植物園とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 施設 > 施設 > 植物園の意味・解説 

しょくぶつ‐えん〔‐ヱン〕【植物園】

読み方:しょくぶつえん

植物の研究および知識普及目的に、種々の植物収集栽培展示する施設


植物園

作者ヴァージニア・ウルフ

収載図書世界女流作家全集復刻版
出版社本の友社
刊行年月1993.12


植物園

作者トーベ・ヤンソン

収載図書軽い手荷物の旅
出版社筑摩書房
刊行年月1995.10
シリーズ名トーベ・ヤンソン・コレクション

収載図書トーベ・ヤンソン短篇集
出版社筑摩書房
刊行年月2005.7
シリーズ名ちくま文庫


植物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/11/25 00:34 UTC 版)

植物園(しょくぶつえん、英語:botanical garden, botanic garden[nb 1])とは、単なる庭園ではなく、英語を直訳すれば「植物学庭園」となるように、大学研究機関が植物学研究のために用いる植物花卉樹木)を、収集分類栽培し、さらにそれらの標本押し葉標本など)を保管するための施設である。したがって、植物園は狭義の庭園(圃場)だけでなく、植物標本館(ハーバリウム)も園内に有する。


注釈

  1. ^ The terms botanic and botanical and garden or gardens are used more-or-less interchangeably, although the word botanic is generally reserved for the earlier, more traditional gardens.
  2. ^ Precisely dating the foundation of botanical gardens is often difficult because government decrees may be issued some time before land is acquired and planting begins, or existing gardens may be relocated to new sites, or previously existing gardens may be taken over and converted.
  3. ^ Glasshouses built to overwinter tender evergreen[要曖昧さ回避] shrubs, known as 'greens', were called greenhouses, a name that is still used today.

出典

  1. ^ Spencer & Cross 2017, p. 56
  2. ^ Huxley 1992, p. 375
  3. ^ Wyse Jackson & Sutherland 2000, p. 12
  4. ^ Wyse Jackson 1999, p. 27
  5. ^ The History of Botanic Gardens”. BGCI.org. BGCI. 2011年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月8日閲覧。
  6. ^ 东亚植物园”. East Asia Botanic Gardens Network. 2008年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月8日閲覧。
  7. ^ Williams, Sophie J.; Jones, Julia P. G.; Gibbons, James M.; Clubbe, Colin (20 February 2015). “Botanic gardens can positively influence visitors’ environmental attitudes”. Biodiversity and Conservation 24. http://arbnet.org/sites/arbnet/files/Williams%20et%20al%202015%20Botanic%20gardens%20can%20positively%20influence%20visitors%27%20environmental%20attitudes%20BIOCONS.pdf. 
  8. ^ International Association of Botanic Gardens (IABG)”. BGCI.org. Botanic Gardens Conservation International. 2011年11月8日閲覧。
  9. ^ Mission statement”. BGCI.org. Botanic Gardens Conservation International. 2011年10月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月8日閲覧。
  10. ^ American Public Gardens Association”. publicgardens.org. American Public Gardens Association. 2011年11月8日閲覧。
  11. ^ Welcome to BGANZ”. BGANZ.org.au. Botanic Gardens Australia and New Zealand Inc (2011年). 2011年11月8日閲覧。
  12. ^ Hill 1915, p. 210
  13. ^ Hill 1915, pp. 219–223
  14. ^ Dalley 1993, p. 113
  15. ^ Day 2010, pp. 65–78
  16. ^ Hill 1915, pp. 185–186
  17. ^ Hyams & MacQuitty 1969, p. 12
  18. ^ Toby Evans 2010, pp. 207–219
  19. ^ Guerra 1966, pp. 332–333
  20. ^ Hill 1915, p. 187
  21. ^ Taylor 2006, p. 57
  22. ^ Young 1987, p. 7
  23. ^ Thanos 2005
  24. ^ Sarton, George (1952) (English). Ancient Science Through the Golden Age of Greece. Dover classics of science and mathematics. Dover Publications. pp. 556. ISBN 9780486274959. https://books.google.com/books?id=OUgjAwAAQBAJ 2016年2月13日閲覧。 
  25. ^ Hill 1915, p. 188
  26. ^ Holmes 1906, pp. 49–50
  27. ^ Hyams & MacQuitty 1969, p. 16
  28. ^ Holmes 1906, p. 54
  29. ^ Williams 2011, p. 148
  30. ^ Hill 1915, pp. 190–197
  31. ^ Drayton 2000, p. 24
  32. ^ See Ogilvie 2006
  33. ^ See Minter 2000
  34. ^ Hill 1915, p. 200
  35. ^ History of Kew”. Royal Botanic Gardens Kew. 2022年12月15日閲覧。
  36. ^ Hill 1915, p. 205
  37. ^ Bute in Drayton 2000, p. 43
  38. ^ Drayton 2000, p. 46
  39. ^ Drayton 2000, p. xi
  40. ^ Drayton 2000, pp. 93–94
  41. ^ Hill 1915, p. 207
  42. ^ Drayton 2000, p. xiii
  43. ^ See Desmond 2007
  44. ^ _____ (2004年). “HALS No. PA-1, John Bartram House & Garden”. Historic American Landscapes Survey. Library of Congress. 2014年2月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月22日閲覧。
  45. ^ Heywood 1987, p. 7
  46. ^ Heywood 1987, p. 9
  47. ^ Heywood 1987, p. 13
  48. ^ Heywood 1987, p. 8
  49. ^ The History of Botanic Gardens”. BGCI.org. BGCI. 2011年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月8日閲覧。
  50. ^ a b Heywood 1987, p. 9
  51. ^ Hill 1915, pp. 212–213
  52. ^ Hill 1915, p. 213
  53. ^ Hill 1915, p. 222
  54. ^ Heywood 1987, p. 10
  55. ^ Heywood 1987, pp. 10–16
  56. ^ Heywood 1987, p. 11
  57. ^ Looker in Aitken & Looker 2002, pp. 99–100
  58. ^ Huxley 1992, p. 375
  59. ^ See Simmons et al. 1976
  60. ^ Huxley 1992, p. 377
  61. ^ North American Botanic Garden Strategy for Plant Conservation” (PDF). Botanic Gardens Conservation International (2006年). 2011年11月14日閲覧。
  62. ^ 植物園の日(日本植物園協会)
  63. ^ Mueller 1871
  64. ^ Environmental management”. Royal Botanic Gardens Melbourne (2010年6月8日). 2010年7月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月6日閲覧。
  65. ^ The History of Botanic Gardens”. BGCI.org. BGCI. 2011年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年11月8日閲覧。
  66. ^ Hainan Botanical Garden of Tropical Economic Plants”. BGCI.org. Botanic Gardens Conservation International. 2011年11月8日閲覧。
  67. ^ Heywood 1987, p. 12
  68. ^ Huxley 1992, p. 375
  69. ^ Heywood 1987, p. 16
  70. ^ Drayton 2000, pp. 269–274



植物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/26 03:43 UTC 版)

シェーンブルン宮殿」の記事における「植物園」の解説

詳細は「パルメンハウス(ドイツ語版)」を参照

※この「植物園」の解説は、「シェーンブルン宮殿」の解説の一部です。
「植物園」を含む「シェーンブルン宮殿」の記事については、「シェーンブルン宮殿」の概要を参照ください。


植物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 09:46 UTC 版)

温室」の記事における「植物園」の解説

東京府青山開拓使農園明治3年)の温室が、日本初めてのガラス製の温室である。現存している温室最古のものは、東山動植物園温室国の重要文化財)である。多くの植物園では熱帯地方乾燥帯地方植物展示するために温室設けている。また、熱帯テーマにしたもっぱら娯楽のためのテーマパーク設けられそのような施設では植物をただ展示するだけではなくやワニ・ヘビ等を飼育していることもある。

※この「植物園」の解説は、「温室」の解説の一部です。
「植物園」を含む「温室」の記事については、「温室」の概要を参照ください。


植物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/22 10:25 UTC 版)

チークウッド・ボタニカル・ガーデン・アンド・ミュージアム・オブ・アート」の記事における「植物園」の解説

美術館から見下ろせるように広がる55エーカー(220,000 m2)の植物園は、展示教育学習重点置いている。植物のコレクションにはツゲサルスベリラッパスイセンワスレグサハナミズキシダハーブヒイラギギボウシアジサイイロハモミジ南西部自生するモクレン、アメリカハナズオウ、エンレイソウなどがある。 チークウッドでは様々なスタイルガーデン・デザインを楽しむことができる。サルスベリ並木道は、遠くの丘の美し景観一望できるなだらかな芝生周りカラフルな花々カーブ描いているロバートソン・エリス・カラー・ガーデンに続く。このガーデンを出ると、カラフルなつる植物覆われた8本のアーチの下をくぐれるようになっており、アーチ両脇にはバラエティ富んだ一年生植物多年生植物植えられている。次に日本庭園に入る。ここは休憩瞑想のできる静寂な場所であり、他の世界から隔離され隠れ家存在である。ウィルス・ペレニアル・ガーデンは新旧多年生植物があり、石灰岩石垣ある日当たりおよび彩り良い庭である。マーティン・ボックスウッド・ガーデンは1920年代終盤造園技師のブライアン・フレミングにより設計および建造され、階段状の庭にツゲの木が広く植えられている。このフォーマルな庭は来場者まるで違う時代に来たような錯覚陥らせる春に華々しいハウ・ワイルドフラワー・ガーデンは元々ナッシュビル西部のコーラ・ハウの家に咲いていた、森林に咲く野生花の庭である。1968年、この庭は石の物置小屋石垣などの庭の装飾と共にチークウッド移動された。この庭を通り過ぎると、次にバー・テラス・ガーデンに入る。ここは多くパステル・カラー一年生植物多年生植物低木などに囲まれ円形の庭が三段階段になっている。バー・テラス・ガーデンを出ると、カレル・ドッグウッド・ガーデンになる。この庭は多種模様樹皮、実、そして華麗な苞葉含み特徴のあるハナミズキなどがある。ハーブ・スタディ・ガーデンでは料理香水染料、糸、化粧品など使われる多く植物触れたり香り嗅いだりすることができる。最後にターナー・シーズンズ・ガーデンがある。この庭はテネシー州季節ごとの植物焦点当てている。この庭園は何か所かに分かれており、シーズンごとに違う植物を見ることができる。 庭園および植物教育のためだけでなく、景観として楽しむことができる。

※この「植物園」の解説は、「チークウッド・ボタニカル・ガーデン・アンド・ミュージアム・オブ・アート」の解説の一部です。
「植物園」を含む「チークウッド・ボタニカル・ガーデン・アンド・ミュージアム・オブ・アート」の記事については、「チークウッド・ボタニカル・ガーデン・アンド・ミュージアム・オブ・アート」の概要を参照ください。


植物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 09:13 UTC 版)

ハンティントン・ライブラリー」の記事における「植物園」の解説

ハンティントン・ライブラリーの植物園は敷地が約485,600平方メートルで、世界中から収集された珍しい植物構成されさまざまなテーマ・ガーデンがある。テーマ沿った12上の庭園存在し、オーストラリア・ガーデン、カメリア・コレクション、チルドレン・ガーデン、デザートガーデン(温室)、植物研究温室、デザート・ガーデン、ハーブ園日本庭園睡蓮池、ノース・ビスタ、パーム・ガーデン、バラ園、シェークスピア・ガーデン、亜熱帯ジャングル・ガーデン中国庭園が現在開放されている。植物研究温室には熱帯植物食虫植物豊富なコレクションがある。また、広大な敷地内にはユーカリ植林されオーストラリアアウトバック再現された場所もある。ハンティントン・ライブラリーには絶滅危惧植物の保護繁殖プログラムがあり、1999年2002年2009年には世界最大の花で7年一度しか咲かないスマトラオオコンニャク咲いた世界有数の規模旧さサボテンなどの多肉植物コレクション多くは、ヘンリーE.ハンティントン庭園責任者ウィリアム・ハートリッチが、北米中米南米各地旅して収集したのである植物学的に最重要庭園のひとつで、ハートリッチの構想から生まれたデザート・ガーデンの膨大な植物コレクションは、1900年代になるまで無名であり正当な評価を受けなかった。砂漠気候適応した多種乾生植物コレクション保有するデザート・ガーデンは徐々に著名となり、その5,000種以上のコレクションには、サボテンなどの多肉植物、根にをためることが出来植物含まれ、現在では世界でもっとも優れたコレクションとなっている。

※この「植物園」の解説は、「ハンティントン・ライブラリー」の解説の一部です。
「植物園」を含む「ハンティントン・ライブラリー」の記事については、「ハンティントン・ライブラリー」の概要を参照ください。


植物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/20 22:25 UTC 版)

パンノンハルマの大修道院」の記事における「植物園」の解説

1830年には、大修道院敷地80種の木々確認されていた。それらは1840年代にファービアーン・セデル(Fábián Szeder)の手経て現在のような植物園に仕立て上げられた。今日の植物園は高木低木あわせて数百種にも及び、それらの多くハンガリーでは稀少な種であり、多様性の面でも評価できる

※この「植物園」の解説は、「パンノンハルマの大修道院」の解説の一部です。
「植物園」を含む「パンノンハルマの大修道院」の記事については、「パンノンハルマの大修道院」の概要を参照ください。


植物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/04 19:39 UTC 版)

マールブルク」の記事における「植物園」の解説

マールブルク植物園はラーンベルクにある。1960年代終わり頃、フィリップ大学マールブルク校の自然科学部門がここに移転した市街中心部には、新しく大きな建物建てる余地なくなったためである。生物学科植物学動物学研究所近く同校ランドスケープ学科教授造園家ギュンター・グルツィメク設計した新しい植物園が造られ1977年開園した20 ha広さは、ドイツの植物園としては広いものの 1 つである。樹木多大なコレクション研究樹木園)の他、この植物園は系統的に区分されている。薬用有用植物区画シダの谷、春の森高山植物ロックガーデンハイデの庭といった具合である。温室は 1,700 m2 の広さで、数多く熱帯亜熱帯植物があり、その中にはオオオニバスもある。この植物園は長年にわたり資金不足闘っており、何度も閉鎖の危機直面したランコレクションコスト理由に既に閉鎖されており、シャクナゲコレクションも同じ運命をたどる危機にある。

※この「植物園」の解説は、「マールブルク」の解説の一部です。
「植物園」を含む「マールブルク」の記事については、「マールブルク」の概要を参照ください。


植物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 09:23 UTC 版)

京都大学大学院理学研究科・理学部」の記事における「植物園」の解説

京都大学大学院理学研究科附属植物園は、京都大学吉田キャンパス北部構内位置する京都大学大学院理学研究科管理運営する植物園である。京都大学大学院理学研究科・理学部附属施設一つで、植物に関する様々な研究行っている。京都大学教職員学生研究と教育のための施設であり、一般公開はされていない。 場所 〒606-8267 京都府京都市左京区 北白川西町 京都大学吉田キャンパス北部構内南東角にある。 概要 理学部植物園の面積規模は1.65ha。花崗岩風化した白川砂の土分布種子植物3061134213種あり、縄文時代遺跡発掘なされている。園内には植物学教室分室圃場温室の他、森林からなる緑地部分もあり、北側農学研究科圃場広がるほかブナ科ニレ科まとめて植えた区域や、樹高の高いCinnamomum camphoraクスノキ)は25m以上の樹高をもつほかカシ類の常緑広葉樹ブナエノキなどの落葉広葉樹メタセコイアヌマスギなどの落葉性針葉樹竹林など、いずれも高木化して生育東側南側民家隣接しているため、夏の台風襲来前の時期落下する険のある枯れ枝剪定秋に大量民家路上散乱のため樹木剪定路上落ち葉片づけなどの対策理学研究科職員が行ってきた。 コレクション 大池湿地状の小池2つの池があり、池には丘が造成されている。大池方にPhragmites australisヨシ)の他、Iris pseudacorusキショウブ)、Nuphar japonicumコウホネ)など、小池のほうには Saururus chainensis(ハンゲショウ)や Acorus gramineusセキショウ)が生息。それらの植物のいくつかにはプレート付けられている。 沿革 1923年設立生態学的特色をもった植物園にするという構想のもと、当時植物学教室教授郡場寛によって造営計画がされていく。植物園の管理発足から理学部植物学教室付属植物生態研究施設委ねられてきたが、1991年度以降植物生態研究施設改組によって、植物学教室中心となって植物園の管理2007年から理学研究科植物学教室から理学研究科植物園運営委員会運営引き継ぐ関連項目 日本の植物園一覧 外部リンク 京都大学大学院理学研究科附属植物園

※この「植物園」の解説は、「京都大学大学院理学研究科・理学部」の解説の一部です。
「植物園」を含む「京都大学大学院理学研究科・理学部」の記事については、「京都大学大学院理学研究科・理学部」の概要を参照ください。


植物園(神奈川県厚木市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 15:56 UTC 版)

東京農業大学」の記事における「植物園(神奈川県厚木市)」の解説

厚木キャンパス併置農学部管轄

※この「植物園(神奈川県厚木市)」の解説は、「東京農業大学」の解説の一部です。
「植物園(神奈川県厚木市)」を含む「東京農業大学」の記事については、「東京農業大学」の概要を参照ください。


植物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/02 19:06 UTC 版)

徳島市総合動植物公園」の記事における「植物園」の解説

徳島県は、人口1人当たりの都市公園面積が5.40m2/人(47都道府県44位)と全国平均の7割にも満たず公園の整備が十分とはいえない状況にある。ただし徳島市に関しては、他の都市比較して特別に整備遅れているというわけでないようであるが、広い都市公園面積というのは、その都市住み良さをあらわす重要な指標一つであり、また市民が快適で豊かな生活をおくる上で欠かすことのできない要素でもある。徳島市では2001年に「徳島市緑の基本計画」が策定され公園緑地の整備進められており、当施設もその一環造成され、都市緑化植物園として2002年4月20日誕生した徳島県北海道全国1位)徳島市砂川市全国1位)人口1人当たりの都市公園面積[m2] 5.40 20.62 10.79 189.68 (『都市公園整備現況調査』などをもとに作成

※この「植物園」の解説は、「徳島市総合動植物公園」の解説の一部です。
「植物園」を含む「徳島市総合動植物公園」の記事については、「徳島市総合動植物公園」の概要を参照ください。


植物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 23:08 UTC 版)

オデッサ大学」の記事における「植物園」の解説

大学の植物園は、世界植物相保全する為に1867年設立されウクライナでは最古でかつ最も有名な科学センターのひとつである。1928年から1937年にかけて、ウクライナ科学アカデミーの元会長であったヴォロディミル・リプスキー(英語版)によって管理されていた。植物園は、天然記念物保護管理する適格性を有しており、ウクライナ政府決定によりウクライナ自然保護基金割り当てられている。園内では、3,840にも上る種、亜種、変種品種及び雑種種類植物管理保護されている。

※この「植物園」の解説は、「オデッサ大学」の解説の一部です。
「植物園」を含む「オデッサ大学」の記事については、「オデッサ大学」の概要を参照ください。


植物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 23:42 UTC 版)

道の駅南房パラダイス」の記事における「植物園」の解説

長さ300m連続温室、高さ20mの大温室など熱帯亜熱帯植物展示をしており、南国の代表の花ハイビスカス、ブーケンビリア等、原色の花を多く展示大温室 連続温室 フルーツガーデン

※この「植物園」の解説は、「道の駅南房パラダイス」の解説の一部です。
「植物園」を含む「道の駅南房パラダイス」の記事については、「道の駅南房パラダイス」の概要を参照ください。


植物園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/03/01 04:15 UTC 版)

ウェストコロンビア (サウスカロライナ州)」の記事における「植物園」の解説

リバーバンクス動物園庭園は川のウェストコロンビア側に入り口がある。この動物園の植物園入口ウェストコロンビア市ボタニカル・パークウェイ1300にある。

※この「植物園」の解説は、「ウェストコロンビア (サウスカロライナ州)」の解説の一部です。
「植物園」を含む「ウェストコロンビア (サウスカロライナ州)」の記事については、「ウェストコロンビア (サウスカロライナ州)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「植物園」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

植物園

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 23:49 UTC 版)

名詞

しょくぶつえん

  1. 生きた植物繁殖研究し、一般公開する施設

関連語

翻訳


「植物園」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



植物園と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「植物園」の関連用語

植物園のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



植物園のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの植物園 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのシェーンブルン宮殿 (改訂履歴)、温室 (改訂履歴)、チークウッド・ボタニカル・ガーデン・アンド・ミュージアム・オブ・アート (改訂履歴)、ハンティントン・ライブラリー (改訂履歴)、パンノンハルマの大修道院 (改訂履歴)、マールブルク (改訂履歴)、京都大学大学院理学研究科・理学部 (改訂履歴)、東京農業大学 (改訂履歴)、徳島市総合動植物公園 (改訂履歴)、オデッサ大学 (改訂履歴)、道の駅南房パラダイス (改訂履歴)、ウェストコロンビア (サウスカロライナ州) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの植物園 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS