ブルーインパルスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 組織・団体 > 政治組織 > 軍隊 > 航空自衛隊の部隊 > ブルーインパルスの意味・解説 

ブルー‐インパルス【Blue Impulse】

読み方:ぶるーいんぱるす

航空自衛隊ジェット機編隊曲技飛行チーム通称正式名称は、戦技研究班

ブルー‐インパルスの画像
ブルー‐インパルスの画像
コックピットからのようす
ブルー‐インパルスの画像

T-4 ブルーインパルス

ブルーインパルス T-4

華麗なアクロバット飛行を披露する「ブルーインパルス」の三代目機種です

航空自衛隊アクロバットチームである「ブルーインパルス」の三代目機種がT-4です。二代目機種T-2後継機として採用され平成7年度松島基地4空団11飛行隊として「T-4ブルーインパルスチーム」が誕生しました以後全国各地展示飛行行い、現在に至ってます。長野オリンピック日韓合同開催ワールドカップでも会場上空展示飛行行いました平成9年には、米空軍50周年記念で初渡米しネリス空軍基地華麗なアクロバット飛行披露してます。

分類ブルーインパルス
乗員2人
全幅約9.9m
全長約13.0m
全高約4.6m
自重 約3.7t
エンジン2基
名称F3-IHI-30
推力約1,670kg/1基
型式 ターボファン・エンジン
全備重量 5,640kg
性能 
最大速度マッハ約0.9(約1,040km/h)
実用上限限度 約15,000m
最大航続距離700nm(1,300km)

【ブルーインパルス】(ぶるーいんぱるす)

Blue Impulse.
航空自衛隊広報担当する曲技飛行隊第4航空団第11飛行隊の名称。
宮城県松島基地ベースとしている。

かつて、静岡県浜松基地で、勤務合間飛行教官同士曲技飛行練習無断で行っていたのが上官目にとまり、浜松基地航空祭演技一般公開したのをきっかけとして1960年F-86F専用塗装施し飛行隊の「空中機動研究班」として発足した
当初は地元天竜川にちなみ「天竜」と呼ばれていたが、「Tenryu」の「r」発音管制支障出たため、当時コールサイン「インパルスブルー」を逆にした「ブルーインパルス」に変更
また、機体塗装流れるような青いライン変更し排気管後方にスモーク発生用のオイル散布管を装着して現在のスタイル元となった

墜落事故による飛行停止幾度も経験しながらも各地航空祭のほかに東京オリンピック(1964年)大阪万博(1970年)、長野冬季オリンピック(1998年)、サッカーワールドカップ日韓大会(2002年)などの国際行事展示飛行行いまた、使用機F-86戦闘機T-2練習機T-4練習機順次更新され世界で屈指の技術を持つアクロバット飛行集団として現在に至っている。

使用機体(カッコ内は使用年)

第一区分演目(2005年当時)

下の演目は、会場晴天か、曇りでも十分雲高高く視程問題無い場合実施される第一区分」で行われる演目である。

  1. ダイヤモンドテイクオフ&ダーティローパス
  2. ローアングルテイクオフ
  3. ロールオンテイクオフ
  4. ファンブレイク
  5. フォーポイントロール
  6. チェンジオーバーターン
  7. インバーテッド&コンティニアスロール
  8. レインフォール
  9. バーティカルクライムロール
  10. スローロール
  11. チェンジオーバーループ
  12. ハーフスローロール
  13. レターエイト
  14. オポジットコンティニュアスロール
  15. フォーシップインバーテッド
  16. バーティカルキューピッド
  17. ラインアブレストロール
  18. 360度ターン&ループ
  19. ワイドトゥデルタループ
  20. デルタループ
  21. デルタロール
  22. バーティカルキューバンエイト
  23. 上向き空中開花
  24. スタークロス
  25. タッククロス
  26. ローリングコンバットピッチ
  27. コークスクリュー

参照リンクhttp://www.masdf.com/blue/

http://www.masdf.com/altimeter/nyuta2004/IMG_3707.jpg

Photo:MASDF

ブルーインパルス

作者斎藤浩

収載図書もずの啼く空
出版社けやき出版
刊行年月2004.9


ブルーインパルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/15 06:28 UTC 版)

ブルーインパルス: Blue Impulse [2])とは、航空自衛隊に所属する曲技飛行隊(アクロバット飛行チーム)[3][4][5][6][7]愛称[3]


注釈

  1. ^ a b 東宝のデザイナーが考案したといわれているが、実際にはチーム内で検討した塗装案を東宝のデザイナーが手直しして、正式デザインが決定された[40]
  2. ^ a b この時のコールサインは "Blue-1" であった[116][117]
  3. ^ 但し26-5692はIRAN中であった為、B編隊の1番機は通常仕様のT-4が使われた。
  4. ^ 階級については自衛隊の階級を参照。
  5. ^ 展示服は明るい青色であり、サンダーバーズ(濃い紺色)よりアメリカ海軍ブルーエンジェルスに近い色合いである。
  6. ^ 「LIFE SP」は "Life Supporter" の略[176]
  7. ^ 「DISP」は "Dispatch" の略[176]
  8. ^ 「ADMIST」は "Administrator" の略[176]
  9. ^ 航空機では重力加速度 (G) の制限値が定められており、これを超えた飛行を行った場合は機体の点検が必要となる[202]
  10. ^ なお、使用しない機関銃の銃口はプラグで封鎖したが、機関銃自体は重心位置に変更が生じないようバラストとしてそのまま残された。
  11. ^ a b 胴体に斜めの帯が入っていることから、部隊内部では「襷」とも称されていた[204]
  12. ^ 他の改修点は、非力なためフルスロットルでなくともアフターバーナーを使用可能にするパート・スロットル・アフターバーナー (PTA) は右エンジンも使用するとスモークオイルが完全燃焼してしまうため左エンジンのみ使用可能とするスイッチを追加装備、コックピットへの握り手の追加、一部計器の配置や仕様の変更、スモークオイル残量計の追加などである。また初期にはブルー仕様機は、後期型でも通常の前期型同様に機銃の代わりにバラストを搭載していたが、機体を学生教育に使用する際に支障が出たために、のちに機銃を搭載することとなった。
  13. ^ ノズルの位置を後方に移設する改修が行われているが、これは通常使用時のスモークの発煙性向上を狙ったものである。
  14. ^ F-86FとT-2では、スモーク発生装置以外で操縦特性に関わる変更点はほとんどなかったため、通常仕様の機体でアクロバット飛行の訓練を行なうことが可能であった[218]
  15. ^ 機体の疲労度の再評価プログラムが行われており、今後他の部隊と同じ仕様へと改修を施したうえで、機体の入れ替えが行われる可能性もある。
  16. ^ JARG(日本航空機研究会)発行のシリアルリスト2001年版による。なお、02-7962号機はブルーインパルスに所属したことのある機体である。春日基地に保存されている82-7777号機は、カラーリングを「ブルーインパルス」風に塗装してあるだけで、ブルーインパルスに所属したことはない。
  17. ^ F-86Fを使用していた時期には、1番機のジェット排気が自機のエンジンの空気取り入れ口に入ってきてしまうこともあったという[232]
  18. ^ 近年では環境への影響を考慮し若干高価ではあるが、パラフィンを使用するスモークも開発され、レッドブル・エアレース・ワールドシリーズなどで使われている。
  19. ^ 時間が経過すると切削油と染料が分離してしまうため
  20. ^ 11月下旬や12月に航空祭を行う基地(築城基地新田原基地那覇基地など)で見ることができる。
  21. ^ 早朝から強風が吹いており、聖火輸送機も予定より約1時間早い午前10時に到着した。到着地を羽田へ変更する可能性もあったが、到着を早めることで回避した。
  22. ^ ブルーインパルスが“感謝飛行” 10台超のカメラで生中継 #医療従事者にエールを - YouTube - ANNニュース公式チャンネル、2020年5月29日、9分15秒。
  23. ^ 【ノーカット版】ブルーインパルスの“感謝飛行”を空から見た #医療従事者にエールを - YouTube - ANNニュース公式チャンネル、2020年5月29日、22分39秒。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.153
  2. ^ Blue Impulse”. 航空自衛隊(英語版HP). 2021年10月10日閲覧。
  3. ^ a b c 村田博生『ファイターパイロットの世界 ターボと呼ばれた男の軌跡』 (2003) p.71
  4. ^ 金谷俊秀、朝日新聞出版知恵蔵』 (2014年). “ブルーインパルス”. コトバンク. 2020年5月31日閲覧。
  5. ^ 小学館『デジタル大辞泉』. “ブルーインパルス”. コトバンク. 2020年5月31日閲覧。
  6. ^ a b 日立デジタル平凡社世界大百科事典』第2版. “ブルーインパルス”. コトバンク. 2020年5月31日閲覧。
  7. ^ ブルーインパルスが飛行 パラシンボルカラー描く”. 産経ニュース (2021年8月24日). 2021年8月24日閲覧。
  8. ^ a b c 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.44
  9. ^ a b c 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.64
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.152
  11. ^ a b 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.12
  12. ^ a b c d e f 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.81
  13. ^ 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.93
  14. ^ a b c 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.82
  15. ^ 新藤常右衛門 『あ丶疾風戦闘隊 - 大空に生きた強者の半生記録』光人社、1971年、pp.53 - 54
  16. ^ 源田実『海軍航空隊、発進』 (1997) p.213
  17. ^ 森史朗『零戦の誕生』 (2005) p.63
  18. ^ 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.83
  19. ^ a b 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.41
  20. ^ 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.65
  21. ^ 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.66
  22. ^ 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.67
  23. ^ a b 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.87
  24. ^ a b c 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.98
  25. ^ a b 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.74
  26. ^ 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.75
  27. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.145
  28. ^ a b c d e f 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.91
  29. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.99
  30. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.92
  31. ^ 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.76
  32. ^ a b 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.79
  33. ^ 『Jウイング』通巻106号 松崎豊一「あらためて考える『ブルーインパルス』という存在」 (2007) p.22
  34. ^ a b 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.77
  35. ^ a b 村田博生『ファイターパイロットの世界 ターボと呼ばれた男の軌跡』 (2003) p.73
  36. ^ a b 村田博生『ファイターパイロットの世界 ターボと呼ばれた男の軌跡』 (2003) p.72
  37. ^ 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.100
  38. ^ a b c d e f g h i j k l m 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.100
  39. ^ a b c d e f g h 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.146
  40. ^ a b c d 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.40
  41. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.93
  42. ^ 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.18
  43. ^ a b 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.17
  44. ^ a b c d e f g 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.58
  45. ^ 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.16
  46. ^ 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.19
  47. ^ a b c d 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.20
  48. ^ a b 『ブルーインパルス 第11飛行隊の軌跡』 (2006) p.83
  49. ^ 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.14
  50. ^ a b 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.15
  51. ^ 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.29
  52. ^ a b 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.11
  53. ^ 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.32
  54. ^ a b c d e f g 夫馬信一 (2017). 航空から見た戦後昭和史. 原書房. pp. 160-168 
  55. ^ 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.33
  56. ^ 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.52
  57. ^ 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) pp.100-101
  58. ^ a b c d e f g 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.101
  59. ^ 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.70
  60. ^ 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.9
  61. ^ a b c d 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.24
  62. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.147
  63. ^ 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.96
  64. ^ 村田博生『ファイターパイロットの世界 ターボと呼ばれた男の軌跡』 (2003) p.107
  65. ^ a b c d e 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.101
  66. ^ a b c d e f g h i 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.102
  67. ^ a b c 『ブルーインパルス 第11飛行隊の軌跡』 (2006) p.85
  68. ^ a b c 『ブルーインパルス 第11飛行隊の軌跡』 (2006) p.86
  69. ^ a b c d e f g h i 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.148
  70. ^ a b c d e f g h i j k l m 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.103
  71. ^ a b c d e f 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.94
  72. ^ a b 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.92
  73. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.104
  74. ^ a b c d e f g h i j 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.149
  75. ^ T-2ブルーインパルス浜松基地航空祭(墜落事故)YouTube
  76. ^ a b c d e f g h i 『ブルーインパルス 第11飛行隊の軌跡』 (2006) p.88
  77. ^ a b 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.167
  78. ^ 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) pp.169-170
  79. ^ 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.170
  80. ^ a b 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.175
  81. ^ 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) pp.175-176
  82. ^ 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.177
  83. ^ 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.178
  84. ^ 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.179
  85. ^ 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.201
  86. ^ 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.204
  87. ^ 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.205
  88. ^ 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.194
  89. ^ a b c d e f g 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.95
  90. ^ a b c d e f g h i j k l m 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.150
  91. ^ 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.211
  92. ^ a b 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.310
  93. ^ a b 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.311
  94. ^ 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.111
  95. ^ a b c d e f 『ブルーインパルス 第11飛行隊の軌跡』 (2006) p.89
  96. ^ a b c d e f g h i j k l m 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.151
  97. ^ 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.306
  98. ^ a b c d e f g 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.96
  99. ^ a b c d e 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.97
  100. ^ 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.133
  101. ^ 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.353
  102. ^ a b c d e f g 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.105
  103. ^ a b 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.126
  104. ^ 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.103
  105. ^ a b 『ブルーインパルス 第11飛行隊の軌跡』 (2006) p.25
  106. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.106
  107. ^ 『ブルーインパルス 第11飛行隊の軌跡』 (2006) p.26
  108. ^ a b 『航空ファンイラストレイテッド』通巻95号 「米空軍創設50周年航空ショー」 (1997) p.61
  109. ^ 『ブルーインパルス 第11飛行隊の軌跡』 (2006) p.27
  110. ^ a b c 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.350
  111. ^ a b c d e f g h i j k 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.99
  112. ^ a b c d 『ブルーインパルス 第11飛行隊の軌跡』 (2006) p.28
  113. ^ a b 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.104
  114. ^ 『航空ファンイラストレイテッド』通巻95号 「ブルーインパルス 派米までの軌跡」 (1997) p.90
  115. ^ 『航空ファンイラストレイテッド』通巻95号 「ブルーインパルス 派米までの軌跡」 (1997) p.93
  116. ^ 『航空ファンイラストレイテッド』通巻95号 村田博生「ターボのネリス日記」 (1997) p.69
  117. ^ a b 『航空ファンイラストレイテッド』通巻95号 村田博生「ターボのネリス日記」 (1997) p.74
  118. ^ a b c d 『ブルーインパルス 第11飛行隊の軌跡』 (2006) p.91
  119. ^ 『航空ファンイラストレイテッド』通巻95号 「ブルーインパルス 派米までの軌跡」 (1997) p.96
  120. ^ 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.77
  121. ^ a b c 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.76
  122. ^ 『航空ファンイラストレイテッド』通巻95号 「ブルーインパルス 派米までの軌跡」 (1997) p.78
  123. ^ 『航空ファンイラストレイテッド』通巻95号 「米空軍創設50周年航空ショー」 (1997) p.27
  124. ^ 『航空ファンイラストレイテッド』通巻95号 「米空軍創設50周年航空ショー」 (1997) p.60
  125. ^ a b 『航空ファンイラストレイテッド』通巻95号 「ブルーインパルス 派米までの軌跡」 (1997) p.106
  126. ^ a b c 『航空ファンイラストレイテッド』通巻95号 「ブルーインパルス 派米までの軌跡」 (1997) p.103
  127. ^ a b 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.105
  128. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『ブルーインパルス 第11飛行隊の軌跡』 (2006) p.92
  129. ^ a b 『ブルーインパルス 第11飛行隊の軌跡』 (2006) p.33
  130. ^ a b c d e f g h i j k 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.107
  131. ^ 『ブルーインパルス 第11飛行隊の軌跡』 (2006) p.107
  132. ^ 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) pp.153-154
  133. ^ a b c d e f g h i j k l m n 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.154
  134. ^ a b c d e f g h i j k l 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.68
  135. ^ 『ブルーインパルス 第11飛行隊の軌跡』 (2006) p.17
  136. ^ 『ブルーインパルス 第11飛行隊の軌跡』 (2006) p.16
  137. ^ 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.8
  138. ^ 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.10
  139. ^ 『航空ファン』通巻700号 神野幸久「那覇基地エアーフェスタと50周年シーズンファイナル、松島でのTR練成」 (2011) p.2
  140. ^ a b c d e 『航空ファン』通巻726号 黒澤英介「Welcome Home, Blue Inpulse ブルーインパルス松島帰還」 (2013) p.3
  141. ^ a b c d 恵知仁10年前のあの日 九州新幹線で難を逃れた空自「ブルーインパルス」」『乗りものニュース』株式会社メディア・ヴァーグ、2021年3月11日。2021年3月11日閲覧。
  142. ^ a b c d e f 『航空ファン』通巻704号 神野幸久「ブルーインパルス震災からの復活-序章」 (2011) p.9
  143. ^ a b c 『航空ファン』通巻702号 「津波の直撃を受けた松島も復興中!」 (2011) p.8
  144. ^ 『Jウイング』通巻154号 「がんばれ!松島基地」 (2011) p.5
  145. ^ a b c d e 『航空ファン』通巻707号 p.21
  146. ^ a b 『航空ファン』通巻706号 p.2
  147. ^ 『航空ファン』通巻726号 黒澤英介「Welcome Home, Blue Inpulse ブルーインパルス松島帰還」 (2013) p.5
  148. ^ a b 『航空ファン』通巻707号 田中雅之「ブルーインパルス、築地基地でフィールドアクロ訓練を再開」 (2011) p.24
  149. ^ a b c 『Jウイング』通巻167号 田中克宗、黒澤英介「ブルーインパルスの2012シーズン」 (2012) p.9
  150. ^ 『航空ファン』通巻707号 田中雅之「ブルーインパルス、築地基地でフィールドアクロ訓練を再開」 (2011) p.25
  151. ^ a b c 『航空ファン』通巻726号 黒澤英介「Welcome Home, Blue Inpulse ブルーインパルス松島帰還」 (2013) p.4
  152. ^ 震災から1年間の主なできごと (PDF) (東松島市)
  153. ^ a b c 『Jウイング』通巻167号 田中克宗、黒澤英介「ブルーインパルスの2012シーズン」 (2012) p.11
  154. ^ a b 『航空ファン』通巻726号 黒澤英介「Welcome Home, Blue Inpulse ブルーインパルス松島帰還」 (2013) pp.6-7
  155. ^ 『航空ファン』通巻726号 黒澤英介「Welcome Home, Blue Inpulse ブルーインパルス松島帰還」 (2013) p.6
  156. ^ 『Jウイング』通巻178号 中井俊治「ブルーインパルス、松島への帰還」 (2013) p.23
  157. ^ 『航空ファン』通巻726号 黒澤英介「Welcome Home, Blue Inpulse ブルーインパルス松島帰還」 (2013) p.8
  158. ^ 『航空ファン』通巻726号 黒澤英介「Welcome Home, Blue Inpulse ブルーインパルス松島帰還」 (2013) p.10
  159. ^ a b c 『航空ファン』通巻726号 黒澤英介「Welcome Home, Blue Inpulse ブルーインパルス松島帰還」 (2013) p.12
  160. ^ 『航空ファン』通巻726号 黒澤英介「Welcome Home, Blue Inpulse ブルーインパルス松島帰還」 (2013) p.13
  161. ^ 『航空ファン』通巻726号 黒澤英介「Welcome Home, Blue Inpulse ブルーインパルス松島帰還」 (2013) p.14
  162. ^ 『航空ファン』通巻726号 黒澤英介「Welcome Home, Blue Inpulse ブルーインパルス松島帰還」 (2013) p.11
  163. ^ 『Jウイング』通巻178号 黒澤英介「“新しいブルー”始まる!ブルーインパルス2013」 (2013) p.12
  164. ^ “東北六魂祭で雄姿 航空自衛隊ブルーインパルス”. 福島民報. (2013年4月16日). http://www.minpo.jp/news/detail/201304167877 2013年6月9日閲覧。 
  165. ^ ““美技”ブルーインパルス 東北六魂祭で「航空ショー」展開”. 福島民友新聞. (2013年6月2日). http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130602-00010011-minyu-l07 2013年6月9日閲覧。 
  166. ^ YouTube”. www.youtube.com. 2020年6月16日閲覧。
  167. ^ ブルーインパルス、都心の上空に57年ぶり5色の五輪飛行 大役を果たす”. 日刊スポーツ. 株式会社日刊スポーツNEWS (2021年7月23日). 2021年9月1日閲覧。
  168. ^ ブルーインパルス 東京の空にパラリンピックシンボルカラーを描く”. 公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 (2021年7月23日). 2021年9月1日閲覧。
  169. ^ 2022年度 ブルーインパルス・イベントスケジュール”. 2022年6月6日閲覧。
  170. ^ a b c d e f 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.40
  171. ^ 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) pp.40-41
  172. ^ 自衛隊法(昭和29年法律第165号)第36条: 陸士長等、海士長等及び空士長等の任用期間等”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2019年6月19日). 2019年12月29日閲覧。 “令和元年法律第三十八号改正、2019年9月18日施行分”
  173. ^ a b c d e f g h i j 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.60
  174. ^ 『ブルーインパルス 第11飛行隊の軌跡』 (2006) p.99
  175. ^ a b ブルーインパルスのパイロット紹介 - ページの上部に『Dolphin Riders』と書かれている。
  176. ^ a b c d e f g 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.42
  177. ^ a b 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.67
  178. ^ a b c 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.54
  179. ^ 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.63
  180. ^ 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) pp.54-55
  181. ^ a b 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.355
  182. ^ a b c d 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.95
  183. ^ a b c d e f g h i 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.41
  184. ^ a b 整備小隊の紹介 - ページの上部に『Dolphin Keepers』と書かれている。
  185. ^ a b 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.70
  186. ^ a b c 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.59
  187. ^ 『Jウイング』通巻106号 「もっと知りたい、ブルーインパルス!」 (2007) p.12
  188. ^ a b c d e f g 『Jウイング』通巻178号 黒澤英介「“新しいブルー”始まる!ブルーインパルス2013」 (2013) p.17
  189. ^ 『Jウイング』通巻178号 黒澤英介「“新しいブルー”始まる!ブルーインパルス2013」 (2013) p.19
  190. ^ a b 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.97
  191. ^ a b c 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.42
  192. ^ 村田博生『ファイターパイロットの世界 ターボと呼ばれた男の軌跡』 (2003) p.219
  193. ^ 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.72
  194. ^ a b 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.73
  195. ^ 『Jウイング』通巻130号 「ブルーインパルス2009」 (2009) p.47
  196. ^ 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.117
  197. ^ a b c d e f 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.61
  198. ^ 『Jウイング』通巻106号 「もっと知りたい、ブルーインパルス!」 (2007) p.14
  199. ^ a b c 『Jウイング』通巻106号 「もっと知りたい、ブルーインパルス!」 (2007) p.13
  200. ^ a b c d 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.69
  201. ^ a b c d e 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.155
  202. ^ a b c d e 村田博生『ファイターパイロットの世界 ターボと呼ばれた男の軌跡』 (2003) p.127
  203. ^ a b 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.21
  204. ^ a b c 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.18
  205. ^ 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.19
  206. ^ 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.42
  207. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 『ブルーインパルス 第11飛行隊の軌跡』 (2006) p.111
  208. ^ 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.68
  209. ^ 『ブルーインパルス 青い衝撃の歴史』 (1996) p.85
  210. ^ 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.88
  211. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.158
  212. ^ a b 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.84
  213. ^ a b c 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.77
  214. ^ a b c d e 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.43
  215. ^ a b 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.61
  216. ^ 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.99
  217. ^ a b 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.50
  218. ^ a b c d e 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.44
  219. ^ a b 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.51
  220. ^ a b c 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.52
  221. ^ a b c 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.112
  222. ^ a b c 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.71
  223. ^ a b c d e f g h i j 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.56
  224. ^ a b 『航空無線ハンドブック2005年版』 (2004) p.10
  225. ^ 『航空無線ハンドブック2005年版』 (2004) p.17
  226. ^ 『航空無線ハンドブック2005年版』 (2004) p.16
  227. ^ 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.88
  228. ^ a b c d e f g 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.68
  229. ^ a b 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.57
  230. ^ a b c d 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.66
  231. ^ a b c d e f g h i j k 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.55
  232. ^ a b 村田博生『ファイターパイロットの世界 ターボと呼ばれた男の軌跡』 (2003) p.74
  233. ^ 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.65
  234. ^ a b 五輪の輪再び カラースモーク再開へ挑む - MSN産経ニュース2015年9月8日、6時00分配信。
  235. ^ a b c d e f 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.60
  236. ^ a b “ブルーインパルス、カラースモーク不適正噴射 パラ開会日、車に粒子”. 毎日新聞. (2021年8月30日). https://mainichi.jp/articles/20210830/k00/00m/050/294000c 2021年8月31日閲覧。 
  237. ^ a b c “スモーク塗料付着で2人懲戒 空自ブルーインパルス”. 産経新聞. (2022年9月21日). https://www.sankei.com/article/20220922-7QDNHJN74FNUPD3G7JNKHCB4XI/ 2022年9月21日閲覧。 
  238. ^ “低空で噴射のブルーインパルスのスモーク染料、車数百台に付着か…パイロット「喜んでもらいたかった」”. 読売新聞. (2021年8月31日). https://www.yomiuri.co.jp/national/20210830-OYT1T50309/ 2021年8月31日閲覧。 
  239. ^ a b c d e f g h i 『Jウイング』通巻20号 「ブルーインパルス2000」 (2000) p.28~31
  240. ^ a b 村田博生『ファイターパイロットの世界 ターボと呼ばれた男の軌跡』 (2003) p.82
  241. ^ a b c 村田博生『ファイターパイロットの世界 ターボと呼ばれた男の軌跡』 (2003) p.83
  242. ^ 村田博生『ファイターパイロットの世界 ターボと呼ばれた男の軌跡』 (2003) p.84
  243. ^ a b c d e 村田博生『ファイターパイロットの世界 ターボと呼ばれた男の軌跡』 (2003) p.85
  244. ^ 村田博生『ファイターパイロットの世界 ターボと呼ばれた男の軌跡』 (2003) p.86
  245. ^ a b 村田博生『ファイターパイロットの世界 ターボと呼ばれた男の軌跡』 (2003) p.87
  246. ^ 村田博生『ファイターパイロットの世界 ターボと呼ばれた男の軌跡』 (2003) p.88
  247. ^ 村田博生『ファイターパイロットの世界 ターボと呼ばれた男の軌跡』 (2003) pp.88-89
  248. ^ 村田博生『ファイターパイロットの世界 ターボと呼ばれた男の軌跡』 (2003) p.90
  249. ^ 村田博生『ファイターパイロットの世界 ターボと呼ばれた男の軌跡』 (2003) p.91
  250. ^ a b c 村田博生『ファイターパイロットの世界 ターボと呼ばれた男の軌跡』 (2003) p.92
  251. ^ a b c d e 村田博生『ファイターパイロットの世界 ターボと呼ばれた男の軌跡』 (2003) p.126
  252. ^ 村田博生『ファイターパイロットの世界 ターボと呼ばれた男の軌跡』 (2003) p.93
  253. ^ a b c d e 村田博生『ファイターパイロットの世界 ターボと呼ばれた男の軌跡』 (2003) p.94
  254. ^ 村田博生『ファイターパイロットの世界 ターボと呼ばれた男の軌跡』 (2003) p.96
  255. ^ 村田博生『ファイターパイロットの世界 ターボと呼ばれた男の軌跡』 (2003) p.97
  256. ^ a b c d e 村田博生『ファイターパイロットの世界 ターボと呼ばれた男の軌跡』 (2003) p.99
  257. ^ a b c 村田博生『ファイターパイロットの世界 ターボと呼ばれた男の軌跡』 (2003) p.100
  258. ^ 村田博生『ファイターパイロットの世界 ターボと呼ばれた男の軌跡』 (2003) p.101
  259. ^ a b c 村田博生『ファイターパイロットの世界 ターボと呼ばれた男の軌跡』 (2003) p.102
  260. ^ a b 村田博生『ファイターパイロットの世界 ターボと呼ばれた男の軌跡』 (2003) p.103
  261. ^ 村田博生『ファイターパイロットの世界 ターボと呼ばれた男の軌跡』 (2003) p.104
  262. ^ a b 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.86
  263. ^ a b c d e 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.87
  264. ^ a b c d e f g h i j k 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.88
  265. ^ a b c d e f 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.89
  266. ^ a b c d e 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.90
  267. ^ a b c d e 『ブルーインパルス 第11飛行隊の軌跡』 (2006) p.61
  268. ^ 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.47
  269. ^ 『ブルーインパルス 第11飛行隊の軌跡』 (2006) p.95
  270. ^ a b c d e f 『ブルーインパルス 第11飛行隊の軌跡』 (2006) p.62
  271. ^ a b 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.69
  272. ^ a b 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.118
  273. ^ a b 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.70
  274. ^ a b c 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.49
  275. ^ a b 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.50
  276. ^ a b c d 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.71
  277. ^ a b 『ブルーインパルス 第11飛行隊の軌跡』 (2006) p.63
  278. ^ a b c d e f g h 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.51
  279. ^ a b 『ブルーインパルス 第11飛行隊の軌跡』 (2006) p.64
  280. ^ a b c d e f 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.72
  281. ^ a b c d 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.120
  282. ^ a b c d 『ブルーインパルス 第11飛行隊の軌跡』 (2006) p.65
  283. ^ a b c d e f g h i j k l m 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.86
  284. ^ a b c 『ブルーインパルス 第11飛行隊の軌跡』 (2006) p.66
  285. ^ 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.53
  286. ^ a b c d e 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.54
  287. ^ a b c d e f g h i 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.121
  288. ^ a b 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.75
  289. ^ a b c d e 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.76
  290. ^ a b c d e f g 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.122
  291. ^ a b c 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.55
  292. ^ 『ブルーインパルス 第11飛行隊の軌跡』 (2006) p.13
  293. ^ 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.56
  294. ^ a b c 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.57
  295. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.85
  296. ^ 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.78
  297. ^ a b 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.58
  298. ^ a b 『ブルーインパルス 第11飛行隊の軌跡』 (2006) p.70
  299. ^ a b 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.59
  300. ^ a b c 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.123
  301. ^ 『ブルーインパルス 第11飛行隊の軌跡』 (2006) p.71
  302. ^ a b 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.81
  303. ^ a b c d e 『ブルーインパルス 第11飛行隊の軌跡』 (2006) p.72
  304. ^ a b c 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.61
  305. ^ a b c d e 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.124
  306. ^ a b 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.82
  307. ^ 『ブルーインパルス 第11飛行隊の軌跡』 (2006) p.7
  308. ^ a b 『ブルーインパルス 第11飛行隊の軌跡』 (2006) p.73
  309. ^ a b 『ブルーインパルス パーフェクト・ガイド』(2003) p.62
  310. ^ 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.83
  311. ^ a b c d e f g h 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.87
  312. ^ a b c d e f g h i j k l 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.84
  313. ^ 武田賴政『ブルーインパルス 大空を駆けるサムライたち』 (2011) p.12
  314. ^ 姫路城にブルーインパルス 「平成の大修理」完成記念
  315. ^ ブルーインパルスの祝賀飛行の決定について
  316. ^ 姫路城:お祝い、49年ぶりブルーインパルス飛行 来年3月「大修理」完成式典 /兵庫
  317. ^ 『ブルーインパルス パーフェクトガイド』(2010) p.98
  318. ^ 『ブルーインパルス50年の軌跡』 (2010) p.83
  319. ^ 宮城県環境生活部原子力安全対策室. “原子力だより みやぎ Vol.75(平成12年10月号)”. 2013年4月13日閲覧。
  320. ^ 宮城県環境生活部原子力安全対策室. “原子力だより みやぎ Vol.77(平成13年4月号)”. 2013年4月13日閲覧。
  321. ^ “ゆめ半島千葉国体9月26日〜37年ぶり祭典開幕 開会式に3万3000人熱戦11日間 : 千葉>企画・連載 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)”. 読売新聞. (2010年9月26日). http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/chiba/feature/chiba1283956566203_02/news/20100925-OYT8T01077.htm 2012年11月12日閲覧。 
  322. ^ “ブルーインパルス、大空にアート描く 入間基地航空祭”. 産経ニュース. (2012年11月4日). http://photo.sankei.jp.msn.com/kodawari/data/2012/11/1103iruma/ 2012年12月6日閲覧。 
  323. ^ 開会式にブルーインパルス ラグビーW杯(2019年9月3日)朝日新聞
  324. ^ 聖火到着式 東京2020オリンピック・パラリンピック公式サイト
  325. ^ ブルーインパルスが都心上空を飛行 医療従事者などに感謝の意」『NHK NEWS WEB』NHK、2020年5月29日。2020年5月31日閲覧。※映像(34秒)あり。
  326. ^ ブルーインパルス飛行 医療従事者に感謝」『毎日新聞毎日新聞社、2020年5月29日。2020年5月31日閲覧。※画像15点あり。
  327. ^ a b 東松島市 建設部 建設課 (2020年10月1日). “東松島市道路愛称の募集について(前回発表)< 定例記者会見資料 (PDF)”. 東松島市. 2021年3月11日閲覧。
  328. ^ 東松島市 建設部 建設課 (2020年9月15日). “「道路愛称」を募集します < 市報ひがしまつしま 2020年9月15日号”. マイ広報紙. 東松島市. 2021年3月11日閲覧。
  329. ^ a b 東松島市 建設部 建設課 (2018年4月26日作成、2021年1月15日更新). “道路愛称について”. 東松島市. 2021年3月11日閲覧。
  330. ^ 「ブルーインパルス通り」誕生 なぜ通りの名前にまで? 「らしさ」溢れる現地」『乗りものニュース』株式会社メディア・ヴァーグ、2021年1月25日。2021年3月11日閲覧。
  331. ^ 『ブルーインパルス 青い衝撃の歴史』 (1996) p.81
  332. ^ 『ブルーインパルス 青い衝撃の歴史』 (1996) p.132
  333. ^ a b c “「ブルーインパルス」725号機の20年 震災乗り越え退役 更新機体は同機種、その次は?”. 乗りものニュース. (2017年1月4日). https://trafficnews.jp/post/62506/ 2017年3月31日閲覧。 
  334. ^ 『Jウイング』通巻155号 鈴崎利治「松島基地 復旧進む!!」 (2011) p.17


「ブルーインパルス」の続きの解説一覧

ブルーインパルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 15:19 UTC 版)

ギニュー特戦隊」の記事における「ブルーインパルス」の解説

ゲームドラゴンボールZ 超悟空伝 -覚醒編-』で使用青白いエネルギー波放つ

※この「ブルーインパルス」の解説は、「ギニュー特戦隊」の解説の一部です。
「ブルーインパルス」を含む「ギニュー特戦隊」の記事については、「ギニュー特戦隊」の概要を参照ください。


ブルー・インパルス(タイト・ロープ:LP新日本プロレス・スーパーファイターのテーマに収録)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/01 19:51 UTC 版)

木戸修」の記事における「ブルー・インパルス(タイト・ロープLP新日本プロレス・スーパーファイターのテーマ収録)」の解説

当時は現在の様にほとんどの選手の入場曲がかかる訳ではなくテレビ中継がある試合中心にかかる程度だったため、前座組まれることがある木戸試合ではテーマ曲省略されたり、自分より上位のタッグパートナー曲が優先されテレビ中継会場でもかかることがほとんど無かった

※この「ブルー・インパルス(タイト・ロープ:LP新日本プロレス・スーパーファイターのテーマに収録)」の解説は、「木戸修」の解説の一部です。
「ブルー・インパルス(タイト・ロープ:LP新日本プロレス・スーパーファイターのテーマに収録)」を含む「木戸修」の記事については、「木戸修」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ブルーインパルス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ブルーインパルス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ブルーインパルス」の関連用語

ブルーインパルスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ブルーインパルスのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空自衛隊航空自衛隊
Copyright(C) JASDF All Rights Reserved.
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブルーインパルス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのギニュー特戦隊 (改訂履歴)、木戸修 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS