バラとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 布教 > 宣教師 > バラの意味・解説 

薔薇

読み方:バラ・ばら

バラとは、バラ科バラ属低木およびその花の総称である。観賞用植物代表格といえる種であり、多く品種が生み出されている。

典型的なバラは幾重もの花びらを持つ重弁八重咲き)であり、紅色花を咲かせるにはトゲがあり、「きれいなバラにはトゲがある」という慣用句の元となっている。薔薇の花贈り物花束に用いる花としても好まれ、園芸植物としても好まれ、薔薇の香り芳香として好まれる。バラの果実ヒップ)は香り付けにも用いられる。

「バラ」という言葉そのもの日本古来語彙和語)である。語源をたどると「いばら」と同源、「いばら」が転じた呼び名であり、もともとは「トゲのある低木」を指す呼び名である。漢字の「薔薇」という字は中国語から伝わったもので、音読みで「しょうび」と呼ばれることもある。

薔薇の原産地北半球温暖な地域一帯であり、とりわけ中国南部辺りはバラの原種産地として知られる。

バラは古来より美し観賞用植物として愛でられており、古代ギリシアではすでに今日通じる「花々の頂点」といった位置づけ確立されていた。

バラの品種改良古くから盛んに行われており、今日では全世界数万上る品種が登録されているという。深紅の薔薇に限ってもルージュリアンやレッドシャトー等々枚挙にいとまがない赤いバラだけでなく、白薔薇、黄バラ、ピンクのバラなど、色味色合い多種多様である。

用例
茨の道」「きれいなバラには棘がある」など多く慣用句がある

バラ James Hamilton Ballagh ○


ばら [1]

肋肉ばらにく)」の略。

ばら [0]荊棘

うばら(の転
とげのある低木総称。いばら。

ばら [1]

本来ひとまとまりや組になっている物を、ばらばらに分けたもの。また、そのような状態。 -にして売る -で売る
散銭ばらせん)」の略。 巾着より-ざらりと出して/露小袖 乙羽

ばら [0]薔薇

ばら(荊棘同源
バラ科低木観賞用に栽培される。高さ1~3メートル達し、とげがあり、時につる性となる。奇数羽状複葉。花は重弁時に五弁。ヨーロッパ中国日本産の野生種交配改良したもので、多く系統がある。しょうび。そうび。 [季] 夏。

ばら

接尾
人を表す語に付いて、二人以上同類がいることを示す。ふぜい。たち。ども。ら。 役人 色を好む嫖客たわれお)-は/当世書生気質 逍遥 やや古風言い方。現在は相手を見下し場合に用いられることがある

荊棘

読み方:バラ(bara

とげのある木の総称


バラ 【Ballagh】


読み方:バラ(bara

有刺植物およびバラ科バラ属蔓性または直立低木総称


バラ

バラ三枚肉”とも呼ばれ、脂肪筋肉とが整然とした層状構造形成しているものが上質とされています。安価な製品で、一般的に薄切りで売られています。こってりとした味が特徴で、カロリー高めになっています。角煮焼豚として利用されることが多いですが、骨付きバラ肉は“スペアリブ”として、隠れ人気アイテムとなっています。また、ベーコンラード原材料としても用いられています。

バラ

名前 BaraBallaghBalaBalatBallaBaratBarraBhalaBhallaBurraValatValla

バラ

読み方:ばら

  1. 二。〔植木商〕

分類 植木

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

薔薇

読み方:バラ(bara

作者 佐藤春夫

初出 大正3年

ジャンル 小説


薔薇

読み方:バラ(bara

作者 三島由紀夫

初出 昭和24年

ジャンル 小説


薔薇

読み方:バラ(bara

作者 森鴎外

初出 明治44年

ジャンル 翻訳小説


薔薇

読み方:バラ(bara

作者 横光利一

初出 昭和8年

ジャンル 小説


薔薇

読み方:バラ(bara

作者 吉行淳之介

初出 昭和29年

ジャンル 小説


バラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/21 16:59 UTC 版)

バラ薔薇)は、バラ科バラ属の総称である[1][2][3]。あるいは、そのうち特に園芸種(園芸バラ・栽培バラ)を総称する[1]が鑑賞用や食用とされる[4] )。本項では、後者の園芸バラ・栽培バラを扱うこととする。


注釈

  1. ^ 語頭母音の脱落による。「いだく → 抱く」「いづ(る) → 出る」「いまだ → まだ」などと同様の変化。
  2. ^ 2013年にリニューアルされるまでは243種、株数は国内第4位の22,000株だった。

出典

  1. ^ a b 小林義雄「バラ」『万有百科大事典 19 植物』相賀徹夫、1972年。
  2. ^ 亀岡泰家「バラ」『ブリタニカ国際大百科事典』フランク・B・ギブニー、ティービーエス・ブリタニカ、1993年。
  3. ^ 「バラ」『植物3.2万名前大辞典』日外アソシエーツ、紀伊國屋書店、2008年。
  4. ^ 「食べるバラが好調 愛知の法人 加工品売り上げ5倍に」日本農業新聞』2020年3月19日(8面)2020年3月21日閲覧
  5. ^ TOTOSK KITCHEN Vol. 24 ローズウォーターにんじんのローズグラタン”. dacapo (ダカーポ) the web-magazine. 2016年8月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月18日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g バラをたどる:バラの歴史”. 蓬田バラの香り研究所. 2019年6月6日閲覧。
  7. ^ a b c d e 中尾 2006, p. 452.
  8. ^ 福井祐子「バラ花弁の新規色素Rosacyanin類の構造(口頭発表の部)」『天然有機化合物討論会講演要旨集』42(0), 55-60, 2000, NAID 110006681912, doi:10.24496/tennenyuki.42.0_55
  9. ^ 高駢:山亭夏日”. Web漢文大系. 2019年6月8日閲覧。
  10. ^ 中尾 2006, p. 453.
  11. ^ “日本一長い“バラのトンネル” 川島平成の森公園、ライトアップも”. 埼玉新聞 (埼玉新聞社). (2016年5月14日). オリジナルの2016年5月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160515110219/http://www.saitama-np.co.jp/news/2016/05/14/06.html 2016年5月21日閲覧。 
  12. ^ 県内最大の「バラ園」伊奈町制施行記念公園”. 埼玉商工会連合会. 2019年6月6日閲覧。
  13. ^ バラ園(町制施行記念公園)”. 伊奈町 (2019年5月31日). 2019年6月6日閲覧。
  14. ^ Bara Koen (The Rose Park)”. World Federation of Rose Societies. 2018年7月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月6日閲覧。
  15. ^ かのやばら園植栽図鑑”. かのやばら園. 2014年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月18日閲覧。
  16. ^ 靭公園バラ園”. 大阪市花と緑の情報サイト. 2015年1月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年3月7日閲覧。





バラと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バラ」の関連用語

バラのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



バラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
サイボクサイボク
Copyright(C)2020株式会社埼玉種畜牧場
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS