楽あれば苦ありとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 楽あれば苦ありの意味・解説 

楽(らく)あれば苦(く)あり

楽しい事のあとには苦し事がある苦楽相伴うことをいう。


楽あれば苦あり

出典:『Wiktionary』 (2018/06/19 21:58 UTC 版)

成句

ラクあればあり

  1. 今は安楽思いをしていても、そのうち苦しいと思うときは来るものである逆に苦しいと思っているときもいつまでも続くものではない。その時々の感情に流されず、良いときは用心し、苦しいときはそれから抜け出せるよう努力すべきであるという戒め

類義句

参照



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「楽あれば苦あり」の関連用語

楽あれば苦ありのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



楽あれば苦ありのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの楽あれば苦あり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS