biとは? わかりやすく解説

ビー‐アイ【BI】


ビー‐アイ【BI】


バイ

バイセクシュアル」の略。


ビ【bi】

ラテン語で、2。「—フェニル


BI   ブランド・アイデンティティ


ヨードボラン


ビスマス(III)


ビスマス


物質
ビスマス
英語名
Bismuth
元素記号
Bi
原子番号
83
分子量
208.98037
原子半径(Å)
1.55
融点(℃)
271.4
沸点(℃)
1560
密度(g/cm3
9.8
比熱(cal/g ℃)
0.034
イオン化エネルギー(eV)
7.289
電子親和力(eV)
1.1


重、二重の、二倍、二「度」

【英】Bi-[ Bis-]
読み方:じゅう、にじゅうの、にばい、に「ど」

二の意を表す接頭語

重、二重の、二倍、二「度」

【英】Bi-[ Bis-]
読み方:じゅう、にじゅうの、にばい、に「ど」

二の意を表す接頭語

重、二重の、二倍、二「度」

【英】Bi-[ Bis-]
読み方:じゅう、にじゅうの、にばい、に「ど」

二の意を表す接頭語

重、二重の、二倍、二「度」

【英】Bi-[ Bis-]
読み方:じゅう、にじゅうの、にばい、に「ど」

二の意を表す接頭語

Bi

名前 ビ; ビー

BI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/28 05:45 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

BI

Bi

bi

関連項目



.bi

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/06 00:55 UTC 版)

.biは、国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)の一つで、ブルンジに割り当てられている。このドメインはCentre National de l'Informatiqueによって管理されている。






「.bi」の続きの解説一覧

B.I

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 16:20 UTC 版)

初期型ランカスターロールスロイス マーリンXX(20)エンジン搭載していた。他は機首設置されマスト長いことから、コクピット上部デザイン変更してコクピット下に短く整形するなど簡単な改良に留まった。後に生産されランカスターマーリンXXII(22)、マーリンXXIV(24エンジン搭載したが、デザイン変更指示されることはなかった。

※この「B.I」の解説は、「アブロ ランカスター」の解説の一部です。» 「アブロ ランカスター」の概要を見る


B.I (FE)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/22 16:20 UTC 版)

1945年当時日本から奪回したビルマ(現ミャンマー)を策源地として日本本土直接空襲するため、既存のB.Iから改造された。爆弾倉一部改造して400ガロン燃料タンク増設し無線装置航法装置極東での使用考慮した型が装備された。FE極東(Far East)の略。この機を運用するため、タンカーランカスター提案されていた。

※この「B.I (FE)」の解説は、「アブロ ランカスター」の解説の一部です。» 「アブロ ランカスター」の概要を見る


BI(ブラッドイグニッション)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/12 16:37 UTC 版)

至高の血族血液から作り出した。これを飲むこと常人凌駕する力を得られ、人間でも至高の血族渡り合えるうになる。ただし効果時間数分短く中和剤飲まなければ血が暴走して全身から出血して死んでしまう。

※この「BI(ブラッドイグニッション)」の解説は、「イグニッション・ブラッド」の解説の一部です。» 「イグニッション・ブラッド」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「bi」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



biと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

biのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



biのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
マインズマインズ
COPYRIGHT © MINDS CO., LTD. ALL RIGHT RESERVED.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
QUPiOQUPiO
Copyright © 2022 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2022 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのBI (改訂履歴)、.bi (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアブロ ランカスター (改訂履歴)、アブロ ランカスター (改訂履歴)、イグニッション・ブラッド (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS