傍らとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 傍ら > 傍らの意味・解説 

かた‐わら〔‐はら〕【傍ら/×旁/側】

【一】[名]

そば。すぐ近く。「—のいすに腰かける

(「…のかたわら」の形で)端に寄った所。「道の—にたたずむ

接続助詞的に用いて)主となることをする一方合間に。「学校に通う—家業手伝う」

側面物の脇。

「頭ごとに各(おのおの)石松(いはまつ)あり、ふたつの—に山あり」〈神代紀・上〉

【二】[副]あることをする一方では。その合間に。「会社勤めて、—小説を書く」


かた‐わら ‥はら 【傍・旁・側・脇】

1⃣ 〔名〕

物の横側物の脇。

書紀720神代上(水戸本訓)「彼の大虵、頭毎に各の石松(いはほまつ)有り。両の脇(カタハラ)に山有(な)れり」

② 物や人のそば近くの所。何かに近接した所。

宇津保(970‐999頃)蔵開上「宮のつい並び給へば、花のかたはらのときは木のやうに見え給ふこそ」

源氏100114頃)夕顔「この家のかたはらに、檜垣(ひがき)といふものあたらしうして」

そばにいる人。まわりの人。

紫式部日記1010頃か)消息文色めかしあだあだしけれど、本性(ほんじゃう)の、人から癖なく、かたはらのため見えにくきさませずだになりぬれば」

④ 何かの、はしに片よった所。通路道路などのはし。道わき。みちばた

(10C終)一二〇「わがのぼるは、いとあやふくおぼえてかたはら寄りて、高欄おさへなどして行くものを」

(5) 都市などの中心から離れたへんぴな所。人目つかないような片隅の場所。片田舎

*金刀比羅本平治(1220頃か)下「義朝の少(おさな)い人々候ふを、取りいだされ失はるべしと承りかたはらしのびて候ひつれども」

謡曲道成寺(1516頃)「これはこの国の傍に住む白拍子て候

(6) 動詞連体形格助詞「の」の下に付いて、形式名詞的に用いられ、「あることをしながら、それと並行して」の意を表わす。その一方

小学読本(1874)〈榊原那珂稲垣〉五「母一人にて紙を商ふ傍らに小銭など両替して生業とせり」

2⃣ 〔副〕 ((一)(6)の転じたもの) あることをしながら、その一方では。かたがた

花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉二六「逃亡の策を考へ、側(カタハ)ら両賊の談を聞く




傍らと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「傍ら」の関連用語

傍らのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



傍らのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS