石松とは?

Weblio 辞書 > 生物 > 植物名 > 石松の意味・解説 

石松

読み方:ヒカゲノカズラ(hikagenokazura)

ヒカゲノカズラ科常緑多年草薬用植物

学名 Lycopodium clavatum


森の石松

(石松 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/31 20:12 UTC 版)

森の石松(もりのいしまつ、生年月日不明 - 1860年7月18日万延元年6月1日))は、清水次郎長の子分として幕末期に活躍したとされる侠客。出身地は三州半原村(後の愛知県新城市富岡)とも遠州森町村(後の静岡県周智郡森町)とも伝えられるが定かでない。浪曲では「福田屋という宿屋の倅」ということになっている。森の石松の「森」とは森町村のことである。半原村説では、半原村で生まれたのち、父親に付いて移り住んだ森町村で育ったという。


  1. ^ 『任侠の群像』p.61,66
  2. ^ この「馬鹿は死ななきゃ直らない」は二代目広沢虎造の浪曲から登場し、その以前の講談や虎造以前の浪曲(玉川勝太郎など)にはないものである
  3. ^ 一方、伯山から直に教わったものは、二代目玉川勝太郎が得意とし、現在も玉川門下に継承されている
  4. ^ “二番札所 曹洞宗 橘谷山 大洞院”. 遠州三十三観音霊場. http://enshu33.com/all-guide/大洞院/ 2012年5月7日閲覧。 


「森の石松」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「石松」の関連用語

石松のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



石松のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの森の石松 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS