禍とは?

読み方:か・わざわい・まが

禍とは、禍の意味

禍とは、予期していなかった災難や不幸、厄などを意味する語。音読みでは「か」、訓読みでは「わざわい」「まが」と読む。禍の対義語反対語は「福」である。

禍の語を用いた語

禍の語を用いた語には、「戦禍」「水禍」などが挙げられる。戦禍は、戦争による災難の意味で、「戦禍を被る」「戦禍逃れる」のように用いる。水禍は、による災害を意味し、「台風による水禍遭う」「洪水水禍から免れる」といった使い方をする。2020年流行した新型コロナウィルス感染症による災いは「コロナ禍」と呼ばれている。「コロナ禍で社会情勢大きく変わってきている」「コロナ禍の収束する兆し見えてきた」のように用いる。語頭に禍を用いた語には、災いの神を意味する「禍神」や、災いを意味する「禍難」などがある。

禍の語を使った四字熟語

禍の語を使った四字熟語には「転禍為福」(てんかいふく)、「禍福倚伏」(かふくいふく)などが挙げられる。転禍為福は、災い転じて福となすと読むことができる。自分降りかかった災い上手く利用して有利に働くようにするという意味である。禍福倚伏は、災難と幸福は交互訪れるものであるというという意味で、老子の「禍は福の倚る所、福は禍いの伏す所」を語源とする四字熟語である。

か〔クワ〕【禍】

災いふしあわせ。「禍を転じて福となす」「交通禍」⇔福。


か【禍】

常用漢字] [音]クヮ)(漢) [訓]わざわい まが

思いがけない災難。「禍根禍福奇禍災禍惨禍水禍舌禍戦禍筆禍輪禍

難読禍事(まがごと)・禍禍(まがまが)しい


まが【禍】

《「曲(まが)る」と同語源》よくないこと。悪いことわざわい

「その―を直さむとして」〈記・上〉


わざ‐わい〔‐はひ〕【災い/禍/×殃】

人に不幸をもたらす物事また、その結果である不幸な出来事災厄災難。「口は―の元」「―が降りかかる」

不快であること。多く感動表現に用いる。

「あな―や、かばかりの事をだにしそこなひ給ふよ」〈大鏡伊尹


読み方:わざわい

  1. 芸人社会の用語で病気のこと。

分類 芸人

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2019/11/02 21:10 UTC 版)

発音




※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



禍と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「禍」の関連用語

禍のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



禍のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS