傍若無人とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 四字熟語 > 出典別 > 史記 > 傍若無人の意味・解説 

傍若無人

読み方:ぼうじゃくぶじん

傍若無人とは、傍若無人の意味

傍若無人とは、周囲のことを考えずに勝手に振る舞うさまという意味のこと。傍若無人を英語で表現すると insolence となる。傍若無人は、「傍若」と「無人」の2つ言葉の意味合わさってできた四字熟語ではなく漢字四字で成立する比較珍し四字熟語である。

傍若無人の類語、対義語

傍若無人の類語は、社会的に誤った行動という意味で「不躾」や、目下の人間に対して傲慢な態度を取るという意味で「驕傲」などが挙げられる

傍若無人の対義語は、周囲の人を思いやり控えめで遠慮深い態度を取るという意味の「遠慮会釈」や、礼儀正しいさまを指す「丁寧な物腰」などが挙げられる

傍若無人の例文や使い方

傍若無人の例文として、「電車内大声で電話している傍若無人な人だ」や、「仕事はできる人なのに部下に対して傍若無人なさまが気になる」などが挙げられる

傍若無人の語を直接その人に対して使うことはあまりない自由に振る舞うさまには自由奔放天真爛漫もあるが、傍若無人の場合は人に迷惑をかけているというニュアンス含まれていることが多い。



傍若無人

読み方:ぼうじゃくぶじん

傍若無人とは、傍若無人の意味

傍若無人とは、人の目気にせず勝手気ままにふるまうこと。中国史記刺客列伝)に出てくる「旁若無人者」という言葉由来となっている。漢文では旁若無人と書かれており、訓読みにすると「傍らに人無きが若く(ごとく)」となる。傍若無人は英語で arrogance(横柄)、 insolence(横柄な言動)、 audacity厚かましい)などと表すことが多い。

傍若無人は周り気にせず気ままにふるまうという意味だが、猪突猛進どの人目を気にせず目標に向かって突き進むという意味の「周り気にしない」とは異なり横柄で他人に迷惑をかける様子を表す言葉である。

傍若無人の類語

類語には放辟邪侈(ほうへきじゃし)、野放図のほうず)などがある。放辟邪侈には、勝手気ままに悪い行いをするという意味があり、野放図身勝手なさまとされているどちらもあまり良い表現ではなく周り気にかけない自分勝手な者といった意味で使われることが多い。似たような言葉で自由奔放という言葉があるが、こちらは「気取らない飾らない」というニュアンスで使われるため意味が大きく異なる

傍若無人の例文、使い方

例文では「傍若無人な態度に腹が立つ」や「彼の傍若無人ぶりには周囲が呆れている」といった使い方しており周りのことを気遣わない様子不満がある周囲の人たち心理表している。

ぼうじゃく‐ぶじん〔バウジヤク‐〕【傍若無人/×旁若無人】

読み方:ぼうじゃくぶじん

[名・形動《「史記刺客伝から。「傍(かたわ)らに人無きが若(ごと)し」の意》人のことなどまるで気にかけず自分勝手に振る舞うこと。また、そのさま。「―な態度に腹が立つ」


傍若無人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/19 06:58 UTC 版)

傍若無人(ぼうじゃくぶじん)は、人のことなどまるで気にかけず、遊び、騒いで勝手に振る舞うこと。また、そのさま「―な態度に腹が立つ」。




「傍若無人」の続きの解説一覧

傍若無人

出典:『Wiktionary』 (2018/04/06 02:26 UTC 版)

成句

ぼうじゃくぶじん

  1. (『傍らに、人なきが若し』より)人前はばからず、勝手振る舞う事。

由来


「傍若無人」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



傍若無人と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「傍若無人」の関連用語

傍若無人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



傍若無人のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの傍若無人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの傍若無人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS