塞翁が馬とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 故事成語 > 出典別 > 淮南子 > 塞翁が馬の意味・解説 

塞翁が馬

読み方:さいおうがうま

「塞翁が馬」とは、「人生何がきっかけ幸・不幸になるか分からないものだ」「幸福が不幸を招いたり、不幸な出来事きっかけ幸福になったりする」という意味故事成語である。これは「軽率に眼前幸・不幸一喜一憂するべからず」という教訓でもある

「塞翁が馬」は「人間万事塞翁が馬」ともいう。中国語では「塞翁失馬」「塞上的馬」「塞馬」ともいう。

「塞翁が馬」は、前漢書物淮南子えなんじ)」第18巻人間訓(じんかんくん)」 に記されエピソード呼び名である。

「塞翁が馬」は(原典記され言葉ではなく)当該エピソードを指す便宜的な呼び名であり、そのため呼び方にも揺れ生じているわけである。

「塞翁が馬」の由来となったエピソード

「塞翁が馬」は、文字通り塞翁という老人が所有する馬」のことである。塞翁北方の砦に住む老翁呼び名である。

あるとき、塞翁は、大切にしていた馬に逃げられてしまった。周りの人々は翁に同情し、「とんだ災難遭ったものだ」と慰めた。しかし当塞翁は「これは幸運だ」という。
しかる後、あの逃げた馬は、別の駿馬引き連れて家に戻ってきたのであった周りの人々は「なんという幸運に恵まれたものだ」と祝意示したが、当の翁は「これは災難かもしれない」という。
然して逃げた馬が連れ帰ってきた別の駿馬は、塞翁愛息子を振り落としてしまった。落馬した息子は足を負傷してしまった。この災難周りの人々は翁に同情した。しかし当塞翁は「これは僥倖かもしれない」という。現代でいう逆張りがとにかく好きな爺である。
その後戦争起き周り若い衆ことごとく徴兵されたが、塞翁息子は足を負傷していたため徴兵免れ戦地で命を散ら憂き目からも免れた

要するに「塞翁が馬」の話は、不幸は幸福を呼ぶこともあり、幸福が不幸を招くこともある、眼の前出来事一喜一憂して仕方ない幸不幸誰にも予測できないということ教え一種の寓話なのである

塞翁が馬の類語・類似表現

塞翁が馬と似た意味を持つ格言に、「禍福は糾える縄の如し」や「沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり」などがある。

禍福は糾える縄の如し」は、人間遭遇する幸不幸は縄のように表裏一体絡み合っており、交互に巡ってくることを表現している。この言葉にも、「塞翁が馬」と同じく幸せだ思っていたことが不幸の元になったり、不幸が幸せ呼んだりするという意味がある。「禍福は糾える縄の如し」は、司馬遷編纂した歴史書の「史記」から引用され言葉である。

沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり」は、人生川の流れたとえて浮き沈みあること表している。「生きている間には良いときと悪いときがあり、いずれも長く続かないから思い悩む必要はない」というのが、この言葉の一般的な意味である。

英語で「塞翁が馬」に似ているのが、「Joy and sorrow are today and tomorrow」である。「今日喜び明日悲しみになる」と訳されることが多いこの言葉は、「塞翁が馬」と同様人生がどう転ぶかわからないことを表現している

塞翁が馬の使い方

実生活で「塞翁が馬」が使われるのは、概して悪い事態遭遇したときが多い。たとえば、入学試験落ちた学生に「人間万事塞翁が馬だよ」と言うときは、相手心情励ま気持ち込められている。実際受験した学校落ちたことがきっかけ別な進路開けたり素晴らし友達出会えたりする幸運訪れ可能性がある不合格という災難ポジティブに捉えられるように発想の転換促すのが、このようなケースだ。

また、失恋をした人を慰めるときにも「塞翁が馬」を使うことがあるかもしれないこのような場合相手振られたことでより理想に近い相手巡り合えたり、不幸な結婚をせずに済んだりする可能性がでてくる。

このように日常生活では、主に「災難幸運につながるきっかけになるということ伝え目的で、「塞翁が馬」という格言使用されている

塞翁が馬

読み方:さいおうがうま

塞翁が馬(さいおうがうま)とは、幸せも不幸も人間期待した通りにはならず何が禍(わざわい)となり何が福となるか分からないことを説明した故事成語である。

国境近くのとりで(塞)に住んでいた老人(翁)は、ある日飼っていた馬に逃げられてしまった。近所の人たちが慰めると「これは幸運なことである」と翁は話をした。すると、その逃げた馬がやがて立派な馬を連れて帰ってきたので、「本当に幸せなことになりましたね」と周囲の人たちが話すと、今度は「これは不幸なことである」と翁は返事をした。実際、その馬に乗っていた翁の息子が、落馬して怪我をしてしまったのである。その不幸を同情していると、今度戦争始まり怪我をしていた息子兵隊に取られることがなく助かったという物語
この物語から、何が幸せで何が不幸なことにつながるかは分からないということ教訓として伝えている。

歴史前漢紀元前206-8年)の頃、淮南王劉安学者集めた編纂させた思想書淮南子えなんじ)』に収録された話。
語源・由来】「塞」とは「砦(さい)」と同じ意味、読み方。とりで。国境小城など、外部からの侵入を防ぐためのもの。「翁」とは「おう」と読み、「おきな」と同じ意味を持つ。老人男性のこと。「塞翁が馬」とは、「砦の近くに住んでいたおじいさん飼っていた馬」という意味になる。「塞翁が馬」で故事成語となっているが、「人間万事塞翁が馬と書いて、特に人生において何が禍福か分からないということ強調して伝え場合もある。

用例】「予定していた電車に乗り遅れてしまったが、おかげで次の列車有名な歌手と席が隣り合わせになったんだ。遅れた結果あの人一緒の電車になれるだなんて、塞翁が馬だね」

他の故事成語】「雨降って地固まる」は、喧嘩など揉めてしまった後に逆に良い結果訪れということのたとえ。また、一寸先は闇」は、先ほどまで喜んでいたのに突然事故遭遇してしまうなど、ほんの少し未来のことでも想像することができないことのたとえである。

人間万事塞翁が馬


塞翁(さいおう)が馬(うま)


塞翁が馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 08:57 UTC 版)

故事」の記事における「塞翁が馬」の解説

wikt:塞翁が馬」も参照 国境近くにあった塞(とりで)の近くに住んでいた翁(老人)は、何よりも自分の馬をかわいがっていた。その馬は、周りからも評判が立つほどの駿馬だったが、ある日突然刺され拍子に飛び出してしまう。一向に帰ってこない馬の様子に、周りからは翁に同情するほどだったが、翁は「これがきっかけで何かいいこと起こかも知れない」とだけ言って我慢強く待ち続けた。すると、どうだろうか。しばらくして、その馬が別の白い馬連れ帰ってきたのだ。しかも、その白馬負けず劣らず優駿で、周りの者は口々に何と幸運なことかと囃し立てたが、翁は「これがきっかけで、別の悪いこと起こるかもしれない」と自分を戒め決し喜ばなかった。 それから、かわいがっていた息子がその白馬から落ちて片足挫いてしまった。周りはまた同じように慰めの言葉掛けたが、翁はまた同様にいいこと前兆かも知れない」と告げる。それからしばらくして隣国との戦争勃発した若い男は皆、戦争駆り出され戦死した。しかし息子怪我していたため、徴兵され命拾いした。そして、戦争終わり、翁は息子たち一緒に末永く幸せに暮らしたという。 このことから人間良いこともあれば悪いこともあるというたとえとなり、だから、あまり不幸にくよくよするな、とか幸せに浮かれるなという教訓として生かされる言葉になり、人間万事塞翁が馬などと使われる

※この「塞翁が馬」の解説は、「故事」の解説の一部です。
「塞翁が馬」を含む「故事」の記事については、「故事」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「塞翁が馬」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

塞翁が馬

出典:『Wiktionary』 (2018/03/31 16:25 UTC 版)

成句

サイオウウマ

  1. 一時の幸・不幸は、それを原因として、すぐに逆の立場変わりうるのであって軽率一喜一憂べきではないということ。「人間万事塞翁が馬」、「万事塞翁が馬」とも。

由来

劉安淮南子人閒訓』の以下の文より。

白文
近塞上之人有善術者、馬無故亡而入人皆之。其父曰「此何遽不為福乎」居數月、其馬將駿馬而歸。人皆之。其父曰「此何遽不能為禍乎」家富良馬、其子好騎、墮而折其髀。人皆吊之。其父曰「此何遽不為福乎」居一年胡人大入塞、丁壯者引弦而戰、近塞之人、死者十九、此獨以之故、父子相保。故福之為禍、禍之為福、化不可、深不可測也。
抄訳
国境の砦近くに馬の調教に長ける老人塞翁)がいた、飼っている馬が胡人国境外の異民族)の土地逃げ近所の人々同情したが、塞翁は「どうしてこれが良いことならないだろうかと言った数ヶ月してその馬が、胡人駿馬連れて帰ってきた近所の人々祝福したが、塞翁は「どうしてこれが不運にならないだろうかと言った息子がその馬に乗り足の骨を折る大怪我をした。近所の人々同情したが、塞翁は「どうしてこれが良いことならないだろうかと言った一年して胡人が国境を越えて攻め入ってきた。国境働き盛りのものは戦争駆り出され十人のうち9人の者が戦死した塞翁の子戦争駆り出されず命を永らえた。

類義句

翻訳


「塞翁が馬」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



塞翁が馬と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「塞翁が馬」の関連用語

塞翁が馬のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



塞翁が馬のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2023 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの故事 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの塞翁が馬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS