月2日
  21. ^ 出羽海一門が元貴乃花一門の立浪親方の加入承認へ - 日刊スポーツ 2018年9月19日
  22. ^ 旧貴乃花一門の阿武松、千賀ノ浦、大嶽、阿武松部屋付きの不知火、音羽山、無所属の錣山、湊、錣山部屋付きの立田川の計8人
  23. ^ 阿武松グループが二所ノ関一門合流へ 今場所後にも - 日刊スポーツ


「一門 (相撲)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「一門_(相撲)」の関連用語

一門_(相撲)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



一門_(相撲)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの一門 (相撲) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS