禍福は糾える縄の如しとは?

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 故事成語 > 出典別 > 史記 > 禍福は糾える縄の如しの意味・解説 

禍福(かふく)は糾(あざな)える縄(なわ)の如(ごと)し

《「史記南越伝から》幸福と不幸は、より合わせた縄のように交互にやってくるということ吉凶は糾える縄の如し


かふく【禍福】 は 糾(あざな)える縄(なわ)の如(ごと)し

(「史記南越伝」の「因禍為福、成敗之転、譬若糾纏」から) わざわいが福になり、福がわざわいのもとになったりして、この世幸不幸はなわをより合わせたように表裏をなすものであるの意。

読本南総里見八犬伝(1814‐42)二「定か思ひ弁(わきまへ)ねども、禍福は糾(アザナヘ)る纏(ナワ)の如し人の命は天に係れり」


禍福は糾える縄の如し

出典:『Wiktionary』 (2019/06/02 12:54 UTC 版)

成句

禍福カフクあざなえるなわごと

  1. 災禍幸福とは糾った(縒り合わせた)縄のように表裏一体であり、一時のそれに一喜一憂しても仕方がないということ

出典

漢書 賈誼伝」の以下の文といわれる

白文)夫禍之與福、何異糾纆
訓読)それ禍(わざわい)と福、何ぞ糾える纆(なわ、すみなわ)に異ならん。

さらに「史記 南越伝」に以下の文がある。

白文)因禍為福、成敗之転、譬若糾纆
訓読)禍によりて福となす、成敗転ずること、譬れば糾える纆のごとし。

関連

翻訳




禍福は糾える縄の如しと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「禍福は糾える縄の如し」の関連用語

禍福は糾える縄の如しのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



禍福は糾える縄の如しのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの禍福は糾える縄の如し (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS