故事成語とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 故事成語の意味・解説 

こじ‐せいご【故事成語】

読み方:こじせいご

故事をもとにしてできた言葉。特に、中国故事からできた語。「五十歩百歩」「矛盾」の類。


故事

(故事成語 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/02/04 02:51 UTC 版)

故事(こじ)とは、大昔にあった物や出来事。また、遠い過去から今に伝わる、由緒ある事柄。特に中国古典に書かれている逸話のうち、今日でも「故事成語」や「故事成句」として日常の会話や文章で繁用されるものをいう。


  1. ^ 荘子』 秋水
  2. ^ 「井の中の蛙大海を知らず」には実はポジティブな続きがあった! /毎日雑学”. ダ・ヴィンチ. KADOKAWA (2020年10月9日). 2020年12月30日閲覧。
  3. ^ 『後漢書』列伝11・邳彤伝
  4. ^ 『後漢書』列伝9・耿弇伝
  5. ^ 歴代名画記』 巻七 梁
  6. ^ Wikiquoteの中国のことわざに、水衡記を典拠とする記述があります。
  7. ^ 列子』 説符篇
  8. ^ 列子』 天瑞篇
  9. ^ 戦国策』 燕策
  10. ^ 晋書』 車胤伝
  11. ^ 孟子』 魏恵王 上
  12. ^ 淮南子』 巻十八 人間訓
  13. ^ 『史記』項羽本紀
  14. ^ 韓非子』 五蠧篇
  15. ^ 『春秋左氏伝』桓公12年 - 国立国会図書館デジタルコレクション 春秋左氏伝(日本語訳)八二頁
  16. ^  春秋左氏傳 桓公. 春秋左氏傳/桓公#桓公十二. - ウィキソース. 
  17. ^ 孟子』 公孫丑 上
  18. ^ 漢書』 朱雲伝
  19. ^ 晋書』 孫楚伝
  20. ^ 詩経』 小雅 鶴鳴編
  21. ^  世說新語 黜免. 世說新語/黜免#2.. - ウィキソース. 
  22. ^ 荘子』 斉物論
  23. ^ 列子』 黄帝篇
  24. ^ 戦国策』 楚策 - 楚の宣王に対して家臣の江乙が話したたとえ話。他国が令尹(宰相)の昭奚恤を恐れるのは、実際は楚王の軍を恐れるゆえと説明するため。
  25. ^ 荘子』徳充符より
  26. ^ 『春秋左氏伝』成公十年より
  27. ^ 『無門関』「六則」
  28. ^ 戦国策』「燕策」より


「故事」の続きの解説一覧

故事成語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 10:20 UTC 版)

論語」の記事における「故事成語」の解説

論語』に由来する故事成語には、以下の例がある。 一を聞いて十を知る - 公冶長篇「賜也何敢望回、回也聞一以知十、賜也聞一以知二一端を聞いただけで全体理解すること。理解早く聡明であること。 牛刀をもって鶏を割く - 陽貨篇「割雞焉用牛刀小さなこと処理するのに大げさな手段用いること。 過ち改めざるをこれ過ちという - 衛霊公篇「過而不改、是謂過矣」過ち犯して改めないことこそが、真の過ちである。 過ぎたるは猶お及ばざるが如し - 先進篇「過猶不及適当な程度を超えているのは、不足と同じ。中庸大切であるたとえ。 憤せずんば啓せず - 述而篇「不憤不啓、不悱不発挙一隅不以三隅反、則不復也」心に理解できなくて、憤り奮い立つほどでなければ教え導かない自発的にやろうとしない者には教えない。 径(こみち)によらず - 雍也篇「有澹臺滅明者、行不由径」小道通らないで、大道を行く。人生において近道をしないで、正直にしたがい歩む性相近し習い相い遠し - 陽貨篇「性相近也、習相遠也」人間生まれつき天性はたいして差がないが、後天的な習慣によって大きく違ってくる。 徳は孤ならず - 里仁篇「徳不孤、必有鄰」徳のあるものは、決し孤立することはなく、必ず従う者、助ける者がいる。 和して同ぜず - 子路篇「君子和而不同小人同而不和」人と仲良く打ち解けても、道理背いてまで人にへつらわないこと。

※この「故事成語」の解説は、「論語」の解説の一部です。
「故事成語」を含む「論語」の記事については、「論語」の概要を参照ください。


故事成語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 09:54 UTC 版)

呂蒙」の記事における「故事成語」の解説

呉下の阿蒙 士別れて三日なれば、即ち更に刮目かつもく)して相待す(あいたい・す)べし - 日本では男子三日会わざれば刮目して見よ」という形に変化している。 虎穴に入らずんば虎子を得ず不入虎穴焉得虎子

※この「故事成語」の解説は、「呂蒙」の解説の一部です。
「故事成語」を含む「呂蒙」の記事については、「呂蒙」の概要を参照ください。


故事成語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/24 07:18 UTC 版)

許渾」の記事における「故事成語」の解説

山雨来たらんと欲して満つ許渾の「咸陽城東詩」の「渓初起日沈閣、山雨欲来風満」から。山雨降り出そうする前にまず風が高楼吹きつけてくる。転じて、今にも大事件起こりそうな、穏やかでない雰囲気立ちこめている状態のたとえ。 当時は唐王朝衰退期にあたり将来心配する気持ち現れ見られている

※この「故事成語」の解説は、「許渾」の解説の一部です。
「故事成語」を含む「許渾」の記事については、「許渾」の概要を参照ください。


故事成語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/16 14:02 UTC 版)

「兌」の記事における「故事成語」の解説

麗沢は兌なり。君子以て朋友講習す(象伝) - 並んでいる沢が互いに潤し合っているように君子友人議論交わしつつ学びお互い高め合う

※この「故事成語」の解説は、「兌」の解説の一部です。
「故事成語」を含む「兌」の記事については、「兌」の概要を参照ください。


故事成語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 07:22 UTC 版)

出師表」の記事における「故事成語」の解説

後出師表の中の「臣鞠躬尽瘁、死而后已(臣は鞠躬尽力し死して後に已む、)」は(四字熟語としては「鞠躬尽瘁」)は「全身全霊でやり抜くという意味でつかわれる『三国志演義』にも引用されたほか黄宗羲の「巡撫天津右僉都御史留仙馮公神道碑銘」にも引用されている。現代では朱鎔基首相2001年演説使用した

※この「故事成語」の解説は、「出師表」の解説の一部です。
「故事成語」を含む「出師表」の記事については、「出師表」の概要を参照ください。


故事成語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/21 08:59 UTC 版)

陶侃」の記事における「故事成語」の解説

中国では、陶侃由来する故事成語が数多くある。

※この「故事成語」の解説は、「陶侃」の解説の一部です。
「故事成語」を含む「陶侃」の記事については、「陶侃」の概要を参照ください。


故事成語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/14 12:18 UTC 版)

鶏肋」の記事における「故事成語」の解説

本来はスープなどの材料であるが、一般に骨についている筋肉旨味多く含んでいることから肉として美味であるため、昔はしゃぶって食べ事もあった。しかし、肉は僅かしかついていないので、出汁にはできてもしゃぶって食べたところで腹は満たされない。このことから大し役に立たないが、捨てるには惜しいもの」を指して鶏肋」というようになった初出『後漢書』楊震伝附楊修伝」や『三国志』魏書武帝紀」の注に引く『九州春秋』に記録がある曹操(魏の太祖、武帝)の言葉漢中郡をめぐる劉備(蜀の先主)との攻防戦において持久戦をとる劉備軍曹操軍苦戦強いられた時、曹操食事中無意識に発した鶏肋」を伝令触れ回り、誰もその意味理解できない中で側近楊修撤退準備をさせた。周囲からその理由問われ楊修は「鶏肋あばら骨)は捨てるには惜しいが、食べて腹の足しになるほどの肉はついていない。すなわち、漢中郡惜しいが今が撤退潮時お考えである」と説明したという。 曹操勝手に撤退準備を始め楊修を、軍規乱したとして即座に処刑し兵士見せ付ける。この一件前にも、楊修曹操言動から彼の真意見抜くことに長けていたため、曹操から危険視されていた楊修曹操の後継者として世子曹丕でなく庶子曹植支持していたのも曹操不興買ったという)。

※この「故事成語」の解説は、「鶏肋」の解説の一部です。
「故事成語」を含む「鶏肋」の記事については、「鶏肋」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「故事成語」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

故事成語

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 06:33 UTC 版)

名詞

故事 成語 こじせいご

  1. 過去歴史上の出来事一般的に中国古典)から生まれた慣用句ことわざのこと。

翻訳


「故事成語」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「故事成語」の関連用語

故事成語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



故事成語のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの故事 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの論語 (改訂履歴)、呂蒙 (改訂履歴)、許渾 (改訂履歴)、兌 (改訂履歴)、出師表 (改訂履歴)、陶侃 (改訂履歴)、鶏肋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの故事成語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS