幕内最高優勝の記録一覧とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 幕内最高優勝の記録一覧の意味・解説 

幕内最高優勝の記録一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/24 08:42 UTC 版)

幕内最高優勝の記録(まくのうちさいこうゆうしょうのきろく)は、大相撲の幕内力士の優勝にかかわる主要記録の一覧。




  1. ^ 1912年5月から1914年1月まで全休1場所を挟んで出場3場所連続全勝優勝、1915年6月まで2度の全休を挟んで出場5場所連続土つかず(うち優勝4回)。ただし1913年1月に現在なら不戦敗となる1休がある
  2. ^ a b c 相手力士休場
  3. ^ 両國が9勝1休で優勝
  4. ^ 期間中に「貴乃花」に改名

優勝回数記録

  1. ^ 入門時出羽海部屋
  2. ^ 入門時若松部屋
  3. ^ 他に富士ヶ根部屋で1回の優勝
  4. ^ 2018年9月場所終了時点
  5. ^ 他に粂川部屋で2回の優勝
  6. ^ 他に藤島部屋で2回の優勝
  7. ^ 入門時藤島部屋
  8. ^ 入門時二所ノ関部屋
  9. ^ 他に双葉山道場で4回の優勝
  10. ^ 入門時時津風部屋
  11. ^ のち2代羽黒山
  12. ^ 入門時大島部屋
  13. ^ 2016年5月場所終了時点

連続優勝記録

部屋(師匠) 連続優勝回数 場所 優勝力士(地位) 成績
出羽海部屋
常陸山谷右エ門
10場所連続 1917年1月場所 大錦(西大関) 10戦全勝
同5月場所 栃木山(西大関) 9勝1預
1918年1月場所 栃木山(東大関) 10戦全勝
同5月場所 栃木山(東張出横綱) 9勝1敗
1919年1月場所 栃木山(東横綱) 9勝1休[1]
同5月場所 栃木山(東横綱) 10戦全勝
1920年1月場所 大錦(東張出横綱) 8勝1敗1分
同5月場所 大錦(西横綱) 9勝1敗[2]
1921年1月場所 大錦(西横綱) 10戦全勝
同5月場所 常ノ花(東大関) 10戦全勝
  1. ^ 1休は相手力士休場
  2. ^ 栃木山が8勝1分1預の優勝同点
九重部屋
北の富士勝昭
10場所連続 1985年9月場所 千代の富士(東横綱) 15戦全勝
同11月場所 千代の富士(東横綱) 14勝1敗
1986年1月場所 千代の富士(東横綱) 13勝2敗
同3月場所 保志[1](西関脇) 13勝2敗
同5月場所 千代の富士(東横綱) 13勝2敗
同7月場所 千代の富士(東横綱) 14勝1敗[2]
同9月場所 千代の富士(東横綱) 14勝1敗
同11月場所 千代の富士(東横綱) 13勝2敗
1987年1月場所 千代の富士(東横綱) 12勝3敗[3]
同3月場所 北勝海(西大関) 12勝3敗
  1. ^ 保志はのち北勝海
  2. ^ 北尾(のち双羽黒)と優勝決定戦
  3. ^ 双羽黒と優勝決定戦
九重部屋
(北の富士勝昭)
9場所連続 1988年5月場所 千代の富士(東張出横綱) 14勝1敗
同7月場所 千代の富士(東横綱) 15戦全勝
同9月場所 千代の富士(東横綱) 15戦全勝
同11月場所 千代の富士(東横綱) 14勝1敗
1989年1月場所 北勝海(東張出横綱) 14勝1敗[1]
同3月場所 千代の富士(西横綱) 14勝1敗[2]
同5月場所 北勝海(東張出横綱) 13勝2敗[1]
同7月場所 千代の富士(東張出横綱) 12勝3敗[3]
同9月場所 千代の富士(西横綱) 15戦全勝
  1. ^ a b 旭富士と優勝決定戦
  2. ^ 優勝決定後の千秋楽を休場、旭富士に不戦敗
  3. ^ 北勝海と優勝決定戦
二子山部屋
貴ノ花利彰
9場所連続 1995年5月場所 貴乃花(西横綱) 14勝1敗
同7月場所 貴乃花(東横綱) 13勝2敗
同9月場所 貴乃花(東横綱) 15戦全勝
同11月場所 若乃花(西大関) 12勝3敗[1]
1996年1月場所 貴ノ浪(東大関2) 14勝1敗[1]
同3月場所 貴乃花(東横綱) 14勝1敗
同5月場所 貴乃花(東横綱) 14勝1敗
同7月場所 貴乃花(東横綱) 13勝2敗
同9月場所 貴乃花(東横綱) 15戦全勝
  1. ^ a b 貴乃花と優勝決定戦
出羽海部屋
両国梶之助
6場所連続 1922年5月場所 大錦(西張出横綱[1] 8勝1敗1分
1923年1月場所 栃木山(東張出横綱) 8勝1敗1分[2]
同5月場所 常ノ花(西大関) 9勝1分1預
1924年1月場所 栃木山(西横綱) 9勝1分
同5月場所 栃木山(東横綱) 10勝1敗
1925年1月場所 栃木山(東張出横綱[3] 10勝1分
  1. ^ 同場所の番付では東方に横綱不在で、西横綱栃木山に次ぐ第2位の地位
  2. ^ 源氏山(のち3代目西ノ海)と優勝同点
    他に現在の様な不戦勝制度があれば太刀光が優勝同点
  3. ^ 「別格横綱」と見る意見もある
立浪部屋
緑嶌友之助
6場所連続 1941年1月場所 双葉山(西横綱) 14勝1敗[1]
同5月場所 羽黒山(西大関) 14勝1敗
1942年1月場所 双葉山(東横綱) 14勝1敗
同5月場所 双葉山(東横綱) 13勝2敗[2]
1943年1月場所 双葉山(西横綱) 15戦全勝
同5月場所 双葉山(東横綱) 15戦全勝
  1. ^ 羽黒山と優勝同点
  2. ^ 安藝ノ海照國と優勝同点
武蔵川部屋
三重ノ海剛司
6場所連続 1999年3月場所 武蔵丸(東大関) 13勝2敗
同5月場所 武蔵丸(東大関) 13勝2敗
同7月場所 出島(西関脇) 13勝2敗[1]
同9月場所 武蔵丸(西横綱) 12勝3敗
同11月場所 武蔵丸(東横綱) 12勝3敗
2000年1月場所 武双山(東関脇2) 13勝2敗
  1. ^ と優勝決定戦


「幕内最高優勝の記録一覧」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「幕内最高優勝の記録一覧」の関連用語

幕内最高優勝の記録一覧のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



幕内最高優勝の記録一覧のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの幕内最高優勝の記録一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS