sadとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 透過電子顕微鏡用語 > sadの意味・解説 

制限視野回折

略語:SAD
【英】:selected-area diffraction

入射電子線を平行にして試料照射し、点状の斑点からなる回折図形得て結晶構造定性的解析をする手法対物レンズの像面に制限視野絞りを入れることにより回折図形を得る試料の場所(直径 数100nm)を選ぶことができる。この方法により、特定の場所の格子定数格子型、結晶方位を知ることができる。

関連する用語

説明に「制限視野回折」が含まれている用語


セカロン酸D

分子式C32H30O14
その他の名称:セカロニン酸D、Secalonic acid D、セカロン酸D、SAD、(3S,4R,4aR,3'S,4'R,4'aR)-2,2',3,3',4,4',9,9'-Octahydro-1,1',4,4',8,8'-hexahydroxy-3,3'-dimethyl-9,9'-dioxo-7,7'-bi[4aH-xanthene]-4a,4'a-dicarboxylic acid dimethyl ester、(3S,3'S,4'R,4'aR)-2,2',3,3',4,4',9,9'-Octahydro-1,1',4β,4',8,8'-hexahydroxy-3α,3'-dimethyl-9,9'-dioxo(7,7'-bi-4aH-xanthene)-4aβ,4'a-dicarboxylic acid dimethyl ester
体系名:(3S,3'S,4'R,4'aR)-2,2',3,3',4,4',9,9'-オクタヒドロ-1,1',4β,4',8,8'-ヘキサヒドロキシ-3α,3'-ジメチル-9,9'-ジオキソ(7,7'-ビ-4aH-キサンテン)-4aβ,4'a-ジカルボン酸ジメチル、(3S,4R,4aR,3'S,4'R,4'aR)-2,2',3,3',4,4',9,9'-オクタヒドロ-1,1',4,4',8,8'-ヘキサヒドロキシ-3,3'-ジメチル-9,9'-ジオキソ-7,7'-ビ[4aH-キサンテン]-4a,4'a-ジカルボン酸ジメチル


季節性感情障害

【英】:seasonal affective disorder
別名:SAD

特定の季節発症特定の季節寛解するうつ状態をくり返す感情障害躁鬱病)の一亜型秋冬季に発症し春夏季寛解する冬型冬季うつ病)が多いが、逆に春夏に発症する型もある。

Sad

名前 サード

レバンテUD

(sad から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/01 18:21 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
レバンテUD
原語表記 Levante Unión Deportiva, S.A.D.
愛称 Les Granotes (The Frogs)
クラブカラー 青とえんじ
創設年 1909年
所属リーグ リーガ・エスパニョーラ
所属ディビジョン プリメーラ・ディビシオン
ホームタウン バレンシア
ホームスタジアム シウダ・デ・バレンシア
収容人数 26,354
代表者 スペインの旗 キコ・カタラン
監督 スペインの旗 パコ・ロペス
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

レバンテUDスペイン語: Levante Unión Deportiva, S.A.D.スペイン語: [leˈβante uˈnjon deporˈtiβa])は、スペインバレンシアに本拠地を置くサッカークラブチーム。2017-18は、リーガ・エスパニョーラプリメーラ・ディビシオンに所属する。

歴史

エスタディオ・シウダ・デ・バレンシア

レバンテFC

1909年、ラ・マルバリョーサのレバンテ海岸から名を取り、レバンテFCとして設立された。レバンテFCはバレンシアのサッカークラブの草分け的存在のひとつである。現在のローカルライバルであるバレンシアCFはまだ誕生していなかったが、バレンシアではカバニャルFCが1903年から活動していた。グラウンド所有者である香水業者の計画で、造船所近くのラ・プァトゥヘタでカバニャルFCとの初試合が行われた。次に使われたグラウンドも湾岸区域で、クラブは徐々に労働者階級と結びつけられて考えられるようになっていった。1919年には同年に設立されたバレンシアCFと初対戦し、0-1で敗れた。この試合はアルヒロス地区に完成した新しいグラウンドのお披露目試合であった。1928年にはバレンシア州選手権で初優勝し、クラブ初のタイトルを獲得した。

ヒムナスティコFC

パトロナート・デ・ラ・フベントゥ・オブレラ、ウニベルシタリオFCとしてプレーしていたクラブが改名し、1909年にはヒムナスティコFCが誕生した。スペイン国王のアルフォンソ13世の庇護を受け、1920年までにレアル・ヒムナスティコCFと改名した。ヒムナスティコは1920年にバレンシア州選手権で決勝に進出したが、決勝は試合そのものが行われなかった。1931年にはスペイン第二共和政が成立し、クラブ名称からレアルの単語が抜け落ちた。1934-35シーズンのセグンダ・ディビシオン(2部)は10チームから24チームに拡大され、レバンテFCとヒムナスティコは揃ってデビューした。1935年、レバンテFCはバレンシア州、ムルシア州、アンダルシア州のチームが集って行われたレバンテ海岸選手権で優勝した。さらにコパ・デル・レイではバレンシアCFとFCバルセロナを相次いで破って準決勝に進出したが、準優勝したCEサバデルに敗れた。

コパ・デ・ラ・エスパーニャ・リブレ

スペイン内戦中、レバンテFCとヒムナスティコはメディテラニアン・リーグ(地中海リーグ)に参加し、それぞれ5位と6位であった。このリーグに参加したチームはコパ・デ・ラ・エスパーニャ・リブレ(フリー・スペイン・カップ)にも参戦した。この大会はリーグの上位4クラブが参加するように意図されたものであったが、FCバルセロナがメキシコとアメリカ遠征に出発したため、結果としてレバンテFCが代わりに出場することになった。準決勝はレバンテFCとバレンシアCFとで行われ、1937年7月18日にモンジュイックで行われたバレンシア・ダービーはバレンシアCFの勝利に終わった。

2つのクラブの合併

スペイン内戦中にレバンテFCのグラウンドが破壊されたが、選手たちは無傷で残った。それと対照的に、ヒムナスティコはグラウンドは無事であったが選手の多くを失った。この結果、レバンテFCとヒムナスティコの2クラブは1939年に合併し、UDレバンテ=ヒムナスティコとして再出発を切った。合併の2年後にはヒムナスティコの名を外してレバンテUDと名を変え、ホームのユニフォームカラーにはアルスグラーナ(青とえんじ)と呼ばれるヒムナスティコのカラーが使用された。この名称とユニフォームカラーは現在も変わらず残っており、アウェーのユニフォームカラ―にはレバンテFCが当初使用していた白と黒が使われている。

初のプリメーラ参戦

プリメーラ・ディビシオン(1部)への昇格は1960年代まで待たねばならなかった。1962-63シーズンはセグンダ・ディビシオンのグループ2を2位で終え、昇格プレーオフではデポルティーボ・ラ・コルーニャを2試合合計4-2で破って初のプリメーラ・ディビシオン昇格を決めた。1963-64シーズンはライバルのバレンシアCFに2試合とも勝利し、10位で初のシーズンを終えた。1964-65シーズンはFCバルセロナにホームで5-1と大勝したが、リーグ戦14位となり、昇降格プレーオフでCDマラガに敗れてセグンダ・ディビシオン降格となった。1965-66シーズンから約40年間はセグンダ・ディビシオンかテルセーラ・ディビシオン(1976-77シーズン以前は3部、1977-78シーズン以降は4部)またはセグンダ・ディビシオンB(3部、1977年に新設)で過ごし、この間にセグンダ・ディビシオンBで3回、テルセーラ・ディビシオンで1回優勝した。

2度目のプリメーラ参戦以降

2003-04シーズンにはセグンダ・ディビシオンで優勝し、49年ぶりのプリメーラ・ディビシオン昇格を果たしたが、1シーズンでセグンダ・ディビシオン降格となった。2005-06シーズンは3位となり、プリメーラ・ディビシオンに再昇格した。2006-07シーズンのホームでのバレンシア・ダービーは、リガ・ムスタファの2得点やサルバ・バジェスタとローラン・クルトワの得点で4-2と快勝した。2007-08シーズンは開幕から低迷し、7節終了後にアベル・レシーノ監督を解任したが、開幕10戦で1分9敗(3得点23失点)という有様であった。2008年1月には経営難による給料未払いが発覚し[1]、同月の移籍期間にはサヴィオクリスティアン・リガノマルコ・ストラーリなど主力5選手が放出された。選手たちは給料未払いの一点について抗議し、デポルティーボ・ラ・コルーニャ戦の試合開始直後には(抗議の意味合いから)何秒間か動くことを拒否した。レアル・マドリード戦後にもストライキの可能性を示唆したが、結局ストライキは行われず、さらなる下部リーグへの降格処分も免れた。2節から最下位を動かず、4試合を残してセグンダ降格が決まった。

2008-09シーズンはセグンダでも最低クラスの年間予算700万ユーロであったが[1]、2008年夏に就任したルイス・ガルシア・プラサ監督は及第点の8位に導いた。2009年春には会社倒産法を適用して経営再建に踏み出し[1]、クラブ創設100周年の2009-10シーズンには、2010年6月13日のCDカステリョン戦(3-1)に勝利してプリメーラ・ディビシオン昇格を決めた。最終節はレアル・ベティスに0-4で大敗したが、ベティスはレバンテUDと同勝ち点の4位に終わっている。2010-11シーズン中には8戦連続無敗というプリメーラでのクラブ記録を打ち立て、エースのフェリペ・カイセドの活躍などもあって14位で残留を果たした。21節から32節までの12試合は8勝3分1敗で勝ち点27を稼ぎ、この期間に限ればFCバルセロナに次ぐ成績を残している。

2011-12シーズンはクラブの総予算がプリメーラ最少の2100万ユーロ[1]であり、選手年俸の総額が約800万ユーロ(約8億4000万円)[2]という低額であった。フアン・イグナシオ・マルティネス監督は、キーパーのグスタボ・ムヌア、ディフェンスのハビ・ベンタセルヒオ・バジェステロス、アタッカーのフアンルなど、30代のベテラン選手をチームの中心に据え、前任のルイス・ガルシア監督が目指した堅守速攻のスタイルを完成させた[3]。2011年9月19日、ホームのシウタット・デ・バレンシアでレアル・マドリードから勝利を挙げると[4]、10月2日にはレアル・ベティスに勝利してクラブ史上初となる首位(タイ)に浮上し[5][6]、10月23日にはビジャレアルCFを3-0で勝利して単独首位に立った。また、8節のマラガCF戦では先発11人中9人が30代であり、平均年齢31.45歳はリーガ・エスパニョーラの先発メンバーにおける最高齢記録を更新した[1]。その後、9試合未勝利という期間もあったが、最終的には6位でリーグ戦を終え、クラブ史上初めてUEFAヨーロッパリーグ出場権を獲得した。

2012-2013シーズンは、初参戦したUEFAヨーロッパリーグでベスト16に進むなどの結果を残したが、リーグ戦では11位に終わり二年連続のUEFAヨーロッパリーグ出場は逃したものの残留となった。2013-14シーズンは正GKであったムヌアが移籍しながらも、後釜のケイロル・ナバスがリーグ最多セーブを記録して、そのシーズンのスペインプロリーグ機構のリーグ最優秀GKに選出される活躍を見せ、近年[いつから?]で最小の失点43という成績により10位で終えた。しかし2014-2015シーズンは監督であったホアキン・カパロスの退任に加え、前年の立役者であったナバスも移籍したため、序盤は降格圏に沈むなど低迷するも、2014年10月に招聘された元グラナダCF監督のルーカス・アルカラスがチームを立て直し最終的に14位で残留を果たした。そして2015-2016シーズンは序盤から下位に沈み、2015年10月に前年の残留の立役者であったアルカラス監督を解任して、ルビ新監督に立て直しを託したものの一度も降格圏から抜け出せず、2016年5月2日の第36節の対マラガCF戦に敗れると降格圏である18位以下でシーズンを終えることが確定し、2009-2010シーズン以来、7シーズンぶりのセグンダ降格が決定した。

ダービー

同じくバレンシアに本拠地を置くバレンシアCFとの試合はバレンシア・ダービーとして盛り上がる。2004年にレバンテUDがプリメーラ・ディビシオンに昇格し、約50年ぶりにダービーが実現した。

タイトル

国内タイトル

  • バレンシア州選手権優勝:1回
    • 1927-28
  • レバンテ海岸選手権優勝:1回
    • 1934-35
  • コパ・デ・ラ・エスパーニャ・リブレ優勝:1回
    • 1937
  • トロフェオ・シウダ・デ・バレンシア優勝:1回
    • 1996

成績

近年の成績

シーズン 順位 コパ・デル・レイ 欧州カップ 備考
2004–05 1部 18 38 9 10 19 39 58 37 3回戦 降格
2005–06 2部 3 42 20 14 8 53 39 74 1回戦 昇格
2006–07 1部 15 38 10 12 16 37 53 42 ラウンド32
2007–08 1部 20 38 7 5 26 33 75 26 ラウンド16 降格
2008–09 2部 8 42 18 10 14 59 59 64 2回戦
2009–10 2部 3 42 19 14 9 63 45 71 2回戦 昇格
2010–11 1部 14 38 12 9 17 41 52 45 ラウンド16
2011-12 1部 6 38 16 7 15 54 50 55 準々決勝
2012-13 1部 11 38 12 10 16 40 57 46 ラウンド16 ベスト16
2013-14 1部 10 38 12 12 14 35 43 48 準々決勝
2014-15 1部 14 38 9 10 19 34 67 37 準々決勝
2015-16 1部 20 38 8 8 22 37 70 32 1回戦敗退 降格
2016-17 2部 1 42 25 9 8 57 32 84 2回戦敗退 昇格
2017-18 1部 15 38 11 13 14 44 58 46 ラウンド16

欧州の成績

過去の成績

  • ヒムナスティコFCとして
シーズン ディビジョン 順位 コパ・デル・レイ
1929-30 テルセーラ 3位
1930-31 テルセーラ 5位
1931-32 テルセーラ 3位
1932-33 テルセーラ 3位
1933-34 テルセーラ 3位
1934-35 セグンダ 6位
1935-36 セグンダ 4位
  • レバンテFCとして
シーズン ディビジョン 順位 コパ・デル・レイ
1929-30 テルセーラ 2位
1930-31 テルセーラ 6位
1931-32 テルセーラ 1位
1932-33 テルセーラ 4位
1933-34 テルセーラ 5位
1934-35 セグンダ 3位 ベスト4
1935-36 セグンダ 3位
  • レバンテUDとして
シーズン ディビジョン 順位 コパ・デル・レイ
1939-40 セグンダ 1位
1940-41 セグンダ 3位
1941-42 セグンダ 8位
1942-43 地域リーグ
1943-44 テルセーラ 1位
1944-45 テルセーラ 2位
1945-46 テルセーラ 1位
1946-47 セグンダ 6位
1947-48 セグンダ 5位
1948-49 セグンダ 9位
1949-50 セグンダ 13位
1950-51 セグンダ 13位
1951-52 セグンダ 14位
1952-53 テルセーラ 2位
1953-54 テルセーラ 1位
1954-55 セグンダ 15位
1955-56 テルセーラ 1位
1956-57 セグンダ 11位
1957-58 セグンダ 4位
シーズン ディビジョン 順位 コパ・デル・レイ
1958-59 セグンダ 2位
1959-60 セグンダ 6位
1960-61 セグンダ 6位
1961-62 セグンダ 6位
1962-63 セグンダ 2位
1963-64 プリメーラ 10位
1964-65 プリメーラ 14位
1965-66 セグンダ 5位
1966-67 セグンダ 4位
1967-68 セグンダ 14位
1968-69 テルセーラ 3位
1969-70 テルセーラ 4位
1970-71 テルセーラ 12位
1971-72 テルセーラ 6位
1972-73 テルセーラ 1位
1973-74 セグンダ 19位
1974-75 テルセーラ 2位
1975-76 テルセーラ 1位
1976-77 セグンダ 18位
シーズン ディビジョン 順位 コパ・デル・レイ
1977-78 セグンダB 4位
1978-79 セグンダB 1位
1979-80 セグンダ 10位
1980-81 セグンダ 9位
1981-82 セグンダ 19位
1982-83 テルセーラ 2位
1983-84 テルセーラ 2位
1984-85 セグンダB 11位
1985-86 セグンダB 10位
1986-87 テルセーラ 2位
1987-88 セグンダB 6位
1988-89 セグンダB 1位
1989-90 セグンダ 15位
1990-91 セグンダ 19位
1991-92 セグンダB 11位
1992-93 セグンダB 9位
1993-94 セグンダB 3位
1994-95 セグンダB 1位
1995-96 セグンダB 1位
シーズン ディビジョン 順位 コパ・デル・レイ
1996-97 セグンダ 9位
1997-98 セグンダ 22位
1998-99 セグンダB 1位
1999-00 セグンダ 7位
2000-01 セグンダ 8位 ラウンド32
2001-02 セグンダ 19位 2回戦
2002-03 セグンダ 4位 1回戦
2003-04 セグンダ 1位 ラウンド16
2004-05 プリメーラ 18位 3回戦
2005-06 セグンダ 3位 1回戦
2006-07 プリメーラ 15位 ラウンド32
2007-08 プリメーラ 20位 ラウンド16
2008-09 セグンダ 8位 2回戦
2009-10 セグンダ 3位 2回戦
2010-11 プリメーラ 14位 ラウンド16
2011-12 プリメーラ 6位 準々決勝
2012-13 プリメーラ 11位 ラウンド16
2013-14 プリメーラ 10位 準々決勝
2014-15 プリメーラ 14位 ラウンド16
シーズン ディビジョン 順位 コパ・デル・レイ
2015-16 プリメーラ 20位 1回戦
2016-17 セグンダ 1位 2回戦
2017-18 プリメーラ 15位 ラウンド16

  • レバンテFC
2シーズン : セグンダ・ディビシオン
5シーズン : テルセーラ・ディビシオン
  • ヒムナスティコFC
2シーズン : セグンダ・ディビシオン
5シーズン : テルセーラ・ディビシオン
  • レバンテUD
11シーズン : プリメーラ・ディビシオン
38シーズン : セグンダ・ディビシオン
12シーズン : セグンダ・ディビシオンB
16シーズン : テルセーラ・ディビシオン
1シーズン : ディビシオネス・レヒオナレス

現所属メンバー

2019年1月31日現在
No. Pos. 選手名
1 スペインの旗 GK コケ・ベガス
2 スペインの旗 FW ボルハ・マジョラル
3 スペインの旗 DF トニョ・ガルシア
4 スペインの旗 DF ロベル
5 コートジボワールの旗 MF シェイク・ドゥクレ
6 スペインの旗 DF チェマ・ロドリゲス
7 ナイジェリアの旗 MF モーゼズ・サイモン
9 スペインの旗 FW ロジェール・マルティ
10 マケドニア共和国の旗 MF エニス・バルディ
11 スペインの旗 MF ホセ・ルイス・モラレス
12 スペインの旗 DF コケ・アンドゥハル
13 スペインの旗 GK オイエル・オラサバル
14 スペインの旗 MF サムエル・ガルシア・サンチェス
No. Pos. 選手名
15 スペインの旗 DF セルヒオ・ポスティゴ
16 スペインの旗 MF ルベン・ロチーナ
17 モンテネグロの旗 MF ニコラ・ヴクチェヴィッチ
18 ウルグアイの旗 DF エリック・カバコ
19 スペインの旗 DF ペドロ・ロペス
20 ガーナの旗 FW ラファエル・ドワミーナ ★
21 ガーナの旗 FW エマニュエル・ボアテング
22 スペインの旗 DF アントニオ・ルナ
23 スペインの旗 MF ジェイソン
24 スペインの旗 MF ホセ・カンパーニャ
25 スペインの旗 GK アイトール・フェルナンデス
-- ポルトガルの旗 DF ルベン・ヴェソ

※括弧内の国旗はその他保有国籍、もしくは市民権、星印はEU圏外選手を示す。

ローン移籍

in
No. Pos. 選手名
2 スペインの旗 FW ボルハ・マジョラル (レアル・マドリード)
No. Pos. 選手名
-- ポルトガルの旗 DF ルベン・ヴェソ (バレンシアCF)
out
No. Pos. 選手名
-- モンテネグロの旗 DF エステバン・サヴェリッチ (UDアルメリア)
-- スペインの旗 DF イバン・ロペス (ジムナスティック・タラゴナ)
No. Pos. 選手名
-- ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 MF サニン・プルチッチ (RCストラスブール)

歴代監督

歴代所属選手

GK

DF

MF

FW

脚注

  1. ^ a b c d e 戦力外の男たちがリーガで快進撃! レバンテが過ごす「夢のシーズン」。”. Sports Graphic Number (2011年11月4日). 2012年8月22日閲覧。
  2. ^ リストラ組が"第2の人生"を謳歌するレバンテの大躍進”. スポルティーバ (2011年10月14日). 2012年8月22日閲覧。
  3. ^ マラガ、ベティス、レバンテ…… スペインで快進撃を続ける地方の雄は勢力図を塗り替えられるか?”. OCN (2011年10月25日). 2012年8月22日閲覧。
  4. ^ マドリー相手の大金星にも冷静なレバンテ”. UEFA.com (2011年9月19日). 2012年8月22日閲覧。
  5. ^ バルサとレバンテが首位に並ぶ”. UEFA.com (2011年10月2日). 2012年8月22日閲覧。
  6. ^ 努力が実を結び始めたレバンテ”. UEFA.com (2011年10月3日). 2012年8月22日閲覧。

外部リンク


SAD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/09/16 14:56 UTC 版)

sad, Sad , SAD


スロバキアバス交通

(sad から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/06 17:33 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search

スロバキアバス交通(スロバキア語 : SAD, Slovenská autobusová doprava)は、チェコスロバキア社会主義共和国時代に国営会社(Národný podnik)、のち国有会社(Štátny podnik)であったスロバキアの都市間バス企業の総称である。現在は株式会社化が行われ、国内に17社が存在する。

概要

SADニトラ(現・ヴェオリア・トランスポート・ニトラ)の路線バス

1949年以降、チェコスロバキア国鉄が行っていた自動車事業を分離承継し、都市間のバスおよびトラック便を運行した国営会社のチェコスロバキア国家自動車交通(ČSAD, Československá štátna automobilová doprava)は、共産党地方行政機関の国民委員会(Národný výbor)が管理運営していたが、1963年に県国民委員会(Krajský národný výbor)に管理運営を移管することになり、スロバキア域内では西部スロバキア県、中部スロバキア県、東部スロバキア県を管轄するブラチスラヴァ、バンスカー・ビストリツァ、コシツェの3都市に3社のČSADが設立された。

3社は国の経済改革の一環で1989年に国有会社に転換され、チェコスロバキア自動車交通(ČSAD, Československá automobilová doprava)に改称した。さらに民主化後の1990年にČSADドルニー・クビーン1991年にはČSADジリナがいずれもČSADバンスカー・ビストリツァから分割新設された。

1993年連邦制解消後、各社は貨物トラック事業を国有会社の「貨物自動車交通」(NAD, Nákladná automobilová doprava)に切り離してバス専業化し、1994年に商号をスロバキアバス交通(SAD, Slovenská autobusová doprava)に改称した。さらに1995年以降、各社の支所(odštepný závod)単位で次々と分社を行った。

このほか1994年1月にČSADブラチスラヴァからSADスカリツァ国有会社が、ČSADコシツェからSAD国有会社スタラー・リュボウニャがそれぞれ独立。両社はともに1995年に国有会社から直接民営化し、SADスカリツァはバスおよび国際貨物トラック輸送を行うSKANDスカリツァ企業体有限責任会社(SKAND Skalica, spol. s.r.o)に、SADスタラー・リュボウニャはバス事業を行うバス・カルパティア企業体有限責任会社(BUS KARPATY spol. s.r.o.)に転換した。

このあと民営化の動きは止まったが、1998年の総選挙で政権を握ったミクラーシュ・ズリンダは国有会社の民営化を推進。SADは1999年に17社に統合整理されたあと、2001年から2002年にかけて株式会社に転換された。その後入札による民間への株式売却が段階的に進められている。

スロバキアバス交通(SAD)各社一覧

スロヴァック・ラインズ(旧SADブラチスラヴァ)の近距離バス。奥はスロヴァック・ラインズとユーロバス(旧SADコシツェ)による共同運行の長距離バス
ユーロバスのスピシュスカー・ノヴァー・ヴェス運輸事務所(旧SADスピシュスカー・ノヴァー・ヴェス国有会社、2000年にSADコシツェ国有会社に統合)
SADプレショウのブラッドフォードイギリス) - ミハロウツェ(コシツェ県)間国際長距離バス

各社相互間の資本関係はないが、株式の民間売却に合わせて商号を新名称に変更したブラチスラヴァ、コシツェ、ニトラの3社と1990年代に国有会社から直接民営化した2社を除き、現在もSADの略称で呼ばれている。

  • スロバキアバス交通国有会社ブラチスラヴァ(Slovenská autobusová doprava, š.p., Bratislava)
  • 1996年、スロバキアバス交通ブラチスラヴァ国有会社(Slovenská autobusová doprava Bratislava, š.p.)に改称。
  • 2001年、スロバキアバス交通ブラチスラヴァ株式会社(Slovenská autobusová doprava Bratislava, a.s)に転換。
  • 2007年スロヴァック・ラインズ株式会社(Slovak Lines, a.s.)に改称。
  • スロバキアバス交通マラツキ国有会社(Slovenská autobusová doprava Malacky, š.p.)
  • スロバキアバス交通ペジノク国有会社(Slovenská autobusová doprava Pezinok, š.p.)
  • スロバキアバス交通セネツ国有会社(Slovenská autobusová doprava Senec, š.p.)
  • 1999年、SADブラチスラヴァ国有会社に統合。
  • スロバキアバス交通バンスカー・ビストリツァ国有会社(Slovenská autobusová doprava Banská Bystrica, š.p.)
  • 1995年、スロバキアバス交通バンスカー・ビストリツァ交通企業体国有会社(Slovenská autobusová doprava Banskobystrická dopravná spoločnosť, š.p.)に改称。
  • 2002年、スロバキアバス交通バンスカー・ビストリツァ交通企業体株式会社(Slovenská autobusová doprava Banskobystrická dopravná spoločnosť, a.s)に転換。
  • 2007年、SADバンスカー・ビストリツァ株式会社(SAD Banská Bystrica, a.s.)に改称。
  • スロバキアバス交通ブレズノ国有会社(Slovenská autobusová doprava Brezno, š.p)
  • 1999年、SADバンスカー・ビストリツァ交通企業体国有会社に統合。
  • スロバキアバス交通国有会社コシツェ(Slovenská autobusová doprava, š.p., Košice)
  • 1995年、スロバキアバス交通コシツェ交通企業体国有会社(Slovenská autobusová doprava Košická dopravná spoločnosť, š.p.)に改称。
  • 2001年、スロバキアバス交通コシツェ交通企業体株式会社(Slovenská autobusová doprava Košická dopravná spoločnosť, a.s)に転換。
  • 2007年、ユーロバス株式会社(eurobus, a.s.)に改称。
  • スロバキアバス交通ロジュニャヴァ国有会社(Slovenská autobusová doprava Rožňava, š.p)
  • スロバキアバス交通スピシュスカー・ノヴァー・ヴェス国有会社(Slovenská autobusová doprava Spišská Nová Ves, š.p)
  • 2000年、SADコシツェ交通企業体国有会社に統合。
  • スロバキアバス交通国有会社ジリナ(Slovenská autobusová doprava, š.p. Žilina) - ČSADバンスカー・ビストリツァから分離新設。
  • 2002年、スロバキアバス交通ジリナ株式会社(Slovenská autobusová doprava Žilina, a.s)に転換。
  • スロバキアバス交通チャッツァ国有会社(Slovenská autobusová doprava Čadca, š.p)
  • スロバキアバス交通キスツケー・ノヴェー・メスト国有会社(Slovenská autobusová doprava Kysucké Nové Mesto, š.p)
  • スロバキアバス交通マルチン国有会社(Slovenská autobusová doprava Martin, š.p)
  • スロバキアバス交通トゥルゾウカ国有会社(Slovenská autobusová doprava Turzovka, š.p)
  • 2000年、SAD国有会社ジリナに統合。
  • スロバキアバス交通スカリツァ国有会社(Slovenská autobusová doprava Skalica, š.p) - ČSADブラチスラヴァから分離新設。
  • 1995年、SKANDスカリツァ企業体有限責任会社(SKAND Skalica, spol. s.r.o)に転換。
  • スロバキアバス交通国有会社スタラー・リュボウニャ(Slovenská autobusová doprava, š.p., Stará Ľubovňa) - ČSADコシツェから分離新設。
  • 1995年、バス・カルパティア企業体有限責任会社(BUS KARPATY spol. s.r.o.)に転換。
  • スロバキアバス交通国有会社フメンネー(Slovenská autobusová doprava, š.p., Humenné) - SADコシツェから分離新設。
  • 2002年、スロバキアバス交通フメンネー株式会社(Slovenská autobusová doprava Humenné, a.s)に転換。
  • 2007年、SADフメンネー株式会社(SAD Humenné, a.s.)に改称。
  • スロバキアバス交通スヴィドニーク国有会社(Slovenská autobusová doprava Svidník, š.p)
  • スロバキアバス交通ウラノウ・ナッ・トプリョウ国有会社(Slovenská autobusová doprava Vranov nad Topľou, š.p)
  • 2000年、SAD国有会社フメンネーに統合。
  • スロバキアバス交通ドゥナイスカー・ストレダ国有会社(Slovenská autobusová doprava Dunajská Streda, š.p.) - SADブラチスラヴァから分離新設。
  • 2002年、スロバキアバス交通ドゥナイスカー・ストレダ株式会社(Slovenská autobusová doprava Dunajská Streda, a.s.)に転換。
  • スロバキアバス交通ガランタ国有会社(Slovenská autobusová doprava Galanta, š.p)
  • 2000年、SADドゥナイスカー・ストレダ国有会社に統合。
  • スロバキアバス交通リプトウスキー・ミクラーシュ国有会社(Slovenská autobusová doprava Liptovský Mikuláš, š.p.) - SADバンスカー・ビストリツァから分離新設。
  • 2002年、スロバキアバス交通リプトウスキー・ミクラーシュ株式会社(Slovenská autobusová doprava Liptovský Mikuláš, a.s.)に転換。
  • 2005年、SADリプトウスキー・ミクラーシュ株式会社(SAD Liptovský Mikuláš, a.s.)に改称。
  • 2009年SADリオルバス株式会社(SAD LIORBUS a.s.)に改称。
  • スロバキア自動車交通国有会社ドルニー・クビーン(Slovenská automobilová doprava, š.p. Dolný Kubín)※1990年設立
  • スロバキアバス交通ルジョムベロク国有会社(Slovenská autobusová doprava Ružomberok, š.p)
  • 1999年、SADリプトウスキー・ミクラーシュ国有会社に統合。
  • スロバキアバス交通ルチェネツ国有会社(Slovenská autobusová doprava Lučenec, š.p.) - SADバンスカー・ビストリツァから分離新設。
  • 2002年、スロバキアバス交通ルチェネツ株式会社(Slovenská autobusová doprava Lučenec, a.s.)に転換。
  • スロバキアバス交通レヴーツァ国有会社(Slovenská autobusová doprava Revúca, š.p)
  • スロバキアバス交通リマウスカー・ソボタ国有会社(Slovenská autobusová doprava Rimavská Sobota, š.p)
  • 2000年、SADルチェネツ国有会社に統合。
  • スロバキアバス交通ミハロウツェ国有会社(Slovenská autobusová doprava Michalovce, š.p.) - SADコシツェから分離新設。
  • 2002年、スロバキアバス交通ミハロウツェ株式会社(Slovenská autobusová doprava Michalovce, a.s.)に転換。
  • スロバキアバス交通クラーリョウスキー・フルメツ国有会社(Slovenská autobusová doprava Kráľovský Chlmec, š.p)
  • スロバキアバス交通トレビショウ国有会社(Slovenská autobusová doprava Trebišov, š.p)
  • 2000年、SADミハロフツェ国有会社に統合。
  • スロバキアバス交通ニトラ国有会社(Slovenská autobusová doprava Nitra, š.p.) - SADブラチスラヴァから分離新設。
  • 2002年、スロバキアバス交通ニトラ株式会社(Slovenská autobusová doprava Nitra, a.s.)に転換。
  • 2008年、ヴェオリア・トランスポート・ニトラ株式会社(Veolia transport Nitra, a.s.)に改称。
  • スロバキアバス交通トポリュチャニ国有会社(Slovenská autobusová doprava Topoľčany, š.p)
  • スロバキアバス交通ズラテー・モラウツェ国有会社(Slovenská autobusová doprava Zlaté Moravce, š.p)
  • 2000年、SADニトラ国有会社に統合。
  • スロバキアバス交通ノヴェー・ザームキ国有会社(Slovenská autobusová doprava Nové Zámky, š.p.) - SADブラチスラヴァから分離新設。
  • 2002年、スロバキアバス交通ノヴェー・ザームキ株式会社(Slovenská autobusová doprava Nové Zámky, a.s.)に転換。
  • スロバキアバス交通コマールノ国有会社(Slovenská autobusová doprava Komárno, š.p)
  • スロバキアバス交通レヴィツェ国有会社(Slovenská autobusová doprava Levice, š.p)
  • スロバキアバス交通シャヒ国有会社(Slovenská autobusová doprava Šahy, š.p)
  • スロバキアバス交通ガランタ国有会社シャリャ支所(SAD Galanta, š.p., odštepný závod Šaľa)
  • 2000年、SADノヴェー・ザームキ国有会社に統合。
  • スロバキアバス交通ポプラト国有会社(Slovenská autobusová doprava Poprad, š.p.) - SADコシツェから分離新設。
  • 2002年、スロバキアバス交通ポプラト株式会社(Slovenská autobusová doprava Poprad, a.s.)に転換。
  • スロバキアバス交通プレショウ国有会社(Slovenská autobusová doprava Prešov, š.p.) - SADコシツェから分離新設。
  • 2002年、スロバキアバス交通プレショウ株式会社(Slovenská autobusová doprava Prešov, a.s.)に転換。
  • スロバキアバス交通バルジェヨウ国有会社(Slovenská autobusová doprava Bardejov, š.p)
  • スロバキアバス交通リパニ国有会社(Slovenská autobusová doprava Lipany, š.p)
  • 2000年、SADプレショウ国有会社に統合。
  • スロバキアバス交通プリエヴィジャ国有会社(Slovenská autobusová doprava Prievidza, š.p.) - SADバンスカー・ビストリツァから分離新設。
  • 2002年、スロバキアバス交通プリエヴィジャ株式会社(Slovenská autobusová doprava Prievidza, a.s.)に転換。
  • 2006年、SADプリエヴィジャ株式会社(SAD Prievidza, a.s.)に改称。
  • スロバキアバス交通マラツキ国有会社(Slovenská autobusová doprava Malacky, š.p)
  • スロバキアバス交通ペジノク国有会社(Slovenská autobusová doprava Pezinok, š.p)
  • スロバキアバス交通セネツ国有会社(Slovenská autobusová doprava Senec, š.p)
  • 1999年、SADプリエヴィジャ国有会社に統合。
  • スロバキアバス交通トレンチーン国有会社(Slovenská autobusová doprava Trenčín, š.p.) - SADブラチスラヴァから分離新設。
  • 2002年、スロバキアバス交通トレンチーン株式会社(Slovenská autobusová doprava Trenčín, a.s.)に転換。
  • スロバキアバス交通イラヴァ国有会社(Slovenská autobusová doprava Ilava, š.p)
  • スロバキアバス交通ノヴェー・メスト・ナド・ヴァーホム国有会社(Slovenská autobusová doprava Nové Mesto nad Váhom, š.p)
  • スロバキアバス交通プーホウ国有会社(Slovenská autobusová doprava Púchov, š.p)
  • スロバキアバス交通ポヴァジュスカー・ビストリツァ国有会社(Slovenská autobusová doprava Považská Bystrica, š.p)
  • 2000年、SADトレンチーン国有会社に統合。
  • スロバキアバス交通トルナヴァ国有会社(Slovenská autobusová doprava Trnava, š.p.) - SADブラチスラヴァから分離新設。
  • 2002年、スロバキアバス交通トルナヴァ株式会社(Slovenská autobusová doprava Trnava, a.s.)に転換。
  • スロバキアバス交通フロホヴェツ国有会社(Slovenská autobusová doprava Hlohovec, š.p)
  • スロバキアバス交通ピエシュチャニ国有会社(Slovenská autobusová doprava Piešťany, š.p)
  • スロバキアバス交通セニツァ国有会社(Slovenská autobusová doprava Senica, š.p)
  • 2000年、SADトルナヴァ国有会社に統合。
  • スロバキアバス交通ズヴォレン国有会社(Slovenská autobusová doprava Zvolen, š.p.) - SADバンスカー・ビストリツァから分離新設。
  • 2002年、スロバキアバス交通ズヴォレン株式会社(Slovenská autobusová doprava Zvolen, a.s.)に転換。
  • スロバキアバス交通ジェトヴァ国有会社(Slovenská autobusová doprava Detva, š.p)
  • スロバキアバス交通モドリー・カメニュ国有会社(Slovenská autobusová doprava Modrý Kameň, š.p)
  • スロバキアバス交通ジアル・ナッ・フロノム国有会社(Slovenská autobusová doprava Žiar nad Hronom, š.p)
  • 1999年、SADズヴォレン国有会社に統合。

関連項目

外部リンク




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「sad」の関連用語

sadのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



sadのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本電子株式会社日本電子株式会社
Copyright(C)1996-2019 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日本時間生物学会日本時間生物学会
Copyright © Japanese Society for Chronobiology | All Rights Reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのレバンテUD (改訂履歴)、SAD (改訂履歴)、スロバキアバス交通 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS