瞑想とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 信仰 > 瞑想 > 瞑想の意味・解説 

めい‐そう〔‐サウ〕【×瞑想/冥想】


瞑想

読み方:メイソウ(meisou)

目を閉じて心を静め無心になったり想念集中させたりすること


めいそう 【瞑想】

目を閉じて静かに考えること。黙想観想とも。神に祈ったり、神仏世界想像したりするときも、この方法をとることがあるので、ヒンドゥー教仏教・道教などでは修行法一つとする。→ 観想

瞑想

英語表記/番号出版情報
クールバーグ:瞑想Meditation
ポルドマエ:瞑想Meditation
リスト:瞑想Recueillement S.204 R.86作曲年1880-年 

瞑想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/07 01:16 UTC 版)

瞑想冥想(めいそう、: meditation: contemplation)とは、心を静めて無心になること、何も考えずリラックスすること、を静めてに祈ったり、何かに心を集中させること、目を閉じて深く静かに思いをめぐらすことなどとされている。各々の宗教の伝統や修行の段階、目的等により内容は様々である。本来は冥想と書くと思われる[1]。この呼称は、単に心身の静寂を取り戻すために行うような比較的日常的なものから、絶対者()をありありと体感したり、究極の智慧を得るようなものまで、広い範囲に用いられる。現代では、健康の向上や心理的治療、自己成長、自己向上などの世俗的な目的をもって、様々な瞑想が行われている[2]


注釈

  1. ^ 倍音声明は、イギリスの画家・セラピストのジル・パースが1970年代に考案した瞑想法で、音を用いた瞑想法の中でも最も効果的なものの一つと評価されている。パースがチベット仏教ゲルク派の寺院で声明を学んだ経験があることから、チベット仏教の瞑想法であるという意見もあるが、倍音声明とゲルク派の声明の発声法の間に類似性は発見されておらず、チベット仏教のゲルク派以外の宗派、ボン教にも同じ瞑想法はないため、パースの独自の瞑想法であると考えられている[3]
  2. ^ コンパッションは、一般的な意味での「思いやり」「優しさ」ではない。衆生の幸せを願い()、衆生の苦しみがなくなることを願い()、衆生の幸せを喜び()、偏りのない平静な心()というあり様(四無量心)のこと[17]
  3. ^ 14世紀イギリス。作者不詳だが、偽ディオニシウス・アレオパギタの思想的影響が見られる[40]
  4. ^ 禅の修行で引き起こされる心身の不調を禅病という。『夜船閑話』からうかがえる白隠の症状は、のぼせ、発熱、精神疲労、幻覚、眼精疲労等で、心身症及び神経症と呼吸器病(結核)が合わさった状態であったと思われる。当時26歳で、方々手を尽くして様々な治療を受けたが、全て効果がなかった[46]
  5. ^ 白隠の著作には、白幽老人の岩窟の住居には『中庸』『老子』『金剛般若経』が置かれていたとあり、その思想の根底には儒教道教・仏教があることが暗示されている。実在した人物かは不明。[46]
  6. ^ 「内観の法」は、「身体の型に偏った黙照禅、思考や思念に偏った看話禅で疲労しきった心身を解放し、横臥して腹式丹田呼吸と、『気』の充実した丹田を仏として瞑想する」というもので、頭ではなく、腰から足までの身体の下部こそが「本来の目」、「仏」であると繰り返しイメージ(想念)し、神経症等を癒し、悟りへと導く。[46]
  7. ^ 「軟酥の法」は、丹田呼吸法と共に、頭上に乗せた軟酥が滴り、その薬効が体の下部を潤し足心に至る様、軟酥から流れる気をイメージして心身の調和を図り、癒しを得る。呼吸法と瞑想による調整・統御によるイメージ療法であり、信仰療法である。[46]
  8. ^ 第1段階のイニシエーションのために、レムリア文明の時代に、エーテル体と肉体をつなぎ完成させるために肉体のヨーガとしてハタ・ヨーガチャクラをコントロールすることで肉体をコントロールするためのエネルギーのヨーガとしてラヤ・ヨーガ、クンダリニー・ヨーガが与えられ、第2段階のイニシエーションのために、アトランティス文明の時代にはアストラル体を浄化するための献身による浄化のバクティ・ヨーガ、意識の集中・瞑想のラージャ・ヨーガが与えられ、これによりアストラル体のコントロールが可能になるとされる[50]。第3段階のイニシエーションには、ラージャ・ヨーガとアグニ・ヨーガが必要であるとされる[50]
  9. ^ ウォーラスの1970年代の超越瞑想の研究では、代謝の著しい減退が見られると主張されたが、対象群を整理したのちの研究で、そうした代謝の変化は瞑想特有のものではないことが示唆されている[58]
  10. ^ ニューバーグは、瞑想時における様々な体験が「客観的な現実であるか」と問われた時に、それは「神経学的な現実」であると返している[67]

出典

  1. ^ 保坂 2004, p. 53.
  2. ^ 安藤 2003, pp. 22–23.
  3. ^ a b 加藤・安本・永沢 2017, p. 337.
  4. ^ 安藤 2003, p. 20.
  5. ^ 岡 2013.
  6. ^ a b c d Bittmann 2008.
  7. ^ 鎌田 2011.
  8. ^ 安藤 2003, p. 23.
  9. ^ a b c d e f g 清水大介. “キリスト者の祈りと坐禅”. Dai's Home Page. 2018年11月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年7月17日閲覧。
  10. ^ 安藤 2003, p. 17.
  11. ^ a b 安藤 2003, p. 22.
  12. ^ 安藤 2003, p. 27.
  13. ^ 安藤 2003, p. 26.
  14. ^ a b 井上 2011.
  15. ^ 安藤 2003, p. 56.
  16. ^ a b c d e f g h 鎌田 2008.
  17. ^ a b c d e f g h i j k l m n 有光 2019.
  18. ^ a b c d 安藤 2003, pp. 158–161.
  19. ^ a b 中川晴吉 (2016). “この仏教書を読め”. サンガジャパン Vol23: p133. 
  20. ^ a b c 安藤 2003, pp. 166–167.
  21. ^ York 2009, pp. 430–431.
  22. ^ Saliba 2009, pp. 518–519.
  23. ^ 安藤 2003, pp. 17–22.
  24. ^ a b c d 永沢 2017, p. 62.
  25. ^ a b c 林 2017, pp. 194–195.
  26. ^ a b c d e f g h 保坂 2004, pp. 52–56.
  27. ^ a b c d e f g 瞑想とは何か 真言宗泉涌寺派大本山 法楽寺
  28. ^ 羅和辞典』研究社。 [要文献特定詳細情報]
  29. ^ a b c d 辻部 2009.
  30. ^ パーリ仏典, 増支部四集 10. 倶存経, Sri Lanka Tripitaka Project
  31. ^ 山下博司 『ヨーガの思想』 講談社〈講談社選書メチエ〉、2009年、第4章「ブッダとヨーガ」。
  32. ^ a b 山口 2012.
  33. ^ 林 2017, p. 188.
  34. ^ a b c d e f g 鶴岡 2011.
  35. ^ a b c 阿部 2015.
  36. ^ a b c d 狭間 2014.
  37. ^ 村松 2008.
  38. ^ a b 「日々の霊操(れいそう)」の紹介 カトリック六甲教会
  39. ^ a b 『霊操』はイエズス会の精神基盤 上智大学
  40. ^ 豊島・松田 1996, p. 197.
  41. ^ a b c 高橋 2012.
  42. ^ 松 1995, pp. 104–116.
  43. ^ a b c d 「心を磨き、教えを楽しむ―スーフィズムの広まり」 赤堀雅幸先生 (イスラーム編) 宗教情報センター
  44. ^ Danismaz 2007.
  45. ^ 内田 2017, p. 408.
  46. ^ a b c d e 半田 2011.
  47. ^ a b c 半田 2016.
  48. ^ a b c d 井村 2014, pp. 214–215.
  49. ^ a b 栗田 2014.
  50. ^ a b c d e 松尾 2006, pp. 163–180.
  51. ^ a b 吉永・松田 1996, pp. 84–89.
  52. ^ Tingay 2009, pp. 451–453.
  53. ^ a b c d 安藤 2003.
  54. ^ a b 安藤 2003, p. 15.
  55. ^ 安藤 2003, pp. 15–16.
  56. ^ 安藤 2003, p. 30.
  57. ^ a b 安藤 2003, pp. 31–32.
  58. ^ 安藤 2003, p. 33.
  59. ^ 安藤 2003, p. 16.
  60. ^ 濟木 2017, p. 202.
  61. ^ 安藤 2003, pp. 32–35.
  62. ^ 安藤 2003, p. 35.
  63. ^ a b 安藤 2003, pp. 49–50.
  64. ^ 熊野宏昭 マインドフルネスはなぜ効果を持つのか 熊野宏昭公式サイト
  65. ^ Lazar 2011, pp. 36–43.
  66. ^ ゾッリ、ヒーリー 2013, pp. 174–181.
  67. ^ a b パーニア 2006, p. 不明.
  68. ^ Sukel, Kayt. “Understanding the Power of Meditation” (英語). www.brainfacts.org. 2021年5月28日閲覧。
  69. ^ Meditation & Mindfulness - Meditation and the Brain” (日本語). Coursera. 2021年5月28日閲覧。
  70. ^ Corliss, Julie (2015年2月18日). “Mindfulness meditation helps fight insomnia, improves sleep” (英語). Harvard Health. 2022年1月13日閲覧。
  71. ^ 安藤 2003, p. 38.
  72. ^ a b 安藤 2003, p. 48.
  73. ^ 安藤 2003, p. 44.
  74. ^ 安藤 2003, p. 45.
  75. ^ a b 安藤 2003, pp. 45–46.
  76. ^ CG123: Common mental health problems: identification and pathways to care (Report). 英国国立医療技術評価機構. (2011-04). Appendix.E-Glossary. https://www.nice.org.uk/guidance/CG123/. 
  77. ^ Kuyken 他 2015.
  78. ^ 相談窓口担当者のための「多文化」ってこういうこと”. 公益財団法人 愛知県国際交流協会. 2020年12月5日閲覧。
  79. ^ a b c Meditation: In Depth”. National Center for Complementary and Integrative Health. アメリカ国立衛生研究所 (2016年4月). 2019年6月14日閲覧。
  80. ^ 安藤 2003, p. 114.
  81. ^ a b c d e f g h i j k l Is mindfulness safe?(マインドフルネスは安全か?)”. Oxford Mindfulness Centre(オックスフォード・マインドフルネス・センター). University of Oxford Department of Psychiatry (2016年10月). 2019年6月12日閲覧。 日本語要約
  82. ^ 安藤 2003, p. 112.
  83. ^ 安藤 2003, pp. 112–113.
  84. ^ 安藤 2003, pp. 48–29.
  85. ^ 安藤 2003, p. 28.
  86. ^ 林 2017, p. 194.
  87. ^ 安藤 2003, pp. 53–54.
  88. ^ a b 安藤 2003, pp. 115–116.
  89. ^ a b 安藤 2003, p. 116.
  90. ^ 安藤 2003, p. 49.
  91. ^ 安藤 2003, pp. 113–114.
  92. ^ a b 安藤 2003, p. 115.
  93. ^ a b 安藤 2003, p. 117.
  94. ^ a b c d 安藤 2003, pp. 117–118.
  95. ^ a b 安藤 2003, pp. 117–121.
  96. ^ a b c d e 安藤 2003, pp. 121–126.
  97. ^ 安藤 2003, pp. 149–150.
  98. ^ a b c d 安藤 2003, pp. 124–126.
  99. ^ a b c 安藤 2003, p. 126.
  100. ^ 安藤 2003, pp. 127–136.
  101. ^ a b 安藤 2003, p. 143.
  102. ^ 安藤 2003, p. 144.
  103. ^ 安藤 2003, pp. 145–146.



瞑想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/08 16:41 UTC 版)

ジブリッシュ」の記事における「瞑想」の解説

思考マインド)を静かにすることができるという点で、瞑想法一つとして使われてきた。 インド生まれた瞑想指導者のOSHOが、「ジべリッシュ瞑想」を提唱し世界中に普及されているこの場合、ジべリッシュを通じて誰かコミュニケーションをとるということはしない。

※この「瞑想」の解説は、「ジブリッシュ」の解説の一部です。
「瞑想」を含む「ジブリッシュ」の記事については、「ジブリッシュ」の概要を参照ください。


瞑想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 06:19 UTC 版)

ミーム」の記事における「瞑想」の解説

マインド・ウイルスプログラムを、自分の意志止める方法ブロディ紹介している。瞑想である。ただし宗教的なものではない。 やり方は、まずリラックスし何も考えないようにし、浮かんでくる考えは、ただそれに気付くだけで反応せずに通り過ぎさせる。これを5分続けどのような気分になったかを確かめのである。 これはマインド・ウイルス完全に除去する方法ではなく一時的に心をプログラムか解放する方法である。それによって完全にではなくとも、自分の心がいかにプログラムされているかを知る一つの方法である。 心のプログラム気付もう一つの方法は、自分の意見他の人意見異なるときに、できるだけ相手の立場立って相手の話を理解するようにすることである。その後数日間その時得た見方で時々周囲見てみる。その見方自分の考えにしないにしても少なくとも自分と異な見方を知ることはできる。これによって自分のプログラム気付くことができるのである。

※この「瞑想」の解説は、「ミーム」の解説の一部です。
「瞑想」を含む「ミーム」の記事については、「ミーム」の概要を参照ください。


瞑想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 05:53 UTC 版)

不眠症」の記事における「瞑想」の解説

瞑想は不眠症治療推奨されている。瞑想の師であるゴータマ・シッダールタ、またの名であるブッダは、慈悲の瞑想実践リラックス安眠もたらす方法として推奨していることが記録されている―瞑想の功徳の一覧に最初に書かれているものである最近の研究結論している。マインドフルネス実践は、心と体落ち着きのなさ不眠症自覚症状減少させる。またマインドフルネス認知療法は、落ち着きのなさや、心配を含む機能不全睡眠関連の思考減少させることで睡眠促す

※この「瞑想」の解説は、「不眠症」の解説の一部です。
「瞑想」を含む「不眠症」の記事については、「不眠症」の概要を参照ください。


瞑想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 08:42 UTC 版)

神経犯罪学」の記事における「瞑想」の解説

瞑想は脳にも影響与えさらには恒久的に脳を変化させることさえある。2003年ウィスコンシン大学のリッチー・デビッドソン教授画期的な研究行った研究対象となった人々は、マインドフルネス訓練グループ訓練のための待機リスト無作為にどちらか選ばれたデイビッドソンは、週に8回の瞑想を行うだけでも、左前脳波機能向上することを示したその後ホルツェル教授によって同様の研究再現された。

※この「瞑想」の解説は、「神経犯罪学」の解説の一部です。
「瞑想」を含む「神経犯罪学」の記事については、「神経犯罪学」の概要を参照ください。


瞑想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/18 22:01 UTC 版)

新体道」の記事における「瞑想」の解説

新体道動きの中で瞑想を深めることを目的として行うものであるが、この項目のように静的な瞑想もある。動きの中の瞑想で明るく障害があっても動じない瞑想状態を学習し静かな瞑想で深い瞑想を体験し2つ世界行ったり来たりしながら稽古進める。 立位十位瞑想法正立位(旧名:帰一正立位) 放光位 照世位 天頂金剛献花献身望郷浄心無想位 その他慈恩師恩位 もともとは違う名前だったが、青木宏之江上茂瞑想しているときにおなかの辺りから体が広がってゆく感じがした。そのとき江上茂が行っていた印だということで師恩という名前にした。 印さまざまな印を組むが、入門しすいよう大きなものから進むに従って小さな違い味わってゆく。天真五相成立は「印」の研究よるところが大きいヨーガのように一点に気を集めるようなことや、眉間に印を向けるようなことは絶対に行わない献花歩行 赤い花瞑想法 飛翔瞑想法 火の玉瞑想法

※この「瞑想」の解説は、「新体道」の解説の一部です。
「瞑想」を含む「新体道」の記事については、「新体道」の概要を参照ください。


瞑想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/28 04:18 UTC 版)

マインドフルネス」の記事における「瞑想」の解説

マインドフルネス瞑想は、今現在において起こっている物事注意を向ける能力発達させるプロセス含んでいる。臨床的にデザインされ世俗的なマインドフルネスでは、non-judgmental(判断加えない)、present-centered(現在の瞬間中心に置く)の2つが特に強調されている。non-judgmental には、心理療法では「脱中心化」と呼ばれる自分の体験から少し距離を置く、またはスペース作る技法に通じるものがあり、マインドフルネス効果は、主にこの特質によると考えられている。present-centered は、non-judgmental な「being あることモードと judgmental な「doing すること」モード対比として説明されることが多く現在の瞬間中心に置くことで、過去未来へ関連付けでの評価をやめ、今現在起きていることに注意を向けるマインドフルネスとは、いわば doing モードから being モードギアシフトすることであるとされ、心配事とらわれて現在の瞬間から離れ自分の行っていることや経験していることに無自覚なまま「自動操縦状態」に陥ってしまうことへの非常に有効な対策であると考えられている。 マインドフルネス瞑想するためにデザインされた瞑想エクササイズ幾つかある。その一つは背もたれまっすぐな椅子に座るか、もしくは床やクッションの上に脚を組んで座り目を閉じて、息が入ったり出たりする時の感覚注意を向けるという方法である。その際に注意を向ける対象は、鼻孔近くでの呼吸感覚もしくは腹部動きどちらかとする。この瞑想実践では、実践者呼吸コントロールしようとせず、自分の自然な呼吸プロセスリズムにただ気づいていることを試みる。これを行っている時、心が思考連想へと流れていくことがよく起こる。それが起こった場合実践者は、注意が散漫になっているということ受動的に気づき偏った個人的な判断をせず受容的仕方で、注意呼吸へ戻す。 マインドフルネス発達させるその他の瞑想エクササイズとしては、身体の様々な所に注意向けてその時に起こっている身体の感覚気づくというボディスキャン瞑想がある。ヨーガにおいて動き身体感覚注意を向けることや、歩く瞑想(ウォーキング・メディテーション)をすることも、マインドフルネス発達させる方法となる。今現在において起こっている音、感覚思考感情動作などに注意を向けるともできるこの点で有名なエクササイズは、ジョン・カバット・ジンマインドフルネスストレス低減法プログラム導入したレーズンをマインドフルに味わうというものであり、そこではレーズン注意深く味わわ食されている。 瞑想者は、1日10分間ほどの短い時間で瞑想を始めるよう推奨される定期的に実践するにつれて呼吸向けられた注意保つこと容易になっていく。

※この「瞑想」の解説は、「マインドフルネス」の解説の一部です。
「瞑想」を含む「マインドフルネス」の記事については、「マインドフルネス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「瞑想」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

瞑想

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 00:03 UTC 版)

別表記

名詞

 めいそう

  1. 眼を閉じてゆっくりと考えること
  2. 仏教ヨーガ、およびそのほか古代インド由来宗教知恵(生活知)における、雑念払い心身安定させるぎょうのこと。メディテーション。→漢字の意義語源、ほか)。

発音(?)

メ↗ーソー

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
瞑想-する

「瞑想」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



瞑想と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

瞑想のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



瞑想のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
スパファインダージャパンスパファインダージャパン
Copyright (C) 2022 SPAFINDER JAPAN All rights reserved.
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2022 PianoTeachers' National Association of Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの瞑想 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジブリッシュ (改訂履歴)、ミーム (改訂履歴)、不眠症 (改訂履歴)、神経犯罪学 (改訂履歴)、新体道 (改訂履歴)、マインドフルネス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの瞑想 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS