選手団とは? わかりやすく解説

選手団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 00:24 UTC 版)

2008年北京オリンピックの日本選手団」の記事における「選手団」の解説

人員: 選手 339人、役員 237人(合計 576人。過去最多主将鈴木桂治柔道副将今回は特に置かれなかった 開会式旗手福原愛卓球閉会式旗手北島康介競泳

※この「選手団」の解説は、「2008年北京オリンピックの日本選手団」の解説の一部です。
「選手団」を含む「2008年北京オリンピックの日本選手団」の記事については、「2008年北京オリンピックの日本選手団」の概要を参照ください。


選手団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/21 04:50 UTC 版)

1964年東京オリンピック」の記事における「選手団」の解説

日本選手団は、1位統一東西ドイツ選手団の374人、2位アメリカ合衆国361に次ぐ3位355人で、4位ソビエト連邦332であった東西統一ドイツ選手団が金メダルの場合、国旗掲揚統一東西ドイツ旗で、国歌演奏でなく「曲演奏」と紹介され交響曲第9番 (ベートーヴェン)演奏された。 各国選手団の中で最初に日本乗り込んできたのは韓国の馬術競技の選手団である。5月31日釜山港からアリラン丸に乗り出航。6月3日東京到着したその後世界各国の選手団が空路海路乗り込んできた。東京国際空港には各国の選手団を運んできた旅客機並んだほか、競技用道具や馬を運んできた貨物機並んだ

※この「選手団」の解説は、「1964年東京オリンピック」の解説の一部です。
「選手団」を含む「1964年東京オリンピック」の記事については、「1964年東京オリンピック」の概要を参照ください。


選手団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/30 04:47 UTC 版)

2016年リオデジャネイロオリンピックのブルンジ選手団」の記事における「選手団」の解説

人員: 選手 9人 開会式旗手: オリヴィエ・イラバルタ 開会式選手入場では、リサイクル自転車で選手団を先導する演出が行われたが、ブルンジ先導のみ国名書かれプレート持った女性が歩くというものであったその理由不明

※この「選手団」の解説は、「2016年リオデジャネイロオリンピックのブルンジ選手団」の解説の一部です。
「選手団」を含む「2016年リオデジャネイロオリンピックのブルンジ選手団」の記事については、「2016年リオデジャネイロオリンピックのブルンジ選手団」の概要を参照ください。


選手団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/30 04:48 UTC 版)

2016年リオデジャネイロオリンピックのマダガスカル選手団」の記事における「選手団」の解説

人員: 選手 6人 開会式旗手: エリアン・サホリニリナ当初アサラマニチャ・ラティアリスンが旗手として予定されており、マダガスカルオリンピック委員会からもそのようにアナウンスなされていた。

※この「選手団」の解説は、「2016年リオデジャネイロオリンピックのマダガスカル選手団」の解説の一部です。
「選手団」を含む「2016年リオデジャネイロオリンピックのマダガスカル選手団」の記事については、「2016年リオデジャネイロオリンピックのマダガスカル選手団」の概要を参照ください。


選手団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/01 04:19 UTC 版)

2016年リオデジャネイロオリンピックのトンガ選手団」の記事における「選手団」の解説

人員: 選手 7人 開会式旗手: ピタ・タウファトファ 開会式選手入場で、旗手務めたテコンドー選手のピタ・タウファトファは、上半身裸で、体にはココナッツオイル塗っていて、腰に民族衣装を纏った姿で行進し注目浴びた開会式前に彼は自身のInstagramにて「サプライズがある」と書き込んでおり、ソーシャルメディアなどでも彼の開会式での姿は話題となった

※この「選手団」の解説は、「2016年リオデジャネイロオリンピックのトンガ選手団」の解説の一部です。
「選手団」を含む「2016年リオデジャネイロオリンピックのトンガ選手団」の記事については、「2016年リオデジャネイロオリンピックのトンガ選手団」の概要を参照ください。


選手団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/02 07:51 UTC 版)

2012年ロンドンオリンピックのブルネイ選手団」の記事における「選手団」の解説

人員: 選手 3人 開会式旗手: Maziah Mahusinブルネイ夏季オリンピック代表となった初の女子選手であり、ブルネイ選手団初の女性旗手である。

※この「選手団」の解説は、「2012年ロンドンオリンピックのブルネイ選手団」の解説の一部です。
「選手団」を含む「2012年ロンドンオリンピックのブルネイ選手団」の記事については、「2012年ロンドンオリンピックのブルネイ選手団」の概要を参照ください。


選手団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/06 01:31 UTC 版)

2014年ソチオリンピックのケイマン諸島選手団」の記事における「選手団」の解説

人員: 選手 1人 開会式旗手: ダウ・トラヴァース 開会式選手入場の際、バミューダと共にバミューダパンツ行進した

※この「選手団」の解説は、「2014年ソチオリンピックのケイマン諸島選手団」の解説の一部です。
「選手団」を含む「2014年ソチオリンピックのケイマン諸島選手団」の記事については、「2014年ソチオリンピックのケイマン諸島選手団」の概要を参照ください。


選手団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/06 01:32 UTC 版)

2014年ソチオリンピックのドミニカ国選手団」の記事における「選手団」の解説

人員: 選手 2人 開会式旗手: ゲイリー・シルヴェストリ 夫であり旗手務めたゲイリー・シルヴェストリはアメリカ・ニューヨーク出身で、金融業勤めていた人物慈善活動ドミニカ国訪れていたことで市民権を得たため、念願だったスポーツ選手としてのオリンピック参加繋がった。なお、スキー参加競技にしたのは趣味スキーだったため。妻のアンゲリカ・シルヴェストリがスキー競技参加しているのも夫同様趣味よるものである。

※この「選手団」の解説は、「2014年ソチオリンピックのドミニカ国選手団」の解説の一部です。
「選手団」を含む「2014年ソチオリンピックのドミニカ国選手団」の記事については、「2014年ソチオリンピックのドミニカ国選手団」の概要を参照ください。


選手団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/06 01:30 UTC 版)

2014年ソチオリンピックのバミューダ選手団」の記事における「選手団」の解説

人員: 選手 1人 開会式旗手: トゥッカー・マーフィー 開会式選手入場の際、ケイマン諸島と共にバミューダパンツ行進した

※この「選手団」の解説は、「2014年ソチオリンピックのバミューダ選手団」の解説の一部です。
「選手団」を含む「2014年ソチオリンピックのバミューダ選手団」の記事については、「2014年ソチオリンピックのバミューダ選手団」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「選手団」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「選手団」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

選手団のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



選手団のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの2008年北京オリンピックの日本選手団 (改訂履歴)、1964年東京オリンピック (改訂履歴)、2016年リオデジャネイロオリンピックのブルンジ選手団 (改訂履歴)、2016年リオデジャネイロオリンピックのマダガスカル選手団 (改訂履歴)、2016年リオデジャネイロオリンピックのトンガ選手団 (改訂履歴)、2012年ロンドンオリンピックのブルネイ選手団 (改訂履歴)、2014年ソチオリンピックのケイマン諸島選手団 (改訂履歴)、2014年ソチオリンピックのドミニカ国選手団 (改訂履歴)、2014年ソチオリンピックのバミューダ選手団 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS