注連縄とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 道具 > > 注連縄の意味・解説 

注連縄

読み方:しめなわ
別表記:しめ縄

一般的に神域聖域外界から隔て結界として用いられる縄。正月には一般家庭玄関などにも飾られる。松葉差し松飾りとする場合もある。

しりくべ‐なわ〔‐なは〕【注連縄】

しりくめなわ」に同じ。

小家(こへ)の門の―」〈土佐


しりくめ‐なわ〔‐なは〕【注連縄/尻久米縄】

《端を編んだまま、切らないでおく縄の意》上代神聖な場所を区切るしるしとして引き渡す縄。のち、神前に引き、また、新年飾りとする。しめなわ。しりくべなわ。

「―をその御後方(しりへ)に引き渡して」〈記・上〉


しめ‐なわ〔‐なは〕【注連縄/標縄/七三縄】

神を祭る神聖な場所を他の場所と区別するために張る縄。また、新年祝いなどのために家の入り口に張って悪気家内に入らないようしたもの。左捻(よ)りのわらに適当な間隔を置いて紙四手(かみしで)などを下げる。しめ。しりくめなわ。→四手(しで)

注連縄/標縄/七五三縄の画像 注連縄の画像

注連縄

読み方:シメナワshimenawa

境界示し出入り禁止することを示すために張りまわす縄


注連縄

読み方:シメナワshimenawa

神域など神聖な場所を限って不浄悪穢の侵入を防ぐための縄。

別名 標縄七五三縄


しめなわ 【注連繩・標繩・七五三繩】

シメ占めるの意)神前または神聖な場に不浄なものの侵入禁ずる印として張る繩。一般には、新年門戸に、また、神棚張る。左捻り定式とし、三筋・五筋・七筋と、順次捻り放し垂れ、その間々紙垂下げる。輪じめ(輪飾り)は、これを結んだ形である。しめ。章断。朝鮮のクムジュル(禁繩)をはじめ東南アジア一帯に、これに類する境界標示物がみられる

注連縄(しめなわ)

神前神事の場にめぐらせて、神聖な場所と不浄外界とを区別するための縄。

注連縄

読み方しめなわ

注連縄を張っているところは神前神聖な区域に、外からの不浄なものを触れさせないという意味があります。つまり神聖な場所を不浄なものから仕切るための縄なのです。注連縄には前垂れ注連縄、牛蒡注連縄、大根注連縄などいくつかの種類あります

注連縄

読み方:シメナワshimenawa

新年門口に張って災いの神が内に入らないようにするもの

季節 新年

分類 人事


注連縄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/28 19:58 UTC 版)

注連縄(しめなわ)は、神道における神祭具で、糸の字の象形を成す紙垂(しで)をつけた。神聖な区域とその外とを区分するための標(しめ)である[1][2]。注連縄の形式によっては縄の下に七本、五本、三本の藁を垂らす[2]。以上の理由から、標縄〆縄七五三縄などとも表記する[2]




  1. ^ a b c d e f なみおか町史コラム(18)~年縄としなの魅力~ 青森市、2020年12月31日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 注連飾り 大野城市教育委員会、2020年12月31日閲覧。
  3. ^ a b 小池 2015, p. 172.
  4. ^ a b c d e 中山勝矢「結びを美しく整える感性」 経済産業省 中国経済産業局 電子広報誌 ちゅうごく地域ナビ 2020年11月2日、2020年12月31日閲覧。
  5. ^ 夫婦岩などが知られる。
  6. ^ 伊勢参りをする犬 - 西野神社社務日誌(2010-03-18版/2017年6月21日閲覧)
  7. ^ 注連縄(しめなわ) - 語源由来辞典”. gogen-allguide.com. 2019年8月22日閲覧。
  8. ^ 官報資料版 平成16年1月7日”. 日本国官邸. 2019年8月23日閲覧。
  9. ^ a b よくあるご質問 出雲大社、2021年1月1日閲覧。
  10. ^ 米ぬかと一緒によくもんで… 鶴竜「横綱」づくり始まる 朝日新聞DIGITAL 2014年3月25日19時57分
  11. ^ 志摩市イベント情報 志摩市、2021年1月1日閲覧。


「注連縄」の続きの解説一覧



注連縄と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「注連縄」の関連用語

注連縄のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



注連縄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
岡山県神社庁岡山県神社庁
since 2021 (C)Okayamaken Jinjacho
住吉大社住吉大社
Copyright (C) 2021 sumiyoshitaisha. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの注連縄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS