無とは? わかりやすく解説

ぶ【無】

読み方:ぶ

⇒む


ぶ【無】

読み方:ぶ

接頭名詞または形容動詞語幹に付いて、それを打ち消し否定する意を表す。不(ぶ)。

…でない、…しない、などの意を添える。「—風流」「—遠慮

…がわるい、…がよくない、などの意を添える。「—愛想」「—作法」「—細工

[補説] 「不…」「無…」の使い分けについては、概して「不」は状態を表す語に付き「無」体言に付くとはいえるが、古来、「不(無)気味」「不(無)作法」など両様用いられる語も少なくないまた、「不」字は呉音フ、漢音フウであって、ブは「無」字の漢音に影響されて生じた慣用音と思われる


む【無】

読み方:む

[音](呉) (漢) [訓]ない なみする

学習漢字4年

[一]〈ム〉

存在しない。…がない。「無益無休無辜(むこ)・無形無効無償無上無情無職無人無線無断無名・無理・無料・無意味有無皆無虚無絶無

…でない。…しない。「無数・無道・無量・無論

ないがしろにするなみする。「無視無法

[二]〈ブ〉[一]1に同じ。「無事・無精・無難無頼無礼無愛想傍若無人

名のり]な・なし

難読無花果(いちじく)・無言(しじま)・無患子(むくろじ)


む【無/×无】

読み方:む

【一】[名]

何もないこと。存在しないこと。「—から有を生ずる」⇔有。

哲学の用語。

存在の否定欠如特定の存在がないこと。また、存在そのものがないこと。

一切の有無対立を超えそれらの存立基盤となる絶対的な無。

禅宗で、経験・知識を得る以前純粋な意識。「—の境地

【二】接頭名詞に付いてそのもの存在しないこと、その状態がないことの意を表す。「—感覚」「—資格」「—届け」「—免許


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 10:11 UTC 版)

(む、无)とは、ないこと、存在しないこと。事物あるいは対象となる事柄がを成さないといった様態及び概念物体が物質的構成を成さないこと。一切の否定を一般化した表現。対義語は。「定義されていない(未定義)」事とは意味合いが異なる場合がある。


  1. ^ カルナップ著、「言語の論理的分析による形而上学の克服」、『カルナップ哲学論集』所収、1977年


「無」の続きの解説一覧

無(ウー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 09:18 UTC 版)

サムライ・ラガッツィ -戦国少年西方見聞録-」の記事における「無(ウー)」の解説

皇帝刺客。主に狙うのは密貿易などで私腹を肥やす異邦人だが、それに加担していれば中華の民であっても容赦はしない武器暗器扱い長け強敵との殺し合い生き甲斐十郎同類とみなす。

※この「無(ウー)」の解説は、「サムライ・ラガッツィ -戦国少年西方見聞録-」の解説の一部です。
「無(ウー)」を含む「サムライ・ラガッツィ -戦国少年西方見聞録-」の記事については、「サムライ・ラガッツィ -戦国少年西方見聞録-」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 05:28 UTC 版)

アライブ-最終進化的少年-」の記事における「無」解説

物体有無に関わらず任意の空間穴を開けたように抉ることが出来る。“アクロの心臓”を取り入れてからは、元々の威力が格段に上昇した。その威力凄まじく、山を一瞬抉り取るほど。第二部では“アクロの心臓”として実体無くなった為、あらゆる兵器無効化した。

※この「無」の解説は、「アライブ-最終進化的少年-」の解説の一部です。
「無」を含む「アライブ-最終進化的少年-」の記事については、「アライブ-最終進化的少年-」の概要を参照ください。


無(星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 21:09 UTC 版)

リセ (カードゲーム)」の記事における「無(星)」の解説

星のマーク公式には無であるが、星のマークあるため星と呼ばれることが多い。コスト見合わないスペックキャラが多いが、キャラの除去バトル外で打点などに長けている能力持たない高コストキャラが全属性比較して圧倒的に多い(ラッキーカードなのだが)。

※この「無(星)」の解説は、「リセ (カードゲーム)」の解説の一部です。
「無(星)」を含む「リセ (カードゲーム)」の記事については、「リセ (カードゲーム)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「無」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/12/03 12:58 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. 存在対立概念何もない状態。不存在哲学宗教において根本的なテーマとなる。類似の概念に「」がある。
  2. 無駄無意義

接頭辞

(む)

  1. ないことを表す。

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「無」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



無と同じ種類の言葉


品詞の分類

接頭語    無    

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

無のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



無のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの無 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサムライ・ラガッツィ -戦国少年西方見聞録- (改訂履歴)、アライブ-最終進化的少年- (改訂履歴)、リセ (カードゲーム) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS