如とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 様子 > さま > の意味・解説 

ごと【如】

比況の助動詞「ごとし」の語幹

…のように。「ごとし」の連用形にあたる。

「渡る日の暮れぬるが—照る月の雲隠る沖つ藻のなびきし妹(いも)は」〈・二〇七〉

のようだ。「ごとし」の終止形にあたる。

「逢(あ)ふことは玉の緒ばかり名の立つは吉野の川のたぎつ瀬の—」〈古今・恋三〉


じょ【如】

常用漢字] [音]ジョ(漢) ニョ(呉) [訓]ごとし しく もし

[一]ジョ

そのとおり。…のごとく。「如上

状態を表す語に添え調子助ける語。「晏如(あんじょ)・欠如突如躍如鞠躬如(きっきゅうじょ)」

[二]ニョそのとおりそのまま。…のごとく。「如実如法如来如是我聞(にょぜがもん)/一如真如不如意

名のり]いく・すけ・なお・もと・ゆき・よし

難読如何(いかが)・如何(どう)・如何(いか)なる・如何(いか)に・如月(きさらぎ)・不如(しかず)・如(しくはなし)・不如帰(ほととぎす)


にょ【女/如】

〈女〉⇒じょ

〈如〉⇒じょ


もころ【如/若】

上代語》同じような状態。よく似た状態。連体修飾語を受ける形で、副詞的に用いられる。

立たせば玉藻の—臥(こ)やせば川藻のごとく」〈万・一九六


ごと【如】

助動詞「ごとし」の語幹。本来、「同じ」の意を表わす「こと」の濁音したもので、体言性格をもつ) ごとく。ように。同じく

古事記(712)中・歌謡「道の後(しり) 古波陀嬢女(こはだをとめ)を (かみ)の碁登(ゴト) きこえしかども 相枕まく」

万葉(8C後)五・八一六梅の花今咲ける期等(ゴト)散り過ぎず我が家(へ)の園に有りこせぬかも


にょ【如】

〔名〕 (梵 tathā の訳語仏語

一切のものに通じ不易不変理法真如如如。理。

栄花(1028‐92頃)玉のうてな有作無作諸法の相を見ざる所、如なり、相なり、解脱なり、波羅密なり」〔摩訶止観八下

② 平等無差別なこと。一如


もころ【如・若】

〔名〕 同じようなさま。よく似た状態。常に他語による修飾をうけ、副詞的に用いる。「ごと」にあたり上代用いられた。

万葉(8C後)二・一九六何しかも 吾が王の 立たせば 玉藻の母許呂(モコロ) 臥(こや)せば 川藻如く


し・く【及・若・如】

〔自カ四〕

先行しているものに追いつく。到り及ぶ。

古事記(712)下・歌謡「山城に い斯祁(シケ)鳥山 い斯祁(シケ)い斯祁(シケ) あが愛妻(はしづま)に い斯岐(シキ)会はむかも」

程度の上のものに匹敵する。肩を並べる。

書紀720顕宗即位前(図書寮本訓)「豈名を顕して殺されむに若(シカ)むや」

万葉(8C後)五・八〇三「銀(しろがね)も金(くがね)も玉もなにせむにまされる宝子に斯迦(シカ)めやも」

或阿呆の一生(1927)〈芥川龍之介〉一「人生一行ボオドレエルにも若(シ)かない」


ごとき【如】

助動詞「ごとし」の連体形) ⇒ごとし


ごとく【如】

助動詞「ごとし」の連用形) ⇒ごとし


ごと‐し【如・若】

〔助動〕 (活用は「〇・ごとく・ごとし・ごとき・〇・〇」。「同じ」の意を表わす「こと」の濁音化した「ごと」に、形容詞をつくる活用語尾「し」が付いたもの名詞+「の」、代名詞+「が」、用言および助動詞連体形連体形+「が」などに付く。体言直接付くこともある) 比況の助動詞

① ある事物・状態が他と同じであることを表わす。…と同じだ。…のとおりだ。…と同じく

万葉(8C後)一五・三七五〇「天地のそこひのうらに吾(あ)が其等久(ゴトク)君に恋ふらむ人はさねあらじ」

徒然草1331頃)一四五「道に長じぬる一言、神のごとしと人思へり」

② ある事物・状態が他と似ていることを表わす。…のようだ。…に似ている

万葉(8C後)七・一二六九「巻向(まきむく)の山辺とよみて行く水の水沫(みなわ)の如(ごとし)世の人吾れは」

方丈記1212)「風に堪へず吹き切られたる焔、飛ぶが如くして」

体言に付いて「…(の)ごとき」の形で用いて多くのものの中からいくつかをあげて例示する場合などに用いる。たとえば…のようなもの。たとえば…など。

岩瀬大鏡(12C前)五「楊貴妃ごときはあまり時めきすぎて悲し事あり

体言、特に代名詞あるいは人名に付いて「…ごとき」の形で用いてさげすみや、謙遜表現用いる。

曾我物語南北朝頃)六「面々ときの人は、祐成ふぜいの貧者、たのむところなし

(5) 不確実断定表わす。…のようだ。「やむを得ざるもののごとし」

美的生活を論ず(1901)〈高山樗牛〉七「吾人の言甚だ過ぎたるものあるが如し」

[語誌](1)直喩的意味を表わす「ごとし」は奈良時代には口語的表現であったが、平安時代になると、漢文訓読の際や訓読文系統の文章に「ごとし」が、和文に「やうなり」が多く用いられるようになった。「ごとし」が和文用いられるのは、男性の、改まった場合表現に多い。→よう(様)(一)(二)
(2)語幹「ごと」は連用修飾格や述語格などに用いられた。→ごと(如)。
(3)平安時代漢文訓読に、未然形「ごとけ」が用いられた。「西大寺本金光明最勝王経平安初期点‐一〇」の「所獲の功徳も亦是の如(ごとケ)む」など。
(4)仮定条件表わすのに、「ごとくは」とともにごとくんば」「ごときんば」の形も用いられた。→ごときんば(如━)・ごとくんば(如━)。
(5)終止形「ごとし」には連用修飾格にたつ特殊な用法があった。「今昔‐七」の「髪・眉皆本の如し生(おひ)ぬ」など。また、連体形「ごとき」は連用修飾格に用いられることがあった。「今昔一一」の「是は何(いどこ)より来れる聖人の如此(かくのごと)き走り給ふぞ」など。
(6)平安時代以後に、連用形「ごとく」に「に」のついた形が、連用修飾語用いられ、また、それに「あり」の接してできた「ごとくなり」が用いられた。→ごとくなり如也)。
(7)用例少数であるが、「ごとしなり」「ごときなり」の形も用いられた。「今昔‐四」の「遠く近く人集まる事雲の如し也」、「今昔‐一〇」の「形端正にして有様の微妙(めでた)き事世に並び无し、光を放つ如き也」など。
(8)「ごとくあり」の形が漢文訓読などに用いられることがあった。「西大寺本金光明最勝王経平安初期点‐一」の「妙高山王のゴトクアル菩薩大海深王のゴトクアル菩薩」など。また、後世には「ごとかり」「ごとかる」の類も用いられた。高山樗牛美的生活を論ず‐六」の「彼等其の道に就くや烏の塒(ねぐら)に帰るが如かりしのみ」など。


~ごと【如】

方言味・解
~ごと【如】助詞)~ように;~みたいに。

真如

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/05 12:28 UTC 版)

真如(しんにょ、, : tathatā: de bzhin nyid)は、「あるがままであること」という意味があり、真理のことを指す。




「真如」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 00:33 UTC 版)

発音(?)

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



如と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「如」の関連用語

如のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



如のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
博多弁推進会博多弁推進会
©1999-2022 博多弁推進会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの真如 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS