入場とは? わかりやすく解説

にゅう‐じょう〔ニフヂヤウ〕【入場】

読み方:にゅうじょう

[名](スル)会場競技場式場などにはいること。「選手団が—する」「—無料」⇔退場


入場

読み方:イリバ(iriba)

所在 愛知県名古屋市港区

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

〒455-0803  愛知県名古屋市港区入場

入場

名字 読み方
入場にゅうば
名字辞典では、珍しい名字を中心に扱っているため、一般的な名字の読み方とは異なる場合がございます。

入場

読み方
入場いりば
入場にゅうば

入場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/02 05:04 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「入場」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「入場」を含むページの一覧/「入場」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「入場」が役に立つかも知れません。

関連項目



入場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 14:05 UTC 版)

アメリカ陸軍兵器博物館」の記事における「入場」の解説

2019年2月現在、屋内博物館移転終了し閉鎖中である。 屋外博物館大部分連邦休日除き、週7日午前9時から午後4時45分まで一般に公開されている。 入場にはパスポートなど身分証明書提示必要である

※この「入場」の解説は、「アメリカ陸軍兵器博物館」の解説の一部です。
「入場」を含む「アメリカ陸軍兵器博物館」の記事については、「アメリカ陸軍兵器博物館」の概要を参照ください。


入場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/21 04:45 UTC 版)

サイゴン動植物園」の記事における「入場」の解説

7:00-20:00土・日曜は2230まで開園休日なし。 入園料50000ドン子供の入場は6000ドン

※この「入場」の解説は、「サイゴン動植物園」の解説の一部です。
「入場」を含む「サイゴン動植物園」の記事については、「サイゴン動植物園」の概要を参照ください。


入場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/14 07:53 UTC 版)

ゴージャス・ジョージ」の記事における「入場」の解説

ジョージ最大の見せ場でもある入場シーン入場曲使った最初の選手と言われる。 まず赤絨毯用意される。『威風堂々』が流れピンスポット照明浴びながら執事女性マネージャー先導され登場観客挑発しながらゆっくりと進む。 執事香水銘柄シャネルの『10番』という架空のもの)でリング消毒するまで、リングサイドシューズ拭きながらペアピンや花束観客席投げ込むレフェリー相手見下しながら紹介を受け、試合始まれば反則一辺倒。 『威風堂々』は、後にランディ・サベージ入場曲として愛用した。なお、ランディ・サベージ1990年代末にWCWにて、ガールフレンドのステファニー・ベラーズを「ゴージャス・ジョージ」と名付け女性マネージャー従えていたが、もともとはサベージ実弟ラニー・ポッフォゴージャス・ジョージ名乗る予定だった。

※この「入場」の解説は、「ゴージャス・ジョージ」の解説の一部です。
「入場」を含む「ゴージャス・ジョージ」の記事については、「ゴージャス・ジョージ」の概要を参照ください。


入場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/22 03:27 UTC 版)

ボドリアン図書館」の記事における「入場」の解説

新しく図書館利用を始める者は利用する前に公式宣誓文に同意する必要がある。伝統的に宣誓という形態をとってきたが、現在では通常同じ効果を持つ文章サインする形態とっている — 利用者宣誓文を詠唱する儀式はそれを望むものに関して未だに執り行われている。この宣誓文は大学のマイケルマス学期英語版)の始まり言葉由来する外部利用者 (オックスフォード大学所属していない者) は現在でも図書館入場に先立って宣誓文を口頭で詠唱する必要があるボドリアン図書館受付には宣言世界中の様々な言語翻訳した宣誓文があり、英語を母語していない者には自分の母語詠唱することを許可している。宣誓文の英語テキスト以下のとおりである。 I hereby undertake not to remove from the Library, nor to mark, deface, or injure in any way, any volume, document or other object belonging to it or in its custody; not to bring into the Library, or kindle therein, any fire or flame, and not to smoke in the Library; and I promise to obey all rules of the Library. (日本語訳)私は図書館帰属物または管理下にあるあらゆる施設書簡文書に対し除去刻印汚損損傷行為行わないことをここに誓う。また、あらゆる火や炎を図書館持ち込まず図書館喫煙行わない。そして、私は図書館あらゆるルールに従うことを誓う。 これは図書館開設当初行われていたラテン語誓い翻訳したものである (元のラテン語版誓いでは喫煙禁じていない。しかし当時は火は災害もたらす危険が高かったため図書館には暖を取る仕組みがなかった)。

※この「入場」の解説は、「ボドリアン図書館」の解説の一部です。
「入場」を含む「ボドリアン図書館」の記事については、「ボドリアン図書館」の概要を参照ください。


入場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/28 20:53 UTC 版)

21世紀夢の技術展」の記事における「入場」の解説

通常の入場券であるフルタイム券(大人大学生1500円/高校生500円)は開催期間17日を通して何度でも入場が可能であった中学生以下および65歳以上、障害がある方とその同伴者入場無料)。また、この他には前売り券大人大学生1000円/高校生300円)や団割引大人大学生1000円/高校生300円)、17時以降に入場できるサンセット券(大人500円当日限り有効)があった。

※この「入場」の解説は、「21世紀夢の技術展」の解説の一部です。
「入場」を含む「21世紀夢の技術展」の記事については、「21世紀夢の技術展」の概要を参照ください。


入場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/19 17:29 UTC 版)

「B'z Loud-Gym」の記事における「入場」の解説

入場料無料入場時に2ドリンク代が必要)。 入場方法に関して以下の通りである(公式サイト参照)。 優先入場用デジタルチケットLoud Pass」を発行申し込みには『B'z Club-Gym』の登録が必須である当日会場配布整理券Loud Pass」の入場終了後当日会場発券される整理券で入場。 「Loud Pass」と当日会場配布整理券該当者の入場後、会場キャパシティー余裕があれば入場可。

※この「入場」の解説は、「B'z Loud-Gym」の解説の一部です。
「入場」を含む「B'z Loud-Gym」の記事については、「B'z Loud-Gym」の概要を参照ください。


入場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/15 05:28 UTC 版)

ワット・シーサケット」の記事における「入場」の解説

入場料 10000kip (2018/12現在) 入場時間 8:00-12:0013:0016:00 年中無休 本堂内は撮影禁止

※この「入場」の解説は、「ワット・シーサケット」の解説の一部です。
「入場」を含む「ワット・シーサケット」の記事については、「ワット・シーサケット」の概要を参照ください。


入場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/26 03:27 UTC 版)

くしろ霧フェスティバル」の記事における「入場」の解説

2022年から、高校生以上入場料金開始36年間で初めての料金の支払い開始される

※この「入場」の解説は、「くしろ霧フェスティバル」の解説の一部です。
「入場」を含む「くしろ霧フェスティバル」の記事については、「くしろ霧フェスティバル」の概要を参照ください。


入場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 15:53 UTC 版)

マツダミュージアム」の記事における「入場」の解説

入館完全予約制電話もしくはネット予約する基本的に土曜日・日曜日及び祝日閉館しているが、年に数日開館日がある。本社ショールームから構内専用バス移動する

※この「入場」の解説は、「マツダミュージアム」の解説の一部です。
「入場」を含む「マツダミュージアム」の記事については、「マツダミュージアム」の概要を参照ください。


入場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/10 09:22 UTC 版)

ベンメリア」の記事における「入場」の解説

開門時間:6:00-17:00無休入場料5ドルゲート前に売店レストランがあるほかは、遺跡周辺ジャングル地帯崩壊激しいため、歩行範囲限られる毒ヘビ注意周辺道路では強盗危険性あり。また、遺跡周辺では今なお地雷残り撤去中である。

※この「入場」の解説は、「ベンメリア」の解説の一部です。
「入場」を含む「ベンメリア」の記事については、「ベンメリア」の概要を参照ください。


入場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/05 08:38 UTC 版)

世界食文化博物館」の記事における「入場」の解説

見学予約予約制となっている。「食文化博物館コース」と「宮殿コース」の2つ見学コース用意されている土曜日日曜日祝日夏季・年末年始会社休業日休館となっている。

※この「入場」の解説は、「世界食文化博物館」の解説の一部です。
「入場」を含む「世界食文化博物館」の記事については、「世界食文化博物館」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「入場」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

入場

出典:『Wiktionary』 (2021/09/20 08:35 UTC 版)

名詞

(にゅうじょう)

  1. 場内入ること。

対義語

動詞

活用


「入場」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

入場のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



入場のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本郵政株式会社日本郵政株式会社
Copyright (C) 2022 JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd. All Rights Reserved.
名字見聞録名字見聞録
copyright©1996-2022 SPECTRE all rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの入場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアメリカ陸軍兵器博物館 (改訂履歴)、サイゴン動植物園 (改訂履歴)、ゴージャス・ジョージ (改訂履歴)、ボドリアン図書館 (改訂履歴)、21世紀夢の技術展 (改訂履歴)、B'z Loud-Gym (改訂履歴)、ワット・シーサケット (改訂履歴)、くしろ霧フェスティバル (改訂履歴)、マツダミュージアム (改訂履歴)、ベンメリア (改訂履歴)、世界食文化博物館 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの入場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS