放つとは? わかりやすく解説

はな・つ【放つ】

読み方:はなつ

[動タ五(四)

閉じ込められた束縛されたりしていたもの自由に動けるようにしてやる。「リス公園に—・つ」「小鳥を籠から—・つ」

矢・弾丸などをうち出す。勢いをつけてある方向飛ばす。発射する。「ホームランを—・つ」「質問の矢を—・つ」

外に向かって、光・匂い・声などを出す。また、世の中発表する発する。「悪臭を—・つ」「街頭で第一声を—・つ」「巨匠が—・つ話題作」「光彩を—・つ」

ある任務引き受けた者を送り込む使いとして行かせる遣わす。「密偵を—・つ」

(「火をはなつ」の形で火をつける放火する。「家に火を—・つ」

(「目をはなつ」の形で

視線遠くの方へ向ける。遠くを見る

目を—・って見渡すと」〈二葉亭・平凡〉

視線別の方へ向ける。

「目も—・たず燃えさかる家を眺めて居る」〈芥川奉教人の死

切って壊す。くずす。

「(田ノ)畔(あ)を—・つ」〈神代紀

手元から遠ざける。はなす。

御衣(おんぞ)はまことに身を—・たず、傍らに置き給へり」〈源・須磨

手ばなす。人手に渡す

「この宮の木立を心につけて、—・ち給はせてむや」〈源・蓬生

10 追放する

遠方の地へ追いやる流刑にする。

遠く—・ちつかはすべき定めなども侍るなるは」〈源・須磨

㋑役をやめさせる解任する

北面を—・たれにけり」〈徒然・九四〉

11 とり除くとり払う

「うるさき心をいかで言ひ—・つわざもがなと思ひ給へる」〈源・宿木

12 除外する差しおく。

明石の君を—・ちては、いづれもみな棄てがたき御弟子どもなれば」〈源・若菜下

13 戸・障子などを大きく開ける。開けはなつ。

皆人起きて格子—・ちなどすれば」〈かげろふ・下〉

14 刀などを勢いよく一気に抜く抜きはなつ。

降魔の利剣を—・ち」〈伎・幼稚子敵討

[可能] はなてる

[下接句] 異彩を放つ・市(いち)に虎(とら)を放つ・精彩を放つ千里の野に虎を放つ火を放つ光を放つ


放つ

作者河内愛子

収載図書文学伝習所人々
出版社講談社
刊行年月1988.1


放つ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 03:39 UTC 版)

和語の漢字表記

(はなつ)

  1. はなつを参照

「放つ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

放つのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



放つのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの放つ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS